パスポートの申請・更新

米国国務省パスポートサービス(PPT)は、今後2年間で、パスポートの需要が急増することを見込み、2018年までに有効期限を迎えるパスポートを持つ渡航者には、有効期限までに十分な余裕を持って更新するよう勧告しています。 予定滞在期間に加え、少なくとも6ヶ月間の残存有効期間のある有効なパスポートを要求する国が多いことから、デルタ航空では、予定された渡航に先立ち、十分な余裕をもってパスポートを申請または更新されることを推奨しております。米国パスポートについての詳細は、Travel State Government(英語)をご覧ください。