機内持込み/お預かりに制限がある危険物

お客様や従業員の安全を確保するため、デルタ航空では、ホバーボードまたはリチウム電池を搭載したセルフバランススクーターなどの一人用の乗り物を機内でお預かりすることはできません。これらの品物を、機内持ち込み手荷物および受託手荷物として輸送することは禁止されています。

その他の機器については、予備の電池、燃料電池、電子たばこは機内持ち込み手荷物としてのみお持ちいただけます。機内持ち込み手荷物にこれらの品物が含まれ、ゲートでチェックを受けた場合は、それらを取り出し、客室内へお持ちいただく必要があります。詳細は制限品をご覧ください。

米国運輸省(DOT)は、航空機内へのあらゆるサムスン製7「Galaxy Note 」の持ち込みを禁止する緊急命令を発表しました。デルタ航空をご利用のお客様は、この機器を身に付ける、機内持ち込み手荷物または受託手荷物に入れる、貨物として輸送するなど、いかなる形であれこの機器をお持ちになって旅行することはできません。禁止に関する詳しい情報については、DOTのウェブサイトに掲載されています。

ヨーロッパ、中東、およびアフリカの一部の空港から米国行きのフライト(すべての航空会社が対象)をご利用のお客様につきましては、機内持ち込み手荷物に関して追加のセキュリティ対策が適用されます。機内持ち込み手荷物としてお持ちになるバッテリーで作動するすべての電子機器は、操作可能な状態でなければなりません。手荷物検査時に電源が入らない機器は、機内への持ち込みが禁じられます。手荷物検査の追加要件に対応し、セキュリティチェックを通過する前に電子機器を充電できるように、お時間に十分な余裕をもって空港にお越しください。最新情報およびセキュリティに関する指示については、TSA.gov をご覧ください。