ご出発前に

ほんのちょっとの準備で
長旅も安心 

旅行の計画、荷造り、下調べ。ご出発前に、プロに学ぶ旅のコツをご一読ください。

思い出に残る旅を計画

キリマンジャロでのハイキングや、アイルランドでルーツをたどる旅。または南アフリカでサファリツアーを楽しんだり、リオデジャネイロのビーチでハンググライダーに乗ったり。たくさんの旅行プランの中から 1 つを選ぶのは難しいかもしれません。

情報を集める

インターネットで。旅行関連のブログやウェブサイトは旅のインスピレーションを得るのに最適です。

友達に尋ねる。友達や同僚たちにメールを出して、おすすめの旅行先を聞いてみましょう。ソーシャルメディアなどを利用して、おススメの旅行スポットについて質問を投稿するのもよいでしょう。

プロに聞く。サイクルショップやアウトドアストア、ワインショップ、アートギャラリーなど、その道のプロに聞いてみましょう。あなたの好奇心を満たす、他の人にはまだあまり知られていない最高のスポットを教えてもらえるかもしれません。

計画を立てる

考えをまとめる。旅の目的地が決まったら、訪れたい場所やしてみたいことを書き出してみましょう。その中から特に行ってみたい場所やしてみたいことを選んで、アクティビティを旅程に組み入れます。

予算を立てる。フライトやホテルの料金をチェックします。貯まっているマイルがあれば利用しましょう!オフシーズンは多くのフライトやホテルが低料金で利用できるので、最も安い時期をリサーチしてみてはいかがでしょうか。

計画を立てる。一般に、一般に、目的地までの距離が長いほど、より早くからフライト、アクティビティ、ホテルを予約しておくことが望ましいと言えます。生涯の思い出に残る大切な旅を完璧なものにするためには事前の計画が欠かせません。

パッキングの達人

プロフェッショナルなパッキング

パッキング(荷造り)にはテクニックがいります。一種の芸術と言ってもいいでしょう。スペースをうまく活用し、必要なものだけを的確な場所に完璧に収めるには、何年もの経験を必要とします。パッキングの達人に近づくために役立ついくつかのヒントをご紹介します。

目的地の気候と予定しているアクティビティを考慮します。気象情報を提供しているウェブサイトで滞在中の天気をチェックします。例えば、スキー旅行なら例えば、スキー旅行なら保温下着やウールの靴下、スキーウェアやゴーグル。ビーチへ行くなら、ビーチへ行くなら水着やサンダル、帽子、サングラスを忘れずに。

洗面用具を入れるトラベルサイズの容器を用意します。旅行中に中身がなくなってしまったら、地元のお店で調達しましょう。スーツケースの中で中身が漏れないように、容器は密封したビニール袋に入れておきます。

着回しのきくアイテムを中心に、持っていく服を選びます。2~3 色以内(中間色を選ぶと無難です)でワードローブをまとめれば、1 つのアイテムを数通りに着回すことができます。また、気温の変化には重ね着で対応するとよいでしょう。

ホテルの設備やアメニティ(ドライヤー、アイロン、バスローブなど)について、出発前にホテルに電話して確認します。または、トラベルサイズの洗面用具を用意します。海外旅行の際は電源プラグ変換アダプターもお忘れなく。

衣類は「巻いて」パッキングします。2、3 枚の服を重ねてしわを伸ばしたら、寝袋をたたむ時のようにくるくると巻いて収納します。このようにすることで衣服がしわにならず、スペースも節約できます。また、衣服はファスナーを閉め、ボタンをかけた状態でパッキングします。

スーツケースの中を整理します。衣類は着る順番に収納します。貴金属やガラスなど壊れやすいものは靴下に入れ、さらに靴の中に詰めてスーツケースにしまいます。スーツケースの隅には、靴などの収納しにくいアイテムを入れます。そして一番上に軽いものを入れます。

出発前のチェックリスト

ご出発前にしておくことを、以下のチェックリストで確認しておきましょう。準備を万全にしておくと、とっておきのバケーションをスムースに満喫できます。

  • 緊急時に備え、友人や家族に旅程と連絡先を伝えておく。
  • USPS.com にログオンし、旅行中の郵便物の配達を止めてもらう(米国の場合)。
  • 旅行先でクレジットカードを使う予定がある場合は、銀行またはクレジットカード会社に連絡しておく。
  • パスポートの有効期限が切れていないか、あるいは有効期限が迫っていないかご確認ください。予定滞在期間に加え、少なくとも6ヶ月間の残存有効期間のある有効なパスポートを要求する国が多いことから、デルタ航空では、予定された渡航に先立ち、十分な余裕をもってパスポートを申請または更新されることを推奨しております。
  • パスポートと運転免許証のコピーを保管しておく。
  • 旅行中であることを他人に知られないよう、決まった時間に電気がつくようにタイマーをセットしておく。
  • 海外旅行の場合は、米国税関・国境警備局のMobile Passportアプリのダウンロードを検討する。米国への入国手続きがスムーズになります。

出発前に確認する手荷物情報

チェックインのオプション

デルタ航空では、様々なチェックインオプションをご提供しています。以下をご確認いただき、次回のご旅行にお役立てください。

  • オンラインチェックイン
  • モバイル・チェックイン
  • デルタ チケットカウンター 
  • カーブサイド(車寄せ)チェックイン
  • 空港のセルフサービス機
  • その他

チェックインのオプション