ご出発前に知っておいていただきたいこと

検査に関する情報


お客様のご旅行に適用される検査要件について簡単にご確認いただけるよう、新型コロナウイルス検査の陰性結果が必要となる目的地へ旅行されるお客様のために、ご自宅用検査キット(医療パートナーであるeMedおよびAZOVAを通じて)など検査に関する情報や検査機関をご案内しております。

適切な検査の選び方


インタラクティブなデルタ航空ディスカバーマップをご利用になり、渡航先国の検査要件をご確認ください。「検査機関」機能を使えば、国ごとの検査の種類と検査提供者が表示されます。承認されている検査の種類、検査を受ける期間、ご自宅や対面式で行う検査が必要かどうかを必ずご確認ください。

最も広く承認されている新型コロナウイルス検査はPCR検査ですが、多くの国では、NAAT法や抗原検査といった他の検査も認められています。多くの国では、新型コロナウイルス抗体検査は入国要件として認められておりません。FDA’s COVID-19 Test Basicsでは、主な新型コロナウイルス検査の種類についてFDAがまとめた概要をご覧いただけます。検査は渡航前の特定の期間内に受ける必要があり、検査を受ける期間は渡航先によって規定されています。

ご自宅で実施できる検査キット(医療パートナーであるeMedおよびAZOVAを通じて購入できる抗原検査キットを含む)は、通常オンラインで注文するとご自宅に発送され、ご自宅で検査を済ませることができます。ご自宅で検査を受ける場合、ビデオの説明に従って検体の採取を行えば検査は終了となりますが、場合によっては分析のためにラボへの送付が必要となることがあります。

検査員の遠隔監督下で行う検査の結果は、多くの国において入国要件として認められています(目的地となる国の要件をご確認ください)。この携帯用キットはご旅行にお持ちいただくこともできます。

検査結果が出ましたら、その結果をDelta FlyReadyにアップロードしてください。ご旅行当日のチェックインがスムーズになります。

ご自宅での検査を承認していない国や地域があるほか、自宅用検査キットの持ち込みを許可していない国や地域もありますのでご注意ください。この検査方法を選ぶ前に、デルタ航空ディスカバーマップで渡航先国の政府が定めるガイドラインをご確認ください。

clipboard clipboard
すでに国際線のフライトを予約されている場合は、Delta FlyReadyを使って検査および旅行の要件をご確認ください。

一部の目的地では、出発前に新型コロナウイルス検査の陰性証明書を提示するなど、一時的な入国要件が課されています。検査の必要性や有効な検査の種類など、渡航先の国が定める要件についての詳細は、デルタ航空ディスカバーマップでご確認ください。

If you’ve already booked an international trip, your flight(s) should be connected to Delta FlyReady— which will guide you through health testing and other entry requirements.

最も広く承認されている新型コロナウイルス検査はPCR検査です。一部の国では、NAAT法や抗原検査といった他の検査も認められています。多くの国では、新型コロナウイルス抗体検査は入国要件として認められておりません。FDA’s COVID-19 Test Basicsでは、主な新型コロナウイルス検査の種類についてFDAがまとめた概要をご覧いただけます。

ご旅程に応じて、PCR検査、NAAT法による検査、抗原検査など、必要となる検査を確認する必要があります。それぞれの目的地を訪れる際に必要となる検査については、デルタ航空ディスカバーマップでご確認いただけます。

多くの場合、検査結果がご旅行の際に有効であると認められるためには、特定の期間内に検査を行う必要があります。例えば、お客様の目的地が「ご出発前48時間以内に受けた」検査の陰性結果の提示を求めている場合、要件を満たすためには、まずご旅行の日時を考慮し、検査すべき日時を逆算した上で検査を受けなければなりません。ご旅行の際に異なるタイムゾーンへと移動する場合は、時差も考慮して検査日時を決めてください。

ご出発時だけでなく、乗り継ぎ便または復路便の日時と要件を考慮に入れるのも忘れずに。復路便に乗る際の検査をスムーズにするため、携帯用検査キットを持参できる場合もあります。

目的地によって検査要件は異なります。デルタ航空ディスカバーマップの「検査機関」機能を利用して、承認されている対面式およびご自宅での検査、渡航先の検査提供者をご確認ください。

ご自宅で実施できる検査キット(医療パートナーであるeMedおよびAZOVAを通じて購入できる抗原検査キットを含む)は、通常オンラインで注文するとご自宅に発送され、ご自宅で検査を済ませることができます。ご自宅で検査を受ける場合、ビデオの説明に従って検体の採取を行えば検査は終了となりますが、場合によっては分析のためにラボへの送付が必要となることがあります。ご自宅での検査を承認していない国や地域があるほか、自宅用検査キットの持ち込みを許可していない国や地域もありますのでご注意ください。この検査方法を選ぶ前に、デルタ航空ディスカバーマップで渡航先国の政府が定めるガイドラインをご確認ください。

対面式の検査の場合は、オンラインで予約を取り、指定の施設に赴いて、医療専門家または検査監督者による検査を受けることができます。一部の検査施設では、予約なしのウォークインの方を受け付けていますが、予約されることをお勧めします。

*本ページおよびデルタ航空の新型コロナウイルス関連の旅行規制および検査に関するページに掲載されている情報は、デルタ航空のお客様がご旅行プランの作成と準備を行う際にお役立ていただくことを目的にしたものです。本ページに記載されている新型コロナウイルス検査に関する情報は、検査について検査機関または政府当局により提供される情報を補完することを目的としています。この情報を個人の旅行プラン作成以外の目的で複写、複製、使用することはできません。新型コロナウイルスの感染拡大および政府規制への対応は急速に変化するため、デルタ航空は検査機関のサービス内容および検査用品や検査要件に関する情報の正確性を保証できません。また誤りや欠落(翻訳の誤り、古い情報、検査機関の住所や営業時間、予約の可否、提供されている検査の種類、検査結果が出るまでの所要時間を含む)があった場合も責任は負いかねます。ご旅行前の新型コロナウイルス検査は、すべての空港で受けられない場合もあります。第三者の情報やウェブサイトへのリンクは参考までのご案内として掲載しています。