デルタ航空提携航空会社

大韓航空


デルタ航空と大韓航空の共同事業により、米国とアジア間における就航都市の選択肢がさらに広がり、より多くの特典と終始一貫したスムースな旅行をお客様にお届けいたします。 

次の出張や心待ちにしていたバケーションなど、ご旅行のご準備の際はこちらのページをご覧いただき、次回のフライトご利用時に必要な情報をご確認ください。  

大韓航空からの最新ニュース 


  • 両社は、旅行需要の回復に伴い、法人および代理店のお客様との相互支援に焦点を当てた共同事業会議を開催
  • 本会議では、5年目を迎える共同事業のパートナーシップにおける相互協力とコミットメントを強調

デルタ航空と大韓航空は共同事業のパートナーとして、過去3年間で初となる対面での共同イベントをザ・プラザ・ソウルで開催しました。イベントには韓国およびアジアの各地域から100を超える企業と代理店のお客様が参加し、デルタ航空と大韓航空の共同事業の強みと航空業界の回復に関する詳しい情報を共有しました。

特別ゲストとして、フィリップ・ゴールドバーグ駐韓米国大使と大韓航空の禹基洪(ウ・ギホン)社長が参加。デルタ航空と大韓航空の共同事業のリーダーは、韓国とアジアの各地域で渡航制限が解除されたことにより旅行需要が回復し続ける中、主要な太平洋横断路線のネットワークの再構築と最高のカスタマーサービスの提供について、お客様との対話を重ねました。

「パンデミックの間、デルタ航空と大韓航空は緊密に連携して、共通のお客様に提供する特典を強化することに注力しました」と、デルタ航空グローバルセールス担当上級副社長ボブ・ソマーズは述べています。「そして現在、回復傾向とアジア市場の再開が続く中、私たちは常にお客様のニーズに合わせたサービスを提供し、革新的かつシームレスなご旅行をお届けすることに、引き続き尽力してまいります。」

大韓航空の禹基洪(ウ・ギホン)社長は次のように続けました。「過去2年間、航空業界のエコシステムはパンデミックにより大きな影響を受け、多くの企業・人々が困難な時期を経験しました。改めて労いと励ましの意を表したいと思います。旅行需要の回復に対処するべく路線の拡大を進めてきましたが、今後も引き続きレジャーまたはビジネスで旅行されるお客様に快適な空の旅をお届けしてまいります。」

2018年5月、デルタ航空と大韓航空は、米国とアジア間におけるネットワークを強化・拡大し、主要ハブであるソウル・仁川空港で最高のカスタマーサービスを提供することを目標に、太平洋横断路線における最大級の共同事業を開始しました。