ご出発前に知っておいていただきたいこと

米国入国時の新型コロナウイルス検査要件(米国外からの渡航者向け)


米国へ入国するあるいは米国を経由するお客様(米国市民を含む)に適用されていた新型コロナウイルス検査の要件は撤廃されました。ご自身が米国への旅行要件を満たしているかをお確かめになり、デルタ航空ディスカバーマップにて渡航国に応じたご案内をご確認ください。米国市民/永住権保持者以外のお客様には引き続きワクチン接種要件が適用されます。

 

米国入国要件


米国へ入国する、または米国を経由する全てのお客様は、新型コロナウイルス検査が不要となりました。米国市民/永住権保持者以外の全てのお客様は、引き続きワクチン接種を完了していることを申告する証明書ならびに追跡調査フォームへのご記入が必要です。

注意事項:

  • 追跡調査情報をご提出いただけないお客様は、CDCの指示によりご搭乗いただけません。 
  • 米国市民/永住権保持者以外の全てのお客様は、ワクチン接種証明書のご提示ならびにワクチン接種を完了していることを申告する証明書へのご記入が必要です。
  • 「ワクチン接種完了」とは、1回接種型ワクチンを接種してから14日が経過している、または2回接種型ワクチンの2回目を接種してから14日が経過していることを指します。
  • 承認されているワクチンには、J&J(ヤンセン)社製、ファイザー・バイオンテック社製、モデルナ社製、アストラゼネカ社製、コバクシン、コビシールド、BIBP/シノファーム社製、シノバック社製があります。
  • Delta FlyReadySMのデジタル検証を受けるには、チェックイン前に健康に関する書類をご提出ください。
  • 目的地ごとの入国要件は、デルタ航空ディスカバーマップでご確認ください。
 

よくある質問


非米国市民/非移民に必要な証明書について定めた米国連邦法では、米国以外の国を出発し、米国に到着または米国を経由する航空機にご搭乗の全てのお客様は、ワクチン接種を完了しているかワクチン接種の例外の対象であることを証明する必要があるとしています。証明書はお客様1名につき1通の提出が求められます。必要な場合は、保護者またはその他の権限を与えられた個人が17歳以下のお子様の代理で証明を行うことができます。ただし、2歳未満のお子様には証明書免除のオプションをお選びください。 
米国市民/永住権保持者以外のお客様でワクチン接種を完了されている方は、電子版の証明書にご記入・ご署名いただくか、紙版を印刷してご記入ください。 デルタ航空携航空会社のフライトで米国にお越しのお客様は、事前に証明書を印刷し、ご記入・ご署名の上、空港へお持ちください。ワクチン接種証明書のご提示も必要です。
米国の海外領土である米領バージン諸島およびプエルトリコから米国へ入国されるお客様は、本要件の適用対象外です。
いいえ。米国市民/永住権保持者の全てのお客様は、米国入国時または経由時の新型コロナウイルス検査は必要ありません。

デルタ航空は、安全・セキュリティに関する規定を引き続き注視し、お客様の目的地の特別な出入国要件について最新情報をお届けいたします。 

現在の旅行規制に関する詳細や入国準備に役立つ情報については、最新の旅行要件および旅行規制のページをご覧いただくことを強くお勧めしております。また、旅程に含まれるお乗り継ぎ空港や目的地に関する入出国条件も事前にご確認ください。

いいえ。ワクチン接種を完了し隔離の必要がない保護者の方が同伴する、ワクチン未接種の18歳未満のお子様は、米国入国時の隔離は必要ありません。

関連リンク

このページにお探しの情報は見つかりましたか?