ご出発前に知っておいていただきたいこと

米国入国時の新型コロナウイルス検査要件(米国外からの渡航者向け)


新しいワクチン接種要件および検査要件の適用が開始されました。これらの要件は米国に入国/米国を経由されるすべての方(米国市民を含む)が対象となります。ご自身が米国への旅行要件を満たしているかをお確かめになり、デルタ航空ディスカバーマップにて渡航国に応じたご案内をご確認ください。 

 

米国入国要件


2021年12月06日より、米国に到着する全ての旅行者(米国市民および非米国市民を含む)には、最初のフライト出発前1日以内に受けた新型コロナウイルス検査の陰性証明書、あるいは過去90日以内に新型コロナウイルス感染症から回復したことを示す書類の提示が求められます。非米国市民のお客様は、ワクチン接種を完了し、その証明書をお持ちいただく必要があります。また、全てのお客様は証明書にご署名いただき、追跡調査情報をご提出いただく必要もございます。 

注意事項:

  • 新型コロナウイルス検査の陰性証明書、署名済みの証明書、記入済みの追跡調査情報をお持ちでないお客様は、CDCの指示によりご搭乗いただけません。
  • 「ワクチン接種完了」とは、1回接種型ワクチンを接種してから14日が経過している、または2回接種型ワクチンの2回目を接種してから14日が経過していることを指します。
  • 承認されているワクチンには、J&J(ヤンセン)社製、ファイザー・バイオンテック社製、モデルナ社製、アストラゼネカ社製、コバクシン、コビシールド、BIBP/シノファーム社製、シノバック社製があります。 
  • 承認されている新型コロナウイルス検査には、分子検査、核酸増幅検査(NAAT)、RT-PCR法、TMA法、LAMP法、NEAR法、HDA法による検査、抗原検査があります。
  • 旅程にお乗り継ぎ便が含まれる場合は、乗り継ぎ時間が48時間を超えてはならず、最初のフライト出発前1日以内に受けた新型コロナウイルス検査の証明書をご提示いただく必要があります。 
  • 新型コロナウイルスに罹患し回復されたお客様が旅行される場合は、陽性結果(旅行前90日以内に受けた検査結果)および回復済みで旅行が可能であることを証明する書類(免許を持つ医療従事者または公衆衛生当局が発行したもの)をご用意ください。これは、新型コロナウイルスの陰性結果に代わる書類となります。
  • Delta FlyReadyのデジタル検証を受けるには、チェックイン前に健康に関する書類をご提出ください。
  • フライトの変更をご希望の場合は、2021年12月31日まで、変更手数料なしで「旅程」よりお手続きしていただけます(ご利用規約が適用されます)。
  • インタラクティブな旅行規制マップで、目的地ごとの入国要件の詳細をご確認ください。
 

検査に関する情報


米国へ入国する、または米国を経由する際に新型コロナウイルス検査の陰性証明書が必要な場合は、ご旅行前に同検査を受ける方法(各施設またはご自宅にて)をお近くの保健当局にお問い合わせいただくことをおすすめします。費用や場所、検体の採取方法、結果の通知などの詳細は検査センターに直接お問い合わせください。ご自宅で検査をされる場合は、デルタ航空の提携会社による抗原検査、新しいウィンドウが開きますをおすすめいたします。この検査方法を選ばれる際は、念のため渡航先国の政府が定めるガイドラインをご確認ください。米国外のリゾートでは検査が受けられるところもございます。ご希望の方はご宿泊先にお尋ねください。検査要件について簡単にご確認いただけるよう、検査に関する情報のページに米国外の各地の検査機関をご案内しております。

ご自宅での検査を承認していない国や地域もありますのでご注意ください。また、ご自宅での検査をお持ちいただいても米国への再入国ができない場合があります。この検査方法を選ぶ前に、渡航先国の政府が定めるガイドラインをご確認ください。米国外でお受けになった新型コロナウイルス検査が米国への入国要件を満たすには、CDCが定める一定の基準を満たしている必要があります。

 

よくある質問


承認されている検査は、以下をはじめとする抗原検査または核酸増幅検査(NAAT)です。 

*RT-PCR検査 
*LAMP検査 
*TMA検査 
*NEAR検査 
*HDA検査  

ご注意:抗体検査は認められていません。 

検査結果は、書面または電子コピーで、次の全ての情報が記載されている必要があります。 

1. 検査の種類(NAATまたは抗原検査) 

2. 検査証明書の発行元(ラボ、医療機関、遠隔医療診療サービスなど)とその連絡先(電話番号、ファックス番号、メールアドレスなど) 

3. 検査が実施された日付 – 陰性証明書には、新型コロナウイルス検査が出発前1日以内に実施されたことが記載されている必要があります。新型コロナウイルス検査の陰性結果の代わりに、陽性結果および新型コロナウイルス感染症から回復済みであることを証明する書類を使用する場合は、その陽性結果が、ご旅行前90日以内に受けた検査のものでなければなりません。 

4. 個人を特定するための書類上の情報2点(例:氏名および生年月日またはパスポート番号)  

5. 検査結果

英語および米国直行便の出発国の言語のものがご使用いただけます。別の国を経由して米国に入国されるお客様で、お持ちの検査結果が出発国の言語で書かれている場合は、お乗り継ぎ空港にて検査結果確認の際に出発国の言語が通じない可能性があることにご注意ください。  

デルタ航空では、他言語で書かれた検査結果にも対応できるよう最善を尽くします。ご旅行の遅延や再検査費用の発生を避けるため、デルタ航空係員がお客様の検査結果を確認できるようご協力をお願いいたします。

ご出発前の検査費用はお客様各自でご負担いただきます。

提出する陰性結果は直行便の出発前1日以内に出たものである必要があります。旅程にお乗り継ぎ便が1区間以上含まれる場合は、最初のフライト出発前1日以内に受けた検査の陰性証明書が必要です。この要件は米国市民/居住者を含む、ワクチン接種済みおよび未接種両方の2歳以上の全てのお客様に適用されます。  

例えば、金曜日の午後5時に出発するフライトをご予約のお客様は、フライトご利用1日前である木曜日の任意の時間に受けた検査の陰性結果をお持ちの場合にご搭乗いただけます。 

検査が完了していない、および/または陰性証明書がないお客様は、CDCの指示により米国行きのフライトにご搭乗いただけません。

陽性と判定されたお客様はご搭乗いただけません。検査結果を受け取られた国のガイドラインに従ってください。米国のCDCのガイドライン、新しいウィンドウが開きますでは、陽性判定を受けた方は5日以上自主隔離を行い、回復するまで米国への旅行を延期していただくよう求めています。 国や地域によって隔離の要件は異なります。お客様は旅行を開始する前に、所在地の公衆衛生ガイドラインに従っていただく必要があります。 

Allianz Global Assistanceの旅行保険では、一般的に対象となる旅行のさまざまな費用が補償されます。また、新型コロナウイルスに罹患しフライトを利用できなくなった場合など、限定的な特定の状況においても保険金の請求、新しいウィンドウが開きますが可能です。ご予約済みのフライトにも、「旅程」ページから旅行保険を追加することができます。利用規約が適用されますのでご確認ください。補償内容は国や地域によって変わる場合があります。詳細はこちらでご確認ください。 

デルタ航空の健康状態確認書では、当社従業員および他のお客様の安全のため、現地の公衆衛生ガイドラインが推奨する新型コロナウイルスの隔離期間が完全に明けてからご旅行を開始していただくようお願いしています。 

お客様の最初のフライトが、お客様の管理の及ばない状況により遅延し、24時間以内に遅延が解消された場合は、再検査の必要はございません。24時間を超えて遅延した場合は、再検査が必要となります。

乗り継ぎ便がお客様の管理の及ばない状況により遅延し、48時間以内に遅延が解消された場合は、再検査の必要はございません。48時間を超えて遅延した場合は、再検査が必要となります。

はい。新型コロナウイルスのワクチンを接種済みのお客様も、ご出発前1日以内に受けた検査の陰性証明書をご提示いただき、陰性結果を申告する署名済みの証明書と追跡調査情報をご提出いただく必要があります。 
米国市民および移民(居住者)ならびに非米国市民/非移民に必要な証明書について定めた米国連邦法では、米国以外の国を出発し、米国に到着または米国を経由する航空機にご搭乗の全てのお客様は、新型コロナウイルス検査の結果が陰性であること、または新型コロナウイルスから回復し回復証明書を所持していること、および新型コロナウイルスのワクチン接種を完了しているかワクチン接種の例外の対象であることを証明する必要があるとしています。証明書はお客様1名につき1通の提出が求められます。必要な場合は、保護者またはその他の権限を与えられた個人が17歳以下のお子様の代理で証明を行うことができます。ただし、2歳未満のお子様には証明書免除のオプションをお選びください。非米国市民および非移民のお客様は、別途証明が必要な項目がございますのでご注意ください。

検査結果書類は紙版と電子版どちらも認められています。電子版の証明書にご記入・ご署名いただくか、米国市民および移民(居住者)用または非米国市民/非移民用の紙の証明書を印刷してご記入ください。デルタ航空携航空会社のフライトで米国にお越しのお客様は、事前に証明書を印刷し、ご記入・ご署名の上、空港へお持ちください。 

ご出発前に陰性証明書のご提示が求められますが、米国入国時の検査でも同証明書が必要となりますので必ずお持ちください。

次のお客様は検査を免除されます。 

*2歳未満のお子様  
*任務のため移動する米国法執行機関関係者および米軍関係者の方   
*米国の海外領土(プエルトリコ、米国バージン諸島)から帰国される方  

また、最近新型コロナウイルスに罹患したお客様は、ご旅行前90日以内に受けた新型コロナウイルス検査の陽性結果、および回復済みで旅行が可能であることを証明する書類(医療従事者または公衆衛生当局が発行したもの)をご提示いただくことで、陰性証明書のご提示は免除されます。 

米国の海外領土である米領バージン諸島およびプエルトリコから米国へ入国されるお客様は、本要件の適用対象外です。

はい。米国市民および米国永住権保持者を含め、米国外から米国へ入国される2歳以上の全てのお客様は、ご出発前1日以内に受けた新型コロナウイルス検査の陰性証明書、および陰性結果を申告する署名済みの証明書をご用意いただく必要があります。 

新型コロナウイルスに罹患し回復された方は、ご出発前90日以内に受けた検査の陽性結果および回復を証明する書類をお持ちいただくことで、検査要件を満たすことができます。 

デルタ航空は、安全・セキュリティに関する規定を引き続き注視し、お客様の目的地の特別な出入国要件について最新情報をお届けいたします。 

現在の旅行規制に関する詳細や入国準備に役立つ情報については、最新の旅行要件および旅行規制のページをご覧いただくことを強くお勧めしております。また、旅程に含まれるお乗り継ぎ空港や目的地に関する入出国条件も事前にご確認ください。

検査実施日が、米国への復路便の1日以内であれば、米国ご出発前に受けた新型コロナウイルス検査の結果を復路便にもお使いいただけます。旅程が1日を超える場合は、米国入国前に改めて新型コロナウイルスの検査を受けていただく必要があります。

回復されたお客様は、新型コロナウイルス検査の陽性結果(ご出発前90日以内に受けた検査の結果)および回復済みで旅行が可能であることを証明する書類(免許を持つ医療従事者または公衆衛生当局が発行したもの)をご用意いただくことで、検査要件を満たすことができます。

要件について詳しくは、CDCの措置、新しいウィンドウが開きますのページをご覧ください。

ご注意:米国では、2回接種型ワクチンを1回のみ接種し、回復証明書を所持している方については、ワクチン接種を完了したものとはみなされません。

いいえ。ワクチン接種を完了し隔離の必要がない保護者の方が同伴する、ワクチン未接種の18歳未満のお子様は、米国入国時の隔離は必要ありません。ワクチン未接種のお子様は、米国にご到着から3〜5日後に新型コロナウイルス検査を受けていただく必要があります。

関連リンク

このページにお探しの情報は見つかりましたか?