ご旅行の変更またはキャンセル

フライトのキャンセルや変更は、手数料なしで可能ですか?


2021年12月31日までのベーシックエコノミーでのご旅行を予約されているお客様は、2021年ベーシックエコノミー変更手数料免除措置の内容をご確認ください。ただいま変更手数料なしでフライトの変更が可能です。

2021年7月27日更新

ご計画を変更される可能性を考慮して、北米を出発地とするフライトのメインキャビン以上の航空券を購入された場合は変更手数料はかかりませんので、ご安心ください。 

変更手数料の廃止により、ご出発前であれば日程や時間、旅行場所の変更が「旅程」ページにて手数料なしで柔軟に可能となります。変更後のフライトが変更前のフライトより高値であった場合は、運賃差額をお支払いいただく必要があります。

後日にキャンセル・再予約の必要が生じた場合もご安心ください。変更またはキャンセルが出発前になされなかった場合、航空券の残額はなくなりますのでご注意ください。航空券のキャンセル手数料がかからず、さらにお持ちの航空券をeクレジットに換算してお受け取りいただけます。eクレジットは、元々の航空券の有効期限*(通常購入日から1年間)までいつでもご利用いただけます。すでにeクレジットをお持ちでご予約を希望される場合は、delta.com/redeemよりお手続きいただけます。フライトのキャンセルまたは変更にお手伝いが必要なお客様は、こちらのステップ・バイ・ステップ・ガイドをご覧ください。

*なお、2021年に失効するすべての航空券および2021年に新規でご購入されたすべての航空券は、2022年12月31日まで有効期限が延長されます。

     

デルタ航空から直接購入された航空券(ベーシックエコノミー運賃を含む)は、24時間リスクフリーキャンセレーションの対象となります。ご予約の24時間後までは、理由のいかんにかかわらずキャンセルすることができ、変更手数料やキャンセル料なしで、全額が払い戻しされます。現行の手数料免除制度の適用期間外に購入したベーシックエコノミー航空券は、払い戻し不可・変更不可です。

2021年4月30日より後に購入した2021年のご旅行の航空券

2021年12月31日までのベーシックエコノミーでのご旅行を予約されているお客様は、一時的な2021年ベーシックエコノミー変更手数料免除措置に基づき、ただいま変更手数料なしでフライトの変更が可能です。

フライトの変更方法: 

  • フライトの変更は、delta.comの「旅程」ページにアクセスし、変更したいフライトを選択して「フライトの変更」をクリックしてください。   
  • 「フライトの変更手続きを開始する」をクリックし、変更したいフライトを選択して、新しいフライトを検索します。  

フライトのキャンセル方法:

  • フライトのキャンセルは、delta.comの「旅程」ページから「フライトの変更」をクリックし、「フライトのキャンセル手続きを開始する」を選択します。

2021年4月30日より後に購入した2022年のご旅行の航空券

2022年のご旅行の購入済みベーシックエコノミー航空券は、従来どおり払い戻し不可・変更不可です。 

2021年4月30日以前に購入された航空券

2021年4月30日以前に新型コロナウイルスによる手数料免除制度の下でベーシックエコノミー航空券をご購入になったお客様は、航空券を変更*またはキャンセルした場合、eクレジットをお受け取りいただけます。 

フライトの変更方法: 

  • フライトの変更は、delta.comの「旅程」ページにアクセスし、変更したいフライトを選択して「フライトの変更」をクリックしてください。   
  • 「フライトの変更手続きを開始する」をクリックし、変更したいフライトを選択して、新しいフライトを検索します。  

フライトのキャンセル方法:

  • フライトのキャンセルは、delta.comの「旅程」ページから「フライトの変更」をクリックし、「フライトのキャンセル手続きを開始する」を選択します。
  • 出発前にフライトをキャンセルし、元の航空券の発券日から1年以内に、航空券の未使用部分の金額を新しい航空券の購入に充当できる場合があります。

*ヨーロッパ、アフリカ、米国外のその他地域を出発地とする一部のベーシックエコノミー航空券は、手数料をお支払いのうえ変更できる場合があります。航空券に関する制限事項をご確認ください。

デルタ航空では、北米を出発地とする世界各地へのご旅行、およびカリブ発 米国またはメキシコ行きのご旅行のために購入された航空券の変更手数料を廃止いたします。ただし、2021年12月31日(現行の2021ベーシックエコノミー手数料免除制度の適用期間終了日)より後のご旅行のために購入されたベーシックエコノミー航空券は払い戻し不可・変更不可となります。 

フライトの変更方法: 

  • フライトの変更は、delta.comの「旅程」ページにアクセスし、変更したいフライトを選択して「フライトの変更」をクリックしてください。    
  • 「フライトの変更手続きを開始する」をクリックし、変更したいフライトを選択して、新しいフライトを検索します。

フライトのキャンセル方法: 

  • フライトのキャンセルは、delta.comの「旅程」ページから「フライトの変更」をクリックし、「フライトのキャンセル手続きを開始する」を選択します。
  • 出発前にフライトをキャンセルし、元の航空券の購入日から1年以内に、航空券の未使用部分の金額を新しい航空券の購入に充当できる場合があります。

2021年4月30日以前に購入されたすべての航空券は変更手数料が免除されます。2021年4月30日(現行の新型コロナウイルスによる手数料免除制度の適用期間終了日)より後に購入した航空券には、変更手数料がかかります。ベーシックエコノミー航空券は、2021年12月31日(現行の2021ベーシックエコノミー手数料免除制度の適用期間終了日)を過ぎた場合、ほとんどの場合払い戻し不可・変更不可**です。

フライトの変更方法: 

  • フライトの変更は、delta.comの「旅程」ページにアクセスし、変更したいフライトを選択して「フライトの変更」をクリックしてください。    
  • 「フライトの変更手続きを開始する」をクリックし、変更したいフライトを選択して、新しいフライトを検索します。

フライトのキャンセル方法: 

  • フライトのキャンセルは、delta.comの「旅程」ページから「フライトの変更」をクリックし、「フライトのキャンセル手続きを開始する」を選択します。
  • 出発前にフライトをキャンセルし、元の航空券の発券日から1年以内に、航空券の未使用部分の金額を新しい航空券の購入に充当できる場合があります。

**ベーシックエコノミー航空券は通常、払い戻し不可・変更不可です。ただし、ヨーロッパ、アフリカ、米国外のその他地域を出発地とする一部のベーシックエコノミー航空券は、手数料をお支払いのうえ変更できる場合があります。航空券に関する制限事項をご確認ください。


よくある質問 


変更後のフライトが変更前のフライトより安値である場合、今後の旅行にご利用いただけるeクレジットを運賃差額分お受け取りいただけます。
2021年4月30日以前に購入された航空券については、ご出発前にフライトをキャンセルされる場合は、航空券の価値と同額の、2022年末まで有効なeクレジットをお受け取りいただけます。2021年4月30日より後に購入されたベーシックエコノミー航空券については、24時間リスクフリーキャンセレーション期限後の変更または払い戻しはできません。詳細については、2021年ベーシックエコノミー変更手数料免除措置のページをご覧ください。

delta.com/redeemから、eクレジットの価額や有効期限のご確認、および今後のご旅行に向けたオンラインでのご利用手続きを行っていただけます。 

eクレジットの管理に関するヒントは、ガイドページでご覧ください。

 

関連リンク

このページにお探しの情報は見つかりましたか?