旅行要件

現在、ご旅行のサービスやプロセス、要件などに一部変更が出ております。本ページではご旅行前の注意点やアドバイスをご案内いたします。

目的地ごとのガイドライン

昨今、一部の州および国ではお客様のご旅行に適用される可能性のある新たなガイドラインが導入されています。デルタ航空では安全・セキュリティに関する最新の規定を引き続き注視し、お客様に最新の情報をお届けします。下記より目的地をお選びになり、自主隔離、新型コロナウイルス検査、ヘルスチェック、提出書類、アプリのダウンロード、出発地/到着地の空港からの追加情報などについてご確認ください。

注意事項

下記より閲覧可能な旅行規制は、各目的地のページ上部に記載されている日付に更新されています。また、一部の国では入国対象者を国民、永住者、一部のビザ保有者に、また渡航者の入国目的を緊急性の高いご旅行に限定するなど、一時的な入国要件を設けています。お客様が入国要件を満たしているかどうか、事前に目的地の大使館または入国管理局に直接ご確認になることをお勧めいたします。また、旅程に含まれるお乗り継ぎ空港や目的地に関する入出国条件も事前にご確認ください。世界各地の旅行規制については、米国国務省、新しいウィンドウが開きますまたはIATA(国際航空運送協会)トラベルセンター、新しいウィンドウが開きますのサイトでご確認いただけます。デルタ航空の提携航空会社9社のいずれかをご利用予定であり、且つ目的地において入出国条件が変更してしまった場合は、弊社の新型コロナウイルス最新情報センターから、各社の柔軟な旅行ポリシーや対策等の詳細をご確認いただけます。その他のご利用規約はこちらからご確認ください。

詳細は、運航中・運航予定の路線(数ヶ月先まで)をご覧ください。

要件の概要一覧 

観光および出張が可能
国際線および/または米国内線を利用した緊急性の低い目的での旅行が認められており、隔離が義務付けられていない場合にチェックマークが入っています。

必要書類
出発前に渡航者が記入するか認可を受ける必要のあるフォームまたは申請書の有無を示します。

検疫
政府指定の施設での強制自主隔離または強制隔離の有無を示します。

新型コロナウイルス検査
出発前または到着時に新型コロナウイルス検査が義務付けられているかどうかを示します。

ヘルスチェック
出発前または到着時の体温測定や症状のチェックなどが含まれます。

アプリ
健康診断アプリまたは接触追跡アプリのダウンロードが必要かどうかを示します。

医療保険
入国に際して、米国外への旅行中に受ける可能性のある医療サービスをカバーする有効な医療保険の証明書が必要かどうかを示します。

**
例外があります。詳細な内容をご確認ください。 

米国へのご旅行または米国内のご旅行


一部の国、新しいウィンドウが開きますから米国に渡航される外国籍の方は、入国が禁止される場合や必要書類の提出を求められる場合があります。諸外国から帰国される米国市民の方は、国務省、新しいウィンドウが開きますのウェブサイトをご覧の上、帰国時に適用される国別の要件をご確認ください。また、すべての旅行者に対して入国時にヘルスチェックならびに検温が実施されます。米国の一部の州では、追加の制限の対象となる場合があります。各州の制限の詳細については以下をご覧ください。また、ご旅行前に米国疾病予防管理センター(CDC)州・準州保健当局、新しいウィンドウが開きますのウェブサイトに掲載されている一覧から各州が公表している規制情報をご確認ください。

アラバマ

    観光および出張が可能

現在、旅行に伴う隔離義務は公表されていません。最新情報については、アラバマ州公衆衛生局、新しいウィンドウが開きますのウェブサイトをご覧ください。

アラスカ

2020年9月08日付:

義務付けられている措置

    観光および出張が可能

必須事項

    必要書類

   検疫 **

    新型コロナウイルス検査

    ヘルスチェック

義務のないもの

    アプリ

8月11日より、すべての非居住者の方は、ご出発の72時間以内に受けた新型コロナウイルスPCR検査の陰性結果、またはご出発の72時間以内に検査を受け、結果待ちであることを証明する書類を提示する必要があります。非居住者の方は、陰性結果をオンラインの「Alaska Travel Portal」にアップロードしていただく必要があります。出発の72時間以内に検査を受けて結果待ちの場合は、検査を受けたことを証明する書類をアップロードし、結果を待つ間、隔離していただく必要があります。非居住者の方が事前検査なしでご到着された場合は、1回につき250ドルで検査を受けることができます。ただし、結果を待つ間、隔離していただく必要があります。アラスカ居住者の方は、引き続き無料で検査を受けられます。また、検査を受ける代わりに14日間の隔離も任意で選択できます。

また、すべての渡航者はオンラインにて渡航申告書をご記入いただくことが義務付けられています。書面の渡航申告書はご利用いただけません。オンラインのTravel Portalについて詳しくは、AlaskaSafeTravels.com、新しいウィンドウが開きますをご覧ください。

アラスカ州へのご旅行の変更を希望されるお客様は、変更またはキャンセル料金なしで旅程を変更できる場合があります。 

アリゾナ

    観光および出張が可能

現在、旅行に伴う隔離義務は公表されていません。最新情報については、アリゾナ州公衆衛生局、新しいウィンドウが開きますのウェブサイトをご覧ください。

アーカンソー

    観光および出張が可能

現在、旅行に伴う隔離義務は公表されていません。最新情報については、アーカンソー州保健局、新しいウィンドウが開きますのウェブサイトをご覧ください。

カリフォルニア

    観光および出張が可能

現在、旅行に伴う隔離義務は公表されていません。最新情報については、カリフォルニア州公衆衛生局、新しいウィンドウが開きますのウェブサイトをご覧ください。

2020年8月11日より、デルタ航空ではLAXターミナル2にて体温測定によるスクリーニングを試験導入しております。体温測定は必須です。38°C(100.4°F)以上の発熱がある方は、ご搭乗をお断りし、後日のフライトに振り替えて再予約させていただきます。

コロラド

    観光および出張が可能

現在、旅行に伴う隔離義務は公表されていません。最新情報については、コロラド州公衆衛生・環境局、新しいウィンドウが開きますのウェブサイトをご覧ください。

コネチカット

2020年9月15日付:

義務付けられている措置

    観光および出張が可能

必須事項

   必要書類

    検疫 **

    新型コロナウイルス検査 **

義務のないもの

    ヘルスチェック

    アプリ

アラバマ州、アラスカ州、アーカンソー州、デラウェア州、フロリダ州、ジョージア州、グアム、アイダホ州、イリノイ州、インディアナ州、アイオワ州、カンザス州、ケンタッキー州、ルイジアナ州、ミシシッピ州、ミズーリ州、モンタナ州、ネブラスカ州、ノースカロライナ州、ノースダコタ州、オクラホマ州、プエルトリコ、サウスカロライナ州、サウスダコタ州、テネシー州、テキサス州、ユタ州、バージニア州、ウェストバージニア州、ウィスコンシン州からコネチカット州に到着する方に、到着後14日間のご自宅またはホテルでの隔離を求める待機命令が出ています。この隔離対象州は週に一度更新されます。詳細は、コネチカット州の新型コロナウイルスへの対応、新しいウィンドウが開きますのサイトをご覧ください。 

上記に記載されている特定の地域からコネチカット州に渡航されるお客様は、到着時にオンライン渡航者健康申告フォーム、新しいウィンドウが開きますへのご記入が必須となります。これらの要件に違反した場合、罰金を科される可能性があります。上記の地域からコネチカット州に旅行されるお客様は、旅行前72時間以内に受けた新型コロナウイルス検査の陰性証明書をご提出いただくと、到着後14日間の隔離措置が免除されます。  

コネチカット州へのご旅行の変更を希望されるお客様は、変更またはキャンセル料金なしで旅程を変更できる場合があります。 

デラウェア

    観光および出張が可能

現在、旅行に伴う隔離義務は公表されていません。最新情報については、デラウェア州公衆衛生局、新しいウィンドウが開きますのウェブサイトをご覧ください。

コロンビア特別区

2020年9月08日付:

義務づけられている措置の一覧:

    観光および出張が可能

必須事項

    検疫 **

義務のないもの

    必要書類

    新型コロナウイルス検査

    ヘルスチェック

    アプリ

緊急性の低い目的で高リスクの州からワシントンD.C.へ旅行されるお客様には、14日間の自主隔離が義務付けられています、新しいウィンドウが開きます。現時点で高リスクの州とされているのは、アラバマ州、アーカンソー州、カリフォルニア州、デラウェア州、フロリダ州、ジョージア州、ハワイ州、アイダホ州、イリノイ州、インディアナ州、アイオワ州、カンザス州、ケンタッキー州、ルイジアナ州、ミネソタ州、ミシシッピ州、ミズーリ州、モンタナ州、ネブラスカ州、ネバダ州、ノースカロライナ州、ノースダコタ州、オハイオ州、オクラホマ州、サウスカロライナ州、サウスダコタ州、テネシー州、テキサス州、ユタ州、ウィスコンシン州です。この隔離対象州は2週間に一度更新されます。詳細は、ワシントンD.C.の新型コロナウイルスに関する情報、新しいウィンドウが開きますのウェブサイトをご覧ください。

ワシントンD.C.へのご旅行の変更を希望されるお客様は、変更またはキャンセル料金なしで旅程を変更できる場合があります。

フロリダ

    観光および出張が可能

現在、旅行に伴う隔離義務は公表されていません。最新情報については、フロリダ州保健局、新しいウィンドウが開きますのウェブサイトをご覧ください。

ジョージア

    観光および出張が可能

現在、旅行に伴う隔離義務は公表されていません。最新情報については、ジョージア州公衆衛生局、新しいウィンドウが開きますのウェブサイトをご覧ください。

ハワイ

2020年9月17日付:

義務付けられている措置

    観光および出張が可能

必須事項

    必要書類

    検疫 **

    新型コロナウイルス検査 **

    ヘルスチェック

    アプリ

ハワイにご到着の方に、到着後14日間のご自宅またはホテルでの隔離を求める待機命令が出ています。隔離命令に違反した場合、法的措置を講じる場合があります。州内のご旅行にはその他の規制が適用される場合があります。すべての旅行者に対し、ハワイ州のアプリ「セーフ・トラベル(Safe Travels)」、新しいウィンドウが開きますを通じてオンライン旅行申告書・問診表の記入・提出が義務付けられています。オンラインフォームへのご記入は、ご出発の24時間前までに完了してください。また、体温測定もお願いしております。

10月15日より、ハワイ州に渡航されるお客様で、ハワイ到着の72時間以内に受けた新型コロナウイルスのPCR検査陰性証明書、新しいウィンドウが開きますをお持ちの方は、到着後14日間の隔離は必要ありません。PCR検査はご到着前に行う必要があり、旅行者は検査証明書をご提示いただく必要があります。旅行前の検査費用はお客様ご自身の負担となります。空港では到着時の検査は行っておりません。詳細は、ハワイ州観光局、新しいウィンドウが開きますおよびハワイ州運輸局、新しいウィンドウが開きますのウェブサイトをご覧ください。

ハワイ州へのご旅行の変更を希望されるお客様は、変更またはキャンセル料金なしで旅程を変更できる場合があります。

アイダホ

    観光および出張が可能

現在、旅行に伴う隔離義務は公表されていません。最新情報については、アイダホ州保健・福祉局、新しいウィンドウが開きますのウェブサイトをご覧ください。

イリノイ

2020年9月15日付:

義務づけられている措置の一覧:

    観光および出張が可能

必須事項

   検疫 **

義務のないもの

    必要書類

    新型コロナウイルス検査

    ヘルスチェック

    アプリ

アラバマ州、アーカンソー州、ジョージア州、アイオワ州、カンザス州、ケンタッキー州、ルイジアナ州、ミシシッピ州、ミズーリ州、ネブラスカ州、ノースダコタ州、オクラホマ州、サウスカロライナ州、サウスダコタ州、テネシー州、ユタ州からシカゴ市に到着する方に、到着後14日間のご自宅またはホテルでの隔離、新しいウィンドウが開きますを求める待機命令が出ています。この隔離対象州は週に一度更新されます。詳細は、イリノイ州公衆衛生局、新しいウィンドウが開きますのサイトをご覧ください。

イリノイ州へのご旅行の変更を希望されるお客様は、変更またはキャンセル料金なしで旅程を変更できる場合があります。

インディアナ

    観光および出張が可能

現在、旅行に伴う隔離義務は公表されていません。最新情報については、インディアナ州保健局、新しいウィンドウが開きますのウェブサイトをご覧ください。

アイオワ

    観光および出張が可能

現在、旅行に伴う隔離義務は公表されていません。最新情報については、アイオワ州公衆衛生局、新しいウィンドウが開きますのウェブサイトをご覧ください。

カンザス

2020年9月1日付:

義務づけられている措置の一覧:

    観光および出張が可能

必須事項

   検疫 **

義務のないもの

    必要書類

    新型コロナウイルス検査

    ヘルスチェック

    アプリ

カンザス州に到着する方のうち、以下の方は到着後ご自宅またはホテルでの14日間の隔離、新しいウィンドウが開きますが義務付けられています:8月27日以降にアルバに旅行された方、3月以降にクルーズ旅行に行かれた方、7月14日~8月27日の期間中に米国疾病予防管理センター(CDC)が発表する新型コロナウイルスに関する旅行健康情報のレベル3に該当する国に旅行された方、8月11日以降に州外で大人数の集まりに参加された方。詳細は、カンザス州保健局、新しいウィンドウが開きますのウェブサイトをご覧ください。

カンザス州へのご旅行の変更を希望されるお客様は、変更またはキャンセル料金なしで旅程を変更できる場合があります。 

ケンタッキー

    観光および出張が可能

現在、旅行に伴う隔離義務は公表されていません。最新情報については、ケンタッキー州公衆衛生局、新しいウィンドウが開きますのウェブサイトをご覧ください。

ルイジアナ

    観光および出張が可能

現在、旅行に伴う隔離義務は公表されていません。最新情報については、ルイジアナ州保健局、新しいウィンドウが開きますのウェブサイトをご覧ください。

メイン

2020年8月04日付:

義務づけられている措置の一覧:

    観光および出張が可能

必須事項

   検疫**

    新型コロナウイルス検査 **

義務のないもの

    必要書類

    ヘルスチェック

    アプリ

メイン州に旅行される方には、到着後14日間の隔離が義務付けられています。14日間の隔離の代わりに、ご出発72時間以内に新型コロナウイルスのPCR検査を受けて、陰性証明書を提出していただくことを選択できる場合があります。コネチカット州、ニューハンプシャー州、ニュージャージー州、ニューヨーク州、バーモント州から到着される方は、隔離および新型コロナウイルス検査の対象外です。詳細は、メイン州保健・厚生局、新しいウィンドウが開きますのサイトをご覧ください。

メイン州へのご旅行の変更を希望されるお客様は、変更またはキャンセル料金なしで旅程を変更できる場合があります。

メリーランド

    観光および出張が可能

現在、旅行に伴う隔離義務は公表されていません。最新情報については、メリーランド州保健局、新しいウィンドウが開きますのウェブサイトをご覧ください。

マサチューセッツ

2020年9月15日付:

義務づけられている措置の一覧:

    観光および出張が可能

必須事項

    必要書類

   検疫**

    新型コロナウイルス検査 **

義務のないもの

    ヘルスチェック

    アプリ

マサチューセッツ州への旅行者は、公衆衛生局、新しいウィンドウが開きますが特定する低リスクの州からの旅行者を除き、14日間の隔離、またはご到着72時間以内に受けた新型コロナウイルス検査の陰性結果を提示する必要があります。現時点で低リスクの州とされているのは、コロラド州、コネチカット州、メイン州、ニューハンプシャー州、ニュージャージー州、ニューメキシコ州、ニューヨーク州、オレゴン州、バーモント州、ワシントン州、ワイオミング州です。この特定州は頻繁に更新されます。その他の例外は、マサチューセッツ州のホームページにて「コロナ禍の旅行に関する規定」、新しいウィンドウが開きますをご確認ください。

低リスクの州からの旅行者を除き、旅行者は到着前にオンラインでMassachusetts Travel Form(マサチューセッツ州旅行フォーム)、新しいウィンドウが開きますに記入する必要があります。これらの政策に従わない場合、罰金を科される場合があります。詳細は、マサチューセッツ州の新型コロナウイルス(COVID-19)情報サイト、新しいウィンドウが開きますをご覧ください。

マサチューセッツ州へのご旅行の変更を希望されるお客様は、変更またはキャンセル料金なしで旅程を変更できる場合があります。

ミシガン

    観光および出張が可能

現在、旅行に伴う隔離義務は公表されていません。最新情報については、ミシガン州保健・厚生局、新しいウィンドウが開きますのウェブサイトをご覧ください。

ミネソタ

    観光および出張が可能

現在、旅行に伴う隔離義務は公表されていません。最新情報については、ミネソタ州保健局、新しいウィンドウが開きますのウェブサイトをご覧ください。

ミシシッピ

    観光および出張が可能

現在、旅行に伴う隔離義務は公表されていません。最新情報については、ミシシッピ州保健局、新しいウィンドウが開きますのウェブサイトをご覧ください。

ミズーリ

    観光および出張が可能

現在、旅行に伴う隔離義務は公表されていません。最新情報については、ミズーリ州保健局、新しいウィンドウが開きますのウェブサイトをご覧ください。

モンタナ

    観光および出張が可能

現在、旅行に伴う隔離義務は公表されていません。最新情報については、モンタナ州公衆衛生・厚生局、新しいウィンドウが開きますのウェブサイトをご覧ください。

ネブラスカ 

    観光および出張が可能

現在、旅行に伴う隔離義務は公表されていません。最新情報については、ネブラスカ州保健・厚生局、新しいウィンドウが開きますのウェブサイトをご覧ください。

ネバダ

    観光および出張が可能

現在、旅行に伴う隔離義務は公表されていません。最新情報については、ネバダ州公衆衛生・行動保健局、新しいウィンドウが開きますのウェブサイトをご覧ください。

ニューハンプシャー

    観光および出張が可能

現在、旅行に伴う隔離義務は公表されていません。最新情報については、ニューハンプシャー州保健・厚生局、新しいウィンドウが開きますのウェブサイトをご覧ください。

ニュージャージー 

2020年9月15日付:

義務づけられている措置の一覧:

    観光および出張が可能

必須事項

   検疫 **

義務のないもの

    必要書類

    新型コロナウイルス検査

    ヘルスチェック

    アプリ

アラバマ州、アラスカ州、アーカンソー州、デラウェア州、フロリダ州、ジョージア州、グアム、アイダホ州、イリノイ州、インディアナ州、アイオワ州、カンザス州、ケンタッキー州、ルイジアナ州、ミシシッピ州、ミズーリ州、モンタナ州、ネブラスカ州、ノースカロライナ州、ノースダコタ州、オクラホマ州、プエルトリコ、サウスカロライナ州、サウスダコタ州、テネシー州、テキサス州、ユタ州、バージニア州、ウェストバージニア州、ウィスコンシン州からニュージャージー州に到着する方に、到着後14日間のご自宅またはホテルでの隔離を求める待機命令が出ています。この隔離対象州は週に一度更新されます。詳細は、ニュージャージー州の新型コロナウイルス(COVID-19)情報サイト、新しいウィンドウが開きますをご覧ください。 

今回ニュージャージー州へのご旅行の変更を希望されるお客様は、変更またはキャンセル料金なしで旅程を変更できる場合があります。 

ニューメキシコ

2020年9月15日付:

義務づけられている措置の一覧:

    観光および出張が可能

必須事項

   検疫

義務のないもの

    必要書類

    新型コロナウイルス検査

    ヘルスチェック

    アプリ

高リスクの州からニューメキシコ州に到着されるすべてのお客様は、到着後14日間の自主隔離を求める待機命令が出ています。自主隔離命令は、コロラド州、コネチカット州、メイン州、マサチューセッツ州、ミシガン州、ニューハンプシャー州、ニュージャージー州、ニューヨーク州、オレゴン州、ロードアイランド州、バーモント州、ワシントン州、ワシントンD.C.から渡航されるお客様は対象外となります。緊急性の高いビジネス旅行のお客様およびエッセンシャルワーカーのお客様は隔離の対象外となる場合があります。詳細は、ニューメキシコ州の旅行情報サイト、新しいウィンドウが開きますをご覧ください。

ニューメキシコ州へのご旅行の変更を希望されるお客様は、変更またはキャンセル料金なしで旅程を変更できる場合があります。

ニューヨーク

2020年9月15日付:

義務づけられている措置の一覧:

    観光および出張が可能

必須事項

    必要書類

   検疫 **

義務のないもの

    新型コロナウイルス検査

    ヘルスチェック

    アプリ

アラバマ州、アラスカ州、アーカンソー州、デラウェア州、フロリダ州、ジョージア州、グアム、アイダホ州、イリノイ州、インディアナ州、アイオワ州、カンザス州、ケンタッキー州、ルイジアナ州、ミシシッピ州、ミズーリ州、モンタナ州、ネブラスカ州、ノースカロライナ州、ノースダコタ州、オクラホマ州、プエルトリコ、サウスカロライナ州、サウスダコタ州、テネシー州、テキサス州、ユタ州、バージニア州、ウェストバージニア州、ウィスコンシン州からニューヨーク州に到着する方に、到着後14日間のご自宅またはホテルでの隔離を求める待機命令が出ています。この隔離対象州は週に一度更新されます。詳細は、ニューヨーク州の新型コロナウイルス(COVID-19)情報サイト、新しいウィンドウが開きますをご覧ください。

上記に記載されている特定の地域からニューヨーク州に旅行されるお客様は、オンラインで旅行者健康申告フォーム、新しいウィンドウが開きますへのご記入が必須となります。フォームの記入を怠ると、罰金を科される場合があります。

ニューヨーク州へのご旅行の変更を希望されるお客様は、変更またはキャンセル料金なしで旅程を変更できる場合があります。 

ノースカロライナ

    観光および出張が可能

現在、旅行に伴う隔離義務は公表されていません。最新情報については、ノースカロライナ州保健・厚生局、新しいウィンドウが開きますのウェブサイトをご覧ください。

ノースダコタ

    観光および出張が可能

現在、旅行に伴う隔離義務は公表されていません。最新情報については、ノースダコタ州保健局、新しいウィンドウが開きますのウェブサイトをご覧ください。

オハイオ

2020年9月03日付:

義務づけられている措置の一覧:

    観光および出張が可能

義務のないもの

    必要書類

   検疫

    新型コロナウイルス検査

    ヘルスチェック

    アプリ

新型コロナウイルス感染症の陽性率15%以上が報告されている州からオハイオ州に到着される方には、14日間の自主隔離、新しいウィンドウが開きますが推奨されています。 現時点でこれに該当する州には、アラバマ州、アイオワ州、カンザス州、ネバダ州、ノースダコタ州、サウスダコタ州が含まれます。この隔離対象州は週に一度更新されます。詳細は、オハイオ州保健局、新しいウィンドウが開きますのウェブサイトをご覧ください。

オハイオ州へのご旅行の変更を希望されるお客様は、変更またはキャンセル料金なしで旅程を変更できる場合があります。

オクラホマ

    観光および出張が可能

現在、旅行に伴う隔離義務は公表されていません。最新情報については、オクラホマ州保健局、新しいウィンドウが開きますのウェブサイトをご覧ください。

オレゴン

    観光および出張が可能

現在、旅行に伴う隔離義務は公表されていません。最新情報については、オレゴン州保健局公衆衛生課、新しいウィンドウが開きますのウェブサイトをご覧ください。

ペンシルベニア

    観光および出張が可能

現在、旅行に伴う隔離義務は公表されていません。最新情報については、ペンシルベニア州保健局、新しいウィンドウが開きますのウェブサイトをご覧ください。

ロードアイランド

2020年9月15日付:

義務づけられている措置の一覧:

    観光および出張が可能

必須事項

    必要書類

    検疫 **

    新型コロナウイルス検査 **

義務のないもの

    ヘルスチェック

    アプリ

州外から到着される方は、入州条件準拠証明書、新しいウィンドウが開きますおよびスクリーニングフォーム、新しいウィンドウが開きますへのご記入が必要です。アラバマ州、アリゾナ州、アーカンソー州、デラウェア州、フロリダ州、ジョージア州、アイダホ州、インディアナ州、アイオワ州、カンザス州、ケンタッキー州、メリーランド州、ミネソタ州、ミシシッピ州、ミズーリ州、ネブラスカ州、ネバダ州、ノースダコタ州、オクラホマ州、ペンシルベニア州、プエルトリコ、サウスカロライナ州、サウスダコタ州、テネシー州、テキサス州、ユタ州、バージニア州、ウェストバージニア州、ウィスコンシン州からロードアイランド州に到着する方に、到着後14日間のご自宅またはホテルでの隔離を求める待機命令が出ています。この隔離対象州は頻繁に更新されます。詳細は、ロードアイランド州保健局、新しいウィンドウが開きますのウェブサイトをご覧ください。

上記の州からロードアイランド州に到着されるお客様は、ロードアイランド州ご到着前72時間以内に受けた新型コロナウイルス検査の陰性証明書をご提出いただくと、到着後14日間の隔離措置が免除されます。また、ロードアイランド州内で受けた新型コロナウイルス検査が陰性であった場合は、隔離を終了することができます。 

ロードアイランド州へのご旅行の変更を希望されるお客様は、変更またはキャンセル料金なしで旅程を変更できる場合があります。

サウスカロライナ

    観光および出張が可能

現在、旅行に伴う隔離義務は公表されていません。最新情報については、サウスカロライナ州保健・環境管理局、新しいウィンドウが開きますのウェブサイトをご覧ください。

サウスダコタ

    観光および出張が可能

現在、旅行に伴う隔離義務は公表されていません。最新情報については、サウスダコタ州保健局、新しいウィンドウが開きますのウェブサイトをご覧ください。

テネシー

    観光および出張が可能

現在、旅行に伴う隔離義務は公表されていません。最新情報については、テネシー州保健局、新しいウィンドウが開きますのウェブサイトをご覧ください。

テキサス

    観光および出張が可能

現在、旅行に伴う隔離義務は公表されていません。最新情報については、テキサス州保健サービス局、新しいウィンドウが開きますのウェブサイトをご覧ください。

ユタ

    観光および出張が可能

現在、旅行に伴う隔離義務は公表されていません。最新情報については、Utah.gov、新しいウィンドウが開きますのウェブサイトをご覧ください。 

ヴァーモント

2020年8月04日付:

義務づけられている措置の一覧:

    観光および出張が可能

必須事項

   検疫

    新型コロナウイルス検査

義務のないもの

    必要書類

    ヘルスチェック

    アプリ

バーモント州に到着される方は、到着後、宿泊施設、ご友人やご家族の自宅での隔離が求められます。隔離期間は到着後14日間、または新型コロナウイルス検査で陰性が確認されてから7日間です。新型コロナウイルス感染症の発生率が低い米国北東部の州から到着される方は、隔離期間なしで観光旅行をお楽しみいただけます。対象となる州はこちらの地図、新しいウィンドウが開きますでご確認ください。地図は毎週金曜日に更新されます。詳細については、バーモント州のウェブサイト、新しいウィンドウが開きますをご確認ください。

バーモント州へのご旅行の変更を希望されるお客様は、変更またはキャンセル料金なしで旅程を変更できる場合があります。

バージニア

    観光および出張が可能

現在、旅行に伴う隔離義務は公表されていません。最新情報については、バージニア州保健局、新しいウィンドウが開きますのウェブサイトをご覧ください。

ワシントン

    観光および出張が可能

現在、旅行に伴う隔離義務は公表されていません。最新情報については、ワシントン州保健局、新しいウィンドウが開きますのウェブサイトをご覧ください。

ウェストバージニア

    観光および出張が可能

現在、旅行に伴う隔離義務は公表されていません。最新情報については、ウェストバージニア州保健・人事局公衆衛生課、新しいウィンドウが開きますのウェブサイトをご覧ください。

ウィスコンシン

    観光および出張が可能

現在、旅行に伴う隔離義務は公表されていません。最新情報については、ウィスコンシン州保健サービス局、新しいウィンドウが開きますのウェブサイトをご覧ください。

ワイオミング

    観光および出張が可能

現在、旅行に伴う隔離義務は公表されていません。最新情報については、ワイオミング州保健局、新しいウィンドウが開きますのウェブサイトをご覧ください。

米国外の旅行

北米

カナダ

2020年7月08日付:

義務づけられている措置の一覧:

    観光および出張が可能

必須事項

    必要書類

   検疫

    ヘルスチェック

義務のないもの

    新型コロナウイルス検査

    アプリ

    医療保険

カナダへご旅行のお客様:

  1. 新型コロナウイルス感染拡大予防のため、連邦政府、州、準州による措置が適用されることがあります。
  2. Quarantine Act(検疫法)新しいウィンドウが開きますにより、外国籍の方はカナダへの入国が禁じられることがあります。
  3. ヘルスチェックおよびその他の質問に対して、虚偽または誤解を与える回答をした場合は罰金が科せられることがあります。
  4. 以下の場合は搭乗が拒否されることがあります。
    • 発熱と咳、あるいは発熱と呼吸困難の症状があるにもかかわらず、その症状が新型コロナウイルスに関連するものではないことを証明する診断書を提出しない場合
    • 新型コロナウイルスに感染しているまたは感染している疑いがある場合
    • 14日間以内に、新型コロナウイルスに関連する医学的理由で搭乗を拒否されたことがある場合
  5. ヘルスチェックおよびその他の質問に対して、虚偽または誤解を与える回答をしてはいけません。
  6. 第12節に基づいて行われた体温測定で高度の発熱が認められた場合は、この発熱が新型コロナウイルスに関連するものではないことを証明する診断書を提出しない限り、カナダ行き航空機への搭乗を14日間拒否されることがあります。 
  7. 搭乗前にマスクを用意し、搭乗中、機内、ターミナルでは常にマスクを着用する必要があります。また、マスクの使用についてはゲート係員または客室乗務員の指示に従ってください。

お客様は、カナダ枢密院令の「Minimizing the Risk of Exposure to COVID-19(新型コロナウイルスへの曝露のリスク最小化策)」、新しいウィンドウが開きますを読むこと、搭乗前にカナダへの入国許可が下りていることを確認することが義務付けられています。お客様にはモバイルアプリ「ArriveCAN」、新しいウィンドウが開きますをダウンロードしてご使用になることを強くお勧めいたします。代わりに、こちらの渡航申告書、新しいウィンドウが開きますにご記入いただくこともできます。なお、ご到着後14日間の隔離をご予定に含めていただくようお願いいたします。渡航されるお客様には、ご出発前のヘルスチェックが義務付けられます。これには、体温測定、症状のチェック、問診票のご記入が含まれます。詳細は、カナダ公衆衛生庁、新しいウィンドウが開きますのサイトをご覧ください。 

カナダへのご旅行の変更を希望されるお客様は、変更またはキャンセル料金なしで旅程を変更できる場合があります。

メキシコ

2020年8月31日付:

義務づけられている措置の一覧:

    観光および出張が可能

必須事項

    必要書類

    ヘルスチェック

義務のないもの

   検疫

    新型コロナウイルス検査

    アプリ

メキシコに到着されるお客様は、ご到着時に入国管理局へ「旅行者のリスクファクターを特定するための調査票、新しいウィンドウが開きます」、または同調査票をオンラインで提出した際に送られてくるQRコードを提示することが義務付けられています。メキシコから出発されるお客様にも、新たに「旅行者のリスクファクターを特定するための調査票、新しいウィンドウが開きます」(またはQRコード)の提示が求められます。また、ご到着時に体温測定を含むヘルスチェックを受けていただく場合があります。

詳細は、メキシコ保健省、新しいウィンドウが開きますおよび在メキシコ米国大使館・領事館、新しいウィンドウが開きますのウェブサイトをご覧ください。

今回メキシコへのご旅行の変更を希望されるお客様は、変更またはキャンセル料金なしで旅程を変更できる場合があります。

中南米およびカリブ

アンティグア・バーブーダ

2020年7月16日付:

義務付けられている措置

    観光および出張が可能

必須事項

    必要書類

   検疫 **

    新型コロナウイルス検査 **

    ヘルスチェック

義務のないもの

    アプリ

    医療保険

アンティグア・バーブーダに渡航されるお客様は、ご出発前に電子旅客登録フォームおよびヘルススクリーニングフォームにご記入いただく必要があります。

7月05日より、ご到着時に新型コロナウイルスの陰性証明書を提示できるよう、ご出発7日前までにRT-PCR検査を受けていただく必要があります。 お乗り継ぎのお客様も対象となります。また、ご到着時にヘルスチェックを受けていただきますが、それには新型コロナウイルスの検査が含まれる場合があります。 ご到着のお客様はすべて、検疫当局と新型コロナウイルス隔離ガイドラインの指示に従って、到着後14日間、新型コロナウイルスへの感染について監視されます。旅行者は、ホテルや保健局指定の宿泊所で、新型コロナウイルスの検査を受けるよう義務付けられる場合もあります。検査に要する時間は15分で、検査結果はおよそ48時間以内に出ますが、最大96時間かかることもあります。 旅行者には、保健機関から結果が知らされます。結果を待っている間は、検疫当局の指示に従い、各自の行動を制限する必要があります。  

詳細は、アンティグア・バーブーダ保健省、新しいウィンドウが開きますアンティグア・バーブーダの旅行情報サイト、新しいウィンドウが開きますまたは米国大使館のアンティグア・バーブーダに関する新型コロナウイルス情報ページ、新しいウィンドウが開きますをご覧ください。

ご旅行の継続を希望されない場合、変更またはキャンセル料金なしで旅程を変更できる場合があります。

アルバ

2020年9月02日付: 

義務付けられている措置

    観光および出張が可能

必須事項

    必要書類

   検疫 **

    新型コロナウイルス検査 **

    ヘルスチェック

    医療保険 **

義務のないもの

    アプリ

アルバに渡航されるお客様には、ご出発72時間以内にオンラインで健康調査書、新しいウィンドウが開きますにご記入いただくことが義務付けられています。 調査票の回答に基づき、渡航が可能かどうかを通知するEメールがお客様に送られます(通常15分以内)。 ご旅行が承認されたお客様は、EDカードをお受け取りになり、チェックインおよびご搭乗の際に、承認カードをご提示いただく必要があります。  

15歳以上の方は、新型コロナウイルスのPCR検査を受けていただく必要があります。 検査の受け方には3つのオプションがあり、ご旅行前、ご到着時、またはその両方から選択できます。 新型コロナウイルス検査要件ページ、新しいウィンドウが開きますで、お客様に最適な検査オプションをお選びください。ご旅行前に検査を受ける場合は、ご出発の12~72時間前に行う必要があります。 ご出発の12~72時間前に健康調査票アプリケーション、新しいウィンドウが開きますに検査結果をアップロードしていただく必要があります。 フライト出発時刻の12時間前を過ぎると検査結果をアップロードすることができなくなりますのでご注意ください。   

米国の以下の州からご到着になるお客様は、新型コロナウイルスのPCR検査を受けていただき、ご出発の少なくとも12時間前までに、健康調査票に陰性結果をアップロードしていただく必要があります。アラバマ州、アリゾナ州、アーカンソー州、カリフォルニア州、コロラド州、フロリダ州、ジョージア州、アイダホ州、アイオワ州、カンザス州、ルイジアナ州、ミシシッピ州、ネバダ州、ノースカロライナ州、オハイオ州、オクラホマ州、オレゴン州、サウスカロライナ州、サウスダコタ州、テネシー州、テキサス州、ユタ州、ウィスコンシン州、ワイオミング州。 また、上記の州からご到着になるお客様は、ご到着時にも新型コロナウイルスのPCR検査を受け、結果が出るまでご滞在先で隔離していただく必要があります。その他のお客様は、ご出発前の検査がお済みでない場合、ご到着時に検査を受けることができます(1日の隔離を伴います)。すべての旅行者は、ご到着時にヘルスチェックを受けていただくことになります。   

ご出発前に医療保険のご購入が必要です。 アルバ旅行者用保険、新しいウィンドウが開きますは、アルバご滞在中に新型コロナウイルス検査で陽性結果が出た場合に生じる医療費および医療費以外の費用負担から旅行者を保護するために加入必須となっている保険です。

詳細は、アルバ観光局、新しいウィンドウが開きますまたは米国総領事館、新しいウィンドウが開きますのサイトをご覧ください。

アルバへのご旅行の継続を希望されない場合、変更またはキャンセル料金なしで旅程を変更できる場合があります。

バハマ

2020年7月27日付:

義務付けられている措置

    観光および出張が可能

必須事項

    必要書類

   検疫 **

    新型コロナウイルス検査

    ヘルスチェック

    医療保険

義務のないもの

    アプリ

バハマに渡航されるすべてのお客様は、政府指定の施設で到着後14日間の隔離が求められます。隔離措置にかかる費用はお客様の負担となります。 14日間の隔離措置が終了した後、新型コロナウイルス(COVID19)のRT-PCR検査を受けていただく必要があります。検査にかかる費用はお客様の負担となります。

バハマに渡航されるお客様は、バハマのヘルスビザ、新しいウィンドウが開きますを申請し、ご到着予定日から10日以内に発行された新型コロナウイルスのRT-PCR検査陰性証明書をご提出いただく必要があります。 チェックイン時および現地へご到着時に、承認されたバハマのヘルスビザ、新しいウィンドウが開きますと新型コロナウイルス検査の陰性証明書をご提示ください。 10歳以下のお子様は、検査を義務付けられておりません。 ヘルスビザの申請には、最大72時間かかりますので、余裕を持ってご準備ください。 また、ご到着時に新型コロナウイルスの検査を含むヘルスチェックを受けていただきます。 

詳細は、バハマ観光局、新しいウィンドウが開きますおよび米国大使館のバハマに関する新型コロナウイルス情報ページ、新しいウィンドウが開きますをご覧ください。  

今回バハマへのご旅行の変更を希望されるお客様は、変更またはキャンセル料金なしで旅程を変更できる場合があります。 

バミューダ

2020年8月31日付:

義務付けられている措置

    観光および出張が可能

必須事項

    必要書類 **

   検疫 **

    新型コロナウイルス検査 **

    ヘルスチェック **

    医療保険 **

義務のないもの

    アプリ

10歳以上のお客様には以下が求められます:(1) 理想としてはご出発72時間以内(ただし、ご出発の7日以内)に新型コロナウイルスのPCR検査を受けること。(2) ご出発1~3日前にバミューダのオンライン渡航認証手続き、新しいウィンドウが開きますを完了(新型コロナウイルス検査の陰性結果のアップロードを含む)しておくこと。(3) 公衆衛生のための渡航者追跡フォーム、新しいウィンドウが開きますを印刷・記入して持参すること。許可済みの渡航認証、新型コロナウイルス検査の陰性結果、渡航者追跡フォームは、バミューダの到着時および出発時に提示が必要です。2020年7月11日より、ご出発前に受けた同検査の陰性証明書をお持ちでないお客様は、渡航認証を受けることができません。 

すべての旅行者は、ご到着時に新型コロナウイルス検査を受けることになります。旅行者および居住者は、ご到着後4日目、8日目および14日目(島内に滞在している場合)に臨時で設置された検査センターにて追加の新型コロナウイルス検査を受ける必要があります。なお、検査は自動的に予約されます。4日目または8日目に出発される場合は検査を受ける必要はありません。検査時間・場所のご都合がつかない場合は、新型コロナウイルス専用ホットラインへお電話( (441) 444 – 2498)にて予約変更してください。ご出発前に同検査を受けた旅行者および居住者も、到着時に受けた検査の結果が出るまで(24~48時間程度)隔離が求められます。4日目、8日目、14日目の追加検査終了後、隔離措置は解除されます。バミューダでの新型コロナウイルス検査に関連する費用を含む手数料75ドルが必要です。9歳以下のお子様は検査を義務付けられておりませんが、渡航認証の発行に30ドルかかります。バミューダでの医療サービス(新型コロナウイルスによる隔離措置および治療を含む)をカバーする国際医療保険の証明書が必要です。

ご出発前に新型コロナウイルス検査の結果が間に合わなかった場合、バミューダ在住者の渡航は可能ですが、ご到着時、8日目、14日目にPCR検査を受けていただく必要があるほか、8日目の検査で陰性が確認されるまで隔離が求められ、隔離期間中は電子ブレスレットの着用が義務付けられます。検査場所について詳しくは、バミューダの新型コロナウイルス情報サイト、新しいウィンドウが開きますでご確認ください。  

すべてのお客様は、ご自身の健康状態をよく観察し、1日2回の体温測定を行ったうえ、健康状態・体温記録表、新しいウィンドウが開きますに健康状態と体温を記録していただく必要があります。体温が38°C(100.4°F)を超える場合は、公衆衛生チーム(covid19surv@gov.bm)までご連絡ください。  

本件について詳しくは、バミューダ保健省、新しいウィンドウが開きますバミューダ政府の新型コロナウイルス情報バミューダ渡航者向け情報、および在バミューダ米国領事館、新しいウィンドウが開きますのウェブサイトをご覧ください。また、バミューダの新型コロナウイルス専用ホットライン(+1 (441) 444-2498)でもお問い合わせを受け付けています。

ご旅行の継続を希望されない場合、変更またはキャンセル料金なしで旅程を変更できる場合があります。

ブラジル

2020年8月31日付:

義務づけられている措置の一覧:

    観光および出張が可能

必須事項

    医療保険

義務のないもの

    必要書類

   検疫

    新型コロナウイルス検査

    ヘルスチェック

    アプリ

外国籍のお客様は、滞在期間中を通してブラジル国内で有効な医療保険証をご提示いただく必要があります。 保険契約は英語またはポルトガル語で記載されている必要があり、補償金額は30,000レアル(約5,300米ドル)以上であることが条件となります。

詳細は、ブラジル観光省の新型コロナウイルス情報ページ、新しいウィンドウが開きますおよび米国大使館のブラジルに関する新型コロナウイルス情報ページ、新しいウィンドウが開きますをご覧ください。  

今回ブラジルへのご旅行の変更を希望されるお客様は、変更またはキャンセル料金なしで旅程を変更できる場合があります。

コロンビア 

2020年9月16日付:

義務づけられている措置の一覧:

    観光および出張が可能

必須事項

    必要書類

    検疫 **

    新型コロナウイルス検査

    アプリ

義務のないもの

    ヘルスチェック

    医療保険

コロンビアの出入国に際して、フライトの出発1~24時間前に「Check-Mig、新しいウィンドウが開きます」への登録が必要です。また、コロンビア行きのフライトの出発96時間以内に取得した新型コロナウイルスのPCR検査陰性証明書をご提示いただく必要があります。新型コロナウイルスの陰性証明書は、「CoronApp - Colombia」アプリにもアップロードすることが求められています(アプリはGoogle Playストア、新しいウィンドウが開きますまたはApple App Store、新しいウィンドウが開きますからダウンロードできます)。 このアプリは、お客様が加入している健康保険会社や現地の保健省による追跡調査に対応するためにも使用されます。 陰性証明書をお持ちでないお客様は、ご到着時の新型コロナウイルス検査と到着後の隔離が求められます。 

コロンビアからご出発のお客様は、出発予定時刻3時間前以降に空港へご入館いただけます。お客様には空港内、機内、出発後におけるマスクの着用が義務付けられています。コロンビア政府当局の要請により、2時間以上のフライトをご利用の際は、機内で交換できるよう複数のマスクを持参していただき、機内では割り当てられた座席に着席していただく必要があります。

詳細は、コロンビア保健省、新しいウィンドウが開きますまたは在コロンビア米国大使館、新しいウィンドウが開きますのウェブサイトをご覧ください。 

コロンビアへのご旅行の継続を希望されない場合、変更またはキャンセル料金なしで旅程を変更できる場合があります。

ドミニカ共和国

2020年7月30日付:

義務づけられている措置の一覧:

    観光および出張が可能

必須事項

    必要書類

   検疫 **

    新型コロナウイルス検査 **

    ヘルスチェック

義務のないもの

    アプリ

    医療保険

ドミニカ共和国へ渡航されるすべてのお客様は、ご出発前5日以内に受けた新型コロナウイルスのPCR検査の陰性結果をご準備いただくか、ご到着時に検査を受けていただく必要があります。ご到着時の検査にかかる費用は政府負担となります。6歳未満のお子様は、新型コロナウイルス検査を義務付けられておりません。すべての旅行者は、ご到着時にヘルスチェックを受けていただくことになります。陽性結果が出た方については、自宅(現地に住居がある帰国者の場合)またはホテルにて隔離措置がとられます。9月15日以降は、新型コロナウイルス検査の陰性結果をご準備いただく必要はありません(ただし、ご到着時に検査を受けていただく場合があります)。 

健康宣言書、新しいウィンドウが開きますや税関申告書を追加でご提出いただく場合がありますが、これらの書類はご出発前に入手できます。書類には以下が含まれます:連絡先フォーム(英語スペイン語)、健康宣誓供述書(英語スペイン語)、指示書の誓約書(英語スペイン語)。これらの書類はご出発時およびご到着時に提示が必要ですので、事前にご記入をお済ませください。 

詳しくは、在ドミニカ共和国米国大使館、新しいウィンドウが開きますのウェブサイトをご覧ください。

ご旅行の継続を希望されない場合、変更またはキャンセル料金なしで旅程を変更できる場合があります。 

エルサルバドル

2020年9月17日付:

義務づけられている措置の一覧:

    観光および出張が可能

必須事項

    新型コロナウイルス検査 **

義務のないもの

    必要書類

    検疫

    ヘルスチェック

    アプリ

    医療保険

すべてのお客様は、ご出発前72時間以内に受けた新型コロナウイルスPCR検査の陰性証明書の原本を提示していただく必要があります。デルタ航空では引き続きエルサルバドルに旅行される方向けの旅行規制および入国条件に関する情報を収集し、詳細が分かり次第本サイトを更新いたします。随時こちらのページで最新情報をご確認ください。

詳細は、米国大使館のエルサルバドルに関する新型コロナウイルス情報ページ、新しいウィンドウが開きますをご覧ください。  

今回エルサルバドルへのご旅行の変更を希望されるお客様は、変更またはキャンセル料金なしで旅程を変更できる場合があります。

グアテマラ

2020年9月16日付:

義務づけられている措置の一覧:

    観光および出張が可能

必須事項

    必要書類 **

   検疫 **

    新型コロナウイルス検査 **

    ヘルスチェック

義務のないもの

    アプリ

    医療保険

グアテマラへご旅行のお客様は、「健康状態申告書」に記入して、ご出発前およびご到着時に提示する必要があります。また、「問診表」にご記入の上、ご到着時にMSPAS(公衆衛生・社会福祉省)の係員に提示する必要があります。ご到着前に「渡航者追跡フォーム」への記入も求められる場合があります。

ご到着前72時間以内に発行された新型コロナウイルスPCR検査の陰性証明書を提示する必要があります(10歳未満のお子様は検査義務が免除されます)。新型コロナウイルスPCR検査の陰性証明書をお持ちでないお客様は、MSPASの監視下で到着後14日間の隔離、またはご到着時の新型コロナウイルス検査が求められます。ご到着時の新型コロナウイルス検査で陰性だった方は隔離措置が免除されます。また、ご到着時に体温測定を含むヘルスチェックを受けていただきます。  

お客様には、空港ではなく、delta.comまたはFly Delta アプリにてチェックインすることをお勧めしております。 

ラ・アウロラ国際空港では、マスクの着用およびソーシャルディスタンスの確保が義務付けられています。 

詳細は在グアテマラ米国大使館のウェブサイト、新しいウィンドウが開きますをご覧ください。

今回グアテマラへのご旅行の変更を希望されるお客様は、変更またはキャンセル料金なしで旅程を変更できる場合があります。

ホンジュラス

2020年9月1日付:

義務づけられている措置の一覧:

    観光および出張が可能

必須事項

    必要書類

    新型コロナウイルス検査 **

義務のないもの

    アプリ

   検疫

    ヘルスチェック

    医療保険

ホンジュラスに渡航されるすべてのお客様は、ご出発前にオンライン事前登録フォーム、新しいウィンドウが開きますにご記入いただく必要があります。 こちらのフォームは、ホンジュラスから出発される際にも改めて記入・提示が求められます。 フォームの記入にはサイト上でアカウントを作成する必要があります。 また、ご到着の際は、入国72時間前以降に受けた新型コロナウイルスPCR検査の陰性結果を提示していただく必要があります。PCR検査の陰性結果はご搭乗前に提示を求められる場合もあります。  

詳細は在ホンジュラス米国大使館のウェブサイト、新しいウィンドウが開きますをご覧ください。

今回ホンジュラスへのご旅行の変更を希望されるお客様は、変更またはキャンセル料金なしで旅程を変更できる場合があります。

ジャマイカ

2020年8月13日付:

義務付けられている措置

    観光および出張が可能

必須事項

    必要書類 **

   検疫 **

    新型コロナウイルス検査 **

    ヘルスチェック

   アプリ

義務のないもの

    医療保険

ジャマイカ便をご利用のお客様は、ジャマイカへの渡航許可を確認させていただくため、ご出発前72時間以内にジャマイカへの渡航申告書、新しいウィンドウが開きますにご記入のうえ、ご搭乗前に渡航承認書をデルタ航空係員にご提示いただく必要があります。8月20日より、12歳以上のすべての旅行者にご出発前10日以内に新型コロナウイルスのPCR検査を受け、渡航申告書、新しいウィンドウが開きますに陰性証明書をアップロードし、ご到着時に検査結果の控えを提示することが義務付けられます。また、ご到着時に新型コロナウイルス(COVID-19)の検査を含むヘルスチェックを受けていただき、検査結果が出るまで各自滞在先のホテルやリゾート、住居にて待機することが求められます。観光のお客様は、ご滞在中、リゾートツーリズムコリドーに指定された所定のエリア内に留まっていただく必要があります。

保健省による監視を円滑化するため、JAMCOVID19アプリのダウンロードが求められる場合があります。アプリに毎日チェックインして、体温と症状や兆候の有無を記録していただく必要があります。アプリのダウンロードは、Apple App Store、新しいウィンドウが開きますまたはGoogle Playストア、新しいウィンドウが開きますから行えます。

詳細は、ジャマイカ保健省、新しいウィンドウが開きますまたは在ジャマイカ米国大使館のサイトをご覧ください。

今回ジャマイカへのご旅行の変更を希望されるお客様は、変更またはキャンセル料金なしで旅程を変更できる場合があります。

プエルトリコ

2020年8月25日付:

義務づけられている措置の一覧:

    観光および出張が可能

必須事項

    必要書類 **

   検疫 **

    新型コロナウイルス検査 **

    ヘルスチェック

義務のないもの

    アプリ

    医療保険

プエルトリコに到着されるすべてのお客様に対し、到着後14日間の隔離が求められています。また、プエルトリコ保健局の確認書、新しいウィンドウが開きますにご記入のうえ、ご到着時にご提示いただく必要があります。 プエルトリコに渡航されるお客様は、ご到着前72時間以内に受けた新型コロナウイルスPCR検査の陰性証明書を渡航申告書、新しいウィンドウが開きますに添えてご提出いただくと、到着後14日間の隔離措置を免除される場合があります。 また、ご到着時にヘルスチェックを受けていただくことになります。

ご到着前72時間以内に受けた新型コロナウイルスPCR検査の結果がまだ出ていない場合、陰性結果が判明し、陰性証明書を電子形式でプエルトリコ保健局、新しいウィンドウが開きますへご提出いただくまでは、隔離措置の対象となります。 

ご到着前に検査を受けずにプエルトリコに渡航されるお客様は、現地で検査を受けていただくため、渡航申告書のご提出時に検査許可が付与されます。なお、検査費用はお客様ご自身の負担となります。14日間または(滞在日数が14日未満の場合は)滞在期間中、あるいは現地で受けた検査の陰性結果を適切にプエルトリコ保健局、新しいウィンドウが開きますへご提出いただくまでは隔離が求められます。

PCR検査結果をプエルトリコ保健局のオンラインポータルにアップロードすると自動的に発行される空港退出確認QRコードを取得する必要があります。

すべてのお客様は、継続的な注意とモニタリングのためプエルトリコ保健局の自動システムへ毎日ご連絡いただき、現在の体調に関する簡単な一連の質問にご回答いただく必要があります。

詳細は、プエルトリコ保健局、新しいウィンドウが開きますまたはプエルトリコ政府観光局のウェブサイト、新しいウィンドウが開きますをご覧ください。

今回プエルトリコへのご旅行の変更を希望されるお客様は、変更またはキャンセル料金なしで旅程を変更できる場合があります。

セントルシア

2020年8月07日付:

義務付けられている措置

    観光および出張が可能

必須事項

    必要書類

   検疫 **

   新型コロナウイルス検査 **

   ヘルスチェック **

義務のないもの

    医療保険

    アプリ

セントルシアへ渡航されるすべてのお客様は、ご到着前にPre-Arrival Travel Registration Form(事前健康調査書)、新しいウィンドウが開きますにご記入の上、ご到着の7日前までに受けたPCR検査の陰性結果を提示できるようご準備いただく必要があります。この検査証明書はPre-Arrival Travel Registration Form(事前健康調査書)申告の一環としてご提出いただきます。  

すべてのお客様は、ご到着時にPCR検査の陰性証明書と健康調査書のコピーの提示が必要となります。 この2通の書類を印刷してお持ちください。 PCR検査の陰性証明書をお持ちでないお客様は、入国を拒否されますのでご注意ください。  

また、ご到着時にすべてのお客様にヘルスチェックを受けていただきます。これには体温測定、症状の有無の観察、保健衛生官による面接が含まれます。 症状のあるお客様は直ちに隔離され、再検査を受けていただきます。 このPCR検査の結果が陽性だった場合、お客様は病院へ移送され、自己負担にて診察と治療を受けていただきます。

ご旅行のお客様は、新型コロナ感染症認定ホテル/施設にご宿泊の上、滞在期間中、当該施設内に留まっていただく必要があります(医療緊急時、水上ツアー参加時、または復路のご出発時を除きます)。

セントルシア国籍および在住の方は、PCR検査の陰性結果をご提示いただけない場合でも、入国を拒否されることはありませんが、ご到着時に検査を受けていただく場合があります。 この場合も、14日間の隔離が求められます。

詳細は、セントルシア保健・健康省のウェブサイト、新しいウィンドウが開きますセントルシアの新型コロナウイルス情報ページ、新しいウィンドウが開きます米国大使館のセントルシアに関する新型コロナウイルス情報ページをご覧ください。

セントルシアへのご旅行の継続を希望されない場合、変更またはキャンセル料金なしで旅程を変更できる場合があります。

シントマールテン

2020年9月17日付:

義務付けられている措置

    観光および出張が可能

必須事項

    必要書類

    新型コロナウイルス検査 **

    ヘルスチェック

   医療保険 **

義務のないもの

   検疫

    アプリ

シントマールテンへ渡航されるお客様は、ご出発前120時間以内に受けた新型コロナウイルスのRT-PCR検査の陰性結果をご提示いただく必要があります。検査結果には、検査機関名、被検者名、検査日、実施検査種別、検査サンプルの採取方法が記載されている必要があります。医師または検査機関以外の施設が発行した書類は、形式(印字/手書き/Eメール)を問わず受理されません。RT-PCR検査結果の書類原本は、要請があった場合、公衆衛生機関にご提出いただく必要があります。10歳以下のお子様は検査を義務付けられておりません。また、すべてのお客様は健康状態に関する承認申請、新しいウィンドウが開きますの提出が求められます。同申請が認められた方は、Eメールでお送りする許可証(印刷可)をご到着時に保健・入国管理当局へご提示ください。また、ご到着時にヘルスチェックを受けていただく場合もあります。

危険性レベルが中程度以上の国から渡航されるお客様、および居住国の危険性は低いものの、シントマールテンへ出発される14日以内に危険性レベルが中程度以上の国に渡航歴のあるお客様は、14日間または8日間、監視ガイドラインに従っていただく必要があります。各国の危険性レベルに関する最新情報は、シントマールテンの新型コロナウイルス情報ページ、新しいウィンドウが開きますをご覧ください。また、検温のため体温計をご持参いただくことをおすすめします。

シントマールテンへ渡航されるお客様は、医療保険への加入が必要です。新型コロナウイルス関連の補償が含まれる旅行保険へ加入されることを強くおすすめします。

詳細は、シントマールテンの新型コロナウイルス情報ページ、新しいウィンドウが開きますシントマールテン公衆衛生、新しいウィンドウが開きます社会開発・労働省、新しいウィンドウが開きます在シントマールテン米国大使館、新しいウィンドウが開きますのウェブサイトをご覧ください。

ご旅行の継続を希望されない場合、変更またはキャンセル料金なしで旅程を変更できる場合があります。

タークス・カイコス

2020年8月14日付:

義務付けられている措置

    観光および出張が可能

必須事項

    必要書類

    新型コロナウイルス検査

    ヘルスチェック

   医療保険

義務のないもの

   検疫

    アプリ

すべてのお客様には、ご出発の3日以内に渡航認証フォーム「TCI Assured」、新しいウィンドウが開きますの記入が義務付けられています。申請手続きはタークス・カイコス諸島へのご到着5日前から開始することができます。記入が完了し、渡航が認められると、旅行を希望されるお客様に通知が送られます。この書類はご出発前に提示するものであるため、認定はタークス・カイコスへのご旅行に受ける必要があります。すべてのお客様は、ご出発の5日以内に受けた新型コロナウイルスPCR検査の陰性結果を提示する必要があります。10歳未満のお子様は検査を受ける必要はありません。 

すべてのお客様は、渡航認証フォーム「TCI Assured」の控え(印刷したものまたは電子書類)を用意し、新型コロナウイルスPCR検査の陰性証明書の原本をご到着時に提示していただく必要があります。また、ご到着時に新型コロナウイルスの検査を含むヘルスチェックを受けていただく場合があります。 

国民健康保険に加入されていない方は、新型コロナウイルスに関する医療費、入院、往診、薬の処方、救急輸送にかかる費用を保障する健康保険の証明書をご提示いただく必要があります。すべての公共スペースではマスクの着用が義務付けられています。ただし、個人(または同行者グループ)がビーチで一緒にいる場合など、例外もあります。

詳細は、タークス・カイコス保健省、新しいウィンドウが開きますおよびタークス・カイコス新型コロナウイルス19よくあるご質問、新しいウィンドウが開きますのウェブサイトをご覧ください。

ご旅行の継続を希望されない場合、変更またはキャンセル料金なしで旅程を変更できる場合があります。

米領バージン諸島

2020年9月15日発行:

義務づけられている措置の一覧:

    観光および出張が可能

必須事項

   必要書類

   検疫 **

    新型コロナウイルス検査 **

    ヘルスチェック

義務のないもの

    アプリ

    医療保険

9月19日より、ホテル、Airbnb、その他同様の事業者は、レジャーでのご予約の受付を再開いたします。それまでは、ビジネスおよびその他必要不可欠な出張のお客様のみご予約を受け付けております。

15歳以上のお客様は、米領バージン諸島旅行者スクリーニングポータル、新しいウィンドウが開きますにて、ご旅行の5日前までに旅行者スクリーニング質問票にご記入いただく必要があります。新型コロナウイルス陽性率10パーセント以上の州にお住まいのお客様、または大きな影響を受けた州に7日間を超えて滞在した方またはそのような州からお越しのお客様は、以下のいずれかをご提示いただく必要があります。1) 米国バージン諸島へのご旅行5日前までに受けた新型コロナウイルス抗原(分子/PCR/迅速)検査の陰性結果、または2) 米国バージン諸島へのご旅行4ヵ月前までに受けた新型コロナウイルス抗体検査の陽性結果。これらの州には現在アラバマ州、フロリダ州、アイダホ州、アイオワ州、カンザス州、ミシシッピ州、ミズーリ州、サウスダコタ州、ユタ州、ウィスコンシン州が含まれます。最新の統計データについては、ジョンズ・ホプキンズ大学のサイト、新しいウィンドウが開きますをご覧ください。

必要な検査結果(データまたは紙媒体)を提示できない方は、14日間または米領バージン諸島にご滞在中に必要な検査結果を受け取れるまでの間、隔離措置の対象となります。14歳以下のお子様は検査義務を免除されますが、検査を受けていただくことを推奨します。

ご到着時に体温測定および場合によっては新型コロナウイルス検査を含むヘルスチェックを受ける必要があります。

詳細は米国バージン諸島の新型コロナウイルス最新情報ページ、新しいウィンドウが開きます米国バージン諸島の旅行情報ページ、新しいウィンドウが開きます、または米領バージン諸島の現在の状況ページ、新しいウィンドウが開きますをご覧ください。

今回米領バージン諸島へのご旅行の変更を希望されるお客様は、変更またはキャンセル料金なしで旅程を変更できる場合があります。

ヨーロッパ、中東、アフリカ

ベルギー

2020年9月16日付:

義務づけられている措置の一覧:

    観光および出張が可能

必須事項

    必要書類

   検疫 **

    ヘルスチェック

義務のないもの

    新型コロナウイルス検査

    アプリ

    医療保険

ベルギーへご旅行のお客様は、ご到着の48時間前までに渡航者追跡フォーム、新しいウィンドウが開きますにオンラインでご記入の上、ご提出いただく必要があります。  

ベルギーに到着されるお客様は、到着後14日間のご自宅またはホテルでの隔離が義務付けられています。隔離義務について詳しくはこちら、新しいウィンドウが開きますをクリックしてご覧ください。 

ベルギーに渡航されるお客様は、ご到着時にメディカルスクリーニングを受けていただきます。 

今回ベルギーへのご旅行またはベルギーを経由するご旅行の変更を希望されるお客様は、変更またはキャンセル料金なしで旅程を変更できる場合があります。 

FRANCE

2020年8月17日付:

義務づけられている措置の一覧:

    観光および出張が可能

必須事項

    必要書類

    新型コロナウイルス検査 **

義務のないもの

   検疫

    ヘルスチェック

    アプリ

   医療保険

フランスへ到着あるいは経由されるお客様は、パリCDG空港にご到着の際、国際移動証明書(英語フランス語)および健康状態申告書英語フランス語、新しいウィンドウが開きますに記入して入国審査官に提出する必要があります。到着ゲートでは、必要書類の数に限りがございます。空港へご到着になる前に、これらの書類の印刷および記入をお済ませくださいますよう、ご協力をお願いします。詳しくは連帯・保健省、新しいウィンドウが開きますのウェブサイトをご覧ください。  

8月01日以降、米国発または米国経由でフランスを最終目的地として到着されるお客様は、ご出発の72時間以内に受けたPCR-RT検査の陰性証明書を提出する必要があります。ご搭乗前に検査結果を確認できるようご準備ください。本要件は国籍を問わずすべてのお客様に適用されます。

フランス大使館/フランス総領事館、新しいウィンドウが開きますが発行した許可証を提示できる場合、PCR-RT検査の陰性証明書なしでの搭乗が認められます。 

一部の国からフランスの海外領土に渡航されるお客様は、新型コロナウイルスPCR-RT検査の陰性結果を提示する必要があります。対象となる領土は、カイエンヌ(CAY)、ポアンタピートル(PTP)、フォール・ド・フランス(FDF)、サンドゥニ(RUN)、サン・マルタン(SXM)、タヒチ(PPT)、ヌメア(NOU)で、これらの地域に渡航される際はPCR-RT検査が必須となります。検査は出発の72時間以内に受ける必要があります。到着時に検査結果を提示できない場合は、14日間の隔離が求められる場合があります。PCR-RT検査の要件について、詳しくはこちら、新しいウィンドウが開きますでご確認ください。 

今回フランスへのご旅行またはフランスを経由するご旅行の変更を希望されるお客様は、変更またはキャンセル料金なしで旅程を変更できる場合があります。

ドイツ発

2020年9月10日付:

義務づけられている措置の一覧:

    観光および出張が可能

必須事項

   検疫**

    新型コロナウイルス検査 **

    必要書類 **

義務のないもの

    ヘルスチェック

    アプリ

    医療保険

ドイツに渡航されるお客様には、14日間の隔離が義務付けられています。追加情報についてはドイツの旅行規制に関するよくあるご質問、新しいウィンドウが開きますをご覧ください。

感染リスクの高い国からドイツに渡航されるお客様は、入国に際し、ドイツご到着時にPCR検査を受けていただく必要があります。正確な要件は空港ごとに異なる場合がありますのでご注意ください。

新たな政府規制により、乗客のお客様はフライト中に1通の所在追跡書(passenger locator card:PLC)を機内でご記入いただく必要があります。ドイツ国内での検査は無料ですが、無料で検査を受けるには、上記に加え、ご搭乗券またはフライトご利用の証明となる書類のご提示が必要です。

2020年10月30日まで、フランクフルトへ到着あるいは経由されるお客様は、常時マスクを着用する必要があります。ご旅行中は社会的距離を保つための措置に従っていただく必要があります。 

ドイツへの渡航について詳細は、ドイツ連邦保健省、新しいウィンドウが開きますのサイトをご覧ください。

今回ドイツへのご旅行またはドイツを経由するご旅行の変更を希望されるお客様は、変更またはキャンセル料金なしで旅程を変更できる場合があります。

ガーナ

2020年9月15日付:

義務づけられている措置の一覧:

    観光および出張が可能

必須事項

   必要書類

   ヘルスチェック

    新型コロナウイルス検査 **

義務のないもの

   検疫**

    アプリ

    医療保険

ガーナへご旅行のお客様は、米国ご出発前に健康状態申告書、新しいウィンドウが開きますにご記入いただく必要があります。

ガーナに旅行されるお客様は、ご出発72時間以内に受けた新型コロナウイルス(COVID-19)のPCR検査の陰性証明書を提示していただく必要があります。さらに、ガーナの空港にご到着の際にも、すべてのお客様に新型コロナウイルスの検査(自費)を受けていただく必要があります。9月21日より、すべてのお客様はガーナの空港到着時に受けていただく新型コロナウイルス検査料金の支払証明書をご出発前にご提示いただく必要があります。ご搭乗前に支払証明書を確認させていただきますので、あらかじめご用意ください。

ガーナ国籍またはガーナにお住まいのお客様がガーナに帰国される場合は、以下の条件を満たされると新型コロナウイルスの検査が免除されます。

1) ガーナご出発前に発行された新型コロナウイルスのPCR検査陰性証明書をお持ちであること。

2) ガーナに戻られるまでの海外滞在期間が1週間以内であること。

ガーナに渡航されるお客様は、ご到着時にメディカルスクリーニングを受けていただきます。ガーナへの旅行について詳しくは、在ガーナ米国大使館、新しいウィンドウが開きますのウェブサイトをご覧ください。  

今回ガーナへのご旅行またはガーナを経由するご旅行の変更を希望されるお客様は、変更またはキャンセル料金なしで旅程を変更できる場合があります。 

アイルランド

2020年7月31日付:

義務づけられている措置の一覧:

    観光および出張が可能

必須事項

   必要書類

   検疫**

義務のないもの

    新型コロナウイルス検査

    ヘルスチェック

    アプリ

    医療保険

アイルランドへご旅行のお客様は、ご出発前に、新しいウィンドウが開きます連絡先フォーム(Passenger Locator Form)、新しいウィンドウが開きますにご記入いただく必要があります。 

アイルランドにご到着後14日間の自主隔離を求める待機命令が出ています。アイルランドのすべての要件について、詳しくはこちら、新しいウィンドウが開きますでご確認ください。 

今回アイルランドへのご旅行の変更を希望されるお客様は、変更またはキャンセル料金なしで旅程を変更できる場合があります。

イスラエル 

2020年9月21日付:

義務づけられている措置の一覧:

    観光および出張が可能

必須事項

   必要書類

   検疫 **

    ヘルスチェック

義務のないもの

    新型コロナウイルス検査

    アプリ

    医療保険

イスラエルに到着されるすべてのお客様は、(1) 到着後14日間の隔離および (2) 隔離申告書、新しいウィンドウが開きますの記入が義務づけられています。  

すべてのお客様はイスラエル保健省が求める以下の書類(デジタル形式)にご記入いただく必要があります。 

書類を記入・提出するとEメールが届きますので、そちらをご搭乗前にご提示ください。上記の書類を提出されていない方はご搭乗いただけません。 

書類提出の流れは以下をご確認ください。

1) 本人確認書に記入する(イスラエルを発着するすべてのお客様に義務付けられています)
2) 渡航者追跡フォームに記入する(イスラエルに入国する方で、イスラエル国民以外のお客様に義務付けられています)
3) 健康状態申告書に電子サインをする(イスラエルを発着するすべてのお客様に義務付けられています)

上記の書類はご出発前24時間以内にオンラインでご記入いただく必要があります。

ご出発のお客様向けのご案内(英語、新しいウィンドウが開きますヘブライ語、新しいウィンドウが開きます)とご到着のお客様向けのご案内(英語、新しいウィンドウが開きますヘブライ語、新しいウィンドウが開きます)がございますので、それぞれご確認ください。 

イスラエル政府による以下の規制が適用されます。

イスラエル行きのフライトをご利用のお客様は、ご搭乗前に非接触型の体温計による体温測定を受けていただきます。体温が摂氏38度/華氏100.4度以上のお客様は、2度目の体温測定を受けることができます。2度目の体温測定でも摂氏38度/華氏100.4度以上だった場合は、ご搭乗いただけませんのでご了承ください。 

ご搭乗されるお客様は、(チェックイン時にデルタ航空の健康状態確認書に従って)自身の健康状態を証明していただく必要があります。これには、ご気分が悪くないこと、新型コロナウイルス感染症の自覚症状がないこと、過去14日以内に新型コロナウイルス感染者との接触がないことが含まれます。 未成年者とご旅行のお客様は、未成年のお子様に代わってこの証明を行っていただく必要があります。 

旅客ターミナル内では、ターミナルへの入構許可を確認するための識別タグ(TLVのみ)とマスクの着用、ならびに6フィート(2メートル)以上のソーシャルディスタンスの確保をお願いしております。また、新型コロナウイルスの感染症状が現れた場合は、直ちに保健職員までお知らせください。

ご搭乗時および機内では常時、マスクをご着用いただく必要があります。以下のマスクのみが認められています。

  • 特定用途の市販マスク(医療用または手術用)
  • 繰り返し使える布マスク 
  • 口元と鼻を覆うものであれば、ご自宅にある布とひもで作った手作りマスクでも可(ただし、このタイプのマスクは理想的ではない)
  • N95マスク(または同様のもの)の使用が好ましいが必須ではない
  • 排気弁付きのマスクは禁止

前述の規制では上記以外のタイプのフェイスカバー(バンダナ、スカーフ、バフなど)の使用を明示的に許可していません。デルタ航空では、規制遵守のために必要なお客様に、使い捨て医療用マスクを無料で配布しております。

また、機内ではソーシャルディスタンスを確保し、客室内を移動される際は6フィート(2メートル)以上の間隔を維持していただく必要があります。フライト中に症状が現れた方は、乗務員に直ちにお知らせください。 

公衆衛生に関する規制はご到着後直ちに適用されますので、マスクの着用とソーシャルディスタンスの確保を守っていただく必要があります。 

これらの規定に違反されたお客様は、イスラエル政府により500~5,000新シェケル(約147~1,470米ドル)の罰金が課せられるほか、ご搭乗拒否の対象となる場合があります。 

詳しくは、イスラエル保健省のウェブサイト(英語、新しいウィンドウが開きますおよびヘブライ語、新しいウィンドウが開きます)をご覧ください。 

今回イスラエルへのご旅行の変更を希望されるお客様は、変更またはキャンセル料金なしで旅程を変更できる場合があります。

イタリア

2020年9月08日付:

義務づけられている措置の一覧:

    観光および出張が可能

必須事項

    必要書類

    検疫**

    ヘルスチェック

義務のないもの

    新型コロナウイルス検査

    アプリ

    医療保険

イタリアへご旅行のお客様は、ご搭乗前に自己申告書(self-declaration form)(英語イタリア語)にご記入いただく必要があります。また、イタリアへ渡航されるお客様は、入国前に入国における正式な供述書(formal statement pursuant to entry form)(英語イタリア語)にご記入いただく必要があります。なお、この供述書はイタリアの警察に提出されます。これらの書類を空港到着前に印刷しておいていただくとご搭乗手続きと税関手続きがスムーズに進みますので、可能であれば事前にご用意ください。 

イタリアに渡航されるお客様は、ご出発前ならびにイタリアご到着前に検温を受けていただきます。

また、イタリアご到着時には14日間の隔離を求める待機命令が出ています。隔離義務の免除措置について詳しくはこちらをご覧ください、新しいウィンドウが開きます

イタリアへご旅行のお客様には、政府からの指示により、機内での医療用マスクの着用ならびにフライト中4時間ごとのマスクの交換をお願いしております。

今回イタリアへのご旅行の変更を希望されるお客様は、変更またはキャンセル料金なしで旅程を変更できる場合があります。

オランダ

2020年7月21日付:

義務づけられている措置の一覧:

    観光および出張が可能

必須事項

    必要書類

義務のないもの

   検疫

    新型コロナウイルス検査

    ヘルスチェック

    アプリ

オランダへ渡航(経由含む)されるお客様は、ヘルススクリーニングフォーム(英語、新しいウィンドウが開きます他の言語、新しいウィンドウが開きます)にご記入のうえ、ご搭乗前に出発ゲートにてご提示いただく必要があります。到着ゲートでは、必要書類の数に限りがございます。空港にご到着される前に、これらの書類の印刷および記入を済ませておきますよう、ご協力お願いします。詳細につきましては、オランダ保健・福祉・スポーツ省、新しいウィンドウが開きますのウェブサイトをご覧ください。

今回オランダへのご旅行またはオランダを経由するご旅行の変更を希望されるお客様は、変更またはキャンセル料金なしで旅程を変更できる場合があります。

ナイジェリア

2020年9月21日付:

義務づけられている措置の一覧:

    観光および出張が可能

必須事項

    必要書類

   検疫 **

    新型コロナウイルス検査

    ヘルスチェック

義務のないもの

    アプリ

    医療保険

ご搭乗時に新型コロナウイルスのPCR検査陰性証明書を提示する必要があります。この検査結果は、ナイジェリアご到着前120時間以内(可能であればご到着前72時間以内)に発行されたものである必要があります。お客様には、Nigerian International Travel Portal、新しいウィンドウが開きますに新型コロナウイルスのPCR検査陰性証明書をアップロードされることを強く推奨いたします。

ナイジェリア到着時に実施される新型コロナウイルスPCR検査の費用は、お客様のご負担となります。

お客様にはご出発前ならびにナイジェリアご到着前に検温を受けていただきます。ご到着時に体温が摂氏38度/華氏100.4度以上のお客様は、もう一度検温・スクリーニングを受ける必要があります。2度目の検温・スクリーニングでは、新型コロナウイルス感染症の症状やその他の健康状態についても確認が行われます。空港の保健省職員が別途ケアが必要と判断した場合は、隔離を義務付けられることがあります。

お客様には7日間の隔離が義務付けられています。7日目に新型コロナウイルス検査を受けていただき、検査結果が陰性だった方はその時点で隔離を終了することができます。

検査および以前の隔離手順からの改正点について詳しくは、こちら、新しいウィンドウが開きますをクリックしてご覧ください。

ナイジェリアへの旅行について詳しくは、在ナイジェリア米国大使館・領事館、新しいウィンドウが開きますのウェブサイトをご覧ください。

今回ナイジェリアへのご旅行またはナイジェリアを経由するご旅行の変更を希望されるお客様は、変更またはキャンセル料金なしで旅程を変更できる場合があります。

セネガル

2020年8月03日付:

義務づけられている措置の一覧:

    観光および出張が可能

必須事項

    必要書類

    新型コロナウイルス検査 **

義務のないもの

   検疫

    ヘルスチェック

    アプリ

    医療保険

セネガルに渡航されるお客様は、ご搭乗に際してご出発の7日以内に受けた新型コロナウイルスPCR検査の陰性証明書を提示する必要があります。 

乗り継ぎをされるお客様で有効な新型コロナウイルスPCR検査の陰性証明書をお持ちでない方は、申告書にご記入のうえ、ご到着時にお客様ご自身の費用負担で新型コロナウイルス検査を受けていただく必要があります。その場合、陰性結果が判明するまで隔離措置の対象となります。

また、渡航者はセネガルへの到着前に、渡航者健康申告・連絡先フォームにご記入いただく必要があります。

詳しくは、在セネガル米国大使館、新しいウィンドウが開きますのウェブサイトをご覧ください。

今回セネガルへのご旅行の変更を希望されるお客様は、変更またはキャンセル料金なしで旅程を変更できる場合があります。 

南アフリカ

2020年9月10日付:

義務づけられている措置の一覧:

    観光および出張が可能

必須事項

    検疫 **

    ヘルスチェック

義務のないもの

   必要書類

    新型コロナウイルス検査

    アプリ

    医療保険

南アフリカへ渡航されるすべてのお客様には、14日間の隔離が義務付けられています。また、南アフリカご到着時にメディカルスクリーニングを受けていただきます。 

南アフリカへの旅行について詳しくは、南アフリカ政府のウェブサイト、新しいウィンドウが開きますまたは在南アフリカ米国大使館・領事館のウェブサイト、新しいウィンドウが開きますをご覧ください。 

デルタ航空では引き続き南アフリカに旅行される方向けの旅行規制および入国条件に関する情報を収集し、詳細が分かり次第本サイトを更新いたします。随時こちらのページで最新情報をご確認ください。

今回南アフリカへのご旅行または南アフリカを経由するご旅行の変更を希望されるお客様は、変更またはキャンセル料金なしで旅程を変更できる場合があります。

スペイン

2020年8月26日付:

義務づけられている措置の一覧:

    観光および出張が可能

必須事項

    必要書類

   ヘルスチェック

義務のないもの

   検疫

    新型コロナウイルス検査

    アプリ

    医療保険

スペインに渡航されるすべてのお客様は、健康状態申告書(FCS Health Control Form)、新しいウィンドウが開きますにオンラインでご記入いただく必要があります。 入力完了後に登録したメールアドレスに送られてくるQRコードをスペイン入国時にご提示ください。 

スペインに渡航されるお客様は、ご到着時にメディカルスクリーニングを受けていただきます。スペインへの渡航について詳細は、スペイン保健省、新しいウィンドウが開きますのウェブサイトをご覧ください。  

スペインへご旅行のお客様には、政府からの指示により、機内を含む旅行中の医療用マスクの着用をお願いしております。本要件は6歳以上のすべてのお客様に適用されます。 

今回スペインへのご旅行またはスペインを経由するご旅行の変更を希望されるお客様は、変更またはキャンセル料金なしで旅程を変更できる場合があります。

スイス

2020年9月17日付:

義務づけられている措置の一覧:

    観光および出張が可能

必須事項

    必要書類

    検疫 **

義務のないもの

    ヘルスチェック

    新型コロナウイルス検査

    アプリ

    医療保険

スイスに到着されるお客様は、到着後10日間の隔離が義務付けられています。隔離義務および隔離免除リストについて、詳しくはこちら、新しいウィンドウが開きますをクリックしてご覧ください。 

また、スイスへご旅行のお客様は、連絡先追跡カードにご記入いただき、ご到着前に航空会社へご提出いただく必要があります。 

スイスへの旅行について詳しくは、スイス連邦公衆衛生局、新しいウィンドウが開きますのウェブサイトをご覧ください。

今回スイスへのご旅行またはスイスを経由するご旅行の変更を希望されるお客様は、変更またはキャンセル料金なしで旅程を変更できる場合があります。

英国

2020年8月13日付:

義務づけられている措置の一覧:

    観光および出張が可能 **

必須事項

    必要書類

   検疫 **

    ヘルスチェック

義務のないもの

    新型コロナウイルス検査

    アプリ

   医療保険

英国に渡航されるお客様は、ご出発の48時間前までにオンライン連絡先詳細フォームにご記入いただく必要があります。また、旅行者には到着時に14日間の自己隔離が義務付けられており(高度なスポーツ競技会の参加者、映画・テレビ業界従事者の渡航を除く)、出発時には体温測定を含むヘルスチェックを受ける必要があります。

英国の公衆衛生に関する勧告の詳細および英国のオンライン連絡先フォームへのご記入は、こちら、新しいウィンドウが開きますから英国政府のウェブサイトをご確認ください。

今回英国へのご旅行の変更を希望されるお客様は、変更またはキャンセル料金なしで旅程を変更できる場合があります。

アジア太平洋

オーストラリア

2020年8月06日付:

義務付けられている措置

    観光および出張が可能

必須事項

    必要書類

   検疫

    新型コロナウイルス検査

    ヘルスチェック

義務のないもの

    アプリ

オーストラリアに入国される方は、ご到着時にヘルスチェックを受けていただく場合があります。さらに、ご到着時に政府指定のホテルにて14日間の隔離が求められます(例外が適用される場合があります)。なお、隔離にかかる費用、新しいウィンドウが開きますはお客様のご負担となります。オーストラリア国内の移動は強制隔離の期間が終了するまで認められません。また、新型コロナウイルスの検査を、ご到着後48時間以内と、隔離期間中の10日目から12日目の間に受けていただきます。オーストラリア国民または永住者以外でオーストラリアに入国されるお客様は、例外適用申請書、新しいウィンドウが開きますにご記入の上、オーストラリアへの入国許可書を取得する必要があります。 

オーストラリア発の国際線フライトでは、二重国籍者を含むすべてのオーストラリア国民および永住者は、出国許可を取得しておく必要があります、新しいウィンドウが開きます。シドニー空港では国際線ターミナルと国内線ターミナル間のバスの運行を休止しています。国内線から国際線にお乗り継ぎになるお客様は、エアポートリンク(電車)、バス(400/420系統)、タクシー/ライドシェアにてターミナル間を移動してください。海外から到着されるお客様は、到着後14日間の隔離が求められます。現在は隔離期間が終了するまで国際線から国内線への乗り継ぎはできません。

詳細は、オーストラリア保健省、新しいウィンドウが開きますのサイトをご覧ください。

今回オーストラリアへのご旅行の変更を希望されるお客様は、変更またはキャンセル料金なしで旅程を変更できる場合があります。 

カンボジア

2020年9月20日付:

義務付けられている措置

    観光および出張が可能

必須事項

    必要書類

   検疫

    新型コロナウイルス検査

    ヘルスチェック

    医療保険

義務のないもの

    アプリ

カンボジアのパスポートをお持ちでないカンボジアへの旅行者は、カンボジア行きのフライトの出発前72時間以内に発行された新型コロナウイルスPCR検査の陰性証明書(簡易抗体検査Rapid Testは認められません)が必要です。カンボジア以外のパスポート所持者は、カンボジア滞在中の医療・治療費をカバーするため、ご到着時に指定の銀行へ2,000ドルのデポジットをお預け入れいただく必要があります。また、50,000ドル以上の費用をカバーする旅行医療保険あるいはForte insurance Company、新しいウィンドウが開きますの健康保険パックのいずれかをご購入いただく必要があります(一部例外があります)。 

すべての渡航者は、ご到着時にメディカルスクリーニングと新型コロナウイルス検査(自費)を受けていただきます。新型コロナウイルス検査の結果が出るまで(最大24時間)政府指定の施設にて待機していただき、その後は国内にて14日間の自主隔離が求められます。同一フライトの搭乗者にひとりでも新型コロナウイルス検査で陽性判定が出た場合は、そのフライトの搭乗者全員に国営施設での14日間の隔離(自費)が義務付けられます。また、隔離13日目に全搭乗者を対象に新型コロナウイルスの再検査が実施されます。 

詳しくは、カンボジア外務国際協力省、新しいウィンドウが開きますまたは在カンボジア米国大使館、新しいウィンドウが開きますのウェブサイトをご覧ください。

今回カンボジアへのご旅行の変更を希望されるお客様は、変更またはキャンセル料金なしで旅程を変更できる場合があります。

中国

2020年9月12日付:

義務付けられている措置

    観光および出張が可能

必須事項

    必要書類

   検疫

    新型コロナウイルス検査

    ヘルスチェック

    アプリ

中国に渡航されるすべてのお客様は、ご出発前にオンライン特別検疫申告書、新しいウィンドウが開きますにご記入いただく必要があります。なお、中国籍の方は、中国行きのフライト前14日間(フライト当日を含む)毎日、WeChatアプレット「Fang Yi Jian Kang Ma Guo Ji Ban」上で健康状態を申告していただきます。その後、受理され次第、QRコードが発行されます、新しいウィンドウが開きます。中国籍の方は、ご搭乗前にこのQRコードのご提示が必要です。 

9月15日より、米国から中国に旅行される3歳以上のすべてのお客様は、新型コロナウイルスのPCR(NAT)検査を受けて、中国行きのフライトのご出発前3日以内に発行された陰性結果をご提示いただく必要があります。中国国籍のお客様は、中国行きのフライトのご出発24時間前までにWeChatに陰性結果をアップロードして、健康状態を示す緑のQRコードを入手する必要があります。外国籍のお客様は、ご搭乗前に中国大使館または総領事館が発行した健康状態申告書をご提示いただく必要があります。健康状態申告書については、外国籍のお客様は有効なパスポートの情報ページおよび署名した健康状態申告書のコピーを添えて、ご出発の24時間前までに新型コロナウイルス検査の陰性結果を中国大使館または総領事館にEメールにて送信または直接提出する必要があります。健康状態申告書についての詳細は、中国大使館のウェブサイト、新しいウィンドウが開きますをご覧ください。

詳細については中国大使館のウェブサイト、新しいウィンドウが開きますをご覧いただくか、大使館/領事館に直接お問い合わせください。

中国に渡航されるすべてのお客様は、ご到着時に(1) ヘルスチェックの対象となります。(2) 新型コロナウイルスのNAT検査を受ける必要があります。(3) 14日間の隔離が求められます(費用はお客様の負担となります)。   

今回中国へのご旅行の変更を希望されるお客様は、変更またはキャンセル料金なしで旅程を変更できる場合があります。  

香港

2020年9月1日付:

義務づけられている措置の一覧:

    観光および出張が可能

必須事項

    必要書類

    自主隔離

    新型コロナウイルス検査 **

    ヘルスチェック

    アプリ

香港に渡航(経由含む)されるお客様は、ご出発前に健康状態申告書、新しいウィンドウが開きますにご記入いただく必要があります。米国およびその他一部の国、新しいウィンドウが開きますから到着されるお客様は、香港を目的地とするフライトのご搭乗72時間以内に発行された新型コロナウイルスのNAT検査陰性証明書を取得し、香港のホテルに最低14日間滞在することを証明する予約確定書をご提出いただく必要があります。入境条件について詳しくは、香港政府のウェブサイト、新しいウィンドウが開きますをご覧ください。ご到着時に新型コロナウイルス検査を受けていただきます。一部の国で義務付けられている出発前の新型コロナウイルス検査を受けているお客様も、到着時検査の対象です。検査後にリストバンドが配布され、隔離状況追跡アプリのインストールが指示されます。その後14日間の隔離措置に従っていただきます。詳細は香港政府の旅行情報ページ、新しいウィンドウが開きますをご覧ください。

今回香港へのご旅行の変更を希望されるお客様は、変更またはキャンセル料金なしで旅程を変更できる場合があります。

インド

2020年9月09日付:

義務づけられている措置の一覧:

    観光および出張が可能

必須事項

    必要書類

   検疫 **

    ヘルスチェック

    アプリ

義務のないもの

    新型コロナウイルス検査

    医療保険

インドに渡航されるお客様は、健康状態申告書、新しいウィンドウが開きますにご記入いただく必要があります。

インドに到着されるお客様に対し、到着後14日間(施設にて7日間、ご自宅にて7日間)の隔離が求められています。さらに、インドに渡航されるお客様は、ご到着時にメディカルスクリーニングを受けていただきます。事前に新型コロナウイルス検査を受ける必要はありませんが、検査を受けて陰性の判定を受けている方は隔離期間が短縮される場合があります。 

また、インドに渡航される方は、お持ちの端末に新型コロナウイルス接触追跡アプリ「Aarogya Setu」をインストールしておく必要があります。本アプリについて詳しくは、政府のウェブサイト、新しいウィンドウが開きますをご確認ください。デルタ航空の提携航空会社をご利用のお客様には、特定の書類が必要になります。

民間航空機によるインド行きのフライトは2020年9月30日まで運休となっております。 最新の情報については随時当サイトにてお確かめください。

インドへの旅行について詳しくは、インド政府のウェブサイト、新しいウィンドウが開きますをご覧ください。 

今回インドへのご旅行またはインドを経由するご旅行の変更を希望されるお客様は、変更またはキャンセル料金なしで旅程を変更できる場合があります。 

日本

2020年8月19日付:

義務づけられている措置の一覧:

    観光および出張が可能

必須事項

   検疫

    新型コロナウイルス検査

    ヘルスチェック

    必要書類

    アプリ

米国、カナダ、およびその他海外のほとんどの国々から到着されるお客様は、到着時に14日間の隔離に加えてPCR検査を受けることが求められます。また、日本への入国要件を満たした外国籍のお客様は、ご出発時刻の72時間前以内に「鼻腔ぬぐい液」または「唾液」検体採取法を用いて行った新型コロナウイルス検査で陰性結果が出ている必要があります。再入国について詳しくは外務省、新しいウィンドウが開きますのウェブサイトをご確認ください。詳細は在日米国大使館・領事館のウェブサイト、新しいウィンドウが開きますをご覧ください。入国制限について詳しくは日本外務省、新しいウィンドウが開きますのウェブサイト、入国制限の例外については日本法務省のウェブサイトをご確認ください。

今回日本へのご旅行の変更を希望されるお客様は、変更またはキャンセル料金なしで旅程を変更できる場合があります。

フィリピン

2020年8月27日付:

義務付けられている措置

    観光および出張が可能

必須事項

    必要書類

    ヘルスチェック

    自主隔離

    新型コロナウイルス検査

義務のないもの

    アプリ

フィリピンに渡航されるお客様は、ご出発前に健康状態申告書、新しいウィンドウが開きますにご記入いただくことが推奨されています。フィリピンでは、公共交通機関の利用者に対し、マスクに加えてフェイスシールドの着用を義務付けており、この要件は機内およびMNL空港内でも適用されます。ご到着時に新型コロナウイルス検査を受け、政府指定の施設または認定を受けた隔離滞在用のホテルで検査結果をお待ちいただきます。陰性結果が出た場合、14日間の隔離滞在が求められます。フィリピン国籍の海外労働者でフィリピンに帰国された方については、海外労働者福祉局が隔離滞在にかかる費用を負担します。その他すべてのお客様は自費での隔離滞在が求められます。出国されるフィリピン国籍のお客様はすべて、出入国管理局の申告書を提出し、帰国の遅延といった渡航に関わる危険性を理解している旨を証明する必要があります。詳細は在フィリピン米国大使館のウェブサイト、新しいウィンドウが開きますをご覧ください。

今回フィリピンへのご旅行の変更を希望されるお客様は、変更またはキャンセル料金なしで旅程を変更できる場合があります。

シンガポール

2020年9月03日付:

義務付けられている措置

    観光および出張が可能

必須事項

    必要書類

   ヘルスチェック

    自主隔離

    新型コロナウイルス検査

   アプリ

義務のないもの

シンガポールに渡航されるお客様は、ご出発前に健康状態申告書、新しいウィンドウが開きますにご記入いただく必要があります。ご到着後、指定の施設で14日間の隔離滞在が義務付けられています。一部の国から到着されるお客様は、自宅での隔離滞在が認められます。隔離滞在終了前に新型コロナウイルス検査が行われます。隔離および新型コロナウイルス検査にかかる費用はいずれもお客様の自己負担となります。ご到着時には、携帯端末に接触追跡アプリ「TraceTogether」のダウンロードが求められます。隔離滞在について詳しくは、保健省からの案内、新しいウィンドウが開きますでご確認いただけます。詳細は、シンガポール保健省のウェブサイト、新しいウィンドウが開きますをご覧ください。

今回シンガポールへのご旅行の変更を希望されるお客様は、変更またはキャンセル料金なしで旅程を変更できる場合があります。

韓国

2020年9月17日付:

義務付けられている措置

    観光および出張が可能

必須事項

    必要書類

   検疫

    新型コロナウイルス検査

    ヘルスチェック

    アプリ

韓国へ渡航(経由含む)されるすべてのお客様は、新型コロナウイルス(COVID-19)モバイル自己診断アプリ、新しいウィンドウが開きますをダウンロードし、インストールする必要があります。またご出発前に必要書類への記入も義務づけられています。6月01日より後に韓国を出国された再入国許可証をお持ちの長期在留外国人のお客様は、再入国に際し、フライトの出発前48時間以内に診察、新しいウィンドウが開きますを受け、診断書を受け取る必要があります。韓国籍の方は診断書および再入国許可書の取得は免除されます。

米国から渡航されるすべてのお客様は、到着後14日間の隔離を求める待機命令が出ています。ご搭乗前に体温測定と書類、新しいウィンドウが開きますへの記入が必要となります。無症状病原体保有者を含むすべての長期滞在の旅行者に対し、到着後3日以内の検査および到着後14日間の自主隔離が要請されています。 検査の日時と場所については、各自に通知が届きます。 詳細につきましては、大韓民国保健福祉部、新しいウィンドウが開きますのウェブサイトをご覧ください。

新型コロナウイルスに関連する旅行制限に伴い、米国行きのフライトをご利用のお客様は、韓国当局の安全に関する指示によりご搭乗前に体温測定が義務付けられています。なお、体温測定は非接触型の体温計で行います。

今回韓国へのご旅行の変更を希望されるお客様は、変更またはキャンセル料金なしで旅程を変更できる場合があります。

台湾

2020年9月1日付:

義務付けられている措置

    観光および出張が可能

必須事項

    必要書類

    自主隔離

    新型コロナウイルス検査

    ヘルスチェック

義務のないもの

    アプリ

台湾に渡航されるお客様は、ご出発前に健康状態申告書、新しいウィンドウが開きますにご記入いただく必要があります。渡航前に、台湾を目的地とするフライトのご搭乗3日前以降に発行された新型コロナウイルスのRT-PCR検査陰性証明書(英語)を取得していただく必要があります。ご到着後、14日間の隔離滞在が義務付けられています。入境要件について詳しくは、台湾入境要件リスト、新しいウィンドウが開きますをご参照ください。詳細は、米国在台湾協会の新型コロナウイルスCOVID-19情報サイト、新しいウィンドウが開きますをご覧ください。

今回台湾へのご旅行の変更を希望されるお客様は、変更またはキャンセル料金なしで旅程を変更できる場合があります。

タイ

2020年9月1日付:

義務付けられている措置

    観光および出張が可能

必須事項

    必要書類

    ヘルスチェック

    自主隔離

    新型コロナウイルス検査

   医療保険

義務のないもの

    アプリ

タイに渡航(経由含む)されるお客様は、タイ大使館、新しいウィンドウが開きますにご登録の上、ご出発前に健康状態申告書、新しいウィンドウが開きますにご記入いただく必要があります。渡航資格を認められた場合、タイ大使館から入国証明証が発行されます。渡航要件について詳しくは、タイ大使館の情報サイト、新しいウィンドウが開きますをご覧ください。ご旅行前に新型コロナウイルスのRT-PCR検査を受け、タイを目的地とするフライトのご搭乗72時間前以降に発行された陰性証明書を取得していただく必要があります。ご到着後は、政府指定の施設で14日間の隔離滞在(自費)が義務付けられています。ご旅行に際しては、タイ滞在中の医療費(治療費を含む)をカバーする医療保険にご加入ください。詳細は、タイ保健省疾病管理局の情報サイト、新しいウィンドウが開きますまたは在タイ米国大使館のウェブサイト、新しいウィンドウが開きますをご覧ください。

今回タイへのご旅行の変更を希望されるお客様は、変更またはキャンセル料金なしで旅程を変更できる場合があります。

ベトナム

2020年9月12日付:

義務付けられている措置

    観光および出張が可能

必須事項

    必要書類

    ヘルスチェック

    自主隔離

    新型コロナウイルス検査

   医療保険

義務のないもの

    アプリ

ベトナムに渡航されるお客様は、ご出発前に健康状態申告書、新しいウィンドウが開きますにご記入いただく必要があります。ご出張の外国籍のお客様は、医療保険への加入または主催会社による医療費補償と、ご到着前3~5日以内に発行された新型コロナウイルスのRT-PCR検査の陰性証明書が必要です。ご到着後、メディカルスクリーニングを受けた上で、政府指定の施設で14日間の隔離滞在が義務付けられています。隔離滞在はお客様の自費となり、隔離滞在期間は14日を超える場合もあります。詳細は在ベトナム米国大使館・領事館のウェブサイト、新しいウィンドウが開きますをご覧ください。

今回ベトナムへのご旅行の変更を希望されるお客様は、変更またはキャンセル料金なしで旅程を変更できる場合があります。

ご利用規約

本ページに記載されている制限、入国要件、規制に関する情報は、お客様の目的地の公的機関の情報を補完することを目的としています。新型コロナウイルスの感染拡大および政府規制への対応は急速に変化するため、デルタ航空は本ページの情報の正確性を保証できません。また、本ページの情報に誤りや欠落があった場合も責任は負いかねます。第三者へのリンクは参考までのご案内として掲載しています。ご旅行前にはご自身で必要な情報をお調べください。