環境、社会、ガバナンスにおける持続可能性


デルタ航空では、サステナビリティ(持続可能性)を「航空事業が環境に与える影響を最小限に抑え、従業員および奉仕する地域社会の健康と福祉、生産性を向上する革新的なビジネス活動を通じて、企業の経済目標である成長と利益を長期にわたって達成すること」と位置づけています。
2018年度:企業責任に関するレポート
デルタ航空は、地域社会の皆様に有意義な影響をもたらすと同時に、ビジネスが環境に及ぼす影響を次世代のために緩和するべく邁進しています。当社の取り組みをぜひご覧ください。

最新情報&更新情報


本日、デルタ航空の最新型機A321が初飛行を行います。デルタ航空初の100%カーボンニュートラルなフライトとなる今回の飛行は、サステナビリティへの継続的な取り組みを推進するための戦略的活動の一環です。

デルタ航空はAir BP社と提携し、アラバマ州モビールにあるエアバスの最終組立工場から納入される最初の20機のデリバリーフライト(機体納入のための飛行)にバイオ燃料を使用します。なお、このバイオ燃料は、サステナブルな仕入れ先および工程を介して製造・精製されたもので、Air BP社が供給します。最初のフライトは、アラバマ州モビールからカンザスシティの工場に向けて出発し、ここで納入前の最終点検が行われます。この最終点検が終わると、同機体はデルタ航空の広範な米国内路線にて実用化されます。

「デルタ航空は、2050年までに二酸化炭素排出量を半分に削減するという目標を掲げています。本日のカーボンニュートラルなデリバリーフライトは、デルタ航空のサステナビリティへの取り組みにおいて大きな節目となるでしょう」と、デルタ航空の地球環境・サステナビリティ・コンプライアンス担当常務取締役、アリソン・ラスロップは述べています。「Air BP社およびエアバスと提携し、バイオ燃料の使用によるカーボンオフセットを実現するデリバリーフライトを実施できることを大変うれしく思います。また、今後はサステナブルな燃料の使用をすべてのデリバリーフライトに拡大できるよう、さらなる機会を探っていく所存です。」

詳細はこちら

航空会社の仕事とは本質的に、人と地域社会、人と体験、そして人と人とをつなぐことです。「つながり」を生み出すことはデルタ航空の使命であり、その目的に向かって邁進するブランドとして、経営陣・従業員ともに、より良い世界のために貢献することが私たちの責務だと考えています。それは世界各地で働く80,000人のデルタ航空の従業員が、企業としてはもちろんのこと、むしろそれ以上に一人の人間として重んじている使命です。

詳細はこちら

サステナビリティは、デルタ航空の企業戦略の中でも最優先課題として挙げられます。今回、環境に関する取り組みを通してデルタ航空が支援している人々や家族、コミュニティを現地訪問しました。その様子をぜひご覧ください。

ロイター通信社とデルタ航空は、コンサベーション・コーストの本拠地、グアテマラを訪問しました。配信中のミニドキュメンタリーでは、デルタ航空がカーボンオフセット・プログラムを通して、コーストにどのような直接的支援を行っているかをご紹介しています。アースデイに実施した、300,000人を超えるデルタ航空のお客様のフライトに対する二酸化炭素排出量削減の取り組みもご覧いただけます。

詳細はこちら

デルタ航空はアースデイを記念して、300,000人を超えるお客様が観光旅行やビジネストラベルでご利用になる、ボストン、シアトル、ロサンゼルス、ローリー・ダーラム、アトランタ発着の国内線すべてのフライトで発生する二酸化炭素排出量をオフセットします。

2013年より、デルタ航空は1,200万を超えるカーボンオフセットを積極的に購入しています。これは、車170万台分または約200万世帯の年間電力消費から発生する排出量に相当し、その規模は米系航空会社の中でも最大級です。アースデイ当日は、1日で50,000ものカーボンオフセットを購入する予定です。50,000ものオフセットは、車10,000台以上の年間排出量に相当するといえるでしょう。

詳細はこちら

当社幹部クラスから最前線で働く従業員にいたるまで、デルタ航空に関わるすべての人が、所属するコミュニティや日々生きるこの世界に貢献しています。

「良き企業市民であることは、デルタ航空の文化において重要です。当社のサステナビリティに関する取り組みが、言葉だけでなく行動として表れている理由はそこにあります」とデルタ航空の最高執行責任者、ギル・ウェストは語ります。「デルタ航空は業界をリードするサステナビリティ戦略として、意義のある測定可能な結果を残すよう努めています。カーボンニュートラル普及活動、廃棄物の削減、お客様や従業員に対する環境への責務の啓蒙など取り組みは様々です」

こうした活動が認められ、デルタ航空は、キープ・アメリカ・ビューティフルの2017年度ビジョン・フォー・アメリカ・アワード、およびキャプテン・プラネット財団の2018年度スーパーヒーロー・コーポレート・アワードを受賞しました。さらに、フッチー・フォー・グッド・インデックス(FTSE4Good Index)に4年連続で、またダウジョーンズ・サステナビリティ・インデックス(北米)に8年連続で選定されています。

詳細はこちら