メダリオン会員資格について

メダリオン会員資格取得に関する必要情報


スカイマイル会員のお客様には、ダイヤモンド、プラチナ、ゴールド、シルバー メダリオン会員として充実したご旅行をお楽しみいただけます。次年度のメダリオン会員資格取得方法を合理化し、メダリオン会員資格取得必要ドル(MQD)の獲得のみで会員資格を取得できるようにしました。皆様にさまざまな方法で会員資格を取得していただけるよう、多様なオプションをご用意しました。こちらでステータスの取得方法をわかりやすくご説明しておりますのでご参照ください。ステータスを取得して、ご旅行の役に立つエリート特典を楽しみましょう。

 

 

2025年の会員資格に向けた2024年のMQD条件


 

2025年の会員資格取得のための基準は以下の通りです。MQDは暦年ごとにリセットされますのでご注意ください。 

資格取得方法

シルバー



ゴールド



プラチナ



ダイヤモンド



5,000MQDドル
10,000MQDドル 
15,000MQDドル
28,000MQDドル 
 

メダリオン会員資格取得必要ドル(MQD)の獲得


MQDの獲得方法をご覧ください。
 

*ベーシックエコノミー航空券は、スカイマイルプログラムのマイル獲得やメダリオン会員資格およびミリオンマイラーステータス取得に向けたクレジット獲得の対象外となります。

**パッケージの合計金額に応じて付与されるMQDは、代表予約者と同一旅程の他のお客様の間で配分されます。税金、手数料(政府が課す手数料を含む)、ベーシックエコノミーおよび類似の運賃、チップ、ルームサービス、その他の予約にかかる料金、保険料(該当する場合)は対象外となります。その他のご利用規約および例外が適用されます。詳細についてはご利用規約、フッターの注意事項を見るをご覧ください

 

MQDブーストおよびMQDの優先スタートでより早くステータスを取得


MQD Boostをご紹介します。これは対象となるデルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードでの日々のお支払いでMQDを獲得して、カード会員としてメダリオン会員資格をいち早く取得できる新しい方法です。

2024年2月1日より、デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードのプラチナ・カード、プラチナ・ビジネス・カード、リザーブ・カード、リザーブ・ビジネス・カードの会員様には、現メダリオン資格取得年に対象カード1枚につき2,500 MQDのMQD Headstartを進呈します。

20ドルご利用で1MQDドル獲得

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードおよびデルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・プラチナ・ビジネス・カード

10ドルご利用で1MQDドル獲得

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・リザーブ・カードおよびデルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・リザーブ・ビジネス・カード

メダリオン有効年の仕組み


  • 2023年のメダリオン会員資格は、2022年の暦年内(2022年1月1日~2022年12月31日)のフライトの飛行距離や区間、ご利用額に応じて獲得いただきました。2023年の会員資格は2024年1月31日まで有効です。

  • 2024年のメダリオン会員資格は、2023年の暦年内(2023年1月1日~2023年12月31日)のご利用額の条件達成により獲得することができます。2024年の会員資格は2025年1月31日まで有効です。 

  • 2025年のメダリオン会員資格は、2024年の暦年内(2024年1月1日~2024年12月31日)のご利用額の条件達成により獲得することができます。2025年の会員資格は2026年1月31日まで有効です。

繰越し可能なMQMの移行(1回限り)


2024年のメダリオン会員資格取得後に繰越し可能なメダリオン会員資格取得必要マイル(MQM)残高を所有しているスカイマイル会員様は、繰越し可能なMQMをMQDまたはマイル(あるいはその両方の組み合わせ)に移行することができるようになりました(1回限り)。繰越し可能なMQM残高が100,000以上あるスカイマイル会員様は、繰越し可能なMQM残高を利用し、獲得した2024年のメダリオン会員資格を1年延長につき100,000MQMの割合で延長することができます。2024年12月31日までに選択をしなかった場合、繰越し可能なMQMは自動的にMQDに移行されます。 

MQDへの交換比率は10 MQMが1 MQD、マイルへの交換比率は2 MQMが1マイルとなります。

 

ご利用規約

スカイマイル会員が対応するメダリオン会員資格を取得するには、上記の該当するメダリオン会員資格取得必要ドル(MQD)の基準を満たす必要があります。

MQDは、デルタ航空便名のフライト(フライト番号に航空コードの「DL」を含むもの)のメインキャビン以上の航空券に対するスカイマイル会員の合計支払額です。基本運賃および航空会社のサーチャージは含まれますが、政府により課される税金・手数料は除きます。一部の提携航空会社のフライト、および所定の非公示運賃もMQDの対象となります。 

コアグローバル提携航空会社およびグローバル提携航空会社便名のフライト、ならびにデルタ航空が発券した航空券(航空券番号が「006」で始まるもの)の基本運賃および航空会社が課すサーチャージもMQDの加算対象となります。コアグローバル提携航空会社およびグローバル提携航空会社によって発券・販売された航空券の場合、MQDは提携航空会社のご利用によるマイルの獲得で公示されているマイル加算表に基づいて加算されます。

2024年1月1日より、スカイマイル会員様はデルタ航空で直接ご予約いただいた場合、デルタ航空の提携航空会社運航便のメインキャビン(または同等のクラス)以上を利用するデルタ航空特典旅行航空券でMQDをご獲得いただけます。MQDは特典航空券に交換されたマイル数を100で割った値に基づいて計算されます。政府により課される税金・手数料ではMQDは獲得できません。 

団体、クルーズ 、パッケージツアー、包括旅行などで航空運賃が公表されない航空券も MQD 加算の対象となります。ただし、航空券購入前に航空会社が公表されない priceline.com または hotwire.com を通して予約した航空券は対象外です。旅行時に公示されている航空券の運賃クラスごとの規定の加算率を飛行距離に乗じて算出されたマイルおよびMQDをご獲得いただけます。所定の非公示運賃でのマイルのご獲得をご覧ください。マイルまたは MQD の加算において、「飛行距離」とは、各フライトで実際に移動する距離にかかわらず、デルタ航空の独自の裁量によって決定される、出発地および目的地間の算出された距離を意味します。この運賃に対するMQDの計算の詳細については、デルタバケーションのパッケージツアーでの対象となる獲得に関するセクションをご覧ください。

デルタ航空従業員向け特典旅行、無料、無償、パス旅行およびその他のマイル加算対象外の類似航空券は、MQDの加算対象とはなりません。

デルタ航空(delta.com、Fly Deltaモバイルアプリ、デルタ航空予約センター、デルタ航空セルフサービス・チェックイン機、デルタ航空の指定空港営業所を含む)を通じて購入されたデルタ・ワン、デルタ・プレミアムセレクト、ファーストクラス、デルタ・コンフォートプラスおよびプリファードシート、ならびにプレミアムクラスへの有償アップグレードは、MQDの加算対象となります。アムステルダム(AMS)またはパリ(CDG)の空港で、デルタ航空運航便のデルタ・ワン、デルタ・プレミアムセレクト、ファーストクラス、デルタ・コンフォートプラス、有償アップグレード、またはプリファードシートを購入された場合は、マイルまたはMQD獲得対象外となります。会員の方がデルタ・コンフォートプラス、プレミアムクラスへの有償アップグレード、またはプリファードシートを購入し、デルタ航空がその座席や同等の座席を提供できない場合、購入代金は返金され、MQDは加算されません。お客様の意向で一度購入されたフライトや座席タイプを変更された場合、元のお座席の料金は返金されず、MQD 加算の対象にもなりません。デルタ・ワン、デルタ・プレミアムセレクト、ファーストクラス、デルタ・コンフォートプラスおよびプリファードシートの無償でのご利用は、MQDの加算対象にはなりません。MQDは、ご予約に記載された氏名およびスカイマイル会員番号の会員名義でのみ加算されます。

受託手荷物手数料、デルタ スカイクラブ メンバーシップ、Wi-Fiパス、機内でのお食事やお飲物の購入、大人の同伴なしの未成年者手数料、ペットの輸送料、またはマイルの購入、航空券の変更手数料、直接発券手数料(DTC)、搭乗日当日の時間変更手数料、管理サービス手数料(ASC)、外部再発行手数料(ERC)など(これらに限定されません)、関連サービスの購入または手数料はMQDの加算対象外です。

マイルおよびMQDがスカイマイル会員口座に加算されるまで、デルタ航空便名のフライト(航空会社コードが「DL」のもの)の完了から最長6~8週間かかります。

プラチナ・カード会員様のMQDブースト:

発効2024年1月1日:基本カード会員様は、デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード、デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・プラチナ・ビジネス・カード、またはカード口座に登録されている追加カードでの資格取得年の対象となるご利用額20ドルごとに、1メダリオン会員資格取得必要ドル(MQD)をご獲得いただけます。資格取得年内に獲得したMQDを基に、翌メダリオンプログラム年のメダリオン会員資格が確定されます。MQDsに金銭的価値はなく、特典旅行や他のスカイマイル特典との交換はできません。また、MQDsを他人に移行・譲渡することはできず、他のスカイマイル会員に進呈することはできません。

 メダリオン会員資格取得およびメダリオン会員特典に関する全ての規定およびポリシーが適用され、各規定・ポリシーはメダリオンプログラムの概要でご確認いただけます。MQDは翌年に延長されたり繰り越しされることはなく、MQD残高は毎暦年1月01日、もしくはその数日後にゼロにリセットされます。メダリオン会員資格は資格取得年内の実績をもとに毎年計算されます。資格取得年とは、その年の1月01日から12月31日です。資格取得年の最終日は、対象提携カード入会時期にかかわらず、12月31日です。提携カード入会の最初の年は、MQDsの対象となる購入期間が12ヶ月より短くなります。

対象のご利用額は、商品やサービスの購入額から返品額およびその他のクレジットを差し引いた金額になります。各種手数料、金利、キャッシング、トラベラーズチェックの購入、個人間取引、プリペイドカードの購入またはチャージ(入金)、ギフトカードの購入、その他現金相当物は対象外です。アメリカン・エキスプレスは店舗から当社に送信された取引日(実際の購入日と異なる場合があります)をもとに当該購入がその資格取得年のMQD達成数に含まれるかどうかを判断します。つまり、お客様のご購入が、購入した年のMQD実績としてカウントされない場合もあります。たとえば、お客様が12月31日に何かを購入された場合、店舗が取引データを当社に送信する際に当該取引の日付を1月01日と記載すると、お客様のご購入は1月01日から始まる資格取得年の実績としてカウントされます。MQDはMQD残高から返品額またはその他のクレジットを差し引かれます(MQD残高がマイナスになる場合もあります)。お客様が対象となる購入を返品、取り消し、支払い拒否されたことにより、MQD残高が前資格取得年のメダリオン資格の基準を下回った場合、デルタ航空はメダリオン会員資格を調整、削除、一時停止する資格を有します。デルタ航空やアメリカン・エキスプレスが、お客様が本MQD特典に関連して何らかの方法で悪用、乱用、賭博を行ったと判断した場合、あるいはそれらの行為を行おうとしたと判断した場合、デルタ航空はMQDの加算を行わず、お客様の会員口座を凍結したり、会員口座からMQDを没収することがあるほか、お客様のスカイマイルプログラムへのご参加を停止することがあります。

MQDは、対象となる取引がカード口座に記録されてから8~12週間後に、基本カード会員のデルタ航空スカイマイル会員口座へ記録されます。基本カード会員は、delta.comまたはFly Delta アプリでスカイマイル会員口座にログインして資格取得年のMQD獲得状況を確認できます。

 
リザーブ・カード会員様のMQDブースト:

発効2024年1月1日:基本カード会員様は、デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・リザーブ・カード、リザーブ・ビジネス・カード、またはカード口座に登録されている追加カードでの資格取得年の対象となるご利用額10ドルごとに、1メダリオン会員資格取得必要ドル(MQD)をご獲得いただけます。資格取得年内に獲得したMQDを基に、翌メダリオンプログラム年のメダリオン会員資格が確定されます。MQDsに金銭的価値はなく、特典旅行や他のスカイマイル特典との交換はできません。MQDは他者に譲渡したり割り当てることはできません。また、他のスカイマイル会員に贈与することはできません。

メダリオン会員資格取得およびメダリオン特典に関するすべての規則およびポリシーが適用され、delta.com/medallionでご覧いただけます。MQDsは翌年に延長されたり繰り越しされることはなく、MQDは毎暦年1月01日1月1日、もしくはその数日後にゼロにリセットされます。メダリオン会員資格は資格取得年内の実績をもとに毎年計算されます。資格取得年とは、その年の1月01日から12月31日です。資格取得年の最終日は、対象提携カード入会時期にかかわらず、12月31日です。提携カード入会の最初の年は、MQDsの対象となる購入期間が12ヶ月より短くなります。

対象のご利用額は、商品やサービスの購入額から返品額およびその他のクレジットを差し引いた金額になります。各種手数料、金利、キャッシング、トラベラーズチェックの購入、個人間取引、プリペイドカードの購入またはチャージ(入金)、ギフトカードの購入、その他現金相当物は対象外です。アメリカン・エキスプレスは店舗から当社に送信された取引日(実際の購入日と異なる場合があります)をもとに当該購入がその資格取得年のMQD達成数に含まれるかどうかを判断します。つまり、お客様のご購入が、購入した年のMQD実績としてカウントされない場合もあります。たとえば、お客様が12月31日に何かを購入された場合、店舗が取引データを当社に送信する際に当該取引の日付を1月01日と記載すると、お客様のご購入は1月01日から始まる資格取得年の実績としてカウントされます。MQDはMQD残高から返品額またはその他のクレジットを差し引かれます(MQD残高がマイナスになる場合もあります)。お客様が対象となる購入を返品、取り消し、支払い拒否されたことにより、MQD残高が前資格取得年のメダリオン資格の基準を下回った場合、デルタ航空はメダリオン会員資格を調整、削除、一時停止する資格を有します。デルタ航空やアメリカン・エキスプレスが、お客様が本MQD特典に関連して何らかの方法で悪用、乱用、賭博を行ったと判断した場合、あるいはそれらの行為を行おうとしたと判断した場合、デルタ航空はMQDの加算を行わず、お客様の会員口座を凍結したり、会員口座からMQDを没収することがあるほか、お客様のスカイマイルプログラムへのご参加を停止することがあります。

 MQDは、対象となる取引がカード口座に記録されてから8~12週間後に、基本カード会員のデルタ航空スカイマイル会員口座へ記録されます。基本カード会員は、delta.comまたはFly Delta アプリでスカイマイル会員口座にログインして資格取得年のMQD獲得状況を確認できます。

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・リザーブ・カードおよびデルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・リザーブ・ビジネス・カードのMQDヘッドスタート

2024年2月1日より:デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードおよびデルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・プラチナ・ビジネス・カードの基本カード(いずれも「対象カード」)会員様は、資格取得年ごとに2,500メダリオン会員資格取得必要ドル(MQD)をご獲得いただけます。獲得されたMQDは、対象カードに登録されたスカイマイル会員口座に加算されます。本会員以外は対象外です。

2024年の資格取得年より、対象提携カード本会員には、2月01日以降6〜8週間以内に当該MQDを付与します。新規カード会員様、またはMQD Headstart特典の対象外である他のデルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードから対象カードへアップグレードされた会員の方は、MQD Headstart特典がご利用いただけます。対象提携カード入会日から6〜8週間以内にMQDを付与します。その後は、対象提携カードが有効である限り、毎年2月01日以降6〜8週間以内にMQDを付与します。11月もしくは12月に入会された場合、対象提携カード入会年と同じ資格取得年のMQDが付与されます。資格取得年内に獲得したMQDを基に、翌メダリオンプログラム年のメダリオン会員資格が確定されます。MQDsに金銭的価値はなく、特典旅行や他のスカイマイル特典との交換はできません。また、MQDsを他人に移行・譲渡することはできず、他のスカイマイル会員に進呈することはできません。

メダリオン会員資格取得およびメダリオン会員特典に関する全ての規則およびポリシーが適用され、delta.com/medallionでご覧いただけます。MQDは翌年に延長されたり繰り越しされることはなく、MQD残高は毎暦年1月01日、もしくはその数日後にゼロにリセットされます。メダリオン会員資格は資格取得年内の実績をもとに毎年計算されます。資格取得年とは、その年の1月01日から12月31日です。資格取得年の最終日は、対象提携カード入会時期にかかわらず、12月31日です。デルタ航空は、MQDの加算日から60日以内または対象カードの更新日から60日以内にカードが解約された場合あるいは対象外のカードにダウングレードされた場合、いつでもMQD付与のキャンセル、取り消し、無効化またはメダリオン会員資格の取り消しあるいはダウングレード(調整されたMQDの獲得数に基づいて)を行う権利を有します。デルタ航空やアメリカン・エキスプレスが、お客様が本MQD Headstartに関連して何らかの方法で悪用、乱用、賭博を行ったと判断した場合、あるいはそれらの行為を行おうとしたと判断した場合、デルタ航空はMQDの加算を行わず、お客様の会員口座を凍結したり、会員口座からMQDを没収することがあるほか、お客様のスカイマイルプログラムへのご参加を停止することがあります。

対象提携カード本会員は、delta.comまたはFly Delta アプリでスカイマイル会員口座にログインして資格取得年のMQD獲得状況を確認できます。スカイマイル会員は、保有する対象カードの枚数にかかわらず、メダリオン資格取得年中に全ての対象カードを通じて本特典を最大4回まで利用できます(合計10,000 MQDのデポジット)。対象のプラチナ・カード、またはプラチナ・ビジネス・カードから、対象のリザーブ・カード、またはリザーブ・ビジネス・カードにアップグレードした会員様は、リザーブ・カードまたはリザーブ・ビジネス・カード向けの2,500ドル相当のMQD追加デポジットを受け取ることはできません。対象のリザーブ・カード、またはリザーブ・ビジネス・カードから、対象のプラチナ・カード、またはプラチナ・ビジネス・カードへダウングレードした会員様も、プラチナ・カード、またはプラチナ・ビジネス・カード向けの2,500ドル相当のMQD追加デポジットを受け取ることはできません。

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードおよびデルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・プラチナ・ビジネス・カードのMQDヘッドスタート

発効2024年2月1日:デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・リザーブ・カードおよびリザーブ・ビジネス・カードの基本カード(いずれも「対象カード」)会員様は、資格取得年ごとに2,500メダリオン会員資格取得必要ドル(MQD)をご獲得いただけます。獲得されたMQDは、対象カードに登録されたスカイマイル会員口座に加算されます。本会員以外は対象外です。

2024年の資格取得年より、対象提携カード本会員には、2月01日以降6〜8週間以内に当該MQDを付与します。新規カード会員様、またはMQD Headstart特典の対象外である他のデルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードから対象カードへアップグレードされた会員の方は、MQD Headstart特典がご利用いただけます。対象提携カード入会日から6〜8週間以内にMQDを付与します。その後は、対象提携カードが有効である限り、毎年2月01日以降6〜8週間以内にMQDを付与します。11月もしくは12月に入会された場合、対象提携カード入会年と同じ資格取得年のMQDが付与されます。資格取得年内に獲得したMQDを基に、翌メダリオンプログラム年のメダリオン会員資格が確定されます。MQDsに金銭的価値はなく、特典旅行や他のスカイマイル特典との交換はできません。また、MQDsを他人に移行・譲渡することはできず、他のスカイマイル会員に進呈することはできません。

メダリオン会員資格取得およびメダリオン会員特典に関する全ての規則およびポリシーが適用され、delta.com/medallionでご覧いただけます。MQDは翌年に延長されたり繰り越しされることはなく、MQD残高は毎暦年1月01日、もしくはその数日後にゼロにリセットされます。メダリオン会員資格は資格取得年内の実績をもとに毎年計算されます。資格取得年とは、その年の1月01日から12月31日です。資格取得年の最終日は、対象提携カード入会時期にかかわらず、12月31日です。デルタ航空は、MQDの加算日から60日以内または対象カードの更新日から60日以内にカードが解約された場合あるいは対象外のカードにダウングレードされた場合、いつでもMQD付与のキャンセル、取り消し、無効化またはメダリオン会員資格の取り消しあるいはダウングレード(調整されたMQDの獲得数に基づいて)を行う権利を有します。デルタ航空やアメリカン・エキスプレスが、お客様が本MQD Headstartに関連して何らかの方法で悪用、乱用、賭博を行ったと判断した場合、あるいはそれらの行為を行おうとしたと判断した場合、デルタ航空はMQDの加算を行わず、お客様の会員口座を凍結したり、会員口座からMQDを没収することがあるほか、お客様のスカイマイルプログラムへのご参加を停止することがあります。

対象提携カード本会員は、delta.comまたはFly Delta アプリでスカイマイル会員口座にログインして資格取得年のMQD獲得状況を確認できます。スカイマイル会員は、保有する対象カードの枚数にかかわらず、メダリオン資格取得年中に全ての対象カードを通じて本特典を最大4回まで利用できます(合計10,000 MQDのデポジット)。対象のプラチナ・カード、またはプラチナ・ビジネス・カードから、対象のリザーブ・カード、またはリザーブ・ビジネス・カードにアップグレードした会員様は、リザーブ・カードまたはリザーブ・ビジネス・カード向けの2,500ドル相当のMQD追加デポジットを受け取ることはできません。対象のリザーブ・カード、またはリザーブ・ビジネス・カードから、対象のプラチナ・カード、またはプラチナ・ビジネス・カードへダウングレードした会員様も、プラチナ・カード、またはプラチナ・ビジネス・カード向けの2,500ドル相当のMQD追加デポジットを受け取ることはできません。

デルタバケーションでのMQDの獲得

2024年1月1日より、スカイマイル会員のお客様は、デルタバケーションでオンラインまたはデルタバケーションの担当者、認可を受けた外部の旅行会社を通じてご予約いただいた場合、完了されたデルタバケーションのパッケージツアーごとにパッケージ全体の価格1米ドルごとに1 MQDをご獲得いただけます。「パッケージ全体の価格」とは、対象となるフライト、ホテルの基本料金、レンタカーの基本料金としてお支払いいただいた、米ドルでの相当額でのパッケージ合計金額を指しますが、税金、手数料、保険、ルームサービス、その他の予約にかかる料金、ホテルやレンタカー会社、アクティビティ運営会社に直接支払われた料金、交換バウチャーまたは割引コードで支払われる/減額される予約の要素は対象外となります。「対象となるフライト」とは、デルタバケーションでオンラインまたはデルタバケーションの担当者、認可を受けた外部の旅行会社を通じてご予約いただいた場合の、デルタ便名のフライトでのメインキャビン以上の座席クラス(フライト番号に航空会社コード「DL」が含まれるもの)、デルタ航空の航空券番号が付いたコアグローバル提携航空会社便名のフライト(航空券番号が「006」で始まるもの)、デルタ航空の航空券番号が付いたスカイチーム加盟航空会社が運航するスカイチーム便名のフライト(航空券番号が「006」で始まるもの)を指します。デルタ航空のコアグローバル提携航空会社またはスカイチーム加盟航空会社以外の航空会社が販売するフライトは、対象フライトから明示的に除外されます。対象となるレンタカー予約には、旅行業界料金または割引、ツアーパッケージ料金または割引のホールセール料金、ホールセールツアーパッケージ料金、保険会社/販売会社による代車に適用される料金、企業および政府料金、団体旅行割引、フリークエントフライヤーのレンタカー特典に関連したレンタル、各レンタカー会社に適用されるその他の企業契約以外の料金を利用した、キャンペーン参加営業所での1日以上のレンタルが含まれます。  

 

スカイマイル会員は以下の通りMQDを獲得できます。

デルタバケーションの予約に登録されているすべての旅客は、以下に基づいてパッケージのフライト部分についての獲得が可能です。

  • フライトオプション1:すべての旅客の所定の非公示運賃の合計がパッケージ全体の価格以上の場合、各旅客が獲得するフライトのMQD =(パッケージ全体の価格 ÷ 予約旅程の総旅客数) 
  • フライトオプション2:全ての旅客の所定の非公示運賃の合計がパッケージ全体の価格未満の場合、各旅客が獲得したフライトMQDは、所定の非公示運賃ポリシーに基づいて計算された当該旅客のフライトMQDとなります。

パッケージを予約した旅客は、フライトコンポーネント(該当する場合)で獲得したMQDに加えて、以下に基づいてパッケージ全体の価格のうちフライト以外の部分についてもMQDを獲得できます。

  • すべての旅客のフライトMQDは、上記のフライトオプション1を用いて計算されます。フライト以外の部分についてMQDは追加で獲得できません。
  • すべての旅客のフライトMQDが上記のフライトオプション2を用いて計算された場合は次のようになります。代表予約者が獲得するフライト以外の部分についての追加MQD = パッケージ全体の価格 –(全旅客の所定の非公示運賃の合計)
  • 予約にフライトが含まれていない場合は、代表予約者のみがパッケージ全体の価格に相当するフライト以外の部分のMQDを獲得できます。

この計算は、8名以上がご参加されるパッケージ(「グループパッケージ」)には適用されません。グループパッケージでは、各旅客は所定の非公示運賃ポリシーを利用したパッケージのフライト部分についてのみMQDを獲得できます。

通常、MQDおよびマイルがスカイマイル会員口座へ加算されるまでの日数は、対象となるご購入に関する情報をデルタ航空がいつ受け取るかによって異なります。デルタバケーションのマイルおよびMQDについては、飛行マイルとMQDはデルタ航空便名のフライトのご搭乗完了から最長6~8週間後にスカイマイル会員口座に加算されます。また、対象となるレンタカーまたはホテル宿泊のマイルおよびMQDはご利用後8週間でスカイマイル会員口座に加算されます。ご予約内の旅客が利用しなかったパッケージの要素については、MQDは加算されません。

MQM の繰越し

2024年1月1日より、スカイマイル会員のお客様にはメダリオン会員資格取得必要マイル(MQM)をご獲得いただけなくなります。メダリオン会員資格取得必要マイルおよびメダリオン会員資格取得必要区間は、メダリオン会員資格取得のために算出・使用されなくなります。2024年2月28日より、2024年のメダリオン会員資格取得後に繰越し可能なMQM残高を所有しているスカイマイル会員様は、当該MQMの最終残高(米国中部標準時2023年12月31日午後11:59:59までに獲得したもの)をマイル、MQDまたはメダリオン会員資格の延長(繰越し可能なMQM残高が100,000以上の場合)のいずれか(または該当する場合、これらの組み合わせ)に移行することができます。

マイルを選択した場合、繰越し可能なMQMの残高は2MQMにつき1マイルの割合で移行されます。MQDを選択した場合、繰越し可能なMQMの残高は10MQMにつき1MQDドルの割合で移行されます。スカイマイル会員様は繰越し可能なMQM残高を25%単位で分割してマイルとMQDに移行することができます。移行には前文の割合が適用されます。たとえば、スカイマイル会員様は繰越し可能なMQM残高の25%をマイルに、残りの75%をMQDに移行することができます。

繰越し可能なMQM残高が100,000以上あるスカイマイル会員様は、繰越し可能なMQM残高を利用し(1年延長につき100,000MQM)、獲得した2024年のメダリオン会員資格を延長することができます。スカイマイル会員様は1年延長につき100,000MQMのレートに基づき、延長可能な限りメダリオン会員資格を希望する年数分だけ延長することができます。メダリオン会員資格の延長は1年単位ごとで行われます。繰越し可能なMQM残高が100,000以上あり、延長特典を利用しても残るMQMはマイルまたはMQDに上記の変換レートを用いて移行することができます。たとえば、繰越し可能なMQMを550,000所有し、2024年のメダリオン会員資格取得年に対しダイヤモンド メダリオン会員資格を取得したスカイマイル会員様は、獲得したダイヤモンド メダリオン会員資格を最大5年(繰越し可能なMQMを500,000利用)延長することができ、残りの50,000MQMを上記の変換レートを用いてマイルまたはMQDのいずれか、あるいはその両方に移行することができます。

スカイマイル会員が米国中部標準時2024年12月31日午後11:59:59までに選択をしなかった場合、繰越し可能なMQMは自動的にMQDに移行されます。会員様には、米国中部標準時2024年12月31日 午後11:59:59までの選択期間中にご希望の移行方法をお選びいただけます。マイル/MQDおよびメダリオン会員資格の延長は譲渡不可で、繰越し可能なMQMを保有していたスカイマイル会員の口座へのみ加算されます。選択は最終的なものであり、取り消しや変更はできません。