スカイマイルおよびメダリオン会員特典の期限延長


この前例のないパンデミックに引き続き対処するにあたり、デルタ航空では、お客様を第一に考える姿勢は変わっていません。 

特典の期限延長

デルタ航空では、皆様が再び当社のフライトをご利用いただけるようになった際に、これまでと同じ旅行体験や特典をお楽しみいただけるようにしたいと考えています。多くの方がご旅行に際し、新型コロナウイルスによる影響を受けていらっしゃると思いますが、最も頻繁にご利用いただいているメダリオン会員、フッターの注意事項を見るの皆様におかれましては、なおさらその影響が大きいものと理解しております。そこで、当社では2020年のメダリオン会員資格を2022年1月31日まで1年間延長いたしました。また、2020年に獲得されたすべてのメダリオン会員資格取得必要マイル(MQM)を2021年まで繰り越し可能といたします。これは業界初の措置です。 

メダリオン会員資格だけでなく、デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カード、フッターの注意事項を見るの特典やデルタ スカイクラブ メンバーシップ、フッターの注意事項を見るなど、その他のプログラム特典についても有効期限を延長いたしました。 

お客様のお手間はありません

延長後のメダリオン会員資格は、スカイマイル会員口座に自動的に反映されています。その他すべての変更内容についても自動的に適用される予定で、お客様によるお手続きは必要ありません。お持ちのバウチャーや証書、会員証の有効期限が一時的に誤って表示されている場合でも、期限の延長は必ず適用されますのでご安心ください。お電話いただく必要はありません。担当者から会員の皆様に直接ご連絡の上、詳しい情報をお伝えさせていただきます。  

当社では新型コロナウイルスが旅行に及ぼす影響を引き続き監視し、パンデミックの状況の変化に応じてお客様のニーズに対応できるよう随時調整してまいります。 


「デルタ航空スタッフ一同を代表いたしまして、この前例のない状況の中でも変わらぬご愛顧をいただいているお客様に、改めて感謝を申し上げます。当社の最優先事項はお客様と従業員の安全と健康であることは、今までもこれからも変わりませんが、お客様はデルタ航空にとって家族の一員のように大切な存在であり、そのお客様にとってこれらの特典がいかに大切かを私たちは理解しています。そのため、新型コロナウイルスが世界中で旅行に劇的な影響を与え続ける中でも、お客様が特典についてご心配なさる必要がないよう、期限を延長することといたしました。再び旅行に出られるようになった際にご活用いただけますと幸いです。」

 

-- デルタ航空顧客エンゲージメントおよびロイヤリティ担当上級副社長兼デルタバケーション最高経営責任者、サンディープ・デューブ

メダリオン会員

• 現在のメダリオン会員資格を2022年1月31日まで1年間延長いたしました。ダイヤモンドおよびプラチナ メダリオン会員の方は、この期限延長に伴い、2021年2月1日以降チョイスベネフィットを選択いただけるようになります。

• デルタ360°会員資格を現在お持ちの方は、会員様に特別にご案内する1年更新の本プログラムを2022年1月31日まで1年間延長してお楽しみいただけます。

• デルタ航空および提携航空会社のフライトへのお支払いまたは対象となるデルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードのご利用で獲得された、2020年のすべてのメダリオン会員資格取得必要マイル(MQM)を繰り越し可能とします。2020年末時点のすべてのMQMは2021年まで繰り越され、2022年のメダリオン会員資格取得必要マイルとして適用されます。

• 未使用のすべてのメダリオンドリンクバウチャーを、それぞれの有効期限から6ヶ月延長いたしました。

メダリオン会員向けの変更内容の詳細はこちら、フッターの注意事項を見る


デルタ スカイクラブ個人会員またはエグゼクティブ会員資格

2020年3月1日時点で有効なデルタ スカイクラブ個人会員またはエグゼクティブ会員資格をお持ちのお客様については、有効期限を2021年6月30日まで延長いたします。2021年6月30日より後に会員資格が有効期限を迎える場合は、当該の有効期限がそのまま適用されます。

デルタ スカイクラブ メンバーシップに関する変更内容の詳細はこちら、フッターの注意事項を見る


デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カード会員

マイ プロフィールに下記のいずれかのデルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カード特典をお持ちのお客様のために、余裕を持って特典をご利用いただけるよう、2021年まで有効期限を延長いたしました。

• デルタ スカイマイル・ゴールド・カード会員:2020年1月01日から2020年11月30日までにデルタ航空のフライトクレジット100ドル分を獲得された方には、クレジットの有効期限を2021年12月31日まで延長いたします。

• デルタ スカイマイル・プラチナ、リザーブ・カード会員:2020年9月1日時点で未使用の同伴者用航空券引換証または2020年9月01日から2020年11月30日に発行された同伴者用航空券引換証をお持ちの方は、同引換証を2021年12月31日までのご予約およびフライトにご利用いただけます。

• デルタ スカイマイル・リザーブ・カード会員:2020年1月01日から2020年11月30日に発行されたデルタ スカイクラブのワンタイム・ゲストパスをお持ちの方には、パスの使用期限を2021年12月31日まで延長いたします。


スカイマイル会員

  • 2020年4月05日付けで、チョイスベネフィットとして選択された、対象となるグローバルアップグレード証書およびリージョナルアップグレード証書、ならびに200ドル分のデルタ航空トラベルバウチャーの有効期限を延長いたしました
  • 2020年4月05日付けで、スカイマイル・セレクト会員の方には、優先搭乗特典および未使用のドリンクバウチャーの有効期限を6ヶ月延長いたしました。これらの特典の期限をさらに6ヶ月延長いたします。

 

スカイマイル会員向けの変更内容の詳細はこちら、フッターの注意事項を見る


期限延長に関するその他の情報

メダリオン会員


  • 2020年4月05日付けで、メダリオン会員の現在のメダリオン会員資格を1年間延長いたしました。つまり、メダリオン有効年の終了日までに、現在の会員資格維持に必要な条件を満たさなかった場合や、ご自身で上位の会員資格を取得されなかった場合でも、2020年のステータスが2021年のメダリオン有効年に延長されたことになります。これには、チョイスベネフィットを使って別の会員からメダリオン会員資格の贈与を受けた会員や、お勤め先から無償メダリオン会員資格を授与された方、あるいはステータスマッチや会員資格の復活申請、もしくは2020年のメダリオン会員資格を提供するその他のメダリオン会員資格チャレンジやキャンペーンで会員資格を獲得された方も含まれます。
  • ダイヤモンドおよびプラチナ メダリオン会員の方は、2021年までチョイスベネフィットを選択いただけるようになります。 
  • フライトのご利用とフライトへのお支払い額の要件を満たして、2021年のメダリオン有効年にダイヤモンドまたはプラチナ メダリオン会員資格を獲得される方は、会員資格を獲得された時点で、チョイスベネフィットを選択できます。現在ダイヤモンドおよびプラチナ メダリオン会員で、2020年末までにダイヤモンドまたはプラチナ メダリオン会員資格資格をご自身のご利用条件で再取得できない方は、2021年のメダリオン有効年が2021年2月1日に始まる時に、2021年のチョイスベネフィットを選択することができます。2021年のチョイスベネフィット選択はすべて2022年1月31日までに行っていただく必要があります。
  • 2020年4月05日付けで、チョイスベネフィットとして選択された、当初の有効期限が2020年3月01日~2020年6月30日の間のグローバルアップグレード証書およびリージョナルアップグレード証書、または200ドル分のトラベルバウチャーの有効期限を延長いたしました。延長後の特典は2020年12月31日までのご予約およびフライトにご利用いただけます。また、スカイマイル会員の方が2020年4月05日時点でマイ プロフィールにお持ちの、2020年6月30日より後に有効期限を迎えるアップグレード証書または200ドル分のトラベルバウチャーについては、有効期限を6ヶ月延長いたしました。
  • すべてのスカイマイル会員は、2020年末時点で保有しているすべてのMQMを2021年に繰り越し可能となります。これらのMQMは2022年のメダリオン会員資格取得に必要なマイルとしてカウントされます。これには、ご旅行で獲得したMQMのほか、デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードまたはリザーブ・カードのステータスブーストで獲得したMQMや2019年から2020年に繰り越したMQMなど、2020年末時点で会員口座に保有しているすべてのMQMが含まれます。たとえば、2019年から2020年に20,000MQMを繰り越して、さらに2020年に20,000MQMを獲得した場合、2020年12月31日時点での最終的なMQM残高は40,000MQMとなります。また、40,000MQMはすべて繰り越され、2022年のメダリオン会員資格取得に必要なマイルとしてカウントされます。2020年12月31日時点で会員口座に5,000MQMをお持ちだった場合、5,000MQMすべてが繰り越され、2022年のメダリオン会員資格取得に必要なマイルとしてカウントされます。
  • 未使用のすべてのメダリオンドリンクバウチャーを、それぞれの有効期限から6ヶ月延長いたしました。
  • 会員様に特別にご案内しているデルタ360°のプログラム会員資格を、2022年1月31日まで延長いたしました。

デルタ スカイクラブ メンバーシップ


  • 2020年3月1日時点で有効なデルタ スカイクラブ個人会員またはエグゼクティブ会員資格をお持ちのお客様については、会員資格の有効期限を2021年6月30日まで延長いたします。延長のお手続きは2020年9月30日までに完了する予定です。
    • 2020年4月05日付けで発表された延長期限の2021年6月30日より後に有効期限を迎える場合は、当該の有効期限がそのまま適用されます。
    • 2020年のチョイスベネフィットとして選択したメンバーシップまたはゲストパスの有効期限は、本延長措置の対象外です。これらの有効期限は、以前に6ヶ月延長された2021年7月31日までとします。 
  • ダイヤモンド メダリオン会員の方は、2020年4月05日付けで発表されたメダリオン会員資格の延長措置の一環として、2021年2月1日より適用される2021年のチョイスベネフィットとしてデルタ スカイクラブ メンバーシップまたはゲストパスを再びお選びいただけます。フライトのご利用とフライトへのお支払い額の要件を満たして、ダイヤモンド メダリオン会員資格を獲得される方は、会員資格を獲得された時点で、チョイスベネフィットを選択できます。 2021年のチョイスベネフィットとして選択したデルタ スカイクラブ メンバーシップおよびゲストパスの有効期限は、2022年1月31日です。
    • 本延長は、会員の現在のメンバーシップ失効後ただちに有効となります。新しい有効期限は、会員のマイスカイマイルでご確認いただけるようになる予定ですが、会員証の有効期限が一時的に誤って表示されている場合でも、期限の延長は必ず適用されますのでご安心ください。お電話いただく必要はありません。
  • 現在、一部のデルタ スカイクラブは営業を休止しておりますのでご了承ください。なお、クラブではフルサービスのプレミアムバーのお飲み物やテイクアウトメニューをお楽しみいただけます。デルタ スカイクラブの営業に関する最新情報は、新型コロナウイルス最新情報センターでご確認いただけます。

 

スカイマイル会員 


 

  • 2020年4月05日付けで、チョイスベネフィットとして選択された、当初の有効期限が2020年3月01日~2020年6月30日の間のグローバルアップグレード証書およびリージョナルアップグレード証書、または200ドル分のトラベルバウチャーの有効期限を延長いたしました。延長後の特典は2020年12月31日までのご予約およびフライトにご利用いただけます。また、スカイマイル会員の方が2020年4月05日時点でマイ プロフィールにお持ちの、2020年6月30日より後に有効期限を迎えるアップグレード証書または200ドル分のトラベルバウチャーについては、有効期限を6ヶ月延長いたしました。
  • 2020年4月05日付けで、スカイマイル・セレクト会員の方には、優先搭乗特典および未使用のドリンクバウチャーの有効期限を6ヶ月延長いたしました。これらの特典の有効期限をさらに6ヶ月延長いたします。延長のお手続きは2020年9月30日までに完了する予定です。

メダリオン会員資格獲得のためのチャレンジやキャンペーン


ステータスマッチ・チャレンジや会員資格の復活申請、お勤め先を通じてご案内のあったキャンペーンなど、メダリオン会員資格獲得のためのチャレンジやキャンペーンにご登録いただいたスカイマイル会員のお客様は、1回目に条件を満たせなかった場合でも、後日再びご旅行に出られるようになった際に、新しいキャンペーンを開始することができます。会員が現在保有している臨時の無償ステータスは、現在のキャンペーンまたはチャレンジの期間が終了するまで有効となります。関連情報につきましては、対象となる会員の方へEメールでお知らせし、今後も継続的に最新情報をご案内してまいります。