ご意見をいただきありがとうございました。

スカイマイルプログラムの変更について


スカイマイル会員様よりスカイマイルプログラムに関する貴重なフィードバックをいただきました。弊社はお客様の声を大事にしており、お客様の日頃のご愛顧に対し十分にお返しできるよう一部ポリシーの調整および新しい特典の追加を行いました。これには、メダリオン会員資格取得方法の簡易化、2025年のチョイスベネフィットの充実、繰越し可能なメダリオン会員資格取得必要マイル(MQM)の繰越しオプションの追加、対象カード会員様のデルタ スカイクラブご利用の柔軟性の向上、長期にわたるご愛顧に対するさらなる感謝と特典などが含まれます。

これらの改善および特典の強化により、2024年1月1日からすべてのスカイマイル会員様がメダリオン会員資格取得必要ドル(MQD)を通じて2025年以降のステータスを取得していただけるようになります。マイルは、これまでと同じ方法でご獲得/ご利用いただけます。

 

 


 

 

新しいスカイマイル ステータス トラッカー

メダリオン会員資格取得必要マイル(MQM)やメダリオン会員資格取得必要区間(MQS)を確認する必要がなくなるため、会員資格の取得はこのように簡単になります。
新しいスカイマイルMQDトラッカー 新しいスカイマイルMQDトラッカー

 

 

MQDに統一され、獲得方法がこれまでより幅広く柔軟に


2024年以降にMQDを獲得できる新しい方法をご覧ください。

 

MQD条件の引き下げを含む最近の変更に伴い、デルタレンタカーおよびデルタステイのご予約ではMQDをご獲得いただけなくなります。

*税金、手数料(政府が課す手数料を含む)、ベーシックエコノミーおよび類似の運賃、チップ、ルームサービス、その他の予約にかかる料金、保険料(該当する場合)は対象外となります。その他のご利用規約および例外が適用されます。詳細については、ご利用規約をご確認ください。

2025年の会員資格に向けた2024年のMQD条件更新


ステータスをより取得しやすくできるよう、各ステータス取得に必要なMQD数を調整しました。調整後のMQD数は以下の通りです。

 

シルバー メダリオン - 5,000MQDドル シルバー メダリオン - 5,000MQDドル

シルバー メダリオン

5,000MQDドル

ゴールド メダリオン - 10,000MQDドル ゴールド メダリオン - 10,000MQDドル

ゴールド メダリオン

10,000MQDドル

プラチナ メダリオン - 15,000MQDドル プラチナ メダリオン - 15,000MQDドル

プラチナ メダリオン

15,000MQDドル

ダイヤモンド メダリオン - 28,000MQDドル ダイヤモンド メダリオン - 28,000MQDドル

ダイヤモンド メダリオン

28,000MQDドル

チョイスベネフィット選択肢の充実


ダイヤモンド メダリオン会員様およびプラチナ メダリオン会員様向けの2025年のメダリオン有効年のチョイスベネフィットを開発・改良いたしました。これらは2024年2月1日より選択可能となります。

MQDアクセラレーター

より多く獲得できるMQDで次のメダリオン有効年の会員資格をいち早く獲得ダイヤモンド メダリオン会員の方は2,000MQD、プラチナ メダリオン会員の方は1,000MQDで取得可能になりました。

デルタ スカイクラブ メンバーシップ オプション

2025年のダイヤモンド メダリオン会員資格を獲得したお客様は、現在のエグゼクティブメンバーシップ・オプションに加え、2つのチョイスベネフィットを使用して、個人メンバーシップとしてデルタ スカイクラブを無制限にご利用いただけます。

より多くのボーナスマイルを獲得

ご自分の会員口座により多くのマイルを加算する、他のスカイマイル会員に贈る、またはお好みのスカイウィッシュチャリティに寄付することができます。ダイヤモンド メダリオン会員の方には35,000マイル、プラチナ メダリオン会員の方には30,000マイルの獲得がお選びいただけます。

デルタ航空トラベルバウチャーでさらに遠くへ

プラチナ メダリオン会員およびダイヤモンド メダリオン会員がご利用可能なデルタ航空トラベルバウチャーの相当額をそれぞれ350ドルおよび300ドルに引き上げます。バウチャーはデルタ航空のフライトやデルタバケーションのパッケージツアーのご購入にご利用可能です。

ウィールズアップのフライトクレジットでさらなる高みへ

ダイヤモンドおよびプラチナ メダリオン会員の方は、ウィールズアップのフライトクレジットでこれまでにない贅沢なプライベートフライトをお楽しみいただけます。

 

繰越し可能なMQM残高の繰越しオプションの追加


2024年のメダリオン会員資格に向けて2023年中に獲得したメダリオン会員資格取得必要マイル(MQM)について、繰越し可能なMQM残高を多くお持ちの会員様は、当該MQMの移行またはメダリオン会員資格の延長をご利用いただけるようになりました(1回限り)新しいスカイマイルプログラムでは、ステータスの取得にMQM獲得の必要がなくなります。 
2023年のカレンダーのアイコン 2023年のカレンダーのアイコン

2023年のMQM

MQMは、2023年12月31日まで獲得することができます。

2024年のカレンダーのアイコン 2024年のカレンダーのアイコン

繰越し可能なMQMの移行(一回限り)

2024年12月31日までに、繰越し可能なMQMの移行先をお選びください。

2025年のカレンダーのアイコン 2025年のカレンダーのアイコン

MQDは毎年リセットされます。

MQDのご利用額は引き続き暦年ごとにリセットされます。

MQMの繰越しアイコン MQMの繰越しアイコン

繰越し可能なMQMの移行オプション

繰越し可能なMQMの移行方法は2024年12月31日年までにお選びください。繰越し可能なMQMは、MQDまたはマイル、あるいは両方の組み合わせに移行することができます。繰越し可能なMQM残高が100,000以上あるスカイマイル会員様は、2024年のメダリオン会員資格(2023年1月1日~2023年12月31日の間に獲得)を100,000MQMの繰越しごとに1年間延長することができます。

 

デルタ スカイクラブのご利用に関する変更


お客様からいただいたフィードバックに基づき、2025年よりデルタ スカイクラブのご利用に関するポリシーを一部変更します。当社の理念を実現するための継続的な旅の一環として、各クラブではこれからもお客様が期待される上質な体験を提供してまいります。

カード会員特典を見る
ビジネス・カード会員特典を見る

デルタ スカイマイル リザーブ・カード会員についての変更

2025年2月1日より、デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・リザーブ・カードおよびデルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・リザーブ・ビジネス・カード会員様は、メダリオン有効年ごとにデルタ スカイクラブを15日間ご利用(ビジット)いただけます(現状の10日間よりさらにプラス)。ビジットには、最初のデルタ スカイクラブのチェックイン時から24時間以内のスカイクラブご利用が含まれます。出発地、お乗り継ぎ空港、ご到着の目的地のスカイクラブをご利用いただけます。同日の往復旅行で、ご出発時とご到着時の両方でデルタ スカイクラブをご利用になった場合は1回のビジットとみなされます。カード会員様は、1暦年内に対象カードで75,000ドル以上お支払いいただくとデルタ スカイクラブを無制限でご利用いただけます。また、現メダリオン有効年の残りの期間と翌メダリオン有効年も無制限でデルタ スカイクラブをご利用いただけます。ご利用金額のトラッキングは、2025年のメダリオン有効年の2024年1月1日より可能となります。対象のカード会員様は、15回分すべてのビジットを使い切った後、1回のビジットごとにお一人様50ドルで、追加のデルタ スカイクラブ・ビジット(グラブ&ゴーを含む)を購入することができます。

アメリカン・エキスプレス発行のプラチナ・カードに関する変更

2025年2月1日より、アメリカン・エキスプレス発行のプラチナ・カードおよびビジネス・プラチナ・カード会員様は、メダリオン有効年ごとにデルタ スカイクラブを10日間ご利用(ビジット)いただけます(現状の6日間よりさらにプラス)。ビジットには、最初のデルタ スカイクラブのチェックイン時から24時間以内のスカイクラブご利用が含まれます。出発地、お乗り継ぎ空港、ご到着の目的地のスカイクラブをご利用いただけます。同日の往復旅行で、ご出発時とご到着時の両方でデルタ スカイクラブをご利用になった場合は1回のビジットとみなされます。カード会員様は、1暦年内に対象カードで75,000ドル以上お支払いいただくとデルタ スカイクラブを無制限でご利用いただけます。また、現メダリオン有効年の残りの期間と翌メダリオン有効年も無制限でデルタ スカイクラブをご利用いただけます。ご利用金額のトラッキングは、2025年のメダリオン有効年の2024年1月1日より可能となります。対象のカード会員様は、10回分すべてのビジットを使い切った後、1回のビジットごとにお一人様50ドルで、追加のデルタ スカイクラブ・ビジット(グラブ&ゴーを含む)を購入することができます。

デルタ スカイマイル プラチナ・カード会員のご利用

2024年1月1日より、デルタ スカイマイル プラチナ・カードおよびデルタ スカイマイル プラチナ・ビジネス・カード会員のお客様には、デルタ スカイクラブをご利用いただけなくなります。

ベーシックエコノミーをご利用の方のご利用

ベーシックエコノミー航空券または提携航空会社の同等の航空券をご利用のすべてのアメリカン・エキスプレス・カード会員のお客様は、2024年1月1日よりデルタ スカイクラブを無料でご利用いただくことができなくなります。

今後予定しているミリオンマイラー・プログラムの改良点



スカイマイルプログラム比較一覧


2023年の現行プログラムと比較して、2025年のメダリオン有効年に向けた2024年のスカイマイルプログラムで変更される内容をすべて確認するには、新しく更新された表をご確認ください。

 

表を確認する


よくある質問


2023年9月14日に発表した変更に関するお客様からのご意見を反映いたしました。貴重なご意見をありがとうございます。お客様の日頃のご愛顧に十分にお応えできるよう、一部ポリシーの調整および新しい特典の追加を行いました。

2024年1月1日より、スカイマイル会員様にはMQMまたはMQSをご獲得いただけなくなります。代わりに、スカイマイルプログラムは、会員様がメダリオン会員資格取得を目指す過程でMQDのみご獲得いただける、簡素化および合理化された獲得モデルに移行しています。上記の変更に伴い、対象となるデルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードのMQD免除およびステータス・ブースト特典は、2024年1月1日以降ご利用いただけなくなります。

これらの変更により、メダリオン会員資格取得に向けたMQD獲得を促進する次のような新しい方法が追加されます。

  • デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード、デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・プラチナ・ビジネス・カード、デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・リザーブ・カード、デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・リザーブ・ビジネス・カードでのご購入
  • デルタバケーションのパッケージツアー
  • 日本国内で発行されたデルタ スカイマイル提携クレジットカードでのご購入(詳細は「よくあるご質問」に記載)
デルタレンタカーおよびデルタステイのご予約でMQDを獲得することは可能と9月14日にご案内しましたが、お客様からいただいたフィードバックに基づき、ステータス取得に必要なMQD条件を引き下げる変更など最新の変更を行いました。それに伴い、上記のご予約ではMQDをご獲得いただけなくなります。
2023年9月14日~2023年10月31日にご予約いただいた2024年の旅行でのデルタレンタカーおよびデルタステイのご予約は、MQD獲得対象のままとなります。
いいえ。これらの変更は、2025年のメダリオン会員資格に向けた2024年の資格取得年(2024年1月1日~2024年12月31日)以降に反映されます。2024年のメダリオン有効年のメダリオン会員資格(2024年2月1日開始)は、2023年(2023年1月1日~2023年12月31日)の獲得で決まります。

2024年2月にMQMの繰越しの最終手続きが終了した後、2024年のメダリオン会員資格取得後に繰越し可能なMQM残高を所有しているメダリオン会員様は、2023年に獲得した当該MQMの繰越し分をマイル(2:1の割合)、またはMQD(10:1の割合)、あるいはその両方を組み合わせて移行することができます。

繰越し可能なMQM残高が100,000またはそれ以上あるメダリオン会員様は、繰越し可能なMQM残高を利用し、2024年のメダリオン会員資格を1年単位で延長することができます。会員様は、100,000MQMの繰越しごとに1年間、現在獲得している2024年のメダリオン資格で、無償のメダリオン会員資格を取得することができます。

  • たとえば、MQMの繰越しが425,000あるプラチナ メダリオン会員の方は、MQMの繰越しを利用してプラチナ メダリオン会員資格を1~4年延長し、残りの繰り越し可能なMQMをMQDやマイル、もしくは両方に移行することができます。
  • ダイヤモンドおよびプラチナ メダリオン会員様は、各ステータス資格限定のチョイスベネフィットをそれぞれ受け取ることができます。たとえば、ダイヤモンド メダリオン会員様がステータスの延長を選択した場合、ダイヤモンド資格のチョイスベネフィットのみを受け取ります。 

ステータスの延長を選択し、次のメダリオン有効年にも同じステータスを獲得した場合、延長されたステータスの有効期間は、獲得したメダリオン会員資格と同時に適用され、「オーバーラップ」が発生します。

  • たとえば、2024年のメダリオン有効年と2025年のメダリオン有効年にプラチナ メダリオン会員資格を獲得し、400,000MQMの繰越しを利用して4年間のステータス延長を2024年の選択期間中に行った場合、2025年のメダリオン有効年のステータス延長は、獲得した2025年のプラチナ メダリオン会員資格と同時に適用されます。
  • オーバーラップした年は、2つ目のチョイスベネフィットを受け取ることはできず、メダリオンアップグレードの条件が優先されることもありません。ただし、獲得したメダリオン会員資格と延長したステータス資格が異なる場合は、無償アップグレードを取得する際、最もステータスの高いメダリオン資格が優先されます。
いいえ。会員様にはこれまでと同じ方法でマイルをご獲得/ご利用いただけます。今回の変更は、メダリオン会員資格の取得方法にのみ影響します。

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・リザーブ・カード、デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・リザーブ・ビジネス・カード会員様は、ご本人様のカードまたはカード口座に登録されている追加カードでの資格取得年のご利用額10ドルごとに、1MQDをご獲得いただけます。デルタ スカイマイル プラチナ・ビジネス・カードおよびデルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・プラチナ・ビジネス・カード会員様は、ご本人様のカードまたはカード口座に登録されている追加カードでの資格取得年のご利用額20ドルごとに、1MQDドルをご獲得いただけます。

例: デルタ航空または提携航空会社の運航便をデルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・リザーブ・カードでご購入いただくと、カードでお支払いいただいた航空券価格10ドルごとに1MQDドルが加算(ご購入後に加算)されるほか、ご搭乗の際にデルタ航空で獲得されたMQDも加算されます(ご旅行の完了後に加算)。

さらに、MQDヘッドスタート特典を利用すると、デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードのプラチナ・カード、プラチナ・ビジネス・カード、リザーブ・カード、およびリザーブ・ビジネス・カードの会員様は、カードが有効な場合、各メダリオン有効年の2月1日から6~8週間後に進呈される2,500MQDを当該メダリオン資格取得年用にいち早く獲得することができます。新規カード会員様およびカードをアップグレードされた会員様には、対象のカードに対するMQDヘッドスタート特典として、カード発行時は発行日の約6~8週間後、それ以降はメダリオン有効年の2月1日前後にMQDが該当口座に加算されます。

対象のご利用額は、商品やサービスの購入額から返品額およびその他のクレジットを差し引いた金額になります。各種手数料、金利、キャッシング、トラベラーズチェックの購入、個人間取引、プリペイドカードの購入またはチャージ(入金)、ギフトカードの購入、その他現金相当物は対象外です。

MQDはご購入の取引日に基づいて加算されます。アメリカン・エキスプレスは、店舗が送信した取引日(実際の購入日と異なる場合があります)をもとに当該購入がその資格取得年のMQD達成数に含まれるかどうかを判断します。つまり、お客様のご購入が、購入した年のMQD実績としてカウントされない場合もあります。

たとえば、お客様が12月31日に何かを購入された場合、店舗が取引データをアメリカン・エキスプレスに送信する際に当該取引の日付を1月1日と記載すると、お客様のご購入は1月1日から始まる資格取得年の実績としてカウントされます。

米国で発行されたデルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードのゴールド・カード、ゴールド・ビジネス・カードの特典に変更はございません。
対象となるデルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードで獲得したMQDは、他の会員に譲渡したり贈与したりすることはできません。対象となる追加カードは、ご購入でMQDを獲得することができ、獲得したMQDは基本カード会員のスカイマイル会員口座にのみ加算されます。

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・リザーブ・カードおよびデルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・リザーブ・ビジネス・カード会員様は2025年1月31日まで現行のポリシーに基づいてデルタ スカイクラブを無制限にご利用いただけます。さらにデルタ スカイマイル リザーブ・カードおよびデルタ スカイマイル リザーブ・ビジネス・カード会員様は、引き続きアメリカン・エキスプレス・センチュリオンラウンジを無制限にご利用いただけます。

2025年2月1日より、デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・リザーブ・カード、デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・リザーブ・ビジネス・カード会員様は、基本カードおよび追加カードのどちらでも、75,000ドル以下のご利用でクラブを15回ご利用いただけます。75,000ドルのご利用を達成されますと、同年の残りの期間と翌メダリオン有効年の1月31日まで無制限でクラブをご利用いただけます。ご利用金額のトラッキングは、2025年のメダリオン有効年の2024年より可能となります。

たとえば、カード会員様が2024年8月1日に75,000ドルのご利用額を達成されますと、2026年1月31日まで無制限でデルタ スカイクラブをご利用いただけます。

2025年2月1日以降、1回のビジットには、最初のデルタ スカイクラブのご入室時(またクラブ内のグラブ&ゴーご利用時)から24時間以内のすべてのスカイクラブご利用が含まれます。出発地、お乗り継ぎ空港、ご到着の目的地のスカイクラブをご利用いただけます。

たとえば、ATL-LAX-HNLという乗り継ぎをされるお客様が、ご出発前にATLのデルタ スカイクラブをご利用になり、乗り継ぎ便を待つ間にLAXのクラブを、ご到着時にHNLのクラブを利用された場合は、それらのご利用が最初のATLのデルタ スカイクラブ入室時の24時間以内であれば「ビジット」は1回とカウントされます。

また、同日の往復旅行で、ご出発時とご到着時の両方でデルタ スカイクラブをご利用になった場合、復路便の入国がそのご旅行で最初にデルタ スカイクラブへ入室されてから24時間以内であれば1回のビジットとみなされます。

ただしLAXで一晩過ごすATL-LAX-HNLという旅程で上記と同様にデルタ スカイクラブを利用された場合、つまり翌日のHNL出発前(最初のATLのデルタ スカイクラブ入室時から24時間以上超過)にデルタ スカイクラブを利用された場合、そのご利用は2回目のビジットとしてみなされます。

対象のアメリカン・エキスプレス・カード会員様は、すべてのビジットを使い切った後、1回のビジットごとにお一人様50ドルで、追加のビジットを購入することができます。

いいえ。ビジットは対象となるカード会員様のみにご利用いただけるもので、他の方にはご利用いただけません。口座開設後および毎年の口座更新後、カード会員様にワンタイム・ゲストパスが4枚発行されますので、デルタ スカイマイル リザーブ・カードおよびデルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・リザーブ・ビジネス・カード会員様は、そのゲストパスをご同伴者のご入室にご利用いただけます。またはご同伴者1名様1回の「ビジット」につき50ドルをお支払いいただくこともできます(同伴者、または配偶者/内縁者と21歳未満のお子様2名様まで)。
カード会員様は、2024年1月1日から2024年12月31日まで、およびそれ以降の各暦年に、対象となるカード口座での対象となるご利用額が75,000ドル以上になりますとビジットは回数無制限でご利用いただけます。条件を満たすと、カード会員様は同暦年の残りの期間と翌メダリオン有効年の1月31日まで無制限でクラブをご利用いただけます。
お困りの方は、デルタ スカイクラブ・サービスセンターにお問い合わせください。カード特典についてのお問合せ、またはカード会員資格の更新をご希望の方は、アメリカン・エキスプレスまでお電話でお問合せください。お問合せ先の電話番号は、カードの裏面に記載されています。
米国以外に在住のスカイマイル会員の方にも、メダリオン会員資格取得必要ドル(MQD)を新たに導入し、MQDsのみがメダリオン会員資格取得条件となりました。すべての通貨は、まず発券および/または購入時の標準為替レートで米ドルに換算され、その後、1米ドルが$1 MQDに換算されます(税金および政府より課される手数料を除きます)。
日本発行の、デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード、デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カード、デルタ スカイマイル ダイナースクラブカード、デルタ スカイマイル JCBゴールドカード、デルタ スカイマイル JCBカード、デルタ スカイマイル テイクオフ JCBカード、デルタ スカイマイル TRUST CLUB プラチナ VISA カード、デルタ スカイマイル TRUST CLUB ゴールド VISA カードの対象となるご利用1,000円につき1MQDドルを獲得できます。各該当カードの利用規約が適用されます。
MQDの対象となるのは、各カードの利用規約(対象購入の例外を含む)に従い、上記に記載の提携カードでのマイル獲得対象となる購入です。
  • MQDは、カード会員毎に各クレジットカード発行会社が定める獲得期間に基づいて、その期間内の対象となるすべての購入が集計された利用金額を基に換算され、当該獲得期間の終了日から2~4週間以内に毎月1回付与されます。
  • TRUST CLUB VISAカード、JCBカード及びダイナースクラブカードの獲得期間とは、各発行会社の「毎月のご請求締期間」を指し、日本発行のアメリカン・エキスプレス・カードの獲得期間とは、当該アメリカン・エキスプレス・カードの毎月のご利用代金明細書に記載されているマイルの「集計期間」を指します。
  • クレジットカード発行会社は、加盟店から報告された日付(カード会員が実際に購入した日付とは異なる場合があります)に基づき、各購入を該当する獲得期間に算入します。
  • 当該獲得期間の終了日が「ご利用日」としてMQDが付与され、MQDsはこの「ご利用日」に基づき該当する資格取得年に算入されます。
    • 例: 例えば、適用される獲得期間が2024年11月16日から2024年12月15日までで、12月10日、15日、16日に対象となる購入をし、これらの購入が2024年12月16日に加盟店によって報告された場合、これらの対象となる購入に対して獲得するMQDは、2025年1月15日(次の獲得期間の終了日)以降に付与、「ご利用日」は「2025年1月15日」となり、当該MQDは2025年1月1日に開始する資格取得年に算入されます。

MQDは購入と返品が同じ獲得期間内に行われた場合には獲得できません。

返品が次の獲得期間中に行われた場合は、返品により差し引かれるMQDは、その期間に獲得するMQDから相殺されます。


フライト運賃でのMQDの獲得

スカイマイル会員が対応するメダリオン会員資格を取得するには、上記の該当するメダリオン会員資格取得必要ドル(MQD)の基準を満たす必要があります。

MQDは、デルタ航空便名のフライト(フライト番号に航空コードの「DL」を含むもの)のメインキャビン以上の航空券に対するスカイマイル会員の合計支払額です。基本運賃および航空会社のサーチャージは含まれますが、政府により課される税金・手数料は除きます。一部の提携航空会社のフライト、および所定の非公示運賃もMQDの対象となります。

コアグローバル提携航空会社およびグローバル提携航空会社便名のフライト、ならびにデルタ航空が発券した航空券(航空券番号が「006」で始まるもの)の基本運賃および航空会社が課すサーチャージもMQDの加算対象となります。コアグローバル提携航空会社およびグローバル提携航空会社によって発券・販売された航空券の場合、MQDは提携航空会社のご利用によるマイルの獲得で公示されているマイル加算表に基づいて加算されます。

2024年1月1日より、スカイマイル会員様はデルタ航空で直接ご予約いただいた場合、デルタ航空の提携航空会社運航便のメインキャビン(または同等のクラス)以上を利用するデルタ航空特典旅行航空券でMQDをご獲得いただけます。MQDは特典航空券に交換されたマイル数を100で割った値に基づいて計算されます。政府により課される税金・手数料ではMQDは獲得できません。

団体、コンソリデーター、クルーズ、パッケージツアー、包括旅行などで航空運賃が公表されない航空券もMQD獲得の対象となります。ただし、航空券購入前に航空会社が公表されないpriceline.comまたはhotwire.comを通して予約した航空券は対象外です。旅行時に公示されている航空券の運賃クラスごとの規定の加算率を飛行距離に乗じて算出されたマイルおよびMQDをご獲得いただけます。所定の非公示運賃でのマイルのご獲得をご覧ください。マイルまたは MQD の加算において、「飛行距離」とは、各フライトで実際に移動する距離にかかわらず、デルタ航空の独自の裁量によって決定される、出発地および目的地間の算出された距離を意味します。この運賃に対するMQDの計算の詳細については、デルタバケーションのパッケージツアーでの対象となる獲得に関するセクションをご覧ください。デルタ航空従業員向け特典旅行、無料、無償、パス旅行およびその他のマイル加算対象外の類似航空券は、MQDの加算対象とはなりません。

デルタ航空(delta.com、Fly Deltaモバイルアプリ、デルタ航空予約センター、デルタ航空セルフサービス・チェックイン機、デルタ航空の指定空港営業所を含む)を通じて購入されたデルタ・ワン、デルタ・プレミアムセレクト、ファーストクラス、デルタ・コンフォートプラスおよびプリファードシート、ならびにプレミアムクラスへの有償アップグレードは、MQDの加算対象となります。 アムステルダム(AMS)またはパリ(CDG)の空港で、デルタ航空運航便のデルタ・ワン、デルタ・プレミアムセレクト、ファーストクラス、デルタ・コンフォートプラス、有償アップグレード、またはプリファードシートを購入された場合は、マイルまたはMQD獲得対象外となります。会員の方がデルタ・コンフォートプラス、プレミアムクラスへの有償アップグレード、またはプリファードシートを購入し、デルタ航空がその座席や同等の座席を提供できない場合、購入代金は返金され、MQDは加算されません。お客様の意向で一度購入されたフライトや座席タイプを変更された場合、元のお座席の料金は返金されず、MQD 加算の対象にもなりません。デルタ・ワン、デルタ・プレミアムセレクト、ファーストクラス、デルタ・コンフォートプラスおよびプリファードシートの無償でのご利用は、MQDの加算対象にはなりません。MQDは、ご予約に氏名とスカイマイル会員番号が記載されている会員のみが獲得できます。

受託手荷物手数料、優先搭乗、デルタ スカイクラブ メンバーシップ、Wi-Fiパス、機内でのお食事やお飲物の購入、機内エンターテイメント、大人の同伴なしの未成年者手数料、ペットの輸送料、またはマイルの購入、航空券の変更手数料、直接発券手数料(DTC)、搭乗日当日の時間変更確定または当日空席待ち手数料、管理サービス手数料(ASC)、外部再発行手数料(ERC)など(これらに限定されません)、関連サービスの購入または手数料はMQDの加算対象外です。

マイルおよびMQDがスカイマイル会員口座に加算されるまで、デルタ航空便名のフライト(航空会社コードが「DL」のもの)の完了から最長6~8週間かかります。

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードでMQDを獲得

プラチナ・カード会員様のMQDブースト:
2024年1月1日より:基本カード会員様は、デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード、デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・プラチナ・ビジネス・カード、またはカード口座に登録されている追加カードでの資格取得年の対象となるご利用額20ドルごとに、1メダリオン会員資格取得必要ドル(MQD)をご獲得いただけます。資格取得年内に獲得したMQDを基に、翌メダリオンプログラム年のメダリオン会員資格が確定されます。MQDに金銭的価値はなく、特典旅行や他のスカイマイル特典との交換はできません。MQDは他人に譲渡したり割り当てることはできません。また、他のスカイマイル会員に贈与することはできません。

メダリオン会員資格取得およびメダリオン会員特典に関するすべての規則およびポリシーが適用され、delta.com/medallionでご覧いただけます。MQDは翌年に延長されたり繰り越しされることはなく、MQD残高は毎暦年1月1日、もしくはその数日後にゼロにリセットされます。メダリオン会員資格は資格取得年内の実績をもとに毎年計算されます。資格取得年とは、その年の1月1日から12月31日です。資格取得年の最終日は、対象提携カード入会時期にかかわらず、12月31日です。提携カード入会の最初の年は、MQDの対象となる購入期間が12ヶ月より短くなります。

対象のご利用額は、商品やサービスの購入額から返品額およびその他のクレジットを差し引いた金額になります。各種手数料、金利、キャッシング、トラベラーズチェックの購入、個人間取引、プリペイドカードの購入またはチャージ(入金)、ギフトカードの購入、その他現金相当物は対象外です。アメリカン・エキスプレスは店舗から当社に送信された取引日(実際の購入日と異なる場合があります)をもとに当該購入がその資格取得年のMQD達成数に含まれるかどうかを判断します。つまり、お客様のご購入が、購入した年のMQD実績としてカウントされない場合もあります。たとえば、お客様が12月31日に何かを購入された場合、店舗が取引データを当社に送信する際に当該取引の日付を1月1日と記載すると、お客様のご購入は1月1日から始まる資格取得年の実績としてカウントされます。MQDはMQD残高から返品額またはその他のクレジットを差し引かれます(MQD残高がマイナスになる場合もあります)。お客様が対象となる購入を返品、取り消し、支払い拒否されたことにより、MQD残高が前資格取得年のメダリオン資格の基準を下回った場合、デルタ航空はメダリオン会員資格を調整、削除、一時停止する資格を有します。デルタ航空やアメリカン・エキスプレスが、お客様が本MQD特典に関連して何らかの方法で悪用、乱用、賭博を行ったと判断した場合、あるいはそれらの行為を行おうとしたと判断した場合、デルタ航空はMQDの加算を行わず、お客様の会員口座を凍結したり、会員口座からMQDを没収することがあるほか、お客様のスカイマイルプログラムへのご参加を停止することがあります。

MQDは、対象となる取引がカード口座に記録されてから8~12週間後に、基本カード会員のデルタ航空スカイマイル会員口座へ記録されます。基本カード会員は、delta.comまたはFly Delta アプリでスカイマイル会員口座にログインして資格取得年のMQD獲得状況を確認できます。

リザーブ・カード会員様のMQDブースト:

2024年1月1日より:基本カード会員様は、デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・リザーブ・カード、デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・リザーブ・ビジネス・カード、またはカード口座に登録されている追加カードでの資格取得年の対象となるご利用額10ドルごとに、1メダリオン会員資格取得必要ドル(MQD)をご獲得いただけます。資格取得年内に獲得したMQDを基に、翌メダリオンプログラム年のメダリオン会員資格が確定されます。MQDに金銭的価値はなく、特典旅行や他のスカイマイル特典との交換はできません。MQDは他人に譲渡したり割り当てることはできません。また、他のスカイマイル会員に贈与することはできません。

メダリオン会員資格取得およびメダリオン会員特典に関するすべての規則およびポリシーが適用され、delta.com/medallionでご覧いただけます。MQDは翌年に延長されたり繰り越しされることはなく、MQD残高は毎暦年1月1日、もしくはその数日後にゼロにリセットされます。メダリオン会員資格は資格取得年内の実績をもとに毎年計算されます。資格取得年とは、その年の1月1日から12月31日です。資格取得年の最終日は、対象提携カード入会時期にかかわらず、12月31日です。提携カード入会の最初の年は、MQDの対象となる購入期間が12ヶ月より短くなります。

対象のご利用額は、商品やサービスの購入額から返品額およびその他のクレジットを差し引いた金額になります。各種手数料、金利、キャッシング、トラベラーズチェックの購入、個人間取引、プリペイドカードの購入またはチャージ(入金)、ギフトカードの購入、その他現金相当物は対象外です。アメリカン・エキスプレスは店舗から当社に送信された取引日(実際の購入日と異なる場合があります)をもとに当該購入がその資格取得年のMQD達成数に含まれるかどうかを判断します。つまり、お客様のご購入が、購入した年のMQD実績としてカウントされない場合もあります。たとえば、お客様が12月31日に何かを購入された場合、店舗が取引データを当社に送信する際に当該取引の日付を1月1日と記載すると、お客様のご購入は1月1日から始まる資格取得年の実績としてカウントされます。MQDはMQD残高から返品額またはその他のクレジットを差し引かれます(MQD残高がマイナスになる場合もあります)。お客様が対象となる購入を返品、取り消し、支払い拒否されたことにより、MQD残高が前資格取得年のメダリオン資格の基準を下回った場合、デルタ航空はメダリオン会員資格を調整、削除、一時停止する資格を有します。デルタ航空やアメリカン・エキスプレスが、お客様が本MQD特典に関連して何らかの方法で悪用、乱用、賭博を行ったと判断した場合、あるいはそれらの行為を行おうとしたと判断した場合、デルタ航空はMQDの加算を行わず、お客様の会員口座を凍結したり、会員口座からMQDを没収することがあるほか、お客様のスカイマイルプログラムへのご参加を停止することがあります。

MQDは、対象となる取引がカード口座に記録されてから8~12週間後に、基本カード会員のデルタ航空スカイマイル会員口座へ記録されます。基本カード会員は、delta.comまたはFly Delta アプリでスカイマイル会員口座にログインして資格取得年のMQD獲得状況を確認できます。

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・リザーブ・カードおよびデルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・リザーブ・ビジネス・カードのMQDヘッドスタート

2024年2月1日より適用:デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・リザーブ・カードおよびリザーブ・ビジネス・カードの基本カード(いずれも「対象カード」)会員様は、資格取得年ごとに2,500メダリオン会員資格取得必要ドル(MQD)をご獲得いただけます。獲得したMQDは、対象カードに登録されたスカイマイル会員口座に加算されます。本会員以外は対象外です。

2024年のメダリオン会員資格取得年より、既存のカード会員様は2月1日以降6~8週間後にMQDが加算されます。新規カード会員様、またはMQD Headstart特典の対象外である他のデルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードから対象カードへアップグレードされた会員の方は、MQD ヘッドスタート特典がご利用いただけます。MQDは対象カードの口座開設の6~8週間後に加算され、対象カードの口座が存続する限り、毎年2月1日以降、6~8週間後にMQDが加算されます。ただし、新規の対象カード口座が資格取得年の11月または12月に開設された場合、カード口座を開設した資格取得年にMQDが加算されます。資格取得年内に獲得したMQDを基に、翌メダリオンプログラム年のメダリオン会員資格が確定されます。MQDに金銭的価値はなく、特典旅行や他のスカイマイル特典との交換はできません。また、MQDsを他人に移行・譲渡することはできず、他のスカイマイル会員に進呈することはできません。

メダリオン会員資格取得およびメダリオン会員特典に関するすべての規則およびポリシーが適用され、delta.com/medallionでご覧いただけます。MQDは翌年に延長されたり繰り越しされることはなく、MQD残高は毎暦年1月1日、もしくはその数日後にゼロにリセットされます。メダリオン会員資格は資格取得年内の実績をもとに毎年計算されます。資格取得年とは、その年の1月1日から12月31日です。資格取得年の最終日は、対象提携カード入会時期にかかわらず、12月31日です。デルタ航空は、MQDの加算日から60日以内または対象カードの更新日から60日以内にカードが解約された場合あるいは対象外のカードにダウングレードされた場合、いつでもMQD付与のキャンセル、取り消し、無効化またはメダリオン会員資格の取り消しあるいはダウングレード(調整されたMQDの獲得数に基づいて)を行う権利を有します。MQDをお受け取りになるには、有効な会員口座があり、MQDの加算処理をする時点で債務不履行がないことが条件となります。デルタ航空やアメリカン・エキスプレスが、お客様が本MQDヘッドスタートに関連して何らかの方法で悪用、乱用、賭博を行ったと判断した場合、あるいはそれらの行為を行おうとしたと判断した場合、デルタ航空はMQDの加算を行わず、お客様の会員口座を凍結したり、会員口座からMQDを没収することがあるほか、お客様のスカイマイルプログラムへのご参加を停止することがあります。

対象提携カード本会員は、delta.comまたはFly Delta アプリでスカイマイル会員口座にログインして資格取得年のMQD獲得状況を確認できます。スカイマイル会員が獲得できるMQDは、保有する対象カードの枚数にかかわらず、メダリオン資格取得年ごとに、各対象カードタイプにつき2,500ドル相当のMQDのみであり、メダリオン資格取得年ごとにすべての対象カードで最大4デポジットまでとなります(合計10,000ドル相当のMQDまで)。対象のプラチナ・カード、またはプラチナ・ビジネス・カードから、対象のリザーブ・カード、またはリザーブ・ビジネス・カードにアップグレードした会員様は、リザーブ・カードまたはリザーブ・ビジネス・カード向けの2,500ドル相当のMQD追加デポジットを受け取ることはできません。対象のリザーブ・カード、またはリザーブ・ビジネス・カードから、対象のプラチナ・カード、またはプラチナ・ビジネス・カードへダウングレードした会員様も、プラチナ・カード、またはプラチナ・ビジネス・カード向けの2,500ドル相当のMQD追加デポジットを受け取ることはできません。

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードおよびデルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・プラチナ・ビジネス・カードのMQDヘッドスタート

2024年2月1日より適用:デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードおよびプラチナ・ビジネス・カードの基本カード(いずれも「対象カード」)会員様は、資格取得年ごとに2,500メダリオン会員資格取得必要ドル(MQD)をご獲得いただけます。獲得したMQDは、対象カードに登録されたスカイマイル会員口座に加算されます。本会員以外は対象外です。

2024年のメダリオン会員資格取得年より、既存のカード会員様は2月1日以降6~8週間後にMQDが加算されます。新規カード会員様、またはMQD Headstart特典の対象外である他のデルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードから対象カードへアップグレードされた会員の方は、MQD ヘッドスタート特典がご利用いただけます。MQDは対象カードの口座開設の6~8週間後に加算され、対象カードの口座が存続する限り、毎年2月1日以降、6~8週間後にMQDが加算されます。ただし、新規の対象カード口座が資格取得年の11月または12月に開設された場合、カード口座を開設した資格取得年にMQDが加算されます。資格取得年内に獲得したMQDを基に、翌メダリオンプログラム年のメダリオン会員資格が確定されます。MQDに金銭的価値はなく、特典旅行や他のスカイマイル特典との交換はできません。また、MQDsを他人に移行・譲渡することはできず、他のスカイマイル会員に進呈することはできません。

メダリオン会員資格取得およびメダリオン会員特典に関するすべての規則およびポリシーが適用され、delta.com/medallionでご覧いただけます。MQDは翌年に延長されたり繰り越しされることはなく、MQD残高は毎暦年1月1日、もしくはその数日後にゼロにリセットされます。メダリオン会員資格は資格取得年内の実績をもとに毎年計算されます。資格取得年とは、その年の1月1日から12月31日です。資格取得年の最終日は、対象提携カード入会時期にかかわらず、12月31日です。デルタ航空は、MQDの加算日から60日以内または対象カードの更新日から60日以内にカードが解約された場合あるいは対象外のカードにダウングレードされた場合、いつでもMQD付与のキャンセル、取り消し、無効化またはメダリオン会員資格の取り消しあるいはダウングレード(調整されたMQDの獲得数に基づいて)を行う権利を有します。MQDをお受け取りになるには、有効な会員口座があり、MQDの加算処理をする時点で債務不履行がないことが条件となります。デルタ航空やアメリカン・エキスプレスが、お客様が本MQDヘッドスタートに関連して何らかの方法で悪用、乱用、賭博を行ったと判断した場合、あるいはそれらの行為を行おうとしたと判断した場合、デルタ航空はMQDの加算を行わず、お客様の会員口座を凍結したり、会員口座からMQDを没収することがあるほか、お客様のスカイマイルプログラムへのご参加を停止することがあります。

対象提携カード本会員は、delta.comまたはFly Delta アプリでスカイマイル会員口座にログインして資格取得年のMQD獲得状況を確認できます。スカイマイル会員が獲得できるMQDは、保有する対象カードの枚数にかかわらず、メダリオン資格取得年ごとに、各対象カードタイプにつき2,500ドル相当のMQDのみであり、メダリオン資格取得年ごとにすべての対象カードで最大4デポジットまでとなります(合計10,000ドル相当のMQDまで)。対象のプラチナ・カード、またはプラチナ・ビジネス・カードから、対象のリザーブ・カード、またはリザーブ・ビジネス・カードにアップグレードした会員様は、リザーブ・カードまたはリザーブ・ビジネス・カード向けの2,500ドル相当のMQD追加デポジットを受け取ることはできません。対象のリザーブ・カード、またはリザーブ・ビジネス・カードから、対象のプラチナ・カード、またはプラチナ・ビジネス・カードへダウングレードした会員様も、プラチナ・カード、またはプラチナ・ビジネス・カード向けの2,500ドル相当のMQD追加デポジットを受け取ることはできません。

デルタレンタカーおよびデルタステイでのMQDの獲得

2023年9月14日~2023年10月31日:スカイマイル会員は、delta.comを通じて2023年9月14日~2023年10月31日の間に2024年のご旅行を予約された場合、対象となるレンタカー予約が完了するごとにレンタカーの基本料金、ご滞在が完了するごとにホテルの基本料金ならびにバケーションレンタルの基本料金の対象となるお支払い1米ドル(「対象ドル」)(あるいは他の通貨での相当額)につき1MQDを獲得できます。2023年10月31日を過ぎてのご予約は、本MQDキャンペーンの対象外です。対象ドルとは、ご予約時に請求されたホテルの基本料金、レンタカーの基本料金ならびにバケーションレンタルの基本料金を指します。税金および手数料は含みません。税金、手数料、チップ、ルームサービス、その他の予約にかかる料金、あるいは交換バウチャーまたは割引コードで支払われる/減額される予約の要素はマイル加算の対象外となり、対象ドルには含まれません。対象となるレンタカー予約には、旅行業界料金または割引、ツアーパッケージ料金または割引のホールセール料金、ホールセールツアーパッケージ料金、保険会社/販売会社による代車に適用される料金、企業および政府料金、団体旅行割引、フリークエントフライヤーのレンタカー特典に関連したレンタル、各レンタカー会社に適用されるその他の企業契約以外の料金を利用した、キャンペーン参加営業所での1日以上のレンタルが含まれます。

マイル/MQDは、このご予約でご利用のクレジットカードに名前の記載があるスカイマイル会員にのみ加算されます。チェックイン時に提示されるクレジットカードおよび政府発行の身分証明書の姓名は、スカイマイル会員口座に登録されているものと一致する必要があります。キャンセル、ノーショー、未払いの予約については、マイル/MQDを獲得することはできません。スカイマイル会員番号はご予約時にご提供いただく必要があります。ご予約に関連付けることができるスカイマイル会員番号は、ご予約1件につき1つのみです。マイル/MQDがスカイマイル会員口座に加算されるまで、対象となるご滞在またはレンタカーご利用の完了から最長8週間かかります。対象のサービスご利用後8週間以内にマイルがスカイマイル会員口座に加算されなかった場合は、こちらにアクセスしていただき、以下のようにお進みください。マイルの事後加算申請 > その他のマイル加算申請 > その他のスカイマイル提携会社マイル加算の申請は、チェックアウト日またはレンタカーの返却日から6か月以内で承ります。スカイマイルへのご入会前に完了された予約はマイル加算の対象となりません。ホテルのロイヤリティプログラムの通貨およびエリート・ステータスは各ホテルのゲストプログラムに従うものとし、www.travelextras-delta.comでのご予約には適用されない場合があります。

獲得されたMQDは、メダリオン会員資格取得必要ドルの対象となりますが、ミリオンマイラーステータス取得必要ドルの対象とはなりません。マイルはボーナスマイルとして進呈され、メダリオン資格またはミリオンマイラー資格取得必要マイル数としては加算されません。

デルタバケーションでのMQDの獲得

2024年1月1日より、スカイマイル会員のお客様は、デルタバケーションでオンラインまたはカスタマーエンゲージメントセンター、認可を受けたトラベルアドバイザーを通じてご予約いただいた場合、完了されたデルタバケーションのパッケージツアーごとにパッケージ全体の価格1米ドルごとに1MQDをご獲得いただけます。「パッケージ全体の価格」とは、対象となるフライト、ホテルの基本料金、レンタカーの基本料金としてお支払いいただいた、米ドルでの相当額でのパッケージ合計金額を指しますが、税金、手数料、保険、ルームサービス、その他の予約にかかる料金、ホテルやレンタカー会社、アクティビティ運営会社に直接支払われた料金、交換バウチャーまたは割引コードで支払われる/減額される予約の要素は対象外となります。「対象となるフライト」とは、デルタバケーションでオンラインまたはカスタマーエンゲージメントセンター、認可を受けたトラベルアドバイザーを通じてご予約いただいた場合の、デルタ便名のフライトでのメインキャビン以上の座席クラス(フライト番号に航空会社コード「DL」が含まれるもの)、デルタ航空の航空券番号が付いたコアグローバル提携航空会社便名のフライト(航空券番号が「006」で始まるもの)、デルタ航空の航空券番号が付いたスカイチーム加盟航空会社が運航するスカイチーム便名のフライト(航空券番号が「006」で始まるもの)を指します。デルタ航空のコアグローバル提携航空会社またはスカイチーム加盟航空会社以外の航空会社が販売するフライトは、対象フライトから明示的に除外されます。対象となるレンタカー予約には、旅行業界料金または割引、ツアーパッケージ料金または割引のホールセール料金、ホールセールツアーパッケージ料金、保険会社/販売会社による代車に適用される料金、企業および政府料金、団体旅行割引、フリークエントフライヤーのレンタカー特典に関連したレンタル、各レンタカー会社に適用されるその他の企業契約以外の料金を利用した、キャンペーン参加営業所での1日以上のレンタルが含まれます。

スカイマイル会員は以下の通りMQDを獲得できます。

  • デルタバケーションの予約に登録されているすべての旅客は、以下に基づいてパッケージのフライト部分についての獲得が可能です。
    • フライトオプション1:すべての旅客の所定の非公示運賃の合計がパッケージ全体の価格以上の場合、各旅客が獲得するフライトのMQD =(パッケージ全体の価格 ÷ 予約旅程の総旅客数)
    • フライトオプション2:すべての旅客の所定の非公示運賃の合計がパッケージ全体の価格未満の場合、各旅客が獲得するフライトのMQDは、所定の非公示運賃ポリシーに基づいて計算された当該旅客のフライトのMQDとなります。
  • パッケージを予約した旅客は、フライトコンポーネント(該当する場合)で獲得したMQDに加えて、以下に基づいてパッケージ全体の価格のうちフライト以外の部分についてもMQDを獲得できます。
    • すべての旅客のフライトMQDは、上記のフライトオプション1を用いて計算されます。フライト以外の部分についてMQDは追加で獲得できません。
    • すべての旅客のフライトMQDが上記のフライトオプション2を用いて計算された場合は次のようになります。代表予約者が獲得するフライト以外の部分についての追加MQD = パッケージ全体の価格 –(全旅客の所定の非公示運賃の合計)
    • 予約にフライトが含まれていない場合は、代表予約者のみがパッケージ全体の価格に相当するフライト以外の部分のMQDを獲得できます。

この計算は、8名以上がご参加されるパッケージ(「グループパッケージ」)には適用されません。グループパッケージでは、各旅客は所定の非公示運賃ポリシーを利用したパッケージのフライト部分についてのみMQDを獲得できます。

通常、MQDおよびマイルがスカイマイル会員口座へ加算されるまでの日数は、対象となるご購入に関する情報をデルタ航空がいつ受け取るかによって異なります。デルタバケーションのマイルおよびMQDについては、飛行マイルとMQDはデルタ航空便名のフライトのご搭乗完了から最長6~8週間後にスカイマイル会員口座に加算されます。また、対象となるレンタカーまたはホテル宿泊のマイルおよびMQDはご利用後8週間でスカイマイル会員口座に加算されます。ご予約内の旅客が利用しなかったパッケージの要素については、MQDは加算されません。

MQM の繰越し

2024年1月1日より、スカイマイル会員のお客様にはメダリオン会員資格取得必要マイル(MQM)をご獲得いただけなくなります。メダリオン会員資格取得必要マイルおよびメダリオン会員資格取得必要区間は、メダリオン会員資格取得のために算出・使用されなくなります。2024年2月28日より、2024年のメダリオン会員資格取得後に繰越し可能なMQM残高を所有しているスカイマイル会員様は、当該MQMの最終残高(米国中部標準時2023年12月31日午後11:59:59までに獲得したもの)をマイル、MQDまたはメダリオン会員資格の延長(繰越し可能なMQM残高が100,000以上の場合)のいずれか(または該当する場合、これらの組み合わせ)に移行することができます。マイルやMQDは、一度選択すると2024年1月1日に獲得したものとして加算されますが、いかなるキャンペーンやチャレンジ(メダリオン会員資格マッチ・チャレンジ、会員資格の復活申請、メダリオン会員資格へのファストトラックを含みますが、それらに限定されません)に必要なマイルやMQDの対象外となります。

マイルを選択した場合、繰越し可能なMQMの残高は2MQMにつき1マイルの割合で移行されます。MQDを選択した場合、繰越し可能なMQMの残高は10MQMにつき1MQDドルの割合で移行されます。スカイマイル会員様は繰越し可能なMQM残高を25%単位で分割してマイルとMQDに移行することができます。移行には前文の割合が適用されます。たとえば、スカイマイル会員様は繰越し可能なMQM残高の25%をマイルに、残りの75%をMQDに移行することができます。

繰越し可能なMQM残高が100,000以上あるスカイマイル会員様は、繰越し可能なMQM残高を利用し(1年延長につき100,000MQM)、獲得した2024年のメダリオン会員資格を延長することができます。スカイマイル会員様は1年延長につき100,000MQMのレートに基づき、延長可能な限りメダリオン会員資格を希望する年数分だけ延長することができます。メダリオン会員資格の延長は1年単位ごとで行われます。繰越し可能なMQM残高が100,000以上あり、延長特典を利用しても残るMQMはマイルまたはMQDに上記の変換レートを用いて移行することができます。たとえば、繰越し可能なMQMを550,00所有し、2024年のメダリオン会員資格取得年に対しダイヤモンド メダリオン会員資格を取得したスカイマイル会員様は、獲得したダイヤモンド メダリオン会員資格を最大5年(繰越し可能なMQMを500,000利用)延長することができ、残りの50,000MQMを上記の変換レートを用いてマイルまたはMQDのいずれか、あるいはその両方に移行することができます。

スカイマイル会員が米国中部標準時2024年12月31日午後11:59:59までに選択をしなかった場合、繰越し可能なMQMは自動的にMQDに移行されます。会員様には、米国中部標準時2024年12月31日 午後11:59:59までの選択期間中にご希望の移行方法をお選びいただけます。マイル/MQDおよびメダリオン会員資格の延長は譲渡不可で、繰越し可能なMQMを保有していたスカイマイル会員の口座へのみ加算されます。選択は最終的なものであり、取り消しや変更はできません。

デルタ スカイクラブのご利用に関する変更

2024年1月1日より:同日のデルタ航空便名のフライト、デルタ航空運航便、デルタ航空の便名または運航でないデルタ航空提携航空会社のフライトを、ベーシックエコノミー(E)運賃の航空券(またはデルタ航空提携航空会社が発券した同等の「ライト」「ベーシック」航空券)で旅行されるすべてのお客様は、デルタ スカイクラブおよびグラブ&ゴーをご利用いただくことはできません。

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードおよびデルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・プラチナ・ビジネス・カード会員
デルタ スカイクラブのご利用
2024年1月1日より、こちらの特典はご利用いただけなくなります

デルタ スカイマイル プラチナ・カードの基本カード会員および追加カード会員のお客様は、同日のデルタ航空またはデルタ航空提携航空会社のフライトでご旅行の際、ご利用1回につきお一人様50ドルでデルタ スカイクラブをご利用いただけます。カード会員のお客様は、近親者の方(配偶者/内縁者および21歳未満のお子様)を、クラブ1店舗のご利用1回につきお一人様50ドルの料金にて2名様までお連れいただけます。1回ごとのご利用料金は、デルタ スカイマイル プラチナ・カードでお支払いいただく必要があります。2歳未満のお子様は、カード会員の方とご一緒の場合、クラブを無料でご利用いただけます。

カード会員のお客様は、有効なデルタ スカイマイル プラチナ・カード、政府発行の身分証明書、ご搭乗券をデルタ スカイクラブのアンバサダーにご提示ください。ご搭乗券には、ご利用のデルタ スカイクラブがある空港を発着地とする、ご利用当日のデルタ航空便名のフライトまたはデルタ航空が運航するフライトの予約が記載されている必要があります。ご搭乗券とカードに記載されているお名前が一致している必要があります。出発便をご利用になる対象のカード会員様は、フライトの出発予定時刻の3時間以内のみデルタ スカイクラブをご利用いただけます。同一の航空券でデルタ航空便名またはデルタ航空運航のフライトをお乗り継ぎになる場合は、お乗り継ぎ時間中のお好きなときにお乗り継ぎ空港のデルタ スカイクラブをご利用いただけます。デルタ航空は、すべてのデルタ スカイクラブにて無償搭乗のお客様のご利用を制限する権利を有します。当特典はスカイクラブ1ヶ所のみでご利用可能であり、別のクラブへの特典の移行はできません。デルタ スカイクラブのご利用は18歳以上の方に限らせていただきます。また、セルフサービスバーのあるクラブのご利用は、21歳以上の方のみとなります。ただし、責任をもってお子様の行動を監督する、大人のクラブ会員の方が同伴される場合はその限りではありません。特典はデルタ スカイクラブのみでご利用いただけます。提携航空会社のラウンジは含まれておりません。アメニティは、空港のクラブ所在地によって異なる場合がありますのでご注意ください。デルタ スカイクラブのすべてのご利用規約が適用されます。規定の内容については、delta.com/skyclubをご覧ください。キャンペーンおよび規定は予告なく変更されることがあります。その他の制限が適用される場合があります。

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・リザーブ・カードおよびデルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・リザーブ・ビジネス・カード
無料でのデルタ スカイクラブご利用

一般:デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・リザーブ・カードまたはデルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・リザーブ・ビジネス・カードの基本カード、デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・リザーブ・カードまたはデルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・リザーブ・ビジネス・カードの追加カード(それぞれ「対象カード」)をお持ちのカード会員様は、有効なカード、政府発行の身分証明書、ご搭乗券をデルタ スカイクラブのアンバサダーにご提示ください。ご搭乗券には、ご利用のデルタ スカイクラブがある空港を発着地とする、ご利用当日のデルタ航空便名のフライトまたはデルタ航空が運航するフライトの予約が記載されている必要があります。ご搭乗券とカードに記載されているお名前が一致している必要があります。出発便をご利用になる対象のカード会員様は、フライトの出発予定時刻の3時間以内のみデルタ スカイクラブまたはデルタ スカイクラブの「グラブ&ゴー」をご利用いただけます。同一の航空券でデルタ航空便名またはデルタ航空運航のフライトをお乗り継ぎになる場合は、お乗り継ぎ時間中のお好きなときにお乗り継ぎ空港のデルタ スカイクラブをご利用いただけます。デルタ航空は、すべてのデルタ スカイクラブにて無償搭乗のお客様のご利用を制限する権利を有します。デルタ スカイクラブのご利用は18歳以上の方に限らせていただきます。また、セルフサービスバーのあるクラブのご利用は、21歳以上の方のみとなります。ただし、責任をもってお子様の行動を監督する、大人のクラブ会員の方が同伴される場合はその限りではありません。特典はデルタ スカイクラブのみでご利用いただけます。提携航空会社のラウンジは含まれておりません。アメニティは、デルタ スカイクラブ所在地によって異なる場合がありますのでご了承ください。ご利用にはデルタ スカイクラブの規定が適用されます。規定の内容については、delta.com/skyclub をご覧ください。特典および規定は予告なしに変更されることがあります。その他の制限が適用される場合があります。

2024年1月1日より:同日のデルタ航空便名のフライト、デルタ航空運航便、デルタ航空の便名または運航でないデルタ航空提携航空会社のフライトを、ベーシックエコノミー(E)運賃の航空券(またはデルタ航空提携航空会社が発券した同等の「ライト」「ベーシック」航空券)で旅行される対象のカード会員様は、デルタ スカイクラブおよびグラブ&ゴーをご利用いただくことはできません。

2023年9月14日から2025年1月31日まで有効:対象のカード会員様は、同日のデルタ航空便名のフライトまたはデルタ航空運航便でご旅行の際、デルタ スカイクラブまたはグラブ&ゴーを無料でご利用いただけます。デルタ航空以外の便名またはデルタ航空以外が運航するデルタ航空提携航空会社のフライトをご利用になる対象のカード会員様は、クラブ1店舗のご利用1回につきお一人様50ドル、グラブ&ゴー1店舗のご利用1回につきお一人様25ドルでご利用いただけます。対象となるカード会員様は、ご同伴者2名様まで、または近親者の方(配偶者/内縁者および21歳未満のお子様)を、クラブ1店舗のご利用1回につきお一人様50ドル、グラブ&ゴー1店舗のご利用1回につきお一人様25ドルにてお連れいただくことができます。ご同伴者をお連れになる際のお支払いは対象カードで行っていただく必要があります。ご同伴者は、同日のデルタ航空またはデルタ航空提携航空会社のフライトをご利用される方に限ります。2歳未満のお子様は、対象のカード会員の方とご一緒の場合、クラブを無料でご利用いただけます。

2025年2月1日より:対象のカード会員様は、同日のデルタ航空便名のフライトまたはデルタ航空運航便でご旅行の際、対象カード1枚につき1年に15回のビジットをデルタ スカイクラブまたはグラブ&ゴーでご利用いただけます。ビジットは譲渡不可で、ご利用は対象のカード会員様のみに限らせていただいております。デルタ航空以外の便名またはデルタ航空以外が運航する当日出発のデルタ航空提携航空会社のフライトをご利用の対象のカード会員様は、1回のビジットにつきお一人様50ドルでクラブをご利用いただけます。2025年2月1日から2026年1月31日までに発行されたビジットは2026年1月31日に失効し、それ以降の年に発行されたビジットは、それ以降の各暦年の1月31日に失効します。

「ビジット」とは、1回または複数回のデルタ スカイクラブへの入室またはデルタ スカイクラブの「グラブ&ゴー」のご利用を指し、いずれの場合も対象のカード会員様が同日のデルタ航空便名のフライトまたはデルタ航空運航便でご旅行の際、最初のデルタ スカイクラブの入室時間またはグラブ&ゴーの利用開始から24時間以内に1か所または複数の空港で行われるものを指します。24時間以内であれば、1回のビジットで、1回のご旅行中に複数の空港のデルタ スカイクラブをご利用いただくことができます。たとえば、1回のご旅行で別の空港のデルタ スカイクラブをご利用になる場合、最初のデルタ スカイクラブに入室されてから24時間以内の別のクラブへの入室は同一のビジットとみなされます。ご旅行に24時間以上を要し、最初のデルタ スカイクラブへの入室から24時間以上経ってから次のクラブに入室またはグラブ&ゴーを利用された場合は、2回目のビジットが差し引かれます。対象のカード会員様は、同じ空港のグラブ&ゴーの前回のご利用から3時間以内にクラブまたはグラブ&ゴーを利用することはできません。対象のカード会員様は、15回分のビジットを使い切った後、1回のビジットごとにお一人様50ドルで、追加のデルタ スカイクラブ・ビジット(グラブ&ゴーを含む)を購入することができます。ビジットはご同伴者のご入室にはご利用いただけません。ビジットをご利用の際、対象となるカード会員様は、ご同伴者2名様まで、または近親者の方(配偶者/内縁者および21歳未満のお子様)を、クラブ(グラブ&ゴーを含む)1店舗のご利用1回につきお一人様50ドルにてお連れいただくことができます。カード会員様およびご同伴者の利用料のお支払いは対象カードで行っていただく必要があります。ご同伴者は、同日のデルタ航空便名のフライト、デルタ航空運航便、デルタ航空提携航空会社のフライトをご利用になる方に限り、対象のカード会員様と一緒にクラブをご利用いただく必要があります。2歳未満のお子様は、対象のカード会員の方とご一緒の場合、クラブを無料でご利用いただけます。

2025年2月1日から導入される回数無制限のビジット(「デルタ スカイクラブのご利用無制限」)を獲得するには、2024年1月1日から2024年12月31日まで、およびそれ以降の各暦年に、対象となるカード口座での対象となるご利用額が75,000ドル以上(「ご利用額条件」)になる必要があります。「デルタ スカイクラブのご利用無制限」は、口座がご利用額条件を達成した時点で対象カード口座のリザーブ・カードの基本カード会員および追加カード会員の両方に付与されます。「デルタ スカイクラブのご利用無制限」に関しては、上記の「一般」に記載されている全入室条件が引き続き適用されます。

「デルタ スカイクラブのご利用無制限」は、ほとんどの場合対象のカード口座がご利用額条件を達成してから1週間以内に処理されますが、有効になるまでに12週間かかる場合があります。有効になると、「デルタ スカイクラブのご利用無制限」は有効になった暦年の残りの期間、翌暦年、さらに翌暦年の1月31日までご利用いただけます(たとえば、「デルタ スカイクラブのご利用無制限」が2025年5月1日に有効になった場合は、2027年1月31日まで有効です)。対象カード口座に登録されている追加カード会員による対象のご利用額も、ご利用額条件を満たすためのご利用となります。ご利用額条件を満たすための対象のご利用額は、商品やサービスの購入額から返品額およびその他のクレジットを差し引いた金額になります。対象利用額には各種手数料、金利、キャッシング、トラベラーズチェックの購入、プリペイドカードの購入またはチャージ(入金)、ギフトカードの購入、個人間取引の支払い、その他現金相当物は含まれません。カード会員が別のデルタ航空スカイマイル提携クレジットカードから対象カードにアップグレードした場合、前のデルタ航空スカイマイル提携クレジットカード口座での対象利用額はご利用額条件を満たすためのご利用額にカウントされます。デルタ航空は、お客様が対象となる購入を返品、取り消し、支払い拒否されたことにより対象ご利用金額が暦年のご利用額条件を下回った場合、「デルタ スカイクラブのご利用無制限」を無効にする権利を有します。デルタ航空やアメリカン・エキスプレスが、お客様が本デルタ スカイクラブご利用特典に関連して何らかの方法で悪用、乱用、賭博を行ったと判断した場合、あるいはそれらの行為を行おうとしたと判断した場合、ビジットはお客様の会員口座から差し引かれ、「デルタ スカイクラブのご利用無制限」が無効にされる場合があります。

アメリカン・エキスプレス発行の・プラチナ・カードおよびプラチナ・ビジネス・カード
デルタ スカイクラブのご利用

この特典は、米国のプラチナ・カード会員様、米国のプラチナ・ビジネス・カード会員様、およびアカウントに追加されているその他のプラチナ・カード会員様(各会員が「対象のプラチナ・カード会員」)にご利用いただけます。コンシューマー・プラチナ・アカウントのコンパニオン・プラチナ・カード、ビジネス・プラチナ・アカウントの追加ゴールド・カードならびに追加ビジネス・エクスペンス・カードは、デルタ スカイクラブご利用特典の対象となりません。プラチナ・カード会員のお客様は、有効なアメリカン・エキスプレス・カード、政府発行の身分証明書、ご搭乗券をデルタ スカイクラブのアンバサダーにご提示ください。ご搭乗券には、ご利用のデルタ スカイクラブがある空港を発着地とする、ご利用当日のデルタ航空運航便(デルタ航空またはデルタ・コネクション)の予約が記載されている必要があります。ご搭乗券とカードに記載されているお名前が一致している必要があります。出発便をご利用になる対象のプラチナ・カード会員様は、フライトの出発予定時刻の3時間以内のみデルタ スカイクラブまたはデルタ スカイクラブの「グラブ&ゴー」をご利用いただけます。同一の航空券でデルタ航空運航便同士をお乗り継ぎになる場合は、お乗り継ぎ時間中のお好きなときにお乗り継ぎ空港のデルタ スカイクラブをご利用いただけます。デルタ航空は、すべてのデルタ スカイクラブにて無償搭乗のお客様のご利用を制限する権利を有します。デルタ スカイクラブのご利用は18歳以上の方に限らせていただきます。また、セルフサービスバーのあるクラブのご利用は、21歳以上の方のみとなります。ただし、責任をもってお子様の行動を監督する、デルタ スカイクラブのご利用資格のある大人の会員の方が同伴される場合はその限りではありません。特典はデルタ スカイクラブのみでご利用いただけます。提携航空会社のラウンジは含まれておりません。アメニティは、デルタ スカイクラブ所在地によって異なる場合がありますのでご了承ください。ご利用可能なクラブ/提携クラブは予告なしに変更される場合があります。対象となるプラチナ・カード会員様は、最新のデルタ スカイクラブご利用ポリシーならびに料金ポリシーに従って、デルタ スカイクラブにご同伴者様をお連れいただけます。ご同伴者様を同伴される際は、お支払いに対象となるプラチナ・カードをご利用いただくことが条件となります。また、ご同伴者様は同日のデルタ航空運航便を利用される方に限ります。ご同伴者様のご利用と料金には各クラブのご利用規約が適用されます。ご利用にはデルタ スカイクラブの規定が適用されます。規定の内容については、delta.com/skyclubをご覧ください。特典および規定は予告なしに変更されることがあります。また、その他の制限が適用される場合があります。 

2024年1月1日より:同日のデルタ航空運航便にご搭乗でベーシックエコノミー(E)運賃の航空券をご利用になる対象のプラチナ・カード会員様は、デルタ スカイクラブまたはグラブ&ゴーをご利用いただけません。

2023年9月14日から2025年1月31日まで有効:対象のプラチナ・カード会員様は、同日のデルタ航空運航便でご旅行の際、デルタ スカイクラブまたはグラブ&ゴーを無料でご利用いただけます。対象となるプラチナ・カード会員様は、ご同伴者2名様まで、または近親者の方(配偶者/内縁者および21歳未満のお子様)を、クラブ1店舗のご利用1回につきお一人様50ドル、グラブ&ゴー1店舗のご利用1回につきお一人様25ドルにてお連れいただくことができます。ご同伴者をお連れになる際のお支払いは対象となるプラチナ・カードで行っていただく必要があります。また、ご同伴者様は同日のデルタ航空運航便を利用される方に限ります。2歳未満のお子様は、対象のプラチナ・カード会員の方とご一緒の場合、クラブを無料でご利用いただけます。

2025年2月1日より:対象のプラチナ・カード会員様は、同日のデルタ航空運航便でご旅行の際、対象プラチナ・カード1枚につき1年に10回のビジットをデルタ スカイクラブまたはグラブ&ゴーでご利用いただけます。ビジットは譲渡不可で、ご利用は対象のプラチナ・カード会員様のみに限らせていただいております。2025年2月1日から2026年1月31日までに発行されたビジットは2026年1月31日に失効し、それ以降の年に発行されたビジットは、それ以降の各暦年の1月31日に失効します。

「ビジット」とは、1回または複数回のデルタ スカイクラブへの入室またはデルタ スカイクラブの「グラブ&ゴー」のご利用を指し、いずれの場合も対象のプラチナ・カード会員様が同日のデルタ航空運航便でご旅行の際、最初のデルタ スカイクラブの入室時間またはグラブ&ゴーの利用開始から24時間以内に1か所または複数の空港で行われるものを指します。24時間以内であれば、1回のビジットで、1回のご旅行中に複数の空港のデルタ スカイクラブをご利用いただくことができます。たとえば、1回のご旅行で別の空港のデルタ スカイクラブをご利用になる場合、最初のデルタ スカイクラブに入室されてから24時間以内の別のクラブへの入室は同一のビジットとみなされます。ご旅行に24時間以上を要し、最初のデルタ スカイクラブへの入室から24時間以上経ってから次のクラブに入室またはグラブ&ゴーを利用された場合は、2回目のビジットが差し引かれます。対象のプラチナ・カード会員様は、同じ空港のグラブ&ゴーの前回のご利用から3時間以内にクラブまたはグラブ&ゴーを利用することはできません。対象のカード会員様は、10回分のビジットを使い切った後、1回のビジットごとにお一人様50ドルで、追加のデルタ スカイクラブ・ビジット(グラブ&ゴーを含む)を購入することができます。ビジットはご同伴者のご入室にはご利用いただけません。ビジットをご利用の際、対象となるプラチナ・カード会員様は、ご同伴者2名様まで、または近親者の方(配偶者/内縁者および21歳未満のお子様)を、クラブ(グラブ&ゴーを含む)1店舗のご利用1回につきお一人様50ドルにてお連れいただくことができます。カード会員様およびご同伴者の利用料のお支払いは対象のプラチナ・カードで行っていただく必要があります。ご同伴者は、同日のデルタ航空便名のフライト、デルタ航空運航便、デルタ航空提携航空会社のフライトにご搭乗いただく必要があり、対象のプラチナ・カード会員様と一緒にクラブをご利用になることが条件となります。2歳未満のお子様は、対象のプラチナ・カード会員の方とご一緒の場合、クラブを無料でご利用いただけます。

2025年2月1日から導入される回数無制限のビジット(「デルタ スカイクラブのご利用無制限」)を獲得するには、2024年1月1日から2024年12月31日まで、およびそれ以降の各暦年に、対象となるプラチナ・カード口座での対象となるご利用額が75,000ドル以上(「ご利用額条件」)になる必要があります。「デルタ スカイクラブのご利用無制限」は、口座がご利用額条件を達成した時点で対象の全プラチナ・カード会員様に付与されます。コンシューマー・プラチナ・アカウントのコンパニオン・プラチナ・カード、ビジネス・プラチナ・アカウントの追加ゴールド・カードならびに追加ビジネス・エクスペンス・カードは、「デルタ スカイクラブのご利用無制限」の対象となりません。「デルタ スカイクラブのご利用無制限」に関しては、記載されている全入室条件が引き続き適用されます。

「デルタ スカイクラブのご利用無制限」は、ほとんどの場合対象のプラチナ・カード口座がご利用額条件を達成してから1週間以内に処理されますが、有効になるまでに12週間かかる場合があります。有効になると、「デルタ スカイクラブのご利用無制限」は有効になった暦年の残りの期間、翌暦年、さらに翌暦年の1月31日までご利用いただけます(たとえば、「デルタ スカイクラブのご利用無制限」が2025年5月1日に有効になった場合は、2027年1月31日まで有効です)。対象のプラチナ・カード口座に登録されている追加カード会員による対象のご利用額も、ご利用額条件を満たすためのご利用となります。ご利用額条件を満たすための対象のご利用額は、商品やサービスの購入額から返品額およびその他のクレジットを差し引いた金額になります。対象利用額には各種手数料、金利、キャッシング、トラベラーズチェックの購入、プリペイドカードの購入またはチャージ(入金)、ギフトカードの購入、個人間取引の支払い、その他現金相当物は含まれません。カード会員が別のアメリカン・エキスプレス・カードから対象のプラチナ・カードにアップグレードまたはダウングレードした場合、前のカード口座での対象利用額はご利用額条件を満たすためのご利用額にカウントされます。デルタ航空は、お客様が対象となる購入を返品、取り消し、支払い拒否されたことにより対象ご利用金額が暦年のご利用額条件を下回った場合、「デルタ スカイクラブのご利用無制限」を無効にする権利を有します。デルタ航空やアメリカン・エキスプレスが、お客様が本デルタ スカイクラブご利用特典に関連して何らかの方法で悪用、乱用、賭博を行ったと判断した場合、あるいはそれらの行為を行おうとしたと判断した場合、ビジットはお客様の会員口座から差し引かれ、「デルタ スカイクラブのご利用無制限」が無効にされる場合があります。

日本発行のデルタ スカイマイル提携クレジットカードご利用によるMQDの獲得

2024年1月1日より、日本発行の、デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード、デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カード、デルタ スカイマイル ダイナースクラブカード、デルタ スカイマイル JCBゴールドカード、デルタ スカイマイル JCBカード、デルタ スカイマイル テイクオフ JCBカード、デルタ スカイマイル TRUST CLUB プラチナ VISA カード、デルタ スカイマイル TRUST CLUB ゴールド VISA カード利用による、資格取得年内の対象となるご利用1,000円につき$1MQDを獲得できます。カード会員が資格取得年内に獲得したMQDに基づき、翌メダリオンプログラム年のメダリオン会員資格が確定されます。MQDsに金銭的価値はなく、特典旅行や他のスカイマイル特典との交換はできません。MQDは他人に譲渡したり割り当てることはできません。また、他のスカイマイル会員に贈与することはできません。

メダリオン会員資格取得およびメダリオン会員特典に関するすべての規則およびポリシーが適用され、delta.com/medallionでご覧いただけます。MQDは翌年に延長されたり繰り越しされることはなく、MQD残高は毎暦年1月1日、もしくはその数日後にゼロにリセットされます。メダリオン会員資格は資格取得年内の実績をもとに毎年計算されます。資格取得年とは、その年の1月1日から12月31日です。資格取得年の最終日は、対象提携カード入会時期にかかわらず、12月31日です。提携カード入会の最初の年は、MQDの対象となる購入期間が12ヶ月より短くなります。

MQDの対象となるのは、各カードの利用規約(対象購入の例外を含む)に従い、上記に記載の提携カードでのマイル獲得対象となる購入です。MQDは、カード会員毎に各クレジットカード発行会社が定める獲得期間に基づいて、その期間内の対象となるすべての購入が集計された利用金額を基に換算され、当該獲得期間の終了日から2~4週間以内に毎月1回付与されます。TRUST CLUB VISAカード、JCBカード及びダイナースクラブカードの獲得期間とは、各発行会社の「毎月のご請求締期間」を指し、日本発行のアメリカン・エキスプレス・カードの獲得期間とは、当該アメリカン・エキスプレス・カードの毎月のご利用代金明細書に記載されているマイルの「集計期間」を指します。

クレジットカード発行会社は、加盟店から報告された日付(カード会員が実際に購入した日付とは異なる場合があります)に基づき、各購入を該当する獲得期間に算入します。当該獲得期間の終了日が「ご利用日」としてMQDが付与され、MQDsはこの「ご利用日」に基づき該当する資格取得年に算入されます。例えば、適用される獲得期間が2024年11月16日から2024年12月15日までで、12月10日、15日、16日に対象となる購入をし、これらの購入が2024年12月16日に加盟店によって報告された場合、これらの対象となる購入に対して獲得するMQDは、2025年1月15日(次の獲得期間の終了日)以降に付与、「ご利用日」は「2025年1月15日」となり、当該MQDは2025年1月1日に開始する資格取得年に算入されます。その他詳細については、各クレジットカード発行会社にお問い合わせください。

MQDは購入と返品が同じ獲得期間内に行われた場合には獲得できません。その返品が次の獲得期間中に行われた場合は、返品により差し引かれるMQDは、その期間に獲得するMQDから相殺されます。その期間にMQDの獲得がなかった場合、返品により差し引かれるMQDはその次の獲得期間に持ち越されます。デルタ航空および/またはクレジットカード発行会社が、利用者が何らかの方法でこのMQD特典に関して、不正使用、誤用、悪用を行ったと判断した場合、またはその意図があると判断した場合、デルタ航空は利用者の口座にMQDを付与しない、口座を凍結またはMQDを没収、メダリオン会員資格を調整、剥奪、または停止することができ、利用者のスカイマイルプログラムへの参加を打ち切ることができます。

各該当カードの利用規約が適用されます。

日本発行のデルタ スカイマイル提携クレジットカード本会員の優先的なメダリオン会員資格取得

2024年2月1日より:日本発行の、デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード、デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カード、デルタ スカイマイル ダイナースクラブカード、デルタ スカイマイル JCBゴールドカード、デルタ スカイマイル JCBカード、デルタ スカイマイル テイクオフ JCBカード、デルタ スカイマイル TRUST CLUB プラチナ VISA カード、デルタ スカイマイル TRUST CLUB ゴールド VISA カード(以降、「対象提携カード」)本会員には、$2,500MQD(メダリオン会員資格取得必要ドル)を、対象提携カードが登録されているスカイマイル会員口座に各資格取得年内に付与します。本会員以外は対象外です。

2024年の資格取得年より、対象提携カード本会員には、2月1日以降6〜8週間以内に当該MQDを付与します。新たに対象提携カード本会員になった場合も対象となり、対象提携カード入会日から6〜8週間以内にMQDを付与します。その後は、対象提携カードが有効である限り、毎年2月1日以降6〜8週間以内にMQDを付与します。11月もしくは12月に入会された場合、対象提携カード入会年と同じ資格取得年のMQDが付与されます。提携カード入会日は、各クレジットカード発行会社によって定められた全ての条件が満たされた日となります。デルタ航空は、各クレジットカード発行会社によって提供された情報に基づき提携カード入会日を特定します。資格取得年内に獲得したMQDを基に、翌メダリオンプログラム年のメダリオン会員資格が確定されます。MQDに金銭的価値はなく、特典旅行や他のスカイマイル特典との交換はできません。MQDは他人に譲渡したり割り当てることはできません。また、他のスカイマイル会員に贈与することはできません。

メダリオン会員資格取得およびメダリオン会員特典に関する全ての規則およびポリシーが適用され、delta.com/medallionでご覧いただけます。MQDは翌年に延長されたり繰り越しされることはなく、MQD残高は毎暦年1月1日、もしくはその数日後にゼロにリセットされます。メダリオン会員資格は資格取得年内の実績をもとに毎年計算されます。資格取得年とは、その年の1月1日から12月31日です。資格取得年の最終日は、対象提携カード入会時期にかかわらず、12月31日です。デルタ航空は、対象提携カード入会後最初のMQDの加算日から90以内または各年カード更新日から90日以内に対象提携カードが解約された場合、いつでもMQD付与のキャンセル、取り消し、無効化またはメダリオン会員資格の取り消しあるいはダウングレード(調整されたMQDの獲得数に基づいて)を行う権利を有します。デルタ航空やクレジットカード発行会社が、会員が何らかの方法でこの特典に関して不正使用、誤用、悪用を行ったと判断した場合、またはその意図がある判断した場合、デルタ航空はMQDを付与しない、会員口座を凍結またはMQDを没収することがあるほか、会員のスカイマイルプログラムへのご参加を打ち切ることができます。

対象提携カード本会員は、delta.comまたはFly Delta アプリでスカイマイル会員口座にログインして資格取得年のMQD獲得状況を確認できます。スカイマイル会員一人が獲得できる当該MQDは、メダリオン資格取得年ごとに、1対象カードブランド(アメリカン・エキスプレス、ダイナースクラブ、JCB、TRUST CLUB VISA)につき$2,500MQD、最大2カードブランド($5,000MQDまで)です。

MQDアクセラレーター

プラチナおよびダイヤモンドの特典で選択されたMQDアクセラレーターは、次のメダリオン有効年の会員資格取得に向けて適用されます:2024年に選択されたチョイスベネフィットは、2025年のメダリオン有効年の会員資格取得に必要なメダリオン会員資格取得必要ドルとして適用されます。プラチナ メダリオンの特典で選択されたMQDアクセラレーターは、現在の資格取得年のダイヤモンド メダリオン会員資格取得には適用されません。MQDの譲渡・贈与はできません。MQDは「マイ プロフィール」でご覧いただくことはできず、次のメダリオン有効年が始まるまでご利用可能になりません。2024年のチョイスベネフィットとして選択されたMQDは2024年1月に会員口座へ加算され、2025年のメダリオン有効年の会員資格取得に必要なMQDとして適用されます。

チョイスベネフィット - トラベルバウチャー

デルタ航空トラベルバウチャーは、発行日から12ヶ月間有効です。プロフィールにメールアドレスをご登録済みの場合は、デルタ航空トラベルバウチャーの全ご利用規約を含む、ご利用の詳細を記載したEメールが、48時間以内に届きます。Eメールを登録されていないお客様は、delta.comの「マイ プロフィール」の「証書、eクレジット、バウチャー」にて証書番号をご確認いただけます。当デルタ航空eサートクレジットバウチャーは、デルタバケーションのパッケージ内のデルタ航空による航空旅行の部分のみにご利用いただけます。デルタ航空トラベルバウチャーを譲渡することはできません。

メダリオン会員向けの個人用クラブ メンバーシップ

メダリオン会員の方は、個人用のデルタ スカイクラブ メンバーシップを695ドルでご購入いただけます。お一人様ごとの追加料金(ご利用1回ごと)のお支払いで、ご同伴者2名様まで(あるいは配偶者/内縁者と21歳未満のお子様)をお連れいただけます。メダリオン会員様にご購入いただける個人用メンバーシップに関するその他のご利用規約(クラブのご利用に関するポリシーを含む)については、次のサイトをご確認ください:デルタ スカイクラブのご利用

その他

スカイマイル:スカイマイル会員資格、マイル、キャンペーン、マイルの獲得・利用、旅行特典には、スカイマイルプログラムの全利用規約が適用されます。詳細は、delta.com/memberguideにてご確認ください。

デルタ航空は、スカイマイルプログラム規定の全てまたは一部の変更、もしくはプログラムパートナー、規定、特典、参加条件、ならびにマイルレベルの全てまたは一部の変更および終了に関して、それが会員口座に加算されたマイルの価値に影響するものであっても、いつでも事前の通知なく行う場合があります。当プログラムは、通知のあるなしにかかわらず、いつでもデルタ航空により終了されることがあります。

特典は、各キャンペーンのご利用規約に準拠して提供されます。特典は、法律で禁止されている国または地域では無効となります。このキャンペーンは予告なしに変更されることがあります。その他制限事項が適用されます。

デルタ航空は、マイルキャンペーン参加企業が提供する商品やサービスに関しては責任を負いかねます。