Delta CareStandardSM


衛生へのコミットメントはこれからも変わりません

デルタ航空は、Delta CareStandardSMに基づき衛生レベルを継続的に向上させることをお約束します。専任スタッフの配置や各パートナーシップを通して、より高い基準を引き続き満たしてまいります。

チェックインロビーを清掃する従業員 チェックインロビーを清掃する従業員

科学的根拠のある衛生プロトコル

空港では、チェックインロビーデルタ スカイクラブゲートエリアなどでお客様の手が触れる部分を、スタッフが丁寧かつ頻繁に拭き掃除しています。当社の一貫した消毒手順は、ライゾールプロソリューションズ社の認証を受けています。お客様の手が触れることの多い場所に、消毒用ハンドジェルのボトルを設置しています。

また、機内に高品質の消毒剤を静電スプレーで吹き付け、HEPAフィルターで機内の粒子を99.99%除去しています。


機内のクリーン・アンバサダー 機内のクリーン・アンバサダー

継続的改善へのコミットメント

専任のクリーン・アンバサダーチームを米国内の40超の空港に配置し、優秀な衛生担当スタッフとして、デルタ航空の空港内エリアと機内で一貫した衛生基準を保つよう努めています。 

ヘンリー・ティン博士は、米国の航空会社では初となる衛生担当責任者としてデルタ航空に入社し、旅行中の健康とウェルネスに関する意思決定の鍵を握っています。 


消毒用ハンドジェルを配布する客室乗務員 消毒用ハンドジェルを配布する客室乗務員

信頼のおけるパートナーシップ

お客様に安心してご旅行をお楽しみいただけるように、衛生・殺菌分野の専門家と継続的に連携をとっています。

デルタ航空の専任チームは、清潔な環境の実現に大きな変革をもたらすため、エモリー・ヘルスケアの医療専門家および殺菌・衛生業界のリーダー企業(ライゾールプロソリューションズ社、ピュレルなど)との提携も行っています。詳しくはこちら