ポルトープランス行きフライト


 

近年、ポルトープランスはまれにみる悲劇に見舞われました。2010年1月、ハイチの首都を襲ったマグニチュード 7.0 の地震は、街に大きな被害をもたらし、歴史地区を破壊しました。ハイチの人々の精神力と、災害から立ち直ろうとする力は世界に影響を与え、この街はワイクリフ・ジョン、ジョージ・クルーニー、オプラ・ウィンフリー、ショーン・ペンなどのセレブリティにとっても大きな関心事となりました。再建の努力はまだ続いていますが、少しずつ、確実に前進しています。歴史地区の再建には年月がかかりますが、少しずつ元に戻りつつあります。

ポルトープランスは、この山の多いカリブ海の国へのゲートウェイであり、ハイチの指導者達の多くは観光がこの国の再建の道だと考えています。ハイチの北部、海岸地域、南部は地震による影響を受けていません。

ハイチの至宝、シタデル・ラフェリエールはカリブ海地域、そして北米地域の偉大な史跡です。この要塞はハイチの北岸、カパイシャン市の近くに位置し、世界で最初に成功をおさめた奴隷の反乱、ハイチ革命の自由のシンボルとして、3,000フィートの山頂に国全体を見下ろしたたずんでいます。1982年にはユネスコの世界遺産に登録され、復興に向かいつつある国の中で可能性を表すモニュメントとして存在感を示しています。