モスクワ行きフライト


 

モスクワはロシアの首都であり、人口 1,300 万の大都市です。ソ連崩壊以降、経済は成長を続け、モスクワは近代建築の改装や新しい公共交通システムの整備を進めてきました。

街はモスクワ川のほとりに広がり、観光地の多くはその北岸に位置しています。市内には街の中心の赤の広場およびクレムリンを起点とし、かつてモスクワを取り囲んでいた壁の跡をなぞるように環状道路が広がっています。

モスクワの中心地であり、まず訪れるべきは赤の広場です。小説やスパイ映画にもよく登場するこの広場には、小説やスパイ映画にもよく登場するこの広場には、玉ねぎ型のドームを持つ聖ワシリイ大聖堂、クレムリン、レーニン廟があります。ウラジーミル・レーニンは彼をたたえるモニュメントの建設には反対していたと伝えられていますが、彼の考えに思いをはせながら、保存処理を施された遺体の周りを歩いてみましょう。

クレムリンでは、武器庫に展示された宝石をちりばめた財宝の見学、または大会宮殿でのバレエパフォーマンスをぜひお楽しみください。文化をたっぷり堪能した後は、オールド・アルバート・ストリートを歩き、お土産店や観光客が一休みできるカフェなどをのぞいてみましょう。

お腹が空いたら、西洋の影響の象徴ともいえるマクドナルドの看板の存在に気付くでしょう。マクドナルドはほとんどの地下鉄の駅近くにあります。ここではエスニック料理も見逃せません。モスクワでは、ナッツとフレッシュハーブで味付けした肉を中心とした、アゼルバイジャンの料理が最も人気があります。ロシア料理よりも少しスパイシーな、ボリュームたっぷりのお肉を中心としたアルメニア料理、グルジア料理なども楽しめます。1990年代後半、モスクワ市民の間で寿司が大流行しました。他のアジア料理はそれほど知られていないのに対し、おいしい寿司屋はたくさんあります(ほとんどは加熱調理されたものです)。