ご旅行の変更またはキャンセル

フライトをキャンセルまたは変更する方法


delta.comでは、いくつかの手順を踏むだけで、ご出発前のフライトのキャンセルや変更の手続きを簡単に行うことができます。

デルタ航空は、ご旅行の計画に変更が生じる可能性があることを理解しています。北米を出発地とするフライトのメインキャビン以上の航空券を購入された場合は、変更手数料はかかりませんのでご安心ください。変更手数料の廃止により、ご出発前であれば日程や時間、旅行場所の変更が柔軟に可能となります。航空券の変更により、新しいフライトが元のフライトより高額となった場合は、差額をお支払いいただく必要があります。

ベーシックエコノミー航空券は変更できませんのでご注意ください。ただし、2022年1月01日以降にご出発のベーシックエコノミー航空券の場合、ご出発前であればキャンセルすることができ、キャンセル手数料を差し引いた金額のeクレジットをお受け取りいただけます。eクレジットは次回以降のデルタ航空券の購入にご利用いただけます。* ベーシックエコノミーのキャンセルに関する規定についてはこちらをクリックしてください。

デルタバケーションのご予約を変更・キャンセルされる場合は、同社の「変更&キャンセルポリシー」をご確認になることをおすすめします。

ご注意:動画を全画面表示でご覧いただく場合は、再生中に画面右下のアイコンを選択してください。

 

ステップ1:予約番号の検索

delta.comで旅程を検索するには、当初のご予約の予約番号を使用することができます。 

Eメールの受信箱

「航空券領収書(Your Flight Receipt)」という件名を検索して、変更またはキャンセルしたい旅程に関連するEメールを見つけてください。

予約番号はEメールの最上部、デルタ航空のロゴおよびお客様のお名前のすぐ下に記載されています。


 

ステップ2:旅程の検索

旅程」のページにアクセスして、お客様の氏名および予約番号、クレジット/デビットカードの番号、または「航空券領収書」という件名のEメールに記載されている航空券番号を使用して、旅程を見つけてください。


 

ステップ3:フライトの変更

旅程を見つけて、「旅行の詳細」ページに移動したら、「フライトの変更」ボタンをクリックします。フライトの変更またはキャンセル、どちらの手続きを開始するかを選択します。そこからステップ・バイ・ステップで、フライトの変更・キャンセルのオプションを選択していきます。最後に確定するまでは、変更・キャンセル手続きは完了しませんので、どうぞご安心ください。対象となる航空券については、変更手数料が免除されます。


 

ステップ4:フライトの変更・キャンセル手続きの開始

フライトを変更する

「フライトの変更手続きを開始する」を選択し、変更したいフライトを選択して、新しいフライトオプションを表示します。元のフライトの価格が新しい航空券の購入に適用されます。このクレジットが最終価格に反映された後で、変更を完了し、確認ページを表示します。

新しいフライトの価格が元のフライトの価格よりも低い場合は、差額がデルタ航空eクレジットとして発行されます。新しいフライトの価格が元のフライトの価格よりも高い場合は、差額をお支払いいただく必要があります。

 

フライトをキャンセルする

「フライトのキャンセル手続きを開始する」を選択し、キャンセル手続きを行います。キャンセルを完了する前に、フライトの詳細を確認してキャンセルのご希望を確定することができます。 

払い戻しは、航空券のタイプやキャンセルの状況によって、デルタ航空eクレジットまたは航空券ご購入時のお支払い方法で行われます。eチケットが発行される場合もございます。

eクレジットへのアクセスやご利用についての詳細は、eクレジットを使用して再予約する方法をご覧ください。

 

トップへ戻る

 

*キャンセル不可・変更不可のメキシコを出発地とする発券済み航空券は対象外となります。韓国を出発地とする発券済み航空券をキャンセルされた場合、ご購入時のお支払い手段で、キャンセル手数料を差し引いた金額を払い戻しいたします。ヨーロッパを出発地とする発券済み航空券のキャンセル手数料は150ユーロです。アフリカ、中東、インドを出発地とする発券済み航空券のキャンセル手数料は199ドルです。ただし、これら一部地域を出発地とするご旅行につきましては、2021年ベーシックエコノミー変更手数料免除措置の適用期間を2022年1月31日まで延長いたしましたので、該当するお客様は、キャンセル手数料なしでフライトを変更またはキャンセルすることができます。


 

関連リンク

このページにお探しの情報は見つかりましたか?