機内

機内の衛生管理と安全性


機材の変更点


デルタ航空では、機内の衛生基準を引き上げました。客室内は2分ごとに換気を行い、触れる頻度が高い場所はフライト前に徹底的な清掃・消毒を実施しています。

1. 清掃チェックリスト

詳細な清掃チェックリストに従って、デルタ航空の高い基準を満たすよう念入りな清掃が行われています。お客様のご搭乗前に、無作為に選ばれた箇所の点検が行われ、パスしなかった場合は出発を遅らせ清掃スタッフが再清掃を行うことがあります。

2. 静電スプレーによる消毒作業

デルタ航空の全機材は、高品質の消毒剤を用いて静電スプレー、フッターの注意事項を見る安全に消毒しています。消毒剤を霧状にして散布することにより、キャビン全体にくまなく消毒剤が行きわたり徹底的な消毒が可能になります。

3. 抗菌ライト

デルタ航空では757-200型機の化粧室にVyv抗菌LEDライトを設置いたします。これにより、お客様の手が触れることの多い化粧室のシンクやカウンターの菌の増殖が軽減されます。

4. 持続的な清掃作業

機内の化粧室は、Lysol社の消毒剤を使用して清掃・除菌作業を行っています

5. 消毒用ハンドジェルの設置

ご搭乗ドア付近のほか、米国の航空会社としては初めて全機内の化粧室付近に消毒用ハンドジェル「ピュレル」を設置いたします。

6. 頭上の荷物棚

頭上の荷物棚のハンドルはすべて、各フライトの前に消毒が行われます。

7. 空気ろ過

デルタ航空のすべての機材は、新鮮な外気、およびウイルスを含め99.99%以上の粒子を除去する高性能のHEPAフィルターでろ過され再循環した空気との入れ替えが行われています。

8. ブランケットと寝具

すべてのブランケットと寝具は各フライト後にクリーニングを施し、メインキャビンの枕は使用後に廃棄しています。

9. お客様へのマスク着用要請

連邦法により、全てのお客様に適切なマスクの着用(ご飲食中を除く)が義務付けられています。

10. アームレスト

アームレストはすべて、各フライトの前に徹底的な清掃・除菌作業が行われています。

11. 従業員のマスク着用

デルタ航空の全従業員は、マスクを着用して連邦当局の規定を遵守しています。

お客様の安全を強化するための機材の消毒作業


デルタ航空は、お客様と従業員の安全を最優先に考えます。機内で人々が手を触れるあらゆるものの表面を消毒するなど、清掃工程を広範囲にわたって拡大しました。この作業には、コロナウイルスをはじめとする多くの伝染病に高い有効性をもつ安全で高品質な消毒剤が使われます。消毒作業の後、清掃クルーはトレーテーブル、座席背面のスクリーン、化粧室を含め、キャビン内の表面をすべて念入りに清掃します。


機内持ち込み手荷物規定


機内での接触ポイントを減らす継続的な努力の一環として、客室乗務員はいくつかの例外を除き、機内持ち込み手荷物を頭上の荷物棚に収納するお手伝いを申し出ることができなくなります。この変更は、お客様や乗務員の安全と健康を守るだけでなく、荷物の上げ下ろしの際に生じる恐れのある負傷を減らし、客室乗務員を保護することにもつながります。

関連リンク

このページにお探しの情報は見つかりましたか?