特殊な手荷物

特殊な手荷物
お預かりいたします

スーツケースや一般的なサイズのバッグに入りきらない手荷物の輸送のために、デルタ航空ではあらゆる形状やサイズに対応しております。 お客様が空港の手荷物カウンターに到着された際に、デルタ航空係員が特別な梱包や手数料が必要かどうかを確認いたします。特殊な手荷物 1 点は、荷物 1 個とみなされます。

詳細

  • 壊れもの、規定外の大きさの手荷物、その他の物品

    受託手荷物としてチェックインが必要ですか?機内に持ち込めますか?有料で座席をエクストラに使用して輸送する必要がありますか?デルタ航空フライトに壊れやすい物品、規定外の大きさのお荷物やその他の物品をお持ちの際は、こちらでご案内する注意事項をご確認ください。

    壊れやすい物品を機内持ち込み手荷物または受託手荷物として扱う場合

    壊れやすいお荷物は、すべての必要条件を満たしていれば、手荷物許容量の範囲内にて機内持ち込み手荷物または受託手荷物としてお預けいただけます。お預けになるには、空港で免責承諾書へのご署名が必要となる場合があります。デルタ航空の免責規定をご参照ください。

    座席占有手荷物

    受託手荷物としてお預けになる、または機内の座席上の収納棚に収めるには大きすぎるまたは壊れやすいといった物品をお持ちの場合、その物品を固定するお座席用の航空券をお得な料金で購入いただけるオプションもあります。この場合、客室前方の仕切りまたは仕切り壁に面する座席をご利用いただきます。詳細についてはデルタ航空予約センターまでお問い合わせください。

    座席に手荷物を固定する場合、手荷物は以下の条件を満たしている必要があります:

    • 重量が 100 ポンド(45 kg)を超えないこと
    • 客室の非常口、通常の出口、または通路の利用の妨げにならないこと
    • シートベルト、禁煙、出口を示す表示について、他の乗客の方の視界を妨げないこと
    • 危険物が含まれていないこと
    • フライト中、動かないようにシートベルトで固定可能であること
    • 他の乗客の方に対して危害とならないよう梱包されているか、またはカバーで覆われていること
    • 所有者と同じ客室の座席(可能な場合には隣の座席)に固定可能であること

    クリスマスツリー

    ホリデーシーズンのお荷物もお預かりします。デルタ航空では、ハワイ発着便を含む米国内のすべてのフライトにて、伐採されたクリスマスツリーを 特別免除手荷物としてお預かりします。ただし、すべてのクリスマスツリーは、手荷物許容量、手荷物のサイズのガイドライン、その他の規定の対象となります。その他の規定につきましては以下の通りです:
     

    • ツリーの枝や根、幹の切断された部分は黄麻布のような材料でしっかりと包んでください。
    • ハワイ行きのフライトをご利用で、受託手荷物としてクリスマスツリーをお預けいただいた場合、クリスマスツリーを税関申告書に記入していただく必要があります。また、ツリーは植物検疫新しいウィンドウが開きますを受ける必要があります。

    コンピューター

    コンピューターおよびコンピューター関連機器は、受託手荷物としてお預けいただくことはできません。ノートパソコン、ラップトップを機内持ち込み手荷物としてお持ちいただくことは可能です。

    ご遺骨

    ご遺骨は、機内持ち込み手荷物または受託手荷物としてお持ちいただけます。死亡証明書もしくは火葬証明書が必要となります。機内に持ち込まれる場合は、ご遺骨は X 線検査を通過する必要があります。金属製の骨壺をお持ちで、検査機で容器内部が明瞭に確認できない場合は、セキュリティチェックポイントを通過することができません。TSA では、X 線検査を問題なく通過するために、木材やプラスチックなど軽い素材を使用した骨壷をお持ちいただくことをお勧めしています。いかなる状況においても TSA が容器を開けることは認められていません。ご遺骨がセキュリティチェックを問題なく通過した場合、ご遺骨を受託手荷物としてお預けいただけます。通常の手荷物手数料が適用されます。

    壊れもの/免責承諾品目

    壊れものまたは腐りやすいものをお預けになる際、下記の条件を満たす場合は免責承諾書へのご記入が不要となります:

    • 工場で封印された容器に詰められているもの
    • 内部に保護用の包装資材が含まれているもの
    • 一般的に輸送用として製造されているもの

    適切に梱包されていない製品、または補助装置でない製品は、免責承諾書にご記入いただいた場合のみ、お預けいただけます。

    補助装置はその包装方法に関わらずお持ちいただけます。ただしデルタ航空は、すでに破損しているものに対する免責承諾書へのご記入をお客様に依頼する権利を有します。また免責承諾書にはご署名をいただきます。受託手荷物として補助装置をお持ちになるお客様には、超過評価額の保険をご購入いただくことをお勧めします。

    免責承諾書および超過評価額について詳しくは、手荷物評価額の申告をご覧ください。

    メディア関連のお荷物

    テレビネットワークや地方放送局、または商業映画制作会社の関係者のカメラ、フィルム、ビデオテープ、照明および音響装置は、以下に示す手数料で手荷物としてお預かりします。企業名の入った有効な顔写真付き身分証明書の提示が必要となります。

    1 個めおよび 2 個めの手荷物

    超過手荷物

    国内線

    重さ50ポンド(23kg)/サイズ62インチ以下の場合、通常と同様の手荷物手数料となります。重量またはサイズ超過の場合は、50米ドル/カナダドル*の一律メディア料金が課せられます。

    重さ100ポンド(45kg)以下で3辺の合計が115インチ以下*の場合、3個目~25個目までの手荷物1個につき50米ドル/カナダドル*が課せられます。

    国際線

    重量 50 ポンド(23 kg)/サイズ 62 インチ未満の場合、通常と同様の手荷物手数料となります。重量またはサイズ超過の場合は、70米ドル/カナダドル*または60ユーロ*の一律メディア料金が課せられます。

    重量100ポンド(45kg)以下で3辺の合計が115インチ未満**の場合、3個目~25個目までの受託手荷物1個につき70米ドル/カナダドル*または60ユーロ*が課せられます。
     

    (例外として、ヨーロッパ、南アフリカ、アラブ首長国連邦の発着便およびお乗り継ぎ便の場合は重量が30kg(70ポンド)を超えないことが条件となります。[30 kg]以内)

    *カナダを出発する際はカナダドル料金、ヨーロッパを出発する際はユーロ料金が課せられます。
    **すべての手荷物手数料は片道分です。デルタ航空でお預かりできる手荷物は最大 25 個までです。デルタ・コネクション航空会社でお預かりできる手荷物は最大 4 個までです。長さは縦・横・高さの合計です。

     

    壊れもの/規定外の大きさの荷物のその他の例

    • アンプ 
    • 骨董品
    • 自転車
    • 青写真
    • カメラ
    • カーシート
    • 陶磁器
    • 磁器
    • カウンター
    • クリスタル
    • 釣り竿
    • 音楽機材
    • 絵画
    • 植物
    • プロジェクター
    • 彫刻品
    • ベビーカー
    • テレビ
    • テニスラケット
    • トロフィー
    • ワイン
  • 輸入品

    デルタ航空では、ATAカルネ(通関手帳)新しいウィンドウが開きますをお持ちのお客様に対し、特定の物品についての輸入を認めています。この書類は、外国に物品を一時的に持ち込むためのもので、ATA条約加盟国間において、ご自身で持参または別送にかかわらず、特定の物品を免税扱いで輸入し、1年間を有効期限とします。

    カルネ新しいウィンドウが開きますは、75か国以上のATA条約加盟国の税関で承認されており、対象の物品を期限までに再輸出されない場合には関税および消費税をお支払いいただくことを条件としています。

    ATA カルネ協定では、対象となる物品を以下のように規定しています。

    • 商品見本 - 商品の展示または実地説明のみを目的として一時的に輸入される物品。
    • 業務用機器 - 業務上必要なすべての物品。これには、報道、テレビ、広告用器具、映画撮影技師用の機器、機械の試験機または修理用の器具、工具またはスポーツ用品、エンジニアリング、建設工事、手術に関する機器、電気、考古学、楽器、またはエンターテイメント用機器を含みますが、これらに限りません。
    • 展覧会や博覧会の出品物 - 貿易、農業、手工芸の展覧会または展示会、慈善事業を目的として組織された展示会または会議、芸術、手工芸、スポーツ、科学、教育、文化的なご利用履歴といった学問分野を促進する展覧会などに出品するものを含みますが、これらに限りません。

    カルネでは、消耗品、使い捨て用品、郵送物などは対象外となります。台湾への輸入については、TECRO/AIT カルネにより商業用サンプルおよび専門器具に対して免税輸入が認められます。

    目的国が ATA カルネ加盟国かどうかをご確認いただくには、下記の米国国際ビジネス評議会にお問合せください。

    United States Council for International Business(米国国際ビジネス評議会)
    1212 Avenue of the Americas
    New York, NY 10036
    電話:212-354-4480
    Fax:212-944-0012
    www.uscib.org新しいウィンドウが開きます
    atacarnet@uscib.org

  • 乳幼児・お子様の手荷物

    デルタ航空では、お子様連れのお客様にも、フライトを気軽に便利にご利用いただけるよう努めております。お子様用の手荷物を機内にいくつ持ち込むことができるのか、何を受託手荷物として預けられるのかなどを空港へ向かう前にぜひお確かめください。また、チャイルドシートやその他の物品に関するガイドラインもご案内しています

    お子様の手荷物許容量

    お子様の手荷物許容量の規定には、お子様の運賃としてお支払いいただく料金に基づいて決定される内容も含まれます。下記ガイドラインをご覧ください。

    航空券をご利用にならないお子様

    米国内を無料でご旅行のお子様の手荷物については、手荷物許容規定の対象外となり、すべて同伴の大人のお荷物の許容量の一部としてみなされます。

    航空券をご利用になるお子様

    • 国際線をご利用の際にお子様の運賃として大人運賃の 10% をお支払いいただく場合、外形寸法(縦・横・高さの合計)が 45 インチ以内および重量が 20ポンド(10kg)以内の受託手荷物 1 点のほか、折りたたみ式のベビーカーまたはプッシュチェア 1 点を受託手荷物としてお受けいたします。
    • 大西洋横断(TATL)路線のベーシックエコノミー運賃でご搭乗の乳幼児(座席なし)は、無料手荷物許容量の対象となりません。メインキャビンまたはその他の国際線のベーシックエコノミーをご利用の乳幼児(座席なし)に手数料はかかりません。
    • 大人運賃の 50% 以上の運賃の航空券をご利用になるお子様には、一般の手荷物許容量の規定が適用されます。
    • 特別運賃および割引に関するデルタ航空の現行規定については、子供運賃・発券規定をご覧ください。

    ベビーカー・チャイルドシート

    お子様用のベビーカーおよびチャイルドシートは、一般の許容量の一部とはみなされません。したがって、無料でお預けいただけます。また、これらはカーブサイド(車寄せ)、発券カウンター、またはゲートのいずれにおいてもお預けいただくことができます。

    チャイルドシートは、状況によって機内に持ち込むことができる場合があります。たとえば、お客様のお座席列に空席がある場合、お持ちの米国連邦航空局(FAA)公認のチャイルドシートを設置し、離陸と着陸の際にお子様をそのお座席に着席させることができます。機内でご利用いただける空席がない場合には、搭乗ゲートでデルタ航空の職員を通してチャイルドシートをお預けいただきます。

    機内持ち込み可能なその他の乳幼児およびお子様の手荷物

    機内持ち込み手荷物 1 個分とは別に、次の乳幼児用品を手数料無料で機内に持ち込むことができます:

    • ブースターシート(補助いす)またはその他のベビーシート
    • バシネット

    お客様ご自身のバシネットやチャイルドシートを機内のお座席でご利用になる場合、シートベルトでしっかりと固定してください。また、バシネットやチャイルドシートにも機内持ち込み手荷物のサイズ制限が適用されますのでご注意ください。

    米国内を無料でご旅行のお子様の手荷物については、手荷物許容規定の対象外となり、すべて同伴の大人のお荷物の許容量の一部としてみなされます。

  • 医薬品・医療機器

    医療品や医療器具は追加手荷物として追加料金なしで機内持ち込みが許可されています。一部の医療品や医療器具は、標準のサイズと重量の制限内であれば、追加の機内持ち込み手荷物として機内にお持ち込みいただけます。医療品/医療器具が、その他の物品とともに 1 つのバッグに収められている場合、その手荷物は無料でお預かりすることはできず、通常の手荷物手数料が課されます。

    呼吸器具

    デルタ航空では、緊急救助部隊が使用する自給式呼吸器具のお持ち込みに関しては、重量が 68kg(150ポンド)を超えない場合に限り受託手荷物としてお受けいたします。器具をお預けいただく場合は、ご出発の 24 時間前までにデルタ航空予約センターにお知らせください。機内医療用酸素に関する情報はお身体の不自由な方へのサービスをご覧ください。

    注射針 / 注射器

    注射針や注射器は、乗客の方が医薬品、製造メーカー名を明示する正式に印刷されたラベルまたは製剤ラベルのある医薬品も併せてお持ちの場合は、機内へのお持ち込みが許可されます。

  • 個人用車椅子

    個人用車椅子は、折りたたみ式車椅子、折りたたみのできないマニュアル車椅子、電動/電池式車椅子、電動カート、スクーターなど、ほどんどのタイプのものの輸送が可能です。加えて、車椅子用の予備の電池 1 点、松葉杖、添え木、その他人工装具などもお客様と同じフライトで輸送いたします。

    お客様が個人でお持ちの車椅子の輸送を希望される場合は、その旨を出発の 48 時間前までにデルタ航空予約センターへお知らせください。また、いずれの電池式器具を受託手荷物としてお預けいただく際も、国際線ご利用の場合は出発時刻の 2 時間前までに、米国国内線をご利用の場合には出発時刻の 1 時間前までにはチェックインカウンターで搭乗手続きをお済ませください。これは米国連邦政府の定める「危険物」取り扱い条件を満たしているかを確認するための、必要最低限の時間です。

    客室内の収納

    認可されている機内の保管スペースに対する寸法および重量の制限を超えない場合には、個人用の折りたたみ式車椅子をお持ち込みいただくことができます(優先搭乗の際に積み込みをご依頼ください)。航空機によっては機内の収納場所に限りがあり、お持ちになった車椅子を収容できない場合もあります。あらかじめご了承ください。積み込む車椅子の数は、1 フライトにつき 1 台と制限されています。機内に積み込む車椅子に関しては、他の機内持ち込み手荷物より優先して対応いたします。ただし、経由便をお乗り継ぎのお客様のお荷物が優先される場合があります。

    車椅子の受託手荷物としてのお預け入れ

    車椅子は、発券カウンターまたはゲートにてお預けいただくことができます。発券カウンターにて電動式車椅子の分解が必要な場合は、適切な処理ができるよう手配いたします。お客様がお持ちになった車椅子をお預けいただいた後は、デルタ航空の車椅子をご利用いただけます。シートクッションやフットレストなど取り外しの可能な部品については、機内に持ち込むこともできますし、受託手荷物として車椅子と共に貨物室で輸送することもできます。

    個人用車椅子のお預け入れに関しては、ご希望に応じて、出発ゲートで受託手荷物としてお預けいただき、目的地または乗り継ぎ空港の到着ゲートでお返しするように手配することもできます。この場合は事前にお申し出ください。特に車椅子の分解と組み立てが必要な場合などは、お乗り継ぎの待ち時間内に作業に十分な時間が確保できなければこのサービスの提供はいたしかねますので、あらかじめご了承ください。待ち時間が少ない場合には、デルタ航空の車椅子サービスをご利用になることをお勧めします。

    バッテリーを装着したままの車椅子のお預け入れ

    バッテリーを外すことなく車椅子やスクーターを輸送するためには、車椅子や移動補助機器のバッテリーは欠陥がないもので、同機器に統合された硬質のケースに収められていなければなりません。また輸送中の誤起動を防止するための処置がとられている必要があります。効果的な措置の例:

    • 充電器の挿入(バッテリーへの電流を効果的に遮断)
    • キーの解除およびキーの取り外し(注 - 航空機へ積載のためにランプへ車椅子を輸送する際にキーが必要となる場合があります)
    • キル・スイッチの作動
    • 電動アームの取り外し
    • スイッチを閉の状態でテープ固定(車椅子の取扱説明書を参照)

    ただし、バッテリーの取り外しが必要となる状況が発生する場合もあります。このような場合、デルタ航空係員が分解方法を参照することもありますので、組み立て/分解説明書およびご使用の電池タイプ(お分かりの場合)を明記した書面を車椅子に添付してください。電池の種類については下記をご参照ください:
     

    • 湿電池 / 液漏れの可能性がある電池
    • 乾電池 / 液漏れの可能性がない電池
    • リチウムイオン電池 - 受託手荷物または機内持ち込み手荷物のどちらでも輸送することはできません。 

    ご質問がございましたら、予約センターまでお問合せください。CROデスクにおつなぎいたします。空港では、デルタの係員にお尋ねください。

    デルタ・コネクション航空会社の貨物サイズ

    デルタ・コネクション提携航空会社が運航するリージョナルジェットおよびその他の小型機の貨物室ドアのサイズによっては、貨物室に収まらない車椅子もございます。アトランティック・サウスイースト航空、シャトーカ航空、コンパス航空、メサバ航空、エンデバー航空、シャトルアメリカ、スカイウェストをご利用で、車椅子のお預け入れを予定されているお客様は、ご利用になるフライトの貨物室のサイズを下記にてご確認ください。

    ご旅行前に、お客様の車椅子のサイズ(高さ x 幅 x 奥行き)をデルタ航空予約センターまたは旅行会社までお知らせください。

    サイズを計測する際は、フットレスト、ヘッドレスト、クッション、アームレストなどの取り外し可能な部品を外してから行ってください。

    デルタ・コネクション航空会社の貨物サイズの詳細

    航空会社

    航空機の種類

    貨物室ドアのサイズ

    エクスプレスジェット

    カナディア・リージョナルジェット 200

    幅 43 インチ x 高さ 33 インチ

    カナディア・リージョナルジェット 700

    幅 43 インチ x 高さ 33 インチ

    カナディア・リージョナルジェット 900

    幅 43 インチ x 高さ 33 インチ

    シャトーカ航空

    エンブラエル 145

    幅 39 インチ x 高さ 43 インチ

    コンパス航空

    幅 39 インチ x 高さ 53 インチ

    幅 39 インチ x 高さ 53 インチ

    メサバ航空

    カナディア・リージョナルジェット 200

    幅 43 インチ x 高さ 33 インチ

    カナディア・リージョナルジェット 900

    幅 43 インチ x 高さ 33 インチ

    エンデバー航空

    カナディア・リージョナルジェット 200

    幅 43 インチ x 高さ 33 インチ

    カナディア・リージョナルジェット 900

    幅 43 インチ x 高さ 33 インチ

    シャトルアメリカ

    幅 39 インチ x 高さ 53 インチ

    幅 39 インチ x 高さ 53 インチ

    スカイウェスト

    カナディア・リージョナルジェット 200

    幅 43 インチ x 高さ 33 インチ

    カナディア・リージョナルジェット 700

    幅 43 インチ x 高さ 33 インチ

    カナディア・リージョナルジェット 900

    幅 43 インチ x 高さ 33 インチ

    この表は、デルタ航空が許容する貨物サイズを示しています。

  • 楽器・音楽機材

    楽器および/または音楽機材は、サイズや形状によって、デルタ航空およびデルタ・コネクション航空会社のフライトにて受託手荷物、機内持ち込み手荷物、または座席占有手荷物のいずれかとしてお取り扱いいたします¹。楽器に傷がつかないようハードケースに入れてお持ちください。

    受託手荷物として預け入れ可能な楽器・音楽機材

    楽器は、サイズ(縦・横・高さの合計)が 150 インチ (381 cm)、ケースを含めた重量が 165 ポンド (75 kg) を超えない場合のみ、お預かりすることができます。

    ご注意:東京・成田を発着する767-300型機では、長さ78.74インチ(200cm)を超える楽器・音楽機材を受託手荷物としてお預かりすることはできません。

    重量やサイズの規定を超える手荷物の一般規定および手数料をご確認ください。

    機内持ち込み可能な楽器・音楽機材

    ギターやバイオリンなどの小さい楽器は、デルタ航空およびデルタ・コネクション航空会社の運航便の機内持ち込み手荷物として無料でお受け付けいたします¹。これらの手荷物は、頭上の荷物棚、または客室内の指定された収納場所に容易に収まるものであることが条件となり、ご搭乗の際に空いているスペースに応じてお受けいたします。また、頭上の荷物棚のスペースに空きがない場合、乗客の方の判断により、楽器をゲートでお受け取りいただくことがあります。

    座席占有手荷物としてお持ち込み可能な楽器・音楽機材

    壊れやすいために受託手荷物としてお預けいただけない物品をお持ちの場合には、正規運賃の航空券をご購入いただけます。機内前方の仕切りまたは仕切り壁に面する座席でそのお荷物を保管することができます。下記制限が適用されます。また、下記の条件を満たしている必要があります:

    • 165 ポンド (75 kg) を超えないこと
    • 他の乗客への危害とならないよう梱包されているか、またはカバーで覆われていること
    • フライト中は動かないようにシートベルトで固定可能であること
    • 客室の非常口、通常の出口、または通路の利用の妨げにならないこと
    • シートベルト、禁煙、出口を示すサインをどの乗客の視界からも妨げないこと
    • 危険物が含まれていないこと
    • 所有者の方と同じ客室の座席(可能な場合には隣の座席)に固定すること

     価格の情報に関しては、デルタ航空予約センターにお問合せください。

    1 コードシェア提携会社の手荷物の規定は異なる場合があります。英国路線のフライトにはこの規定は適用されません。

  • 食品・植物などの腐りやすいもの

    目的国の農業規定に違反しない限りにおいて、食品・食品以外を問わず腐りやすいものを手荷物として機内にお持ち込みいただけます。

    腐りやすいものには次のものが含まれます:

    • 生鮮食品、冷凍食品、果物、野菜
    • 肉、魚、鶏肉、ベーカリー食品
    • 花(切花、アレンジフラワー、野菜の苗木を含む)

    機内持ち込み手荷物のサイズまたは重量の制限を超える物品をお持ちの場合は、空港にて免責承諾書にご署名いただくことにより、受託手荷物許容量の範囲内でお預かりします。デルタ航空は、これらの品目が貨物で輸送中に腐ったりした場合、いかなる責任も負いかねます。

  • スポーツ用品

    ほとんどのスポーツ用品をお持ちいただけます。ただし、超過サイズ、超過重量の手荷物には超過手荷物手数料が適用される場合があります。下記に該当しない物品については、通常の手荷物許容量、手数料および取り扱い規定が適用されます。

    シカ等の枝角

    動物の掛け物/枝角 1 点を持ち込む場合の手数料

    • 全ての地域(ヨーロッパおよび北アフリカを除く)へのご旅行には150米ドル/カナダドル
    • ヨーロッパおよび北アフリカ発着のご旅行には、150米ドル、175カナダドル*、または125ユーロ*

    *カナダを出発する際はカナダドル料金、ヨーロッパを出発する際はユーロ料金が課せられます。

    機内に十分なスペースがあることが条件となります。また、下記の制限が適用されます:

    • 枝角は衛生管理され、頭部を頑丈に包み先端部分はしっかり保護してください。
    • サイズ(縦・横・高さの合計)は 115 インチ(292 cm)以内とします。
    • 重量は 100 ポンドを超えないものとします。
    • 枝角をデルタ・コネクションのフライトに受託手荷物としてお預けいただくことができるのは、積み込みスペースがある場合のみです。

    お客様と同じ飛行機に枝角を持ち込む十分なスペースがない場合があります。お客様と別の便で輸送された枝角は、到着地の手荷物サービスオフィスで保管されます。または、有料にてお客様へお届けすることもできます。詳細につきましてはデルタ航空予約センターまでお問い合わせください。

    アーチェリー

    アーチェリー用具は受託手荷物としてのみお預かりします。用具は十分な強度のケースに収納してください。手荷物許容量を超える超過手荷物には手荷物の追加、重量やサイズの超過手数料が課されます。

    自転車

    自転車(原動機無しのツーリング自転車またはシングルシートのレース用自転車)は、ほとんどのフライトで受託手荷物としてお預かりいたします。ただし、一部のデルタ・コネクション航空会社は例外となります。

    • 折りたたんだ状態が通常の受託手荷物のガイドラインを超過しないサイズ(縦・横・高さの合計が62インチ/157cm)および重量(70ポンド/32kg)の自転車をお預けになる場合は、超過サイズまたは超過重量の手数料は適用されません。
    • 通常の手荷物のサイズ要件(縦・横・高さの合計が62インチ)を超え、115インチ(292cm)を超えない場合、70ポンド/32kgを超える自転車には超過手数料が課される場合があります。ただしサイズの超過に対する手数料は適用されません。
      • 縦・横・高さの合計が115インチ(292cm)および/または重量が100ポンド(45kg)を超える自転車はお預かりできません。
    • 自転車が適切に梱包されていない場合は、免責承諾書へのご署名が必要です。

    自転車輸送手数料/梱包情報

    • 全ての地域(ブラジル、ヨーロッパおよび北アフリカを除く)へのご旅行には150米ドル/カナダドル
    • ヨーロッパおよび北アフリカ発着のご旅行には、150米ドル、175カナダドル*、または125ユーロ*
    • ブラジル発着:150 米ドル

    *カナダを出発する際はカナダドル料金、ヨーロッパを出発する際はユーロ料金が課せられます。

    自転車はコンテイナー(ダンボール、キャンバス地、ハードケースなど)に下記方法で梱包してください:

    • ハンドルバーは横に固定し、ペダルは取り外す
    • ハンドルバーおよびペダルはプラスチックや発泡スチロールのような梱包材で包む

    ブギーボード/スキムボード

    • 全ての地域(ブラジルを除く):通常の手荷物手数料が適用されます。手荷物手数料一覧をご覧ください。
    • ブラジル発着:通常の手荷物手数料が適用されます。手荷物手数料一覧をご覧ください。
    • 43インチ(109cm)以下のブギーボード/スキムボードは通常の受託手荷物としてお預かりします。
    • 43インチ(109cm)以上のブギーボード/スキムボードはサーフボードとしてお預かりし、サーフボードの手数料が適用されます。
    • ボードの保護のため、バッグ/ケースに梱包されている必要があります。

    カヌー/カヤック

    カヌーおよびカヤックはお預かりできません(フォールディング・カヤックを除く)。フォールディング・カヤックのお預かりには以下の手数料がかかります。

    フォールディング・カヤック1艘あたりの手数料

    • 全地域一律150米ドル/カナダドル(カナダを出発する際はカナダドル料金が課せられます)。
    • 免責承諾書へのご署名が必要です。
    • 重量の超過手荷物手数料がかかる場合があります。
    • 長さ 62 インチ(158 cm)を超えるものについては、超過手数料が適用されます。

    釣り道具

    長さ 115 インチ(292 cm)までの釣竿は、適切に梱包されている場合には、受託手荷物としてお預かりします。長さ 62 インチ(158 cm)を超えるものについては、超過手数料が適用されます。すべての標準手荷物手数料が適用されます。

    機内持ち込みの基準(22インチx14インチx9インチ)を満たすサイズの釣竿は、機内持ち込み手荷物として機内にお持ちいただけます。

    ゴルフ道具

    ゴルフバッグ1点は、受託手荷物として認められます。ご旅行される地域および受託手荷物の合計個数によって受託手荷物手数料が課される場合があります。重量の超過手荷物手数料がかかる場合があります。3辺の合計が62インチを超えるゴルフバックの超過サイズ手荷物手数料は免除されますが、3辺の合計が115インチを超えるゴルフバッグは許可されません。

    以下のお手荷物がそれぞれゴルフ用具 1 点とみなされます:

    • ゴルフクラブ一式を含むゴルフバッグ 1 点
    • ゴルフボールおよびティー
    • ゴルフシューズ 1 組

    ゴルフクラブは、次の条件を満たす場合にお預けいただけます:

    • ゴルフバッグがハードシェルのケースに収められている場合
    • ゴルフバッグが柔らかいゴルフクラブ・トラベルバッグに収められている場合は、事前に免責承諾書への署名が必要です
    • デルタ航空は、お預け入れ時に示された損傷やお荷物の詰め込み過ぎによる損傷については、責任を負いかねます

    ホッケー/ラクロス用具

    ホッケー/ラクロス用具は受託手荷物としてのみお預かりします。一般的な手荷物手数料および規定が適用されます。また、航空券のご購入日によってその他料金が適用される場合があります。ホッケー/ラクロス用具 1 点とは、1 つの用具入れバッグと 2 本のホッケー/ラクロススティック(1 つに縛った状態で)のセットを意味します。用具の総重量が 50 ポンドおよび/またはサイズが 80 インチ(203cm)を超える場合は、超過手数料が適用されます。

    槍/跳躍用のポール


    Javelins / vaulting poles are allowed except for travel to/from/via Dublin (DUB) or Amsterdam (AMS). There is no limit on the length of the pole, but oversized baggage fees will be applied to poles exceeding 80 linear inches (203 cm).

    カイトボード

    • 全ての地域(ヨーロッパおよび北アフリカを除く)へのご旅行には150米ドル/カナダドル
    • ヨーロッパおよび北アフリカ発着のご旅行には、150米ドル、175カナダドル*、または125ユーロ*
    • 長さ 115 インチを超えるボードはお預かりできません
    • カイトボードは無料手荷物許容量の対象外となります
    • カイトボード用具は 70 ポンドまで均一料金でお預かりいたします 
    • カイトボードは、バッグ 1 つにつき 2 点まで収納できます
    • カイトボードはエクスプレスジェット航空の運航便ではお預かりできません

    *カナダを出発する際はカナダドル料金、ヨーロッパを出発する際はユーロ料金が課せられます。
     

    ニーボード / ウェークボード

    • 一般的な手荷物規定が適用され、サイズと重量の制限、および手数料の対象となります 
    • 適切なニーボード / ウェークボード用バッグ / ケースに梱包されている必要があります

    パラシュート

    スポーツ用パラシュートは機内持ち込み手荷物に限って受付いたします。ただしそのすべての部品が危険物(例:加圧酸素ボンベ)に区分されていない場合に限ります。(例:加圧酸素ボンベ)に区分されていない場合に限ります。

    スキューバ器具

    スキューバ器具(空のダイブタンクを除く)が入ったダイビングバッグ 1 点が受託手荷物として認められます。空のダイビング用タンクは、下記のスキューバ器具手数料をお支払いいただく場合、認められます。周囲の縦・横・高さの合計寸法が 62 インチ(158 cm)を超過する場合は、超過サイズ手荷物手数料が適用されます。重量が 70 ポンドを超えるタンクには超過手数料が適用されます。重量が 100 ポンドまたはサイズが 115 インチを超えるタンクはお預かりできませんのでご了承ください。

    スキューバ器具手数料

    • 全ての地域(ヨーロッパおよび北アフリカを除く)へのご旅行には150米ドル/カナダドル
    • ヨーロッパおよび北アフリカ発着のご旅行には、150米ドル、175カナダドル*、または125ユーロ*

    *カナダを出発する際はカナダドル料金、ヨーロッパを出発する際はユーロ料金が課せられます。

    標準手荷物許容量を超える超過手荷物としてお預かりするスキューバ器具には、目的地に応じて手数料がかかります。

    射撃用器具

    射撃用器具は受託手荷物としてのみお預けいただけます。下記の基準を厳密に満たしている必要があります。

    • 銃器を受託手荷物としてお預けいただく際、デルタ航空に必ず申告してください。
    • デルタ航空の発券カウンターにお越しになる前にセキュリティチェックポイントを通過される場合は、セキュリティ監査官に銃器の所持について申告してください。
    • すべての銃器は主要発券カウンターでデルタ航空係員に申告していただく必要があります。
    • Present firearm(s) unloaded and sign a "Firearms Unloaded" declaration.
    • Firearms must be packed in a locked manufacturer's hard-sided container specifically designed for the firearm, a locked hard–sided gun case or a locked hard-sided piece of luggage.拳銃はハードケースの鍵付き銃ケースに収納してから、ソフトケースのかばんに鍵をかけずに収納することができます。ただし、この場合は条件付き受諾タグを使用してください。
    • 目的地または乗り継ぎ地の入国許可証を常に携帯してください。
    • 小銃用弾薬はそのメーカーのオリジナルの箱に入れるか、繊維、木製、プラスチック製、または金属の箱にしっかりと収納し、カートリッジを外してください。
    • お客様にはご自身の責任の下、銃器の所持および輸送に関するすべての連邦法、州法、地域法を認識し、遵守していただきます。この規則に関する詳細についてはTSAのウェブサイト新しいウィンドウが開きますをご覧ください。
    • 銃器を英国に持ち込む場合は、英国政府の許可が必要となります。この許可の取得に関する詳細は英国政府へお問い合わせください。
    • 別途通知があるまで、ベルギーのブリュッセルからご出発のお客様は、旧式の銃器やスポーツまたは狩猟用の銃器、玩具の銃器など、いかなる銃器も受託手荷物としてお預けいただくことはできません。
    • 18歳以上のお客様に限らせていただきます。
    • 受託手荷物としてお預けになった銃器はすべて、最終目的地ご到着時に手荷物サービスオフィスでお引き取りください。お預けになった銃器のお引き取りには、身分証明書が必要です。

    以下のタイプの弾薬については、お預かりできません:

    • Pyrodex やブラックパウダーなどの火薬
    • 爆発物または焼夷弾発射体を含む弾薬
    • 乗客 1 名様につき総重量 11 ポンド(5 kg)を超える弾薬(ケースを含む)

    ピストルおよび付属品は一つのケースに収められ、かつ下記の条件を満たす必要があります:

    • ピストル用テレスコープを含む
    • ノイズサプレッサー
    • ピストルツール小ケースを含む
    • 含まれる弾薬が、ケースを含め 11 ポンド(5 kg)以下であること

    ライフル銃/ショットガンは下記のように梱包されていることが条件となります:

    • 合計 4 丁までのライフルまたはショットガン、射撃用素材と用具を梱包したハードタイプの銃ケースひとつ。
    • 銃器に触れることができないように、ケースはしっかり密閉されていること。鍵をかけられるようになっている場所はすべて施錠すること。
    • 施錠されていても、容易に解錠できるケースはお預かりできません。購入時に銃器が入っていたケースは、銃器を受託手荷物としてお預けになる際に十分な安全性を確保できるものではない場合がありますのでご注意ください。
    • 合計 5 丁までの拳銃、スコープ 1 点、およびツールを梱包したハードタイプの銃ケースひとつ
    • 弓 1 点、矢筒 1 点、およびメンテナンスキットを梱包した、弓や矢筒を破損事故から保護する十分な強度を持つケースまたは入れ物
    • 含まれる弾薬が、ケースを含め 11 ポンド(5 kg)以下であること

    複数の銃ケースを預け入れる場合は超過手数料が適用されます。

    スケートボード

    スケートボードは受託手荷物として認められます。ただし、一般的な手荷物規定が適用されます。スケートボードは機内持ち込み手荷物として認められますが、標準の機内持ち込み手荷物のサイズ制限が適用されます。

    スキー・スノーボード用具

    スキーおよびスノーボード用具は、受託手荷物としてお預かりします。お一人様につき、スキー/ポールバッグまたはスノーボードバッグ 1 点、およびブーツバッグ 1 点をお預けいただけます。スキー/スノーボードバッグ、およびブーツバッグの総重量は 50 ポンドを超過しないものとし、それを超える重量の場合は超過手数料が課されます。周囲の長さ(縦・横・高さの合計)は 80 インチ(203 cm)を 超えてもよいものとし、その場合はサイズの超過料金は適用されません。すべての標準手荷物手数料が適用されます。

    サーフボード

    • 全ての地域(ヨーロッパおよび北アフリカを除く)へのご旅行には150米ドル/カナダドル
    • ヨーロッパおよび北アフリカ発着のご旅行には、150米ドル、175カナダドル*、または125ユーロ*

    *カナダを出発する際はカナダドル料金、ヨーロッパを出発する際はユーロ料金が課せられます。

    サーフボードに関するその他の制限および例外は下記の通りです:

    • デルタ・コネクション航空会社のサーフボードの輸送規定および料金は異なる場合があります。Surfboards over 72 inches in length are not allowed on Delta Connection carrier flights.詳細につきましてはデルタ航空予約センターまでお問い合わせください。
    • サーフボードを保護ケースに収納しない場合、サーフボードをお預けになる前に免責承諾書にご記入いただく必要があります。
    • サーフボードはひとつのバッグにつき、2 点まで収納できます。
    • 70 ポンドを超えるバッグには超過手数料が適用されます。
    • ホノルル - マウイ間は 20 米ドル/カナダドルの手数料がかかります。
    • 43 インチ(107cm)以下のブギーボード(ボディボード)は、通常の手荷物許容量の一部としてお預かりできます。
    • Surfboards over 115 inches in length are not allowed.

    ウィンドサーフィン用ボード

    • 全ての地域(ヨーロッパおよび北アフリカを除く)へのご旅行には150米ドル/カナダドル
    • ヨーロッパおよび北アフリカ発着のご旅行には、150米ドル、175カナダドル*、または125ユーロ*

    *カナダを出発する際はカナダドル料金、ヨーロッパを出発する際はユーロ料金が課せられます。

    ウィンドサーフィン器具に関する追加の制限事項と例外:

    • 3辺の合計の長さが115 インチ(292 cm)を超えるウィンドサーフィン用具はお預かりできません。
    • 70 ポンドを超えるウィンドサーフィン用具には超過手数料が適用されます。
    • サイズの制限により、デルタ・コネクション航空会社または MD-80 機ではウィンドサーフィン用具はお預かりできません。