変更またはキャンセル

フライトのキャンセルまたは払い戻し


お客様の旅行プランに変更が生じた場合にご利用いただける、ご出発前の航空券のキャンセルオプションまたは払い戻しの申請方法(航空券が払い戻し可能な場合)をご案内します。また、フライトのご予約から24時間以内のキャンセルに対応している24時間リスクフリーキャンセレーションの詳細をご覧ください。

払い戻し不可の航空券のキャンセル


払い戻し不可の航空券を購入された場合、キャンセル手数料がフライト運賃から差し引かれることがあります。残額はeクレジットとして提供され、別の航空券の購入にご利用いただけます。

払い戻し可能な航空券のキャンセル方法

  1. フライトのキャンセルは、必ずご出発前にお手続きください(変更またはキャンセルが出発前になされなかった場合、航空券の残額はなくなります)。
  2. 旅程の検索を行うか、ログインして「旅程」ページに移動します。
  3. キャンセルするフライトを選択します。
  4. 「フライトのキャンセル」ボタンを選択します。
  5. 「フライトのキャンセル手続きを開始」を選択し、画面の案内に従ってください。

キャンセル手数料なし

以下の航空券は、キャンセル料が免除されます。

  • 米国、プエルトリコ、米領バージン諸島内の各都市を発着するデルタ航空のメインキャビン以上の航空券
  • 米国、カナダ、ヨーロッパアフリカまたはカリブ諸国を出発地とする世界各地へのご旅行のデルタ航空のメインキャビン以上の航空券(業務提携会社およびコードシェア提携会社が運航するフライトを含む)
  • ベーシックエコノミー航空券は対象外です。

キャンセルにかかる各種料金

お持ちの航空券が上記のキャンセル料無料ポリシーに含まれていないもの(たとえば、ベーシックエコノミー航空券や中南米を出発地とするご旅行の航空券)の場合、キャンセル料または手数料が発生します。金額は99ドルからとなり、旅程により異なります(変更となる場合があります。適用される料金は航空券に対する運賃規定に記載)。残額(航空券の価額からキャンセル料または手数料を差し引いた額)はeクレジットとして払い戻しされます。* お客様のeクレジットの有効期限は、当初の航空券の条件および該当する免除制度によって決まります。

*キャンセル不可・変更不可のメキシコを出発地とする発券済み航空券は対象外となります。韓国を出発地とする発券済み航空券をキャンセルされた場合、ご購入時のお支払い手段で、キャンセル手数料を差し引いた金額を払い戻しいたします。ベーシックエコノミー航空券に適用される手数料については、お手持ちの航空券および手荷物&旅行手数料のページをご覧ください。


払い戻し可能な航空券をキャンセルする


お客様の旅行プランに変更が生じ、予約された払い戻し可能な航空券を変更する場合、払い戻しの申請が可能です。フライトの変更またはキャンセルは、必ずご出発前にお手続きください。

払い戻し可能な航空券のキャンセル方法

  1. フライトのキャンセルは、必ずご出発前にお手続きください。
  2. 旅程の検索を行うか、ログインして「旅程」ページに移動します。
  3. キャンセルするフライトを選択します。
  4. 「フライトのキャンセル」をクリックします。button
  5. 「フライトのキャンセル手続きを開始」を選択し、画面の案内に従ってください。

払い戻し可能な航空券の払い戻しを申請します

予定されている旅行の払い戻しを申請するには、旅程からお手続きください。払い戻しの申請には、クレジットカード、現金または小切手で購入した払い戻し可能な航空券であることが条件となります。払い戻しは、航空券ご購入時のお支払い方法と同じ方法で行われます。

旅行保険プランをキャンセル、新しいウィンドウが開きます

保険料を全額返金するには、プランのご購入から15日以内(あるいはお住まいの州で定められた日数以内)にキャンセルしていただくこと、まだ保険金のご請求がないこと、まだ出発されていないことが条件となります。この期間を過ぎるとプレミアムは払戻しできません。

払い戻しのステータスのチェック

今後のご旅行に対する払い戻し申請を送信された方は、払い戻し申請のステータスをご確認いただけます。


払い戻しまたは費用還付のリクエスト


払い戻し

フライトの欠航や大幅な遅延(120分超)が発生した場合、お客様のご予約を別の便に振り替えて再予約するか、航空券を今後のデルタ航空でのご旅行にご利用いただけるeクレジットに変換いたします。なお、払い戻し不可の航空券の未使用分や、ご旅行を取りやめた場合の未使用の旅行商品の払い戻し請求*が可能な場合がございます。ほとんどの航空券は払い戻し不可です。また、払い戻し不可能なアメニティもございますので、詳細はご利用規約をご確認ください。リクエストを受け取り次第、適時に処理し、払い戻し資格に関する最新情報をご提供できるよう最善を尽くします。

ご利用予定のフライトに欠航が発生し、航空券ご購入時のお支払い方法での払い戻しを請求される場合は、運航トラブルフォームにご入力ください。

  • 別のフライトに振り替えた場合、または当初予定していたフライトに大幅な遅延(120分を超える遅延)が発生し、フライトをキャンセルして払い戻しを請求される場合は、「旅程」ページからお手続きください。

以下の航空券については払い戻しはいたしかねますのでご了承ください。

  • フライトの欠航または大幅な遅延(120分超)が発生していない、払い戻し不可の航空券
  • 第三者旅行サイトまたは旅行代理店から購入された航空券(まずはご利用になった代理店にご相談ください)
  • 使用済みの航空券

払い戻し申請を送信された方は、以下から払い戻し申請の処理状況をご確認いただけます。

払い戻し申請の処理状況を確認する

費用還付

デルタ航空の管理内においてフライトの大幅な遅延または欠航が生じたためにホテル、交通機関、食事の費用が発生した場合、費用還付を申請していただけます。* 受け取り次第、リクエストを検討し、資格の有無を判断したうえでお客様に処理状況をお知らせいたします。

以下の航空券については還付はいたしかねますのでご了承ください。

  • 航空管制による遅延
  • 悪天候による遅延
  • 事前に支払った費用
  • 運航の乱れが発生した都市以外の場所でのホテル滞在費
  • 荷物の遅延により発生した費用
  • 最終目的地までの代替交通費
  • 逸失利益
  • 他の航空会社の乗り継ぎ便に間に合わなかったために発生した航空券代金
  • お子様やペットの世話にかかった費用
  • デルタ スカイクラブや他のラウンジの利用料金

費用還付のリクエスト

費用還付申請を送信された方は、以下から費用還付申請の処理状況をご確認いただけます。

費用還付申請の処理状況を確認する

*デルタ航空の管理内における要素が原因で運航の乱れが生じた場合に、払い戻しフォームまたは費用還付フォームを使用して払い戻しおよび費用還付をリクエストできるのは、米国およびカナダ在住のお客様に限られます。米国およびカナダ以外の国にお住まいのお客様、または欧州連合加盟国内の空港発のフライトについては、ご意見・ご感想フォームを使用してリクエストを送信してください。


24時間のリスクフリーキャンセレーション


デルタ航空のお客様へのコミットメントの一環として、delta.comまたはFly Delta アプリにて直接ご予約いただいたお客様に対し、リスクフリーキャンセレーション期間内であれば、対象eチケットをご購入後、ご予約から24時間以内は理由のいかんにかかわらずご予約をキャンセルすることができ、キャンセル料なしで全額が払い戻しされます。

24時間リスクフリーキャンセレーションの手続き

  1. 旅程の検索を行うか、ログインして「旅程」ページに移動します。
  2. キャンセルするフライトを選択します。
  3. 「フライトのキャンセル」をクリックします。button
  4. 「フライトのキャンセル手続きを開始」を選択し、画面の案内に従ってください。
  5. 航空券ご購入時のお支払い方法と同じ方法で、自動的に全額が払い戻しされます。

デルタ航空は、ご購入から24時間以内にキャンセルされた航空券に対して払い戻しを行います。ただし、一部の銀行およびクレジットカードの発行会社は、お客様のクレジットカードまたはデビットカードからすでに資金をお預かりしている場合があります。クレジットカードおよびデビットカード個々のポリシーに関しましては、各カード発行会社にお問い合わせください。

旅程のキャンセルは、航空券購入日翌日の深夜 12 時、または最初にご利用になるフライトの出発日の深夜 12 時、いずれか早い方の期日までに申請してください。旅程のキャンセルは、最初にご利用になるフライトのご出発前に申請してください。払戻しは、デルタ航空市内発券カウンター、空港内デルタ航空発券カウンター、デルタ航空予約センター、delta.com のいずれかでご予約と同時にお支払いいただいた eチケットのみに適用されます。

現金での航空券購入をご希望の場合は、お電話にてご予約ください。ご予約後24時間はご予約時の運賃が保証されます。航空券は、予約日翌日の深夜12時までにデルタ航空発券場所にてご購入ください。期日までにお支払いを確認できなかった場合は、ご予約は自動的にキャンセルされます。この方法で航空券を購入された場合は、リスクフリーキャンセレーションの規定に基づくキャンセルの対象にはなりませんのでご注意ください。

旅行会社を通した航空券およびご予約、紙製航空券、一部利用済みの再発券航空券は、リスクフリーキャンセレーションの規定に含まれるキャンセルの対象外です。スカイマイル特典航空券については、デルタ航空予約センターにご連絡のうえ、キャンセルをご依頼ください。

「マイル+キャッシュ」の料金オプションで購入された航空券の場合は、購入時に使用されたマイルは口座に再加算され、キャッシュで支払われた分は相当額のマイルとして払い戻しされます。

その他:eチケットを購入された場所以外でもキャンセルを承っております。例えば、デルタ航空予約センターでご購入された eチケットは、delta.com でもキャンセルしていただけます。

運賃、キャンペーン(プロモーション)、および規定は予告なしに変更されることがあります。

ノーショーに関する規定


デルタ航空では、計画の変更はやむを得ないことと考えております。ご旅行の計画を変更する必要がある場合は、航空券が無効となることを避けるため、当初予定されたフライトの出発時刻までに「旅程」ページまたはFly Delta アプリにて、キャンセルまたは変更のお手続きを行ってください。当初予定されたフライトの出発時刻までに予約が変更またはキャンセルされなかった場合はノーショー(連絡のないキャンセル)とみなされ、その航空券は無効となります。また、同じ旅程に含まれる他のフライトもすべてキャンセルされます。ベーシックエコノミー航空券は変更できませんのでご注意ください。

よくある質問


  • すべての払戻しは発券された運賃規定により、手数料や違約金がかかる場合があります。旅程は、払戻しを処理する際にキャンセルされます。
  • 7営業日以内に対象のクレジットと払い戻しを処理できるよう最善を尽くします。処理が完了すると、翌月または翌々月に発行されるクレジット/デビットカードのご利用明細書で払い戻しをご確認いただけます。eクレジットは、delta.comからログインしていただくとお客様の会員口座に表示されます。また、航空券番号を使って検索することもできます。
    • eクレジットに変換された航空券は、delta.comからログインしていただくとお客様の会員口座に表示されます。また、航空券番号を使って検索することもできます。
    • 現金または小切手にてお支払いいただいた航空券は、デルタ航空がクレジット/払い戻しのご請求を受領した日から通常20日以内に、航空券にお名前の記載のあるお客様に返金いたします。
    • クレジットカードでお支払いいただいた対象となる航空券は、デルタ航空がクレジット/払い戻しのご請求を受領した日から通常7営業日以内に、当初のお支払い方法で返金いたします。処理が完了すると、翌月または翌々月に発行されるクレジット/デビットカードのご利用明細書で払い戻しをご確認いただけます。

ご注意:国をまたいだ返金につきましては、現地の銀行による手続きの関係で、通常よりもお時間をいただく場合があることをご了承ください。

払い戻しステータスはオンラインでご確認いただけます。払い戻し金額に関するご質問は下記までお電話にてお問い合わせください。

  • 米国およびカナダ内:800-847-0578
  • ジョージア州アトランタ市内、または米国・カナダ以外の国:404-715-5417

クレジットカードで購入された払い戻し可能な、または制限なしのeチケットの払い戻しを請求する場合は、デルタ航空予約センター(米国・カナダ内:800-847-0578)までお電話にてお問い合わせください。他の地域のお客様は、世界各地の予約センターの電話番号からお住まいの地域のお問い合わせ先をご確認ください。

未使用のフライトクーポン/紙製航空券は次の所在地のデルタ航空乗客払戻し課に郵送でお送りください:

郵送
Delta Air Lines, Inc.
Passenger Refunds
P.O. Box 20537
Atlanta, GA 30320-2537

宅配便
Delta Air Lines, Inc.
Passenger Refunds, 4th Floor
700 South Central Avenue
Hapeville, GA 30354

はい。こちらより発券カウンターの所在地をご確認ください。

払戻し不可の航空券をお持ちの場合でも、旅程をキャンセルできる場合があります。 航空券の価値を失わずに旅程を変更できるのは、最初の発券日から1年間です(変更手数料が差し引かれます)。なお、この有効期限を延長する免除措置が適用される場合があります。

  • 国内線に関しては、最初の発券日から1年以内に航空券を再発券し旅程を完了する必要です。なお、この有効期限を延長する免除措置が適用される場合があります。
  • 国際線に関しては、同じ目的地または国外の別の目的地に対して航空券が再発券され、最初の発券日から1年以内に旅程を開始する必要があります。なお、この有効期限を延長する免除措置が適用される場合があります。

例外: ご乗客、近親者、同伴者の方が他界された場合。この場合、死亡証明書の写しをデルタ航空乗客払い戻し課まで郵便にてお送りいただく必要があります。

ご注意:ベーシックエコノミー(予約クラス E)をご購入のお客様は、リスクフリーキャンセレーション期間後に航空券を変更、払い戻しすることはできません。