カウアイ行きフライト


 

ハワイ州に属し、正しくは「Kuh-WUH-ee(カゥワーイー)」と発音されるカウアイ島は岩の多い、美しい自然が自慢の島。豊かな緑、ごつごつした岩山、美しい渓谷、流れ落ちる滝。もちろん、砂浜やサンゴ礁、広大な青い太平洋といった海の自然も満喫できます。オアフ島の105マイル(170キロメートル)北西に位置するカウアイ島は、地質学的にはハワイ州のメインの島々の中でも最も古い島で、約600万年前に火山活動によって誕生しました。

緑豊かなこの島は、「ガーデン・アイランド」とも呼ばれています。有名なワイメアキャニオンは、島に降る雨によって浸食されて形成されたものですが、この雨のおかげでカウアイ島には地球上でも有数の肥沃な土地が広がっています。農場主たちはそこでサトウキビやコーヒー、マンゴー、アボカド、パイナップル、パパイヤなど、多彩な農作物を育てています。

カウアイ島を訪れずに、島の美しい自然に触れる方法もあります。鮮やかな緑の山を見て、どこかで目にしたことがあるような気がするかも知れません。それもそのはず、カウアイの山々は「ジュラシック・パーク」や「レイダース/失われたアーク《聖櫃》」、「リロ・アンド・スティッチ」などさまざまな映画に登場しています。ハワイのような州では、良くない景色を探す方が難しいとも言えますが、そんなハワイの島々の中でもカウアイは特に景色の豊かな島です。

カウアイのリフエ空港に降り立てば、すぐにそこが楽園であることがわかります。オープンエア設計のこのユニークな空港には、外壁がほとんどありません。空港には2本の滑走路と8つのゲートがあり、カフェやバー、コーヒーショップ、ニューススタンド、ギフト&フラワーショップを備えています。バゲージクレーム(受託手荷物受取所)の近くにはインフォメーションがあり、常駐のスタッフが旅行者のサポートをしてくれます。

リフエ空港(LIH)

  • リフエ空港はカウアイ島南東の海岸沿いにあり、リフエ東部から約1.5マイル(2.4キロメートル)のところに位置しています。
  • 空港へは、Kapule Highwayから延びるAhukini Roadからアクセスできます。
  • 空港には主要なレンタカー会社が入っており、ターミナルの通りを挟んだ向かい側に各社のブースがあります。
  • 島にはケハハ - ハナレイ間にカウアイ郡が運行するバスが走っており、そのうち2本の路線は毎日空港に停車します。
  • バゲージクレーム(受託手荷物受取所)の外のカーブサイド/車寄せにはタクシー乗り場もございます。主要な行き先までの運賃は、リフエ空港のウェブサイトでご確認いただけます。
  • ホテルのシャトルといった事前手配の地上交通機関も空港から乗車できます。詳細はホテルまたはリゾートにご確認ください。

自然を満喫できる絶景スポット

カウアイ島で最も壮大な自然に触れられるのは、やはりワイメアキャニオンでしょう。美しい島のこの雄大なワイメアキャニオンでは、圧倒的な自然の力を感じることができます。「太平洋のグランドキャニオン」とも呼ばれる全長10マイル(16キロメートル)、深さ3,000フィート(914メートル)のこの渓谷は、ワイメア川によって形成され、世界で最も雨の多い場所のひとつとして知られるワイアレアレ山に降る大量の雨によって侵食が進んだものです。ワイメアキャニオン州立公園には数多くのハイキングコースがあり、美しい景色を楽しむことができます。有名なカララウ展望台からは、カララウバレーとナパリコーストの絶景を眺めることができます。

カウアイ島にはたくさんの滝があり、その多くは雨量によって断続的に流れるものですが、オパエカア滝のように常に流れている滝もあります。オパエカア滝は見事な滝であるというだけでなく、ハワイで最も訪れやすい滝のひとつでもあります。滝はHwy. 56からKuamoo Road(Route 580)に入り、2マイル(3.2キロメートル)ほど行ったところの東側にあります。

ビーチ

ハワイの島々はいずれも美しいビーチが広がる海岸線に囲まれており、カウアイにはハワイの中でも有数の美しく静かなビーチがあります。ノースショアのハナレイ湾は、全長2マイル(3.2キロメートル)。雄大な山々をバックに、柔らかで白い砂浜が広がります。良い波があり、サーフィンをする方には最適な場所です。砂州の近くで小さな波がブレイクするので、ベテランだけでなく初心者もサーフィンを満喫することができます。

カウアイ島でシュノーケリングを楽しむなら、トンネルビーチへ。こちらもノースショアにあります。サンゴ礁が岸からわずか1/8マイル(200メートル)のところにあり、泳ぎがさほど得意でない人でも簡単にポイントへアクセスできます。ダイビングを満喫したい人には、岸から近いところに曲がりくねった水中洞窟もあります。こちらのビーチには波が穏やかで浅いエリアもあり、ご家族連れや小さなお子様も安心して遊べます。

カウアイは1年を通して温暖で過ごしやすい楽園です。平均気温は2月と3月が華氏71度(摂氏22度)、8月と9月が華氏79度(摂氏26度)です。一般的に、山の気温はやや低くなります。山間部では年間50~1,00インチ(1,270~2,540ミリメートル)ほどの雨が降りますが、長時間降ることはない上、雨の後には美しい虹が見られるので、雨もあまり気になりません。

ハワイのその他の目的地についての詳細は、「ハワイの特集都市・地域」ページをご覧ください。