デルタ航空テクニカルオペレーション採用情報

世界を動かすエンジンを動かす部門です。
デルタ航空で働く人は90,000人以上。働く人の数だけ「理由」があります。
あなたがデルタ航空を選ぶ理由は?

テックオプスの雇用機会について


テックオプス部門での様々な職務を紹介する業務案内の動画をご覧ください。

サプライアテンダント

航空機の部品や資材の配布をサポートするロジスティクス業務を担当するエントリーレベルの職位です。サプライアテンダントは、データの正確性、コンプライアンス・プロセス、配送および処理に関する業務のサポートを行います。

航空機サポート整備士

デルタ航空の機材が正常かつ安全に機能するよう保守を行うエントリーレベルの整備士職です。経験豊富な航空機整備技術者(AMT)の指導の下で学びながら、専門技術を必要とする業務およびそれ以外の業務の補助を行います。

航空機整備技術者

デルタ航空の機材、航空機のエンジン、部品、アビオニクスシステムが正常かつ安全に機能するよう保守を行う重要な役割です。米国連邦航空局(FAA)発行の有効な航空整備士資格(FAA Airframe and Power Plant)が応募条件となります。

業務内容


デルタ航空のテクニカルオペレーションを構成する様々なビジネスユニットをご紹介します。
デルタ航空テックオプスについてさらに詳しく



ブリタニー・L.(航空機整備技術者)

「私は、30年以上の経験を持つ整備士たちと一緒に働き、訓練を受ける機会に恵まれてきました。この経験を通して、航空機を正確かつ効率的に整備・修理する能力に自信を持つことができました。テックオプスは人間関係も素晴らしく、まるで友人や家族が集まった大きな輪の中にいるように感じられます」

1. 航空機整備士としてキャリアをスタートさせた時期と、この分野を選んだ理由を教えてください。 

私がデルタ航空でキャリアをスタートしたのは2019年、サンディエゴでラインメンテナンス業務に携わっていました。この分野を選んだのは、父が整備士としてデルタ航空に勤めていたからで、仕事場にもよく連れて行ってもらいました。初めて訪問したときから、数々の飛行機や、そこで働く人たちの姿に圧倒されたことを覚えています。幼いころからデルタ航空のフライト特典を利用してきたので、それを手放したくないというのも、この会社を選んだ大きな理由の一つです。

2. デルタ航空テックオプスで働き始めてどのくらいになりますか? 

テックオプスに配属されたのは、約5年前です。

3. テックオプスでの経験で得たものは何ですか?

私は、30年以上の経験を持つ整備士たちと一緒に働き、訓練を受ける機会に恵まれてきました。この経験を通して、航空機を正確かつ効率的に整備・修理する能力に自信を持つことができました。テックオプスは人間関係も素晴らしく、まるで友人や家族が集まった大きな輪の中にいるように感じられます。

4. 現在の仕事ではどんなことが楽しいですか?

一日として同じ日がなく、常に何か新しいことが学べることです。タイヤを替える、エンジンを替える、シートメタルを修理するなど数えきれないほどの業務があって、毎日が変化に富んでいます。

4. テックオプスで働きたいと思っている人にアドバイスはありますか? 

とにかく飛び込んでみること。テックオプスで仕事を始めるなら、航空機サポート整備士、ロジスティックス、ツールルームなど、多種多様なポジションがあります。実務を少し経験してみることで、A&Pスクールに行くことが自分にとって正しい選択かどうかを判断できるようになるでしょう。ここの誰もが皆さんに成功してほしいと願っていますし、どんなことでも喜んで助けてくれます。だから、遠慮なく頼ってください。


カーン・V.(AMT講師・開発者)

「10代の頃に何度かフライトレッスンを受けて、自分は航空機は大好きで、自分にとっての天職は航空機整備技術者なんだと気付いたのです」

1. 航空機整備士としてキャリアをスタートさせた時期と、この分野を選んだ理由を教えてください。

私が航空機整備士になったのは1999年です。ニューヨーク・クイーンズの航空高校に入学した当初、将来なりたい職業はパイロットでした。

ですが驚いたことに、航空高校のカリキュラムは航空機整備技術者(A&P)を養成するためのものでした。 少し冷静に考えてみたところ、これは絶好の機会だと思えましたし、また面白そうでもありました。10代の頃に何度か受けたフライトレッスンでは居眠りをしていました。そこで、航空機は大好きだけれど、自分にとっての天職は航空機整備技術者なんだと気付いたのです。  

2. デルタ航空テックオプスで働き始めてどのくらいになりますか?

16.5年

3. テックオプスでの経験で得たものは何ですか?

素晴らしいファミリー、素晴らしいライフスタイル、素晴らしいトラベルストーリー、素晴らしい知識。

4. 現在の仕事ではどんなことが楽しいですか?

生徒たちとふれあうこと。飛行機についての新しい知識や面白い情報を伝えた時に浮かぶ、生徒たちの笑顔や好奇心に満ちた表情を見ることです。

5. テックオプスで働きたいと思っている人にアドバイスはありますか?

絶対後悔しないと思います。だから迷うことなく決断し、さらに上を目指しましょう。Keep Climbing!


デルタ航空テックオプス関連のニュース記事


テックオプスに関する最新情報はこちら

トイズ・フォー・トッツ

デルタ航空のテックオプスは慈善プログラム「Toys for Tots(トイズ・フォー・トッツ)」との提携17年目を迎え、組み立てられた自転車1,250台を寄付し、自転車寄付の歴代記録を更新しました。

退役軍人

デルタ航空は10,000人以上の退役・現役軍人を雇用しており、その多くがテックオプスに所属しています。2017年以降、テックオプスは最前線で活躍する男性・女性軍人に7,000を超えるパッケージを届けてきました。

よくある質問


北米最大の保守・修理・点検(MRO)サービスプロバイダーであるデルタ航空テックオプス・サービスグループ(DTSG)は、エンジンや部品の保守整備から、資材のサポート、機内の改装まで、幅広いサービスを提供しています。DTSGのカスタマーエクスペリエンスの詳細はこちらをご覧ください。
いいえ。デルタ航空のTechUプログラムは、航空機整備技術者(AMT)を目指す人に、デルタ航空テックオプスでのやりがいのある職位への明確なキャリアパスを提供しており、FAAの航空整備士資格の取得に向けたアドバイスを提供しています。詳しくはdeltatechu.comをご覧ください。
質問票による審査ならびに職務に関連するテストを通過した候補者の方には、採用面接試験の案内をお送りします。
ASMおよびAMT職の多くは、機械的適性および推論の評価に合格していることが応募条件となっています。
シフトは職位の序列順に希望を取っています。
はい。職務にもよりますが、ご自身で工具を用意していただく場合があります。
いいえ。現時点では転勤はありません。

 

デルタ航空は雇用機会の均等および積極的格差是正措置に取り組んでおり、有資格者の応募および選考過程において、条件付求人の要件の遵守に関する便宜を図るなど、合理的な対応を行っています。医学的または宗教的な裏付けとなる書類の提出が必要となる場合があります。合理的な適応措置をお求めの方は、こちらをクリックしてください。