アクラ行きフライト

 

17世紀に西アフリカのガ族が築いた都市、アクラは、1877年に英領ゴールドコーストの首都になりました。ガーナが 1957 年に独立を勝ち取った後、アクラはガーナ共和国の首都となりました。

美しい自然と建築の宝庫であるアクラでは、アウトドア・アドベンチャーだけでなく、歴史的建造物巡り、モダンなショッピング、国立博物館の見学なども楽しめます。

青々としたアークワピム・ヒルズを進むアブリ植物園から、または隣国トーゴとの国境にあるウィリーの滝から旅を始めましょう。運がよければ、猿や珍しい鳥達と一緒に散歩できるかもしれません。運がよければ、猿や珍しい鳥達と一緒に散歩できるかもしれません。

建築を楽しむには、350 年以上前にデーン人によって作られたクリスチャンボーグ要塞とも呼ばれるオス城を訪れてみましょう。海のそばの岸壁に立つこの名高い要塞は、デンマーク、ポルトガル、イギリス、そして最終的にガーナの手に渡り、長らく政府の所在地として使われてきました。ガーナ大学では、古い木々や豊かな植物に囲まれた庭を散策できます。大学のカフェテリアは一般に公開されており、伝統的なガーナ料理を出してくれるので、現地の人のような気分で食事を楽しめます。

マコラおよびカネシのマーケットでは、華やかな織物、ハンドバッグ、靴などのお買い物をお楽しみいただけます。アフリカならではの陶磁器や骨董品などを探すには、ナショナル・カルチャー・センター(現地では「アート・センター」と呼ばれる)を訪れてみましょう。

お食事を楽しむには、アクラの郊外にある、活気あるナイトライフとレストランやホテルが集まっているオス地区へ向かいましょう。料理にはアクラの植民地としての過去が色濃く反映されており、アフリカ名物の料理とともにフランスパンやペーストリーが並びます。リビングストン・サファリ・レストランや、インド料理、中華料理のチョイスもあります。