ヨハネスブルグ行きフライト

ヨハネスブルグは何年にもわたり、ジョーズィ、ジョーバーグ、エゴリという異名で知られてきた街です。悪名高い犯罪都市として知られ、これらの犯罪の多くは観光客が近づかない住宅地で起こっているとはいえ、準備不足の人や旅慣れない人にお勧めできる場所ではありません。しかしこの難点を乗り越えてみると、ヨハネスブルグ、そして南アフリカには独自の文化と語るべき物語があり、訪れてみる価値があることが分かります。

2001年に開館したアパルトヘイト博物館では、南アフリカの不安定な過去とアパルトヘイト制度を振り返ることができます。博物館の革新的な構造によって、訪れた人はアパルトヘイトのもたらした影響の大きさを追体験することができるようになっています。館内では、映像やテキストパネル、写真などの展示物を通してアパルトヘイトについて学ぶことができます。アパルトヘイト制度は南アフリカの人々の心に影を落としました、この博物館を訪れることで、この国の文化を明確に形作ったものを垣間見ることができます。

他の多くの博物館、美術館も訪れてみる価値があるものばかりです。マンデラ・ハウスもヨハネスブルグの歴史を知るうえで欠かせないスポットです。1945年に建てられたこの家には、その 1 年後にネルソン・マンデラが移り住み、彼はその後 1962年に収監されるまでここに暮らしていました。現在は家の内部も好奇心の旺盛な観光客に対して公開されています。ヨハネスブルグ動物園ではシロサイといった絶滅危惧種のほか、キリンなどファミリー向けの動物も見ることができます。アフリカ博物館では、国の始まりからの歴史を物語る工芸品や展示物を見ることができます。

600 人以上の露天商が毎週日曜日、午前9時から午後5時まで店を開くローズバンク・ルーフトップ・マーケットを訪れずして、南アフリカの旅は終えることはできません。この市場では本物の南アフリカを感じることができます。芸術品、家具、宝石、どんなお土産を探していている方にも、この街の社会の中心である市場ほど最適な場所はありません。