障がいをお持ちの方のための顧問委員会


当社では、障がい者コミュニティに、配慮の行き届いた、信頼性の高い、革新的なサービスを提供することにより、デルタ航空がお客様に選ばれる航空会社になるよう尽力しています。 デルタ航空では、お身体の不自由なお客様に空の旅をお楽しみいただくために、障がいをお持ちの方のための顧問委員会を通じてコンプライアンス、研修、各種ポリシー、手続きなどに関するさまざまな提案を行い、すべてのお客様にご利用いただけるバリアフリーなサービスを奨励しています。顧問委員会メンバーは、デルタ航空のフリークエントフライヤーであり、さまざまな障がいをお持ちの会員で構成されています。

同諮問委員会のメンバーを以下にご紹介いたします。

シャンティは最近、定年退職しましたが、それまで35年以上にわたって障がいのある大人のための障がい者雇用および経済の自給自足の分野で働いてきました。ウィスコンシン大学スタウト校で職業リハビリテーションの修士号、さらにニューメキシコ大学アンダーソン・スクール・オブ・マネージメントでは経営学のポストグラデュエート・サーティフィケート(post graduate certificate)を取得しています。現在は、障がい者のための国と地方の顧問役員会や委員会に携わっており、自身も障がい者の一人として、障がい者の自立と雇用改善に積極的に取り組んでいます。現在は夫と一緒にフロリダ州タンパに在住しており、3人の孫達をはじめ家族や友人と過ごす時間を楽しんでいます。

ジェシカ・コックスは、世界で初めて免許を取得した、両腕のないパイロット。また、米国テコンドー協会初の、両腕のない黒帯保持者でもあります。両腕が欠損した状態で生まれたものの、手や腕を必要とする活動にも果敢に取り組んできました。スキューバダイビングのライセンスも取得しています。モチベーショナル・スピーカーとして活動し、20カ国のさまざまな国で自身のメッセージを発信してきました。 また、自身がこれまでの人生で学んできた教訓を通じて、人々が自分との戦いに打ち勝てるよう応援する、自伝的な自己啓発本Disarm Your Limitsを出版しています。

サウスカロライナ州脊髄損傷研究基金のエグゼクティブ・ディレクター。麻痺や感覚喪失などの脊髄の損傷や疾患によって引き起こされる症状の原因と効果的な治療計画に関する理解を深めるための研究を支援しています。また、キャサリンはサウスカロライナ大学医学部の2年生と3年生を対象に、様々な障がいをもつ患者のためのヘルスケアについての講義を行っています。

子供から大人まで、自閉症を抱える人々のためのコンサルタント。国際的に人気の高い基調講演家およびセミナー講師であり、これまでに1,000ものプレゼンテーションを行ってきました。科学的根拠に基づく訓練方法であるソーシャル・ストーリーの開発者として最もよく知られており、これは世界中の自閉症を抱える人々に年齢を問わず活用され、高い評価を得ています。全世界の自閉症に悩む人々のための教育および福祉への貢献により、さまざまな賞を受賞しています。詳しい情報と経歴、連絡方法については、www.CarolGraySocialStories.com新しいウィンドウが開きますをご覧ください。

トム・シーキンス博士は心理学の元教授で、モンタナ大学にて村落における障がい者の暮らしに関する研究・訓練センター長を務めています。カンザス大学で行動心理学の修士号と博士号を取得。2017年の秋に引退するまで、様々な障がい者の重要課題について応用研究・開発に取り組みました。彼のこれまでの活動が認められ、カンザス大学応用行動科学部のDistinguished Alumni Achievement Award(2011年)をはじめ、モンタナ大学のDistinguished Alumni Award(2016年)、米国公衆衛生協会障がい者部門のLifetime Achievement Award(2017年)など、数々の賞を受賞しています。2010年にパーキンソン病と診断されたトムは現在、州全体の教育および支持組織であるMontana Summit for Parkinson'sの役員を務めています。

J.R. ハーディング博士は、障がい者を率いるリーダーとして公私共に著名な人物です。「Now What?」の著者で自らも四肢麻痺を患う 新しいウィンドウが開きますバリアフリーの専門家である彼は、世界中を訪れて講演する傍ら、障がいを持つ人々の独立・自立を促す国、州、および地域の政策の確立に30年以上にわたって貢献してきました。また、歴代米国大統領2人、フロリダ州知事4人のもとで働き、現在も地域社会を拠点に活動する数々の組織に貢献しています。

彼は現在、Able Trust(アンバサダー)、エバーグリーン・ライフ・サービス、フロリダ州福祉サービスおよびテクノロジー連合(Florida Alliance for Assistive Service and Technology、FAAST)、フロリダ障がい者ネットワーク(Florida Network on Disabilities)新しいウィンドウが開きます(理事)、またデルタ航空の「障がいをお持ちの方のための顧問委員会」(会員)といった団体の活動に参加しています。重度障がい者として初めてリーダーシップ・フロリダ(Leadership Florida)およびリーダーシップ・タラハシー(Leadership Tallahassee)の両方を卒業した彼は、フロリダの障がい者指導デー(Florida Disability Mentoring Day、DMD)の共同設立者でもあります。フロリダ州立大学(FSU)にて、高等教育および公共政策の博士号を取得しています。フロリダ州タラハシーにて、奥さんのエリカさんとともに暮らし、仕事に従事しています。

ミナは、ジュエリーデザイナー、画家、フードアーティストといった様々な媒体で活躍するアーティストです。彼女はあらゆる人々が受け入れられるコミュニティの創造を目指しています。ミナは車椅子利用者のための雑誌「New Mobility Magazine」のコミュニティ・パートナーで、ここでは日々の生活に全面参加するための援助や障がい者のライフスタイルを取り上げた記事が掲載されています。また、障がい者の起業家を支援する団体「シナジーワーク(Synergies Works)」でティーチング・アーティストとして活動しているほか、食料不足の人々に食料を供給するプログラム「ワンブレッド(One Bread)」のコミュニティ・パートナーでもあります。

 

最近引退するまで、ジョージア州アトランタにあるシェパードセンターに、SCI(脊髄損傷)ピアサポート・マネージャーとして務めていましたが、ジョージア州のDisability Resource Groupの役員、Brain and Spinal Cord Injury Trust Fundの流通委員会役員としての経歴もあります。

ジョン・D. ケンプ氏はヴィスカルディ・センターおよびヘンリー・ヴィスカルディ・スクールの社長兼CEOです。世界的に有名なスピーカーである障がい者として、知識、経験、展望、人格、根気をもって臨めば、不可能を可能にすることができると人々を鼓舞しています。

 

1971年にジョージタウン大学、1974年にウォッシュバーン大学法学部を卒業。彼の出身校ウォッシュバーン大学から法学博士号、コネチカット大学から文学博士号と、2つの名誉学位を授与されています。1995年には、ポール G. ハーン氏とともにアメリカ障がい者協会(American Association of People with Disabilities)を設立しています。2001年にワシントンD.C.の法律事務所Powers, Pyles, Sutter & Verville, P.C社のパートナーとなりました。

 

3月 2006には、障がい者リーダーシップおよび奉仕における米国最高の栄誉とされるヘンリー・B・ベッツ賞を受賞しています。12月 2014にロバート・J・ドール・リーダーシップ賞を受賞し、ネルソン・マンデラや2人の米国歴代大統領と並ぶ栄誉ある世界的な受賞者の1人に加わりました。

 

また、障がい者コミュニティの総合的な健康と医療アクセスの改善を追求する世界的な公私提携、ヴィスカルディのプロジェクト・アクセシブル・オーラル・ヘルス(Project Accessible Oral Health)の議長を務めています。

1978年以来アメリカろう協会のメンバーであり、コロンビア特別区ろう者協会の会長や、フロリダろう学校同窓会事務局の局長を務めています。アメリカろう協会における通信および輸送に関する問題のスポークスマンでもあります。全米鉄道旅客輸送公社(アムトラック)において、政府関連業務部門/企業広報部門の上級コミュニティ支援スペシャリストを務めており、アムトラックによる障がい者団体へのアクセシビリティ情報の提供、支援活動の管理を担っているほか、アクセシビリティに関するコンプライアンスが遵守されるよう、社内プロジェクトを監視しています。ロチェスター工科大学(RIT)で学士号を、また国立ろう工科大学(NTID)で学位を取得しました。中等教育はフロリダ盲ろう学校で受けました。

 

支援活動が認められ、アメリカろう協会で最も権威のあるFred C. Schreiber Distinguished Service Awardをはじめ、初年度のAccessibility Excellence Awardsにおけるワシントン・メトロポリタン・エリア交通局によるThe Dr. Rosalyn Simon AwardやRIT 2015 Distinguished Alumni Award for the NTIDなど数々の賞を受賞してきました。マイアミ出身のデビットは、現在ワシントンD.Cに在住しています。

生涯を通じて聴覚障がい者支援を行うデイビッド・ローゼンタール氏は、公私共に聴覚障がい者に恩恵を与える公共政策や公共サービスに多大な影響を与えてきました。最近引退しましたが、その後もコミュニケーションのバリアフリー化に積極的に取り組んでいます。

 

自らも聴覚障がい者である彼は、ミズーリ州の障がい者雇用政府委員会のプロジェクトコンサルタント、聴覚障がい者コミュニティと州議会との連絡係、カンザスにあるジョンソン・カウンティ・コミュニティ・カレッジのプロジェクト・コーディネーター、カンザス州の聴覚障がい者委員会のエグゼクティブ・ディレクターとして従事。障がいを持つ米国人法の制定に先立って、カンザス州企業委員会と協力し、カンザス州リレー・センター・サービスを設立しました。

 

さらに、サウスウェスタン・ベル・テレフォン・カンパニー(現AT&T)では指導的役職を担い、全米緊急時電話番号協会とともに、緊急応答機関(PSAP)を補佐し、コミュニケーションのバリアフリー化を図るとともに、聴覚障がい者からの 9-1-1 呼び出しに効率的に応答できるよう支援しました。

 

AT&T退職後は、カンザス州電気通信協会の会長を務め、その後ミネソタ州セントポールのミネソタ州厚生局、聴覚障がい者サービス部門ディレクターに就任。現在はノースカロライナ州に在住しています。

7歳から水泳選手として活躍。18 歳で負傷し、その後プールに戻ることを決意します。4月 2008、姉が地元紙のパラリンピックの水泳トライアルに関する記事を発見。障がいと生きることを学びながら、水泳に対する情熱だけは変わらないことを再確認します。驚くべき能力で金メダルを見事勝ち取り、50m 自由形でパラリンピック記録を樹立しました。また、銅メダルを獲得した4x100mメドレー・リレー・チームのアンカーとしても活躍し、惜しくも金メダルは逃したものの、5位にいた米国チームを見事に表彰台へと導きました。 これは、ロンドンオリンピックの中でも最も記憶に残る瞬間のひとつとされており、世界中の多くの人々に感動を与えました。企業向けのモチベーショナル・スピーカーとしても 非常に人気が高くTEDXでもスピーカーとして活躍しました。

グレン・W・ホワイト博士は30年以上リハビリテーションと自立生活の分野で働いてきました。最近引退するまで、カンザス大学自立生活研究&研修センター所長のほか、国立身体障がい者、自立生活、リハビリテーション研究所(NIDILRR)から資金提供を受けるコミュニティ生活研究・訓練センターの研究責任者、カンザス大学応用行動科学部の教授も務めました。継続して行っている障がい者研究の明確化、発展、形づくりをする上で、障がいのある消費者と一緒に働く機会を多くもってきました。また、この数年は障がい者のコミュニティ参加の分野で体系的研究を進めているほか、二次障がい予防や防災対策、障がい者への緊急対応といった研究も行っています。韓国や日本、ベトナムでの研究・訓練活動や、ペルーでの二次障がい予防など、世界各地に活躍の場を広げています。リハビリ研究および訓練センター全米協会会長、米国公衆衛生協会の障がい者部門の議長を務めた経歴を持つホワイト博士は現在、米国国際障害者評議会の役員とデルタ航空の「障がいをお持ちの方のための顧問委員会」の議長を務めています。

デイビッドは2009~2017年に米国国際障害者評議会のエグゼクティブ・ディレクターとして、障がい者権利、一体性、投資家の支援を促進するためグローバルに活動しました。アーカンソー大学クリントン公共サービススクールで公共サービスの修士号、ウォッシュバーン大学でEnglish with concentration in Writingの文学士号を取得。米国二分脊椎協会とReach Another Foundationの役員を務めており、二分脊髄および水頭症国際連盟(IFHSB)の国際的専門家メンバーの一員として人権運動に取り組んでいます。2011年には、国連による米国人権記録の定期審査に対する米国政府代表団の民間部門アドバイザーとして従事しました。彼自身、二分脊髄症患者であり、障がいのあるすべての人々の社会的包摂や身体活動能力、政治参加を提案しています。

 

A・パネック氏が代表兼CEOを務める非営利団体ガイディング・アイズは、ニューヨークを拠点に目の不自由な方々へ介助犬を斡旋し、健康的で充実した暮らしを叶えるための支援を行っています。パネック氏率いる同団体は2014年以来、介助動物の分野において国際的なリーダー兼先駆者的な存在であり続けています。他では類を見ない「ランニングガイド」プログラムもその活動の一環です。

同氏は以前、米国商務省国際貿易管理局で上級国際貿易スペシャリストを務めていました。世界銀行との仲介役を担うほか、米国大使館と協力し、航空宇宙、科学技術、および工学分野の米国企業に向けた事業拡大支援を行ってきました。いわば、貿易協定および国際商取引のエキスパートです。

パネック氏はアメリカン大学国際関係学部修士課程を修了し、国際商取引法を専門に学びました。
熱心なランナーでもあり、20以上のマラソン大会を完走、そのうち5回はボストンマラソンに出場しています。2019年、同氏はニューヨークシティのハーフマラソン大会で、介助犬の併走で見事に完走した初のランナーとなりました。現在はニューヨークで、妻のメリッサと4人の子ども達と共に暮らしています。