訓練された介助動物


お身体の不自由なお客様は介助動物をご同伴いただけます。 デルタ航空の機内へお連れいただけるのは訓練された介助動物(犬)のみです。訓練された介助犬をお連れのお客様は、米国運輸省(DOT)指定の申請書をご提出ください。申請書は本ページからダウンロードしていただけます。デルタ航空では、精神的サポート用動物を介助動物として認めておりません。

訓練された介助犬をスムーズにご同伴いただけるよう、ご質問がある方は、404-209-3434までお電話ください(リレーサービスのご利用は711をダイヤルしてください)。

CDCは、高リスクの国から米国への犬の輸送を一時停止するよう指示を発出しました。

CDCは、狂犬病のリスクが高い国から米国に到着する犬の入国を禁止する一時停止措置、新しいウィンドウが開きますを継続しております。高リスク国、新しいウィンドウが開きますから輸送する犬は、外見的に健康でマイクロチップを装着しており、生後6か月以上である必要があります。高リスク国への渡航歴のある犬については、CDCの輸入に関するガイダンス、新しいウィンドウが開きますを確認ください。 


訓練された介助動物の同伴ガイドライン


デルタ航空の機内では、訓練された介助動物は、お客様の座席の下の床に座らせるか、お客様のひざに乗せていただく必要があります。お客様用の座席を使用することはできません。訓練された介助動物およびその関連装置の輸送に料金はかかりません。ご利用の座席の面積を超える動物はお連れいただけません。

  • 関連装置にはケージ、ブランケット、餌、あるいはそれに類似する品目が含まれます。

注:空港または機内で訓練された介助動物に関する問題が発生した場合は、クレーム対応オフィス(CRO)におつなぎしますのでお知らせください。デルタ航空の担当者がお話をお伺いし、お手伝いが必要なお客様を支援して、空の旅をお楽しみになるお客様の権利を守ります。

訓練された介助動物

 

訓練された介助動物は、お身体の不自由なお客様をサポートするため特別に訓練された介助犬に限ります。訓練された介助動物は2匹までお連れいただけます。介助動物は清潔な状態を保つ必要があり、悪臭のある介助動物はご同伴いただけません。

動物の健康状態、訓練、行動に問題がないことを証明するために、ご出発前に米国運輸省「介助動物空輸申請書」をご提出ください。

  • 公衆衛生保護のため、デルタ航空では、介助動物を含むすべての犬について、必要なワクチンがすべて接種済みであることを機内ご同伴の条件としております。狂犬病の予防接種は生後12週間(3ヶ月)から受けることができますが、ワクチンが効力を発するまで接種後30日間の待機期間が必要です。
  • ご出発の48時間前までにご予約いただいたお客様は、事前に「旅程」ページの「アクセシビリティ・サービス申請フォーム」より本書類をご提出ください。
  • ご出発の48時間前以降にご予約いただいたお客様は、チェックインカウンターまたは出発ゲートにて米国運輸省「介助動物空輸申請書」をご提示ください。
  • 8時間以上のフライトをご利用になる場合は、DOTの「介助動物リリーフ証明書」もご提出ください。この書類は、同伴犬が機内で排せつしないこと、または衛生マナーを守って排せつできることを証明するものです。

「介助動物リリーフ証明書」をダウンロード、新しいウィンドウが開きます       「介助動物空輸申請書」を開く

DOTの介助動物リリーフ証明書のPDF版を開くには、Adobe Acrobat Reader(https://get.adobe.com/reader、新しいウィンドウが開きますにて無料ダウンロード可能)が必要です。

動物の不適切な行動


デルタ航空は、お客様の動物がお客様にとって大切な存在であることを十分認識しております。訓練された介助動物が以下のような破壊的行動または攻撃的行動を行った場合に限り、輸送を拒否いたします。 

  • うなる 
  • 噛みつく 
  • お客様、客室乗務員、スタッフに飛びつく 
  • ゲートエリアまたは客室で排尿・排便する 
  • 過剰に吠える(オーナーに答えたり、オーナーの危機的状況を知らせる場合を除く) 
  • 座席背面のトレーテーブルを使って餌を食べる
  • 訓練された介助犬を同伴される場合は、介助犬の健康状態、訓練、行動に問題がないことを証明するために、ご出発の48時間前までにDOTの「介助動物空輸申請書」をご提出ください。ご出発の48時間前以降にご予約いただいたお客様は、チェックインカウンターまたは出発ゲートにて「介助動物空輸申請書」をご提示ください。8時間以上のフライトをご利用になる場合は、米国運輸省「介助動物リリーフ証明書」もご提出ください。
  • 訓練された介助動物とご一緒に旅行される場合は、お客様と動物のための十分な空間があるお座席をお選びください。訓練された介助動物は座席の下の床に座らせるか、お客様のひざに乗せていただく必要があります。動物はお客様用の座席を使用したり、トレーテーブルを使って餌を食べたりすることはできません。 
  • 大型または複数の訓練された介助動物をお連れのお客様で、動物が他のお客様の邪魔になったり通路にはみ出したりする場合は米国連邦航空局(FAA)の規定の侵害となり、お座席の変更が必要となる場合があることをご理解ください。
  • ごゆっくりご搭乗になりたいお客様は、ご搭乗の際に優先搭乗をご利用いただけます。時間の余裕を持ってゲートにお越しになり、ご出発前にゲートの係員と詳細をご相談ください。
  • ハワイや英国、他の島国などでは他の条件があるところ、検疫法により、こういった動物の入国または経由を禁止するところがありますのでご注意ください。お乗り継ぎになる国や地域、最終目的地の条件を確認するには、404-209-3434までお電話いただくか、お近くの各国領事館をお訪ねください。
  • 訓練された介助動物とご一緒に旅行されるお客様は、機内にペットをお連れいただくことができません。

訓練された介助動物についてのよくあるご質問


ほとんどの場合、訓練中の介助動物は訓練された介助動物の要件を満たさないため、機内にお連れいただけません。ただし、訓練中の介助動物が、オーナーの元へ届けられる際に訓練士と一緒に旅行する場合は搭乗可能です。

はい。米国内のすべての空港は、動物専用のリリーフエリアを設けるよう義務づけられています。デルタ航空では、動物の世話や餌のご提供、同エリアを監視する責任は有していませんが、リリーフエリアの場所を確認し、お客様を同エリアまでお連れする(必要な場合はセキュリティエリアの通過も含めて)などのお手伝いを行っています。

デルタ スカイクラブの訓練された介助動物についてのポリシーは、デルタ航空機内での同動物についてのポリシーと同じです。

お身体の不自由なお客様は、介助犬を2匹までご同伴いただけます。お客様は責任を持って、2匹の動物のための十分な空間を確保し、1匹ごとにDOT指定の書類を提出する必要があります。必須ではありませんが、追加の動物のための空間を確保するには、お座席を追加でご購入いただく必要がある場合があります。動物はいかなる時(走行中、ご搭乗中も含みます)も座席に座らせることはできません。お客様のひざ上または座席の下の床に座らせてください。すべての動物は、周りの方の妨げにならないよう適切に行動する必要があります。

  • 訓練された介助動物は、体の一部が通路に出ない状態で、バルクヘッド席(前面が仕切り壁の座席)あるいは他の座席のお客様の足元に座らせてください。座席の床面積を超える動物はお連れいただけません。
  • 介助動物やサポート用動物と足元の空間を共有したくないとお考えの隣席のお客様の空間に、動物の体の一部がはみ出ないようにしてください。
  • 訓練された介助動物がひざに乗せるお子様(2歳未満)より小さい場合、動物は地上での移動中や離陸、着陸などフライトの全段階でお客様のひざに乗せておくことができます。
  • 介助やサポートのための動物は座席を使用することはできません。
  • デルタ・ワンをご利用の際、リクライニングシートを倒していないときは、膝上に乗せられるお子様「ラップチャイルド」より大きいサイズの動物は、座席下の床に座らせてください。
  • すべての動物は常にお客様と一緒である必要があります。
  • 動物とお客様で1つの座席をご利用になることが他のお客様の妨げになる場合は、訓練された介助動物を無料の手荷物としてお預けいただくか、動物のために追加の航空券をご購入になり、その座席の床に動物を座らせてください。2枚目の航空券は元の航空券と同じ料金でご購入いただけます。
  • 航空券1枚につき保証できるお席は1席までです。

デルタ航空のポリシーおよびお手続きは、NSARまたは類似の団体に登録されている動物をお連れのお客様にも適用されます。ポリシーおよびお手続きをご確認いただくか、障がいをお持ちのお客様への補助担当係(404-209-3434)までお電話ください。

航空券の手数料

訓練された介助動物を機内にお連れになる場合や受託手荷物としてお預けになる場合、または大型の動物を貨物としてお預けになる場合は、動物およびその補助装置の輸送に手数料はかかりません。動物用のケージ(空の状態でも、動物を入れておられる状態でも)は補助装置とみなされ、手荷物手数料は発生いたしません。

手荷物について

訓練された介助動物は機内持ち込み手荷物の許容量には含まれません。

空港の制限事項

空港によっては、訓練された介助動物の輸送に関して、州および地域の追加条件が適用される場合があります。

JFK

ジョン・F・ケネディ(JFK)空港への到着に際しては、米国外の事前に許可を受けたステーションから到着するすべての訓練を受けた介助動物は、TSA(米国運輸保安局)のセキュリティチェックを受ける必要があります。

ハワイの必要条件

一定の条件を満たした訓練された介助動物は、ハワイへの渡航が認められます。事前のお申し込み、費用や利用可能状況の確認などを含む一定の手続きを済ませていただくことによりお連れいただけるのは、訓練を受けた盲導犬および介助犬のみです。

HDOAにあるように、係留検査を受けずにハワイに入るには、下記のリンクに示されている手順に従っていただく必要があります。HODAの連絡先はこちらです。

hdoa.hawaii.gov;, opens in a new window
808-483-7151
rabiesfree@hawaii.gov, opens in a new window

  • 訓練された介助動物はお身体の不自由なお客様の同伴が必要です。すべての動物は、ホノルル国際空港(HNL)への到着時に動物検疫所(毎日9 a.m.~3:30 p.m.)で検査を受ける必要があります。
  • 盲導犬またはトレーニングを受けた介助犬をお連れのお客様は、ご旅行の7日前までにHDOAに通知し、許可された場合、HNLターミナルでの検査(8am~4pm)をリクエストすることができます。

詳細:

ハワイ州農務省(HDOA)
ウェブサイト:HDOA.Hawaii.gov
電話:808-483-7151、Eメール:rabiesfree@hawaii.gov
動物疾病管理局
電話:808-837-8092 または 808-483-7106

介助動物の入国規定は国によって異なります。これにはペットのパスポートおよび動物の健康に関する書類についての条件も含まれます。特に、CDCの「狂犬病の高リスク国」一覧をよくご確認ください。ほとんどの場合、同一覧に記載されている国からは、動物の米国への入国が禁じられています。

こうした動物の入国を禁止している国/地域が旅程に含まれる場合は、動物の旅行は認められません。

キューバについてのご注意:
訓練された介助動物はキューバ当局に介助動物として認められておらず、到着に際してはペット(犬または猫のみ)として取り扱われます。キューバに入国する介助動物をお連れのお客様は、近くのキューバ大使館/領事館にペットとしての証書を申請し、付与された証書を所持している必要があります。

必要書類:
大使館/領事館からペットとしての証書を受領するには、以下が必要です。

  • 接種を受けたすべてのワクチンが記載されている動物のペット・パスポート(取得可能な場合)
  • 動物の旅行に関する衛生証書(獣医師に発行を依頼してください)
  • 健康であることの証書
  • 動物をお連れになるお客様のパスポートのコピー
  • このサービスの領事手数料のお支払い

郵送:

  • 接種を受けたすべてのワクチンが記載されている動物のペット・パスポート(取得可能な場合)
  • 動物の旅行に関する衛生証書(獣医師に発行を依頼してください)
  • 健康であることの証書
  • 動物をお連れになるお客様のパスポートのコピー
  • このサービスの領事手数料のお支払い
  • 切手を貼り返送先住所を記載した、書類の返送用封筒
  • ご注意:申請が郵送または第三者により行われた場合は、関連する領事サービスについて追加の領事手数料がかかります。
  • すべてのお支払いは現金または銀行の保証小切手で行われる必要があります。現金を郵送で送られた場合は、受取が拒否され返金されます(返金に伴うリスクは元の送金者が追うものとします)。

英国の条件:
デルタ航空では、適切な書類の添付および英国の動物輸送に関する規則の遵守を条件として、ロンドン(ヒースローおよびガトウィック)、マンチェスター、エジンバラへの訓練された介助犬の輸送をお取り扱いいたします。

犬や猫の輸送に際して、お客様は以下の条件に従っていただく必要があります。

  • 英国入国に必要な手続きに関する詳細情報や指示については、現地の適切なAnimal Reception Center(ARC、動物検疫所)にお問合せください。ペットの到着時の準備を済ませたり、犬または猫の通関手続きに必要な書類を全て事前に用意しておけるよう、ご予約後にお客様から直接ARCにご連絡いただく必要があります。
  • 目的地のARCからの事前承認レターを提出してください。同レターには、介助犬が適切な書類を備え、適切な健康要件を満たしており、適切なマイクロチップを装着していることが明記されていなければなりません。デルタ航空では犬の輸送申請の処理に際して、事前承認レターを含むこちらの書類の提出をお願いしております。
    • 訓練された介助犬の英国入国許可に関連する必要なすべての手数料および料金のお支払いをお済ませください。目的地のARCから現行の料金表を入手することができます。

LGW – ロンドン・ガトウィック空港
Animal Aircare Co. Ltd.
Gatwick Airport
Horley, Surrey, RH0 0SQ
(0)129 346 2180

LHR - ロンドン・ヒースロー
City of London Animal Reception Centre
City of London
Guildhall, PO Box 270
London EC2P 2EJ

MAN - マンチェスターのペッツ・オン・ジェツ
Building 300
World Freight Terminal
Manchester Airport M90 5BA
(0)161 489 8220

EDI - エジンバラ空港の小型動物国境検査所
arc@extrordinair.co.uk
(0)131 317 7277

英国のペット輸送規定に関するご質問については、DEFRA(環境・食料・農村地域省)までお問い合わせください。