ご出発前に知っておいていただきたいこと

米国入国時の新型コロナウイルス検査要件(米国外からの渡航者向け)


 

米国入国要件


2021年1月26日より、米国疾病対策予防センター(CDC)からの要請、新しいウィンドウが開きますに従い、米国外から米国へ入国する、または米国を経由する2歳以上の全てのお客様は、ご出発前3日以内に受けた新型コロナウイルス検査の陰性証明書をご提示いただき、陰性結果を申告する証明書に署名していただく必要があります。

デルタ航空では、お客様と従業員の健康を何よりも大切に考えております。この新たな措置が皆様の安全性の確保につながります。お客様と航空会社従業員の健康を守るため、現在同様の措置が世界各国で講じられています。ご旅行の予定がある方は、定期的に内容をご確認ください。CDCによる米国入国時に必要な新型コロナウイルス検査の要件に変更が生じた際には、本ページでもその都度お知らせいたします。

注意事項:

  • 新型コロナウイルス検査の陰性証明書および署名済みの証明書をお持ちでないお客様は、CDCの指示によりご搭乗いただけません。 
  • 承認されている新型コロナウイルス検査には、現地の保健当局が承認している核酸増幅検査(例:PCR検査)またはウイルス抗原検査が含まれます。
  • 旅程にお乗り継ぎ便が含まれる場合は、最初のフライト出発前3日以内に新型コロナウイルス検査を受けていただく必要があります。接続時間が24時間を超えるお乗り継ぎはできません。
  • 新型コロナウイルスに罹患し回復されたお客様が旅行される場合は、陽性結果(旅行前90日以内に受けた検査結果)および回復済みで旅行が可能であることを証明する書類(免許を持つ医療従事者または公衆衛生当局が発行したもの)をご用意ください。
  • フライトの変更をご希望の場合は、変更手数料なしで「旅程」よりお手続きしていただけます。
 

検査に関する情報


米国へ入国する、または米国を経由する際に新型コロナウイルス検査の陰性証明書が必要な場合は、ご旅行前に同検査を受けられる場所についてお近くの保健当局にお問い合わせいただくことをお勧めします。米国外では検査が受けられるリゾートもありますので、ご宿泊先にもご確認ください。費用や場所、検体の採取方法、結果の通知などの詳細は検査センターに直接お問い合わせください。検査要件について簡単にご確認いただけるよう、検査に関する情報のページに米国外の各地の検査機関をご案内しております。
 

よくある質問


1月 26, 202112:01 am(米国東部時間)より、米国着のすべてのフライトにおいて、2歳以上のすべてのお客様は、ご出発前3日以内に受けた新型コロナウイルス検査の陰性証明書および署名済みの証明書をご用意いただく必要があります。

承認されている検査の種類は次のとおりです。

  • 分子検査
  • 核酸増幅検査(NAAT)
  • RT-PCR検査
  • LAMP検査
  • 抗原検査

ご注意:抗体検査は認められていません。

承認されている検査についての詳細は、CDCのウェブサイト、新しいウィンドウが開きますをご覧ください。

ご出発前の検査費用はお客様各自でご負担いただきます。

米国へ直行便で入国される場合は、直行便のご出発前3日以内に受けた検査の陰性証明書が必要です。

旅程にお乗り継ぎ便が1区間以上含まれる場合は、最初のフライト出発前3日以内に受けた検査の陰性証明書が必要です。接続時間が24時間を超えるお乗り継ぎはできません。

例:1月29日金曜日にベルリン発のフライトに搭乗し、乗り継ぎのためアムステルダムに14時間滞在してニューヨークへ向かう場合、新型コロナウイルス検査は1月26日火曜日(最初のベルリン発フライトの3日前)に受けられます。

検査が完了していない、および/または陰性証明書がないお客様は、CDCの指示により米国行きのフライトにご搭乗いただけません。

柔軟にご旅行を計画していただけるよう、「旅程」またはFly Delta アプリから、変更手数料なしで旅程の変更・キャンセルをしていただけます。詳しくは、「フライトのキャンセルや変更は、手数料なしで可能ですか?」のページをご覧ください。

陽性と判定されたお客様はご搭乗いただけません。検査結果を受け取られた国のガイドラインに従ってください。 CDCのガイドライン、新しいウィンドウが開きますでは、陽性判定を受けた方は自主隔離を行い、回復するまで米国への旅行を延期していただくよう求めています。

Allianz Global Assistanceの旅行保険では、一般的に対象となる旅行のさまざまな費用が補償されます。また、新型コロナウイルスに罹患しフライトを利用できなくなった場合など、限定的な特定の状況においても保険金の請求、新しいウィンドウが開きますが可能です。ご予約済みのフライトにも、「旅程」ページから旅行保険を追加することができます。利用規約が適用されますのでご確認ください。補償内容は国や地域によって変わる場合があります。 詳細はこちらでご確認ください

デルタ航空の健康状態確認書では、当社従業員および他のお客様の安全のため、陽性結果が出てからご旅行開始まで10日以上空けていただくようお願いしています。

CDCからの指示により、お客様が受けた検査が「ご出発前3日以内」の要件から外れる場合は、再度検査を受けて陰性結果を取得していただかないと米国行きのフライトをご利用いただくことはできません。

はい。新型コロナウイルスのワクチンを接種済みのお客様も、ご出発前3日以内に受けた検査の陰性証明書をご提示いただき、陰性結果を申告する証明書に署名していただく必要があります。

新型コロナウイルスのワクチン接種証明書をご提示いただいても、検査要件およびデルタ航空のマスク着用ポリシーは免除されません。

はい。過去90日以内に新型コロナウイルスに罹患したお客様が米国へ旅行される場合は、陽性結果(旅行前90日以内に受けた検査結果)および回復済みで旅行が可能であることを証明する書類(免許を持つ医療従事者または公衆衛生当局が発行したもの)をご用意ください。

要件について詳しくは、CDCの措置、新しいウィンドウが開きますのページをご覧ください。

注:チェックイン時に必要なデルタ航空の健康状態確認書に従って、陽性結果が出てからご旅行開始までに10日以上空けていただく必要があります。

必要な証明書とは、ご出発前3日以内に受けた新型コロナウイルス検査で陰性結果を受け取り、新型コロナウイルスに罹患していないことを証明する書類です。必要事項を記入し署名した証明書をお持ちでないお客様は、CDCの指示によりご搭乗いただけません。

デルタ航空携航空会社のフライトで米国にお越しのお客様は、こちらの証明書にご記入・ご署名ください。印刷してご搭乗時にご提示いただく必要があります。

検査結果書類は紙版と電子版どちらも認められています。電子版の証明書にご記入・ご署名いただくか、紙版を印刷してご記入ください。デルタ航空携航空会社のフライトで米国にお越しのお客様は、事前に証明書を印刷し、ご記入・ご署名の上、空港へお持ちください。 

ご出発前に陰性証明書のご提示が求められますが、米国入国時の検査でも同証明書が必要となりますので必ずお持ちください。

次のお客様は検査を免除されます。

  • 2歳未満のお子様 
  • 任務のため移動する米国法執行機関関係者および米軍関係者の方  
  • 米国の海外領土(プエルトリコ、米国バージン諸島)から帰国される方 

また、最近新型コロナウイルスに罹患したお客様は、ご旅行前90日以内に受けた新型コロナウイルス検査の陽性結果、および回復済みで旅行が可能であることを証明する書類(医療従事者または公衆衛生当局が発行したもの)をご提示いただくことで、陰性証明書のご提示は免除されます。

米国の海外領土である米領バージン諸島およびプエルトリコから米国へ入国されるお客様は、本要件の適用対象外です。
はい。米国市民および米国永住権保持者を含め、米国外から米国へ入国される2歳以上のすべてのお客様は、ご出発前3日以内に受けた新型コロナウイルス検査の陰性証明書、および陰性結果を申告する署名済みの証明書をご用意いただく必要があります。

デルタ航空は、安全・セキュリティに関する規定を引き続き注視し、お客様の目的地の特別な出入国要件について最新情報をお届けいたします。 

現在の旅行規制に関する詳細や入国準備に役立つ情報については、最新の旅行要件および旅行規制のページをご覧いただくことを強くお勧めしております。また、旅程に含まれるお乗り継ぎ空港や目的地に関する入出国条件も事前にご確認ください。

はい。お客様の旅程が3日以内の場合、往路便で使用された新型コロナウイルス検査の陰性証明書を米国への復路便に再度ご利用いただける場合があります。旅程が3日を超える場合は、もう一度新型コロナウイルスの検査を受けていただく必要があります。

関連リンク

このページにお探しの情報は見つかりましたか?