予約ポリシーの施行に関する通知


対象: Amadeus、Travelport/Galileo、Sabre、Worldspan、その他のGDS(Global Distribution Systems)をご利用の全てのユーザー。これにはカナダおよびバミューダ内のデルタ航空指定の全てのARC(Airline Reporting Corporation)公認旅行会社、全ての非ARC公認代理店、デルタ航空指定の全てのIATA(International Air Transport Association)公認旅行会社、全ての非IATA公認旅行会社および旅行サービス業者、CTD指定の全ての代理店提携会社、旅行サービス業者、企業、および非デルタ指定のAmadeus、Travelport/Galileo、Sabre、Worldspan GDS登録者もしくはユーザーが含まれます(これに限定されるものではありません)(以下、上記ユーザーを総称して「GDSユーザー」、上記GDSを総称して「配布業者」と呼びます)。

2012年11月01日より、デルタ航空は予約ポリシーの違反を識別するため全てのGDSユーザー取引を監視いたします。違反が特定された場合、デルタ航空は違反内容に相応する罰金とデビットメモ毎の処理手数料をGDSユーザーから追加徴収します。さらに、デルタ航空は処罰の対象となる代理店がデルタ航空の在庫の予約および/またはデルタ航空の旅行書類を発行する権利を制限する権限を有します。発券代理店は、自社勤務のエージェント、従業員、請負エージェント、または委託先外部エージェントによる予約違反の責任を問われる可能性があります。デルタ航空の予約には、「DL」または「DL*」便名の全ての予約が含まれます。デルタ航空は、デルタ航空の航空券番号で発券されたエールフランス航空、KLMオランダ航空またはアリタリア航空の座席に対しても必要に応じて予約違反を取り締まる権利を有します。

以下はデルタ航空の施行ポリシーの概説です。

1. 実施日

これらのポリシーおよび手続きは、2012年11月01日以降に行われるデルタ航空のご予約全てに対して適用されます。

2. 違反行為および手数料

以下の手数料は2012年11月01日より有効です。詳しい情報については、デルタ航空のワールドエージェント・ダイレクトをご覧ください。

予約ポリシー違反

予約ポリシー違反



手数料



デビットメモの処理手数料
処理手数料$50.00
不動区間
乗客1名あたり1区間につき3.50ドル
受動区間
乗客1名あたり1区間につき3.50ドル
重複予約
1区間あたり10.00ドル
不正/虚偽予約
不正/虚偽予約
不正な氏名の変更
1区間あたり15.00ドル
過当取引
1区間あたり3.50ドル
セキュア・フライト旅客データの入力漏れ
PNRあたり1名義につき50.00ドル
予約の無効化
乗客1様名あたり1方向ごとに600.00ドル
予約ポリシー違反の定義については、こちらをご覧ください。

3. 決済

デルタ航空は、ARCメモマネージャー新しいウィンドウが開きますまたはIATA BSPLink新しいウィンドウが開きますをデビットメモのプロセスとして用い、ADM(Agency Debit Memo:代理店デビットメモ)を介して予約ポリシー違反に関する罰金を回収する権限を有します。ADMには、ADMの発行およびデルタ航空による請求の根拠が詳細に記述されます。またADMには、問い合わせ先の連絡情報が記載されます。

予約に関する正確さや完全性については旅行会社がその責任を有します。航空会社はすべての取引を監査し、ADMを送付する権利を有します。デルタ航空による監査およびメモの発行に関するポリシーは、IATA決議850mに基づいて処理されます。

問題解決プロセス - デルタ航空は、業界のベストプラクティスに準拠し、ADMに関する有効かつ適時な異議を受理します。異議は、当該地域の報告要件に準拠した書式で、正当な論拠および証拠書類を含むものでなければなりません。ADMに対する異議は、以下を介して提出できます。

手数料 - デルタ航空は、特定の取引および状況に応じた手数料を適用する権限を有します。

支払条件 - ADMは、請求書受領後直ちに支払う必要があります。デビットメモに対する支払いがない場合、以下の処罰を受ける可能性があります。

  • 外部回収代行業者への取り立ての委託
  • 予約・発券業務機能の中断
  • デルタ航空からの特約の抹消

注:  ADMに対する支払いは当該事案の最終的な決着を意味します。もし何らかのミスにより、一つのデビットメモに対して重複した支払いを受けた場合には、クレジットメモを発行し、適用される処理手数料を差し引いた金額を返金します。

4. 登録者による承認

各GDSユーザーがこれらの新しいご利用規約を承認ならびに同意することは、場合によっては、当該GDSユーザーがデルタ航空の旅行会社として引き続き指定されるため、および/またはデルタ航空が当該GDSユーザーに対しGDSでデルタ航空の予約を行うことを許可承諾するための条件となります。

デルタ航空の航空運輸サービス・商品の予約を引き続き行うことは、各GDSユーザーがこれらの新ご利用規約に対する合意を受け入れたものとみなされ、2012年10月01日以降に行われた各GDSユーザーによる最初の予約が、当該受け入れおよび合意とみなされます。

デルタ航空は、デルタ航空による通知をもって、記載されているあらゆるご利用規約をいつでも変更または改訂する権利を有します。