キーウェスト行きフライト


 

キーウェストは長さ約6.4km、幅約1.6kmという小さな島ですが、さまざまな芸術や文化、歴史にあふれ、楽園のような雰囲気や独特の魅力を楽しめます。大西洋に位置するこの島は、メキシコ湾に面した暖かく穏やかな海と豊富な数のビーチが特徴。ビーチの多くはサンゴを砕いてつくった人工の砂浜で、マングローブの林に囲まれています。そのため、フロリダ本土では味わえない隠れ家的な雰囲気を楽しめます。

島内には歴史ある家や教会、施設などがたくさんあり、南北戦争前のものもあります。旧市街の歴史地区には、ジンジャーブレッドのような装飾や屋根付きのポーチ(玄関)がかわいらしい、パステルカラーの家々が立ち並びます。アーネスト・ヘミングウェイやハリー・S・トルーマン元大統領など、かつて著名人が住んでいた家もあります。

とはいえ、この島をカラフルに彩るのは、建築だけではありません。アーティストやギャラリー、バーやレストランがひしめき合い、独特の雰囲気が漂うキーウェスト。通りで放し飼いの鶏に出くわすことさえあります。

キーウェスト国際空港には2つの旅客ターミナルと1本の滑走路があります。同空港では2006年より大規模な改装工事を行っており、新ターミナルの建設などにより空港の規模は2倍となる予定です。この空港の滑走路は、ボーイング737が定期的に離着陸する滑走路のうち、北米で最も短い滑走路です。小さな空港ですが、ATMや無料Wi-Fi、Mamava社の授乳ブースなど、充実した設備を備えています。レストランが1つ、バーが2つ、ギフトショップも数店あります。

  • キーウェスト国際空港では、旅客は皆同じターミナルに到着します。バゲージクレーム(受託手荷物受取所)や観光案内所へのアクセスも簡単です。
  • レンタカーも利用でき、レンタカー用と自家用車用の駐車場施設があります。
  • タクシー、リムジン、送迎シャトルサービスもご利用いただけます。

史跡

キーウェストは小さな島ですが、フロリダが誇る歴史建造物や名所がたくさんあります。アーネスト・ヘミングウェイはこの島で、『武器よさらば』を執筆しました。彼が過ごした2つの家と庭は「カサ・アンティグア」と「アーネスト・ヘミングウェイ博物館」として保存されており、いずれも見学が可能です。アーネスト・ヘミングウェイ博物館には40匹以上の猫がいますが、その多くはヘミングウェイの愛猫の子孫だとか。

米国最南端の州立公園であるフォート・ザッカリー・テイラー州立公園では、南北戦争の前哨基地となった要塞壁を今なお見ることができます。またこの公園には、島内屈指の美しさを誇る白い砂浜のビーチもあります。

アート&ショッピング

この島は古くからアーティストの楽園であり、芸術運動の中心地となってきました。島内には数々のアトリエやスタジオ、ブティックがありますが、島西部に長く伸びるデュヴァル・ストリートには特にたくさんの店舗が集まっています。非営利のギャラリー、Studios of Key West(キーウェスト・スタジオ)もお見逃しなく。12名ほどのアーティストの作品展や、コンサート、朗読会、文芸やビジュアルアートのワークショップなどが頻繁に開催されています。

ナイトライフ&エンターテイメント

キーウェストは、夜遊びも楽しめる島。真夜中を過ぎたら店が閉まってしまうような、つまらない島ではありません。バーでは、陽気な飲み会やドラァグクイーンのショーが深夜まで続きます。「デュヴァル・クロール」は、この島で最も有名なはしご酒コース。ガイドと共にデュヴァル・ストリートをたどるツアーは、ほぼ毎晩開催されています。

フロリダキーズ諸島は米国本土でも数少ない、降霜や凍結のない地域。キーウェストでは季節を問わず快適な気候を楽しめます。最も寒い1月でも平均気温は華氏75度(摂氏24度)、最も暑い7月の平均気温は華氏89度(摂氏32度)です。夏でも、偏東貿易風と海風のおかげで暑さが和らぎます。5月から10月にかけては雨季となりますが、キーウェストはフロリダ州でも最も乾燥した都市で、年間降雨量は平均で995mmです。