オランダ、アムステルダム(AMS)行きフライト


アムステルダム行き/経由便をご利用のお客様は、ヘルススクリーニングフォーム、新しいウィンドウが開きますにご記入のうえ、ご搭乗前に出発ゲートでご提示いただく必要があります。なお、出発ゲートにご用意している書類の枚数には限りがありますので、ご自宅で印刷してご記入いただきますようお願い申し上げます。

人の数より自転車の数が多く、観光時には運河が一番の交通手段となる街、アムステルダム。1,200本の橋でつながれた90個の島、曲がりくねった細い道、石畳、17世紀に建てられた運河沿いの家々が、水路の街ならではの趣ある風景を作り上げています。アムステルダムでは7,000近くの建物や家々が15世紀にその歴史を遡る記念建造物として保護指定されており、歴史を感じる街となっています。 

#SkyMilesLifeをご活用ください


世界各地を旅するスカイマイル会員のお客様は、アムステルダムでやりたいことのリストを作ったり、以下のような写真を撮影したりしています。

写真にハッシュタグ #SkyMilesLife を付けることにより、ユーザーはデルタ航空に対して、投稿の一般公開、複製、派生物作成を許諾する、ロイヤリティーフリーの、全世界で有効かつ永久的なライセンスを供与するものとします。ご利用規約全文:Delta.com/SkyMilesLife

アムステルダム中心部の南西9マイル(14キロメートル)のところに位置するアムステルダム・スキポール空港は、ヨーロッパの多くの地方空港と世界各国の空港を繋ぐ国際ハブ空港です。この空港には100社を超える航空会社が就航しており、旅客数の伸びとともに空港も年々成長してきました。

ユニークな「ワン・ターミナル」コンセプトで構成されたこの空港は全施設が1つの建物に収まっており、出発ホールと「ピア」と呼ばれるコンコースから成っています。出発ホール1にはピアB・C、出発ホール2にはピアD・E、出発ホール3にはピアF・G・H・Mがあります。空港内にはアムステルダム国立美術館の分館があり、古典作品やコンテンポラリーアートが展示されています。お時間のある方はぜひお立ち寄りください。

アムステルダム スキポール空港(AMS)

  • 市内への電車は空港の真下に位置するスキポール駅から運行しています。1回ごとの乗車券とチャージ可能なOV-chipkaart(OVチップカード)が同駅にて購入できます。
  • 電車を使う旅行者が多いですが、タクシーやUberをはじめとする一部のライドシェア(相乗り)サービスも空港からご利用いただけます。
  • ホテルのシャトルやライドシェア(相乗り)サービスは、空港の地上交通機関(Ground Transportation)エリアから乗車できます。
  • レンタカーもアムステルダム・スキポール空港から数社のサービスをご利用になれます。

アムステルダムへはヨーロッパ各地および世界中から旅行者が集まります。深い歴史と尽きない楽しみが詰まったアムステルダムは、有名なナイトライフだけでなく、ファミリーにも人気の観光都市として発展を続けています。見所を絞ることは難しいので、アムステルダムの魅力を余すところなく満喫するために、可能であれば長めにご滞在されることをお勧めします。

芸術と文化

アムステルダムの中心には、オランダの巨匠たちの時代から現代まで、何世紀にもわたって染みついた芸術と文化への情熱があります。アムステルダム国立美術館やファン・ゴッホ・ハウス、レンブラントハウス美術館で、巨匠たちの作品を鑑賞しましょう。または、近・現代のアートが詰まったアムステルダム市立美術館を訪れてみてはいかがでしょう。ほかにも、人類学博物館である熱帯博物館や、ハンドバッグのみを集めた博物館などもあります。

エリア概要

歴史的建造物が建ち並ぶ大都市アムステルダムは、エリアごとにそれぞれ特徴があり、独自の見所があります。広大な緑が広がるウェスターパークを訪れたり、トレンディなクラブや熱帯博物館があるオーステルパークで多様な文化に触れるのもお勧めです。アムステルダムの中心街(Centrum)をぶらぶらと散策したり、風変わりなアイテムが並ぶシュピーゲル地区のショップ巡りをするのも楽しいでしょう。見所をすべて回れるよう、事前に計画されることをお勧めします。

飲んで食べる

運河のほとりのカフェに立ち寄って、「コフィーヴェルキールト」(カフェオレ)で一息ついてはいかがでしょう。カフェやバー、多種多様なレストランが軒を連ねるアムステルダムは、空腹とは無縁の街。ミシュランの星付きレストランからカジュアルなお店まで、試してみたいお店が盛りだくさんです。オランダのモダン料理からトルコのベーカリー、インドネシアのタパス、地中海の軽食、イランのケバブまで、種類も豊富に揃っています。

服装(持ち物)

訪れる季節に合った衣類はもちろんのこと、朝晩の冷え込みに備えて、羽織るものを1枚用意しておくと安心です。レインコートと傘も入れておきましょう。また、アムステルダムは石畳の道が多いので、歩きやすい靴をお持ちになることをお勧めします。

アムステルダムの気候は、米国カリフォルニア海岸の都市と同じような気候で、夏は暖かく、冬は穏やかなのが特徴です。夏の最高気温は華氏70度(摂氏20度)台、冬の最低気温は華氏30~40度台(摂氏1桁台前半)です。年間を通じて湿度が高く、降水が見られます。

デルタバケーションで理想の旅を
スカイマイル会員のお客様のためにデザインされたお得なパッケージツアーで、ご旅行をお得にお楽しみください。フライト以外のご利用もマイル獲得および交換の対象に。さらに、ご旅行前からご旅行後まで24時間サポートをご利用いただけます。