ニース行きフライト


 

ニースの空港がフランスで 2 番目に賑わう空港であるのには理由があります。それは、フランスの人々がコート・ダジュール(紺碧の海岸)とよぶ、リヴィエラへのゲートウェイであるからです。19 世紀半ばには、リヴィエラは鉄道が整備されたことで、王室の保養地となりました。ヴィクトリア女王からレオポルドⅡ世まで、数々の著名人がここで休暇を過ごし、富裕層や有名人がすぐにそれに追随してやってくるようになりました。F.スコット・フィッツジェラルドが『グレート・ギャッツビー』を書いたのも、パブロ・ピカソが人生の最後の 30 年を送ったのもこの地でした。太陽がたっぷり降り注ぐこの地は、ピュアなインスピレーションを与えてくれます。

ニースという名で知られるようになる前、この街は 1860 年までイタリアの領地であり、ニッツァと呼ばれていました。今日では、ニースはフランスで 2 番目に大きな地中海の都市になり、リヴィエラの中でも最も注目を集める観光地の 1 つとなりました。ニースに到着したら、息を飲むような街のパノラマビューを楽しめるコリーヌ・ド・シャトー(キャッスル・ヒル)をまず訪れて、方向感覚を掴みましょう。ヴィエイユ ヴィル(旧市街)を散策し、贅沢な景色を背景に佇むおしゃれなブティックや素晴らしいレストランを楽しむのもお勧めです。芸術を愛する方なら、世界でも最大級のアンリ・マティスのコレクションを所蔵するマティス美術館を訪れてみましょう。

日帰り旅行もお手軽に楽しめます。カンヌ、サントロぺ、モナコなど、リヴィエラのまばゆいばかりの都市の数々にも、電車で簡単に出かけることができます。