イスタンブール行きフライト


 

歴史的に、ビザンチウムおよびコンスタンティノープルという名前で知られてきたイスタンブールは、何世紀にもわたってローマ帝国、ラテン帝国、オスマン帝国の首都として栄えてきました。現在では、トルコの文化と経済の中心地であり、最も多くの人口を抱える都市でもあります。黒海とマルマラ海の間のボスフォラス海峡によってイスタンブールは 2 つに分かれ、ここにかかる橋は地理的にも、そして文化的にもアジアとヨーロッパをつないでいます。

「ハマム」と呼ばれるトルコ風呂はぜひ体験してみたいものです。8 つの地区にはそれぞれ、歴史あるハマムが少なくとも 1 つはあり、マッサージを堪能したりサウナでリラックスすることができます。ハマムを楽しんだ後は、ナルギレまたはフーカーと呼ばれる伝統的な水タバコに挑戦してみてはいかがでしょう。地元の人の多くが、フーカーを囲んでおしゃべりを楽しむことは人生の大きな楽しみの一つだと考えています。

5 世紀の建設以来、イスタンブールの街を取り囲み、守ってきた 4 マイルの石造りの防壁「テオドシウスの城壁」に沿って歩けば、昔にタイムスリップしたような気分を味わえます。ボスポラス海峡をフェリーで下り海から見るイスタンブールの眺めを楽しんだら、アナドル・カヴァウ村で下船し、黒海を見下ろすドラマチックな砦跡、ヨロス城を訪れてみましょう。

市内の活気ある市場では、トルコ紅茶や、ローズウォーター、レモン、ピスタチオで風味づけされたかわいいトルコ菓子をお楽しみください。市場はトルコじゅうたんや、近郊の街カルケドンから名付けられた半貴石、カルセドニー(玉髄)をちりばめたアクセサリーのお買い物にも最適の場所です。

お腹がすいたら、地元の屋台で愛されているドネルケバブ、バルック・エキメッキ(サバのサンドイッチ)、焼き栗、ドンドルマ(蘭の根のエキスを使った地元のアイスクリーム)などに舌鼓を打ってみてはいかがでしょう。