禁止品目および制限品
弾薬、火薬類、銃器

銃器や弾薬は、厳格なガイドラインのもと、スポーツ用品としてお預けいただくことができますが、法律で定められている通り、いくつか例外も含まれます。危険物とみなされる可能性のある品目を空港にお持ち込みになる前に、規定をお確かめください。

弾薬

小火器弾薬は一人当たり 5 kg(11 ポンド)を超えない量の場合、受託手荷物としてのみお持ちいただけます。武器は安全に箱詰めされた状態であり、その旅客本人が使用するためのものである必要があります。また、1 つのパッケージの中に複数人数分をまとめて入れることはできません。詳細およびガイドラインについては、射撃用器具をご覧ください。

お客様にはご自身の責任の下、銃器の所持および輸送に関するすべての連邦法、州法、地域法を認識し、遵守していただきます。この規則に関する詳細についてはTSAのウェブサイト新しいウィンドウが開きますをご覧ください。

注: 火薬(Pyrodex やブラックパウダー、催涙スプレー、ペッパースプレー、および催涙ガス等)は禁止されています。

弾薬 - 南アフリカ

南アフリカ出発便では、武器および弾薬は鍵付きの小さな箱またはケースに入れたうえで、受託手荷物に収納してください。弾薬は武器と同じケースに収納いただけません。デルタ航空が義務付けている銃器の梱包および申告に関するガイドラインと合わせて、これらのガイドラインを満たす必要があります。

弾薬および銃器 - 韓国

韓国へご旅行または韓国でお乗り継ぎされる場合、受託手荷物でお持ち運びの銃器および弾薬はすべて、チェックイン/手荷物のお預かり時に申告していただく必要があります。

銃器および弾薬のお持ち込みを申告されなかった場合、韓国で銃器/弾薬の没収、韓国への入国拒否および韓国での乗り継ぎ拒否、または罰金が発生する場合があります。銃器の正確な数量と種類(可能であればシリアル番号)および正確な弾薬の数量を申告する必要があります。

チェックイン時の銃器の梱包および提示/申告に関する重要な情報をお読みください。

弾薬 - 英国

英国出発便では、武器および弾薬は小さな箱またはケースに入れてください。受託手荷物に収納してください。弾薬は武器と同じケースに収納いただけません。デルタ航空が義務付けている銃器の梱包および申告に関するガイドラインと合わせて、これらのガイドラインを満たす必要があります。

花火または火薬類

一切禁止されております。デルタ航空では、爆竹、発炎筒、クリスマスクラッカー、または花火等を機内持ち込み手荷物または受託手荷物として受け入れておりません。爆発の可能性がある品目について判断ができない場合は、お持ち込みいただけません。デルタ航空のフライトでは、これらの品目はお預かりできません。

可燃性の液体または固体

可燃性の液体は、通常お預かりしておりません。可燃性液体の輸送に関するガイドラインは次をご覧ください:

  • ライターは身に付ける、または機内持ち込み手荷物内に収納すること
  • 米国運輸省認可のケースに適切に収納されているライターであれば、受託手荷物として最大 2 個までお預けいただけます
  • 燃料の入っていないライターは受託手荷物としても、機内持ち込み手荷物としても許可されています
  • ライターの補充ガス、燃料(例:ガソリン、スターノ社製缶入り固形燃料)、ペイント類、染料、潤滑油、および「ローマッチ」(strike-anywhere)の輸送は禁止されています
  • 「ローマッチ」(strike-anywhere)でない限り、通常のブック型マッチは 1 個まで身に付けてお持ち込みいただくことができます
  • 点火棒またはバーナーの持ち込みは固く禁止されています
  • 安全キャップが装着されていない、あるいは偶発的な起動を防ぐ措置が施されていないリチウム電池式ライターは、機内持ち込み手荷物、受託手荷物、手持ちのいずれにおいても禁止されています。