タヒチ/パペーテ行きフライト


 

118の島々からなる仏領ポリネシア。「タヒチ」は、そのうち最も大きな島を意味します。タヒチ・ヌイとタヒチ・イチという2つの火山地区からなり、主要都市はパペーテとファアアです。首都であるパペーテには、多くのヨットが行き来する港や、オープンテラスのカフェ、高級ファッションショップ、そしてタヒチ料理、フランス料理、アジア料理など、さまざまな食事が楽しめるレストランがあります。一方、ファアアには空港があります。

タヒチではサーフィン、スキューバダイビング、シュノーケリング、カヌーなど、あらゆる水中アクティビティを堪能できます。エイやサメの餌付けも体験できます。タヒチならではのその他のアクティビティもお見逃しなく。たとえば、タヒチ・ヌイにあるレ・トロワ・カスケード(「3つの滝」という意味)は迫力満点。また道路沿いにある大きな洞窟「アラホホの潮吹き穴」からは水が湧き出ており、潮の向きとタイミングさえ良ければ、岩の隙間から勢いよく水が吹き上がる様子を目にすることができます。アラフラフのマラエは、古代に最も重要な宗教的儀式が行われていた場所を復元したもので、タヒチのスピリチュアルな側面を感じることができます。

公共市場のマルシェ・デ・パペーテでは、その日捕れた魚が続々と運び込まれる様子や、「ママス」と呼ばれる手織りのかごを眺めているだけで、何時間も過ごせてしまうでしょう。また、お土産をお探しなら、モノイ・オイル、マルケサス諸島のお椀、ウクレレ、編んだ帽子、パレオ(タヒチの伝統衣装でドレスやパンツ、ショールなど多様に活用できる衣服)など、何でもここで見つかります。

タヒチでは、景色の良い場所にあるおいしいレストランも多くあります。ラグーンの上に位置する「ル・ココ」でキャンドルの灯りに照らされながらロマンチックなディナーを。または「ラ・ベルベデーレ」で2,000フィートの高さから夕日が沈む光景を堪能するのも良いでしょう。また、地元民が集うプレイス・バイエーテの 「ルロット」 は、滞在中に必ず一度は訪れたい場所です。車を改造した軽食屋台が集まり、中華料理、クレープ、フレンチからピザまで楽しめます。