プンタカナ行きフライト


 

ドミニカ共和国の東端に位置するプンタカナは、20マイルに及ぶ砂浜のビーチが続き、50以上の巨大リゾートが立ち並ぶ人気の観光地。リゾートの大半は欧州資本で、オールインクルーシブの形態が一般的です。

ゆったりとした雰囲気は、ビーチやプールサイドでくつろいだり、フルーティなラムカクテルを片手に日光浴を楽しむのに最適。

また、アクティブに動きたい方には、ウォータースポーツがおすすめです。ダイビングやシュノーケリング、ディープシー フィッシング、ウィンドサーフィン、セーリング、船上でお酒を楽しむブーズクルーズ、バナナボートなど、多彩なアクティビティが揃っています。

プンタカナは、ゴルファーにも人気。11つのコースがあり、そのうち3つでは海沿いのコースを楽しめます。

ジップライン、サファリ、乗馬、デューンバギーで砂丘を走るツアーなど、陸上のアクティビティも充実。イルカやエイと触れ合える場所もいくつかあります。

プンタカナ国際空港(PUJ)は、ドミニカ共和国の玄関口となるメイン空港。2つのターミナルがあり、デルタ航空をはじめ、13社の地域航空会社、国際航空会社、国内航空会社が就航しています。

ウェンディーズ、スバーロ、ネイサンズ、シナボン、セガフレード、バスキン・ロビンス、スカイバーなど、飲食店も豊富。お土産や地元の工芸品を取り扱うブリサス デル カリブや、香水、リキュール、ジュエリーを取り揃えた免税店で、ショッピングも楽しめます。

  • タクシーを利用する場合は、バゲージクレーム(受託手荷物受取所)の外へ。
  • レンタカーなら、バジェット、ハーツ、エイビスの受付カウンターがあります。
  • フォーポイントバイシェラトン プンタカナ ビレッジに宿泊する方は、無料のシャトルサービスを利用できます。

プンタカナでまずやるべきことは、ビーチでのんびりと過ごすこと。ビーチからビーチへと移動して、お気に入りのスポットを見つけましょう。まずは、中心部にあるプラヤ カベサ デ トロへ。ヨットクラブを備えた、観光客に人気のビーチです。続いて、南端にあるプラヤ フアニージョ。自然のままの砂浜と澄み切った水が美しい、ドミニカ共和国でも屈指のビーチです。

南国のゴルフコースで、腕試しをしてみるのもおすすめ。プンタカナには多くのゴルフコースがありますが、「ゴルフダイジェスト」によると、最も歴史が古く、今なお最高のコースだと評判なのが、2006年創業のプンタ エスパダ。米国人プロゴルファーのジャック・ニクラスが設計に携わった、海沿いの8ホールです。

また、海の生物と触れ合える場所もたくさんあります。ドルフィンアイランドパークやマナティパーク、ドルフィンエクスプローラパークでイルカと泳いで、癒やしを感じてみませんか。

パラディサス プンタカナ リゾートは、683室の客室を完備したオールインクルーシブ リゾート。広大な敷地内には9つのレストラン、8つのバー、5つのプール、4つのテニスコートがあり、移動用にシャトルサービスが用意されています。この他、スパ、子供向けのプレイゾーン、ボート(モーターなし)のレンタルも利用できます。このリゾートでは、日が暮れてからもビーチは賑やか。夜になると、陽気なDJパーティーが始まります。

ゾエトリー アグア プンタカナは、巨大リゾートが主流のプンタカナでは珍しい、小規模なオールインクルーシブ リゾート。静かに過ごしたいカップルにおすすめの、ロマンチックなホテルです。96の客室はすべてビーチフロントで、ビーチハウスに高級感をプラスしたデザインが魅力。プール、スパ、ヨガクラス、乗馬などを楽しめます。

ひと味違う体験を味わいたいなら、こぢんまりとして落ち着いた雰囲気のブティックホテル、シャトー デル マール オーシャンヴィラへ。1ベッドルーム、2ベッドルーム、3ベッドルームのアパートメントを20室備えています。室内にはフルキッチンと小さなプールがあり、ババロ ビーチまで徒歩1分の場所にあります。

プンタカナは、雨季と乾季のある熱帯サバナ気候で、1年を通じて晴れの日が多く、温暖です。気温の変化はほとんどなく、平均最高気温は年間を通して80〜85度となっています。ただし、かなりの量の雨が降るのも特徴で、年間平均降雨量は43インチ。雨季は5月から10月で、毎月平均5〜6インチの雨が降ります。ハリケーンの季節は6月から11月です。