セントルシア行きフライト


 

セントルシアは、西インド諸島の東側に分布する小アンティル諸島のウィンドワード諸島にあり、マルティニーク島とセントビンセント島に挟まれています。縦27マイル、横14マイルしかないこの島は、東側は大西洋、西側はカリブ海に面しています。

この島に最初に入植したのは1700年代半ばにやってきたフランス人でしたが、まもなく英国人が入植し、その後2世紀にわたって英国の植民地となっていました。セントルシアは1979年、英連邦の一国として独立しました。

セントルシアを象徴する風景といえば、海岸に位置する2つの火山、ピトン。高さ2,530フィートのグロ・ピトン山と高さ2,438のプチ・ピトン山が対になっており、尖った形が特徴です。その後ろに広がる緑豊かな熱帯雨林は、ハイキングやジップラインに最適。滝でリフレッシュするのもおすすめです。セントルシアは、国土の75パーセント以上が森林に覆われています。

クルーズ船の寄港地としても人気のセントルシアは、美しい砂浜が広がり、さまざまなウォータースポーツを満喫できる場所。ランドスポーツなら、ゴルフや乗馬、テニスなどを楽しめます。

ヘウノラ国際空港(UVF)は、島南部のビューフォート地区に位置します。デルタ航空をはじめとする17社の航空会社が、国際便および地域便を運航しています。

空港からはタクシーや配車サービス、シャトルバスを利用できますが、到着前に予約を入れておくことをお勧めします。セントルシア エアポートシャトル、セントルシア タクシーサービス、セントルシア エグゼクティブ トランスファーズ、スタニス タクシーサービスなどのオペレーターにお問い合わせください。

セントルシアに来たら、まずは素晴らしいビーチを堪能しましょう。レデュイ ビーチは、1マイル続く砂浜からピジョン島を望む、人気のビーチ。週末にはビーチパーティーなどが行われ、特に多くの人で賑わいます。島の南西側にあるアンス チャスタネットは、深い森に覆われた丘が背後に広がるビーチ。アンス デ ピトン(ピトン入り江)は、ピトンの2つの山に挟まれた場所にあります。

ハイキングやサイクリングを楽しめるセントルシア熱帯雨林国立公園では、野生の蘭や巨大なシダ、野生のナツメグ、色鮮やかなオウムなどを目にすることができます。デナリー滝の滝つぼで泳いだり、スリリングなジップラインのキャノピーツアーも要チェック。

海中の世界をのぞくなら、ディープシーダイビングやシュノーケリングに出かけましょう。ウミガメ、ヘラヤガラ、ウツボ、イカ、ブダイ、ダツなどに出会えます。ツアーで出かけると、水深30フィートにある沈船など、気軽に楽しめるベストスポットを教えてもらえます。

セントルシアのホテルの多くはオールインクルーシブ システムです。サンダルズ ハルシオン ビーチは、客室数169室のプライベートなオールインクルーシブ ホテル。ビーチフロントの敷地には美しく設計された庭園が広がり、4つのレストラン、2つのプール、フィットネスセンター、ナイトクラブ、スキューバダイビング用プールを備えています。

贅沢な滞在をご希望なら、スペイン風の建築が華やかなブティックホテル、カップ メゾンへ。カリブ海を一望する崖の上に位置しています。レストランでのお食事はもちろん、2人分のプライベートミールを注文して、海辺でロマンチックな時間を過ごすこともできます。プライベートビーチ、複数のプール、ウォータースポーツ、スパ、ライブエンターテイメントを、ゆったりと楽しみましょう。

ピトンの麓にあるフォン ドゥ ホリデー プランテーションは、19世紀の植民地時代につくられたプランテーションを利用したホテルです。15室ある1ベッドルームまたは2ベッドルームのコテージで、静かな時間を堪能できます。スパ、レストラン、ビーチ送迎など、充実したアメニティも魅力です。

セントルシアは熱帯性気候で、年間を通して気温はほぼ一定です。平均最高気温は華氏80度台半ばから後半で、平均最低気温が73度を下回ることはありません。ただし降水量は多く、7月から12月にかけては雨季となります。特に雨が多いのは9月と10月で、月の平均降水量は8インチ弱に達します。ハリケーンの季節は6月から11月です。