アルバ行きフライト


 

ベネズエラの沖合約 15 マイルにあるアルバは、白い砂浜のビーチと青い空、澄み切った海に恵まれた島です。オランダ領のこの島には、遥か遠くまで見渡せる美しい眺望を活かして、海岸線に沿ってリゾートが建ち並び、バケーションを楽しむ人たちのパラダイスとなっています。
人口わずか100,000人のアルバ島には、これといった主要都市はなく、オラニエスタッドが首都となっています。魅力ある街並みをぶらぶらと歩けば、カラフルに改装されたダッチコロニアル様式の建物に出会うでしょう。

アルバのリゾートアクティビティのほとんどは、西岸の白砂のビーチが中心ですが、北岸や南岸へ足を延ばせば、荒々しい自然風景が広がります。実際、南米本土から隔離されたこの島には、独自の動植物が繁栄し、生息しています。海で陸で、アクティブに遊びたい方も、ゆっくりとくつろぎたい方も、アルバは魅力的です。

アルバの唯一の国際空港は、オラニエスタッドにあるクイーン・ベアトリクス国際空港(AUA)です。米国のほか、トリニダード・トバゴやほとんどのカリブ諸国、南米北岸の国々、カナダ、オランダ、その他ヨーロッパ各地への便が発着しています。空港は小規模ですが、構内には免税店を含めいくつかのショップがあり、レストランやバー、ATM、無料Wi-Fiなどの設備も揃っています。

クイーン・ベアトリクス国際空港(AUA)

  • アルバの公営バスはArubus(アルバス)と呼ばれています。このバスは定期的に空港に停車し、オラニエスタッドをはじめ、島内全域の各地域へ運行しています。
  • 空港のタクシーは便利な均一運賃を設けており、運賃は行き先のリゾートにより異なります。目的地のリストと各運賃については、クイーン・ベアトリクス国際空港のウェブサイトをご覧ください。
  • レンタカーを借りて島内を観光したいという方は、空港にて10社のレンタカー会社をご利用になれます。
  • 多くのツアー会社もクイーン・ベアトリクス国際空港に窓口を設けており、ツアー会社のリストも空港のウェブサイトに掲載されています。

美しい自然

水平線はアルバの絵葉書によく使われる風景ですが、地図にない場所でも、島の素晴らしい眺めを楽しむことができます。コンチと呼ばれる天然のプールを楽しむには、4輪駆動のバギー(ATV)をレンタルして行きましょう。ウィンドワード・コーストにひっそりと存在するこのコンチでは、島で自分だけの秘密の場所を持ったような気分が味わえます。水遊びを楽しんだら、様々な種類のサボテン、熱帯の花々、植物、この土地ならではの野生生物の宝庫であるアリコック国立公園に向かいましょう。

ウォータースポーツ

カヤック、スキューバダイビング、釣り、セーリング、クルーズ、ウィンドサーフィンなど、アルバの楽しみ方はさまざま。カタマランの船内から望むアルバの夕陽は、美しさもひとしおです。潜水艦ツアーに参加して、空調の効いた快適な船内からサンゴ礁や沈没船を眺めましょう。海と山のオフロードアドベンチャーを楽しみたい方は、海の中に円形に形成した火山岩が作った天然のプールへ。ジープを停めて、プールに浸かることもできます。

レストラン

アルバの地元の食べ物もぜひ試してみましょう。様々な影響を受けているアルバでは、アルバの地元の食べ物もぜひ試してみましょう。隣国ベネズエラ、伝統的なオランダ料理のスタイル、観光客やリゾートが多いことなど、様々な影響を受けているアルバではさまざまな料理を楽しむことができます。島中各地に有名なチェーンレストランもありますが、様々な影響がうまく融合した、この島ならではの料理を堪能できる現地の人に人気のお店もあります。

アルバの気候は、大西洋から絶えず吹きつける貿易風の影響により、穏やかな熱帯気候となっています。そのため、一年のどの時期に訪れても、気温は通常、華氏80~85度でかなり安定しています。また、オラニエスタッドの年間降水量は、年間の雨量としては比較的少ない18.5インチ(470ミリ)を超えることはめったになく、特に雨が心配な季節はありません。