リオデジャネイロ行きフライト


 

ジョビンの「イパネマの娘」とデュラン・デュランの「リオ」を生んだ街といえば、そこにはどんな素晴らしいものがあるのかと期待が膨らみます。ブラジル第二の大都市であり、かつての首都でもあるこの街は、そんな期待をきっと満足させてくれます。1565年にポルトガル人によって築かれ、現在ではすっかり近代化したこの街は、2016年夏のオリンピックの開催地でもあります。

リオデジャネイロは世界最大級の都市であり、初めて訪れる人はその迫力に圧倒されそうになります。しかし、リオデジャネイロの公共交通システム、特に地下鉄(メトロ・リオ)を使えば、安全に、そして便利に街を回ることができるのです。街全体のパノラマビューを堪能するには、ケーブルカーでシュガーローフ・マウンテンに登りましょう。約 1,300 フィートの頂上では、目の前にリオデジャネイロの深い青色の港が広がり、世界 7 不思議の 1 つであるクリスト・ヘデントール(コルコバードのキリスト像)の足元に立つことができます。クリスト・ヘデントール(コルコバードのキリスト像)の足元に立つことができます。このコルコバードの丘の上、海抜約 2,300 フィートにそびえる 130 フィートの巨像は1931年に完成し、リオデジャネイロのシンボルとなりました。山だけではなく、海も見逃せません。アルポアドール、イパネマ、コパカバーナなどの名前で有名なリオデジャネイロの手つかずのビーチへも、ぜひ訪れてみてください。

リオデジャネイロはお祭りを楽しむ街。12月31日には、リオデジャネイロのコパカバーナ・ビーチに 200 万人以上が集まり、新年を祝います。有名なリオのカーニバルに匹敵するお祭りは、世界のどこを探してもいくつもありません。毎年2月に行われるこのお祭りでは、500 万人以上が集まり豪華なパレードとサンバを楽しみます。